Apple Music(アップルミュージック)は邦楽よりも洋楽好きにオススメ!3つの音楽アプリを徹底比較!無料期間を使ってお得に音楽を楽しもう!

閲覧回数 : 45,698 views

アナタは普段どのように音楽を聴いていますか?
自宅や通学・通勤中、外出の際などシチュエーションも様々。

一昔前まではCDプレイヤー、MDプレイヤー、そしてMP3プレイヤーが流行っていましたが、最近ではスマホの音楽アプリを使っている方が多いのではないでしょうか?
音楽アプリならCDを借りて音楽プレイヤーにわざわざ入れる面倒さもないですし、CD代にお金をかける必要もありません。

ですが、「どのアプリがいいのか」ありすぎてわかりませんよね。

そこで、今回は音楽アプリのなかでも代表的な3つのアプリについて詳しくご紹介し比較していきたいと思います!


Apple Music

料金
・月980円(個人プラン)
・月1,480円(ファミリープラン)
・月480円(学生プラン)

料金プランの特徴
3つの料金プランがあるApple Music。
月1,480円のファミリープランの場合、icloudを共有することで最大6人まで共有が可能です。
学生プランの場合はUNiDAYSの学生証明サービスを通し、総合大学または専門学校に実際に在学しているかの確認をすることで利用することができます。

ちなみに、Apple Musicのファミリープランは家族だけではなく友達と使うことができるのですが、icloudの初期設定のままだと写真なども見ることができてしまうため音楽以外の共有を無効にすることを忘れないように。

配信曲数
・約3,000万曲

曲数は音楽アプリのなかでも多いほうですが、邦楽に比べると洋楽がメインという印象が強いです。
Apple Musicを運営している会社(Apple社)がアメリカの会社なだけあり、洋楽のラインナップが充実しています。

無料期間
・3ヶ月間

Apple Musicではトライアル期間が3ヶ月間あります。
無料で使うことができる間に「自分に合っているか」を見極めることができますね。
Apple Musicを試してみて自動時更新するか否かを判断し、もし不要であれば解約手続きを忘れないように注意しましょう。

再生方法
Apple Musicは聴きたい音楽をダウンロードして使うことができるので、オフラインでも楽しむことができます。

Apple Musicの人気楽曲
・Ed Sheeran/Shape Of You
・DAOKO×米津玄師/打上花火
・TWICE/LIKEY

LINE MUSIC

料金
・20時間500円(一般/ベーシックプラン)
・月960円(一般/プレミアムプラン)
・20時間300円(学割/ベーシックプラン)
・月480円(学割/プレミアムプラン)

料金プランの特徴
10代~20代の若者が多く使っているLINEだからこそ、学割(学生割引き)に力を入れているように感じます。
LINE MUSICでは、自分の好きな楽曲をSNSで共有するように友達とのトークでシェアをすることができますよ。

配信曲数
約2,500万曲

先ほどもお伝えした通り若いユーザーが多いLINE。
特に高校生や学生が好んで聴いている“米津玄師”や”ボーカロイド楽曲(歌ってみた)”、”きゃりーぱみゅぱみゅ”にAAA(トリプルエー)などが配信されています。

もちろん洋楽も配信されていますが、他の音楽アプリと比べると邦楽やアニソンが多いようですね。

無料期間
LINE MUSICの無料トライアル期間は最大2ヶ月間で誰でも受けることができます。
ちなみに、LINE MUSICアプリを使っているアプリにインストールしログインするだけで無料で使うことができ、さらに自動更新がされません。
「あ、解約し忘れた…」という公開やお金の無駄遣いには繋がらないので安心して使えますよ。

再生方法
LINE MUSICの音楽を聴くときは好きな曲をキャッシュ保存させておき、オフラインでも楽しむことができます。
ただし、チケットを購入するかプレミアムプランへの申し込みが必要です。

楽曲をダウンロードする場合は通信量(通信パケット)が発生するため、通信量の節約のためにもWi-Fi環境で行うようにしましょう。

LINE MUSICの人気楽曲
・山猿/マタアイマショウ
・ヒルクライム/涙の種、幸せの花
・THE RAMPAGE from EXILE TRIBE/100degrees

AWA

料金
月960円(Standardプラン)
無料(Freeプラン)

料金プランの特徴
代表的な音楽アプリのなかでもAWAだけが無料で使うことができるのですが、楽曲をフルで聴くことができなかったりとデメリットにも捉えることができます。
無料で使えるにも関わらず非広告表示であったり、1曲単位で好きな楽曲を選び聴くことができる”オンデマンド再生”があるためユーザーからしてみれば「え、無料なのにこんなに!?」との意見もあるそうです。

配信曲数
約4,000万曲

配信されている曲数については、上記の2つのアプリとあまり大差がないように感じます。
他の音楽アプリでもいえることですが、音楽アプリの配信数はどれもアテになりません…。
なぜなら配信されている曲数の中には、“オルゴール楽曲”“シチュエーションに合わせて聴くことができるBGM曲”も含まれています。
そのため、必ずしも自分が聴きたい曲が配信されているとは限らないので気をつけてくださいね。

無料期間
初めて“AWA”をダウンロードした日から3ヶ月間、無料でStandardプランの内容を使うことができます。
トライアル期間のなかで有料にするか否かを判断しましょう。
AWAの特徴とも言えるのですが、無料のFreeプランでは制限がつく(フル再生できないなど)があります。

