レギュラーとハイオクって何が違うの?気になるガソリンの種類の違いについて調べてみました

閲覧回数 : 12,617 views

ガソリンにはレギュラーとハイオクの2種類がありますが、値段の差以外では何が違うのでしょうか?

「ハイオク車にレギュラー入れちゃダメなの?」
「逆にレギュラー車にハイオク入れたら燃費良くなるの?」

そんな疑問ありますよね?

今日はそんな疑問を解決できるようにいろいろと調べてみましたのでご紹介します。


ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの大まかな違い

・値段:おおよそ10円/Lの違います
・オクタン価:日本ではレギュラー89以上、ハイオク96以上と規定されている。
・着火効率:効率よく燃料を使うためにハイオクの方が着火点が高い。
・内容物:ハイオク車はオクタン価を上げるために高級な添加物が入っており、それらから発生する不純物を除去するために洗浄剤が入っている。

オクタン価って何?

オクタン価とはガソリンがエンジン内部で自然発火のしにくさ、ノッキングの起こりにくさを示す値。
要するに、オクタン価が高いとノッキングが起こりにくいという事ですね。
詳しく説明するとエンジン性能の高い車の場合、ガソリンの燃焼効率がシビアに求められます。
その場合、より自然発火がしにくいガソリンの方が設定したタイミングで発火し効率よくエネルギーを伝えられるのです。

ノッキングとは?

エンジン内部から金属音(キンキン・カリカリなど)の異音が発生する事。原因としては、ガソリンが早期自然発火することで発生する。
エンジン性能の低下、燃費の低下に繋がりやすいうえ、極端な場合はエンジンブローしてしまう事もある。

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの値段の差は?

前述したオクタン価を上げるため、ハイオクにはレギュラーよりも添加剤が多く含まれます。
含まれた添加剤のせいでハイオクはレギュラーよりも燃えカスが多く出るのです。
そのため、ハイオクには洗浄剤が入っており、燃えカスを除去する役割をしています。
ハイオクをレギュラー車に入れるとエンジンがキレイになるというのは洗浄剤入りというのが独り歩きした都市伝説とも言われています。
このように、添加剤、洗浄剤の分ハイオクは10円/L高くなるのです。

ハイオク車にレギュラーガソリンってダメ?

ガソリン代が高い今の時代、その気持ちはよく分かりますが、あまりよくないという、歯にモノが挟まった言い方をせざるをえません。
最近の車だと、燃費自体はそれほど変わらないようですし、車が壊れるという事もあまりないみたいですが、エンジン性能が落ちてしまうのです。

「だったら、レギュラーでいいや」

という声が聞こえてきそうですