水洗顔で肌トラブルを解決!肌荒れの原因は普段のやりすぎなスキンケア方法にありました

閲覧回数 : 3,044 views

当たり前のように毎日使っている洗顔料。
これが実はお肌のトラブルを引き起こす原因って知っていましたか?

洗顔は何も使わない水洗顔が一番!
手軽でお金もかからずに、確実にトラブル知らずな肌を手に入れる事が出来ます。


普段使っている洗顔料、実は肌にとって危険なんです!

私たちが当たり前のように毎日使用している洗顔料は、実は洗浄力がかなり強くメイク汚れや不要な皮脂どころか肌に必要な油分・角質内のセラミド・天然保湿因子などの肌にとって大切な成分まで全て洗い流してしまいます。

これがきっかけで肌のサイクル(ターンオーバー)が狂ってしまい、肌の再生がうまく行われずに肌のバリア機能が低下。
結果、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

そこでオススメなのが水洗顔です。

水洗顔にはメリットがいっぱい!

水洗顔とは、その名の通り“水だけを使って洗顔すること”です。

「えっ、水だけ!?」

なんて思う方もいるかと思いますが、肌に不要な汚れは水だけでも十分落ちます。
むしろ皮脂を落とし過ぎないので、肌にとって最適な状態の皮脂量をキープできるメリットも。
水洗顔を続けることにより肌質が改善され肌本来の美しさを取り戻すことができるとも言われています。

水洗顔といっても蛇口からひねった冷たい水ではなく最適なのは“ぬるま湯(34~35度位)”
冷たい水で洗ってしまうと、汚れが落ちず毛穴に皮脂がどんどん詰まってしまいます。
詰まった皮脂は酸化して黒ずみになったりニキビを引き起こしてしまうので注意しましょう!

逆にお風呂のような熱めのお湯で肌を洗顔すると、皮脂や油分が落ち過ぎてしまい乾燥してしまいます。
また、熱いお湯は低温火傷となり肌に赤みを残してしまいます。
程よいぬるま湯を使うことを心がけましょう。

水洗顔のやり方

メイクをしている場合はメイクを落とします。
このとき、アイメイクなどの濃いものはポイントメイク落としを使いましょう。
また、おしろいやファンデーション・チークなどは水だけでも落とすことができます。
水で落とせるものは極力水で落とすように心がけましょう。

次にぬるま湯を両手ですくい、顔にお湯を押し付けるようにします。
このとき水は肌に当てるようにするのがベスト。
手でこすってしまうと摩擦によって肌に刺激を起こしてしまいますので注意が必要です。

水洗顔を数回~20回程度繰り返します。
仕上げはタオルで押さえるように優しく拭くだけ。
簡単でとっても経済的ですよね。

肌の完全リセットには時間が必要!

水洗顔は良いことだらけの洗顔法ですが、初めたばかりのころは皮脂のザラつきが残った感じがするので戸惑う方も多いようです。
ですがこれが本来の肌に必要な皮脂量。

あまりにも気になる方はまずは朝だけ水洗顔をし、夜は通常の洗顔にしてみるのもいいかもしれませんね!
無理しても続かないので、少しずつ水洗顔に慣れていくことをおすすめします。

また、毛穴に皮脂が詰まったような“はたけ”という症状が起きる場合もあります。
ついクレンジングや市販の鼻パックで角質を取りたくなりますが、ここはグッと我慢。
肌が懸命に正常な状態に戻ろうと水分と油分の調整をしている所なのです。
これはしばらくすると治まってきますので心配はいりません。

“はたけ”がなくなる頃には肌の状態も完全にリセットされているはず。
その後は水洗顔をすればするほど肌の状態もキープできます。

手軽に出来てお金もかからない水洗顔。
今日から水洗顔を実践してお肌をリセットし、トラブルのない美しい肌を取り戻しましょう。

洗顔後のスキンケアは化粧水がいらない!?

洗顔の後に当たり前のように化粧水や乳液、美容液などを使っていますよね。
実は化粧水等を使っている人より何もしていない人のほうが
肌の保有水分量が多いという実験結果が出ているんです!
そんなお肌に良くお金も時間もかからない“エコスキンケア”を詳しくご紹介します!

“エコスキンケア”とは?

化粧水や乳液、美容液などを一切使わない肌にエコな“化粧水を使わないスキンケア法”です。
今まで化粧水で潤いを与え、乳液でしっかりフタをして…と、ガッツリケアをして来た人たちにとっては結構勇気のいることかもしれません。

ですが、肌にはもともと本来皮脂や水分を自ら保ち、潤いを守ってくれる働きがあります。
そこへ化粧水などで更に水分を与えてしまうと、肌の元々持っている力が弱ってしまい
肌が敏感になり水分を蓄える力が失ってしまうとも言われています。

そういえば子供のころ、洗顔料も使わずに顔を洗いタオルで拭くだけ…でしたよね。
化粧水や乳液を使い始めてから、使わないと乾燥するという感覚になったはずです。
なのに子供の肌はカサつきのないもちもち肌、これは肌本来の潤いのバランスがしっかりとれているからなのです。

“エコスキンケア”を実践してみましょう!

まず大切なのは洗顔方法!
水の温度は32~34度、擦らずあるように洗います。
そしてタオルでやさしくあてるように拭いておしまい。

この後いつもなら基礎化粧品を付けていると思いますが、なにも付けずに終了です。
正しく洗えていれば突っ張ることも乾燥を感じることもないはずです。
しかし、顔を洗う温度が冷たすぎたり熱過ぎたりすると肌が突っ張ってしまったりカサついてしまうことがありますので注意。

どうしても不安…そんな方におすすめのアイテム

本来ならばなにも付けなくてもよい肌。
ですが基礎化粧品を当たり前のように使用してきた方にはすぐに“エコスキンケア”を実践するのは難しいかと思います。

そんな方は無理せずに“ワセリン”や”馬油”を使うとよいでしょう。
洗顔後の水気が残った肌にワセリンや馬油をうすーく伸ばして塗るだけで肌が保湿されしっとりします。
これだけでも安心感がありますよね。

ですが本来は何のケアもいらない肌。
ワセリンや馬油の使用回数をだんだん減らし、何も使わない肌になることが一番です。
無理せずに自分の肌に合ったやり方でお肌にエコなスキンケアを実践してみてください。

ワセリンについては詳しく知りたい方はコチラのページをどうぞ!



⇒ 節約しながら楽しめる美容情報はこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000