今ならなんと、3ヶ月間無料で試すことができるキャンペーンを行っていますよ。

再生方法
以前までオフラインでの再生ができなかったAWAですが、現在(2017年11月)では可能となっています。
他の音楽アプリと同様にオフライン再生で音楽を楽しむことができるので、通信量を気にせず尚且つネットが繋がらないトンネル等でも聴くことができますよ。

AWAの人気楽曲
・ONE OK ROCK/Wherever you are
・清水翔太/君が好き
・AAA/恋音と雨空

音楽アプリの一覧表

サービス名運営会社月額料金
(税込)
楽曲数再生方法音質
(ビットレート)
Apple MusicApple980円
(個人)
約3,000万曲オフラインでも可最大256kbps
LINE MUSICLINE MUSIC980円
(プレミアム)
約2,500万曲オフラインでも可最大320kbps
AWAAWA960円約4,000万曲オフラインでも可最大320kbps

この記事でご紹介した音楽アプリの中でも代表的な3つのアプリを表にしてまとめてみました。
アナタは音楽アプリを選ぶ時どの部分を重視しますか?
私は全部のアプリを使ったことがありますが、正直どのアプリも似たりよったりという感想です。

また、“音質”の違いについて正直わかりません(笑)
今回、自分で表を作成しておきながらも「最大256kbps?…そもそもkbpsって?」のレベルです。
音楽を聴く際に使うイヤホンまたはヘッドフォンの仕組みによっても音の違いに差が出ることもあります。
音楽アプリだけではなく使うアイテムにも注目したいところですね。

akiがオススメする音楽アプリとは

それぞれの音楽アプリ(Apple Music/LINE MUSIC/AWA)には特徴があります。
特徴などを踏まえた上でおすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

Apple Music
洋楽をメインに聴きたい人は迷わず“Apple Music”
すでにお伝えしていますが、運営している会社がアメリカのApple社のため邦楽よりもはるかに楽曲が揃っているのでオススメです。

使っているスマホがiPhoneの方にとっては馴染みのあるアプリの1つ。
iTunesを介してパソコンから音楽を取り込んでいた場合、そのまま聴くことができます。
そのため、邦楽を聴くことが多い人にはApple Musicを契約せずにCDを取り込んだ方がお得かもしれません。

LINE MUSIC
もはやスマホユーザーにとって無くてはならない連絡ツール“LINE”を持っていれば誰でも始めることができるLINE MUSIC。
10代~20代の若者をターゲットに“西野カナ”や”ハニワ(Honey Works)”といった人気のあるアーティストの楽曲が多く配信されています。

また、学生割引があるのもLINE MUSICだけ!
まさしく学生向けにオススメの音楽アプリといえます。

AWA
音楽を聴くことが好きで歌うことも好きなら“AWA”がオススメ!
AWAなら聴いている音楽の歌詞を見ながら聞くことができ、さらに「今どの部分を歌っているか」がわかるハイライト機能つきです。

AWAでは色んな人のプレイリストが公開されていたり、音楽も簡単に検索することができます。

No Music!No Life!ご意見番モリオさんの見解とは

80年代前半生まれのわたくしことモリオはCD世代なんですが、最近は10代~20代前半のころほど音楽を聴かなくなってしまいました。
CDを買ったり借りてダウンロードし、スマホに転送してまで手間をかけるのも面倒なんですよね…。

iPhone使ってるんだからiTunesでダウンロード購入すればいいじゃないかと言われるかもしれませんが、社会人になってからすっかり流行に疎くなってしまって、何を聴けばいいのかわからなくなったりするわけです。

ちなみに、今回の音楽アプリの中でなら僕個人的にはApple Musicを推したいと思います。

その理由としてはやはり、iPodとiTunesを世に送り出し音楽視聴の揺るぎないプラットフォームを築いたAppleのサービスなので、今後も曲数の充実をはじめますますサービスを充実させてくれることが期待できるというのがひとつ。

次に、Apple Musicはおすすめ機能が秀逸していて、聴けば聴くほどアプリが学習していって自分の好みにドンズバな曲やアーティストをおすすめしてくれるのがすごくいいんです。

いまや、音楽の数はあふれすぎていて、新しい曲を聴こうにもどれを聴けばいいのかわからない状態です。
その結果、新しい音楽自体を聴かなくなったりしてしまうんですよね。
でもこのおすすめ機能があることで、自分がよく聴く曲から好みを類推して違う曲を提案してくれるので新規開拓につながって楽しいんです。

3つ目の理由としては、すごく個人的ですが昔から洋楽派なので、洋楽のラインナップが充実しているApple Musicのほうが聴きたい曲を探しやすいという点ですね。

もちろん、逆にLINE MUSICやAWAは邦楽が充実していたり、日本のサービスなので日本人にとって馴染みやすい点があったりします。

さらに、たとえばLINE MUSICは、LINEといういまや若者にとってコミュニケーション手段の中心となっているアプリと連動しているので、友達とシェアして盛り上がれるという利点があったりしますしね。

ですから、すごく無難な言い方になってしまうんですが、けっきょくはどのサービスが自分の好みやライフスタイルに合っているのかを調べて選ぶのがいいかと思います。
料金はどれも変わりませんしね。

ただひとつ言えることは、こういったサービスが出てきたことで僕たちはますますスマホを手放せななくなってしまいそうだということですね(笑)

上述のように、無料お試し期間を利用して無料で試せるので、タダでしっかり比較してみましょう

【スマホ代の節約方法】格安スマホ&SIMの比較から格安情報などをまとめてお届け!おすすめのキャリア会社はここだ!ページへ戻る
sim-panda


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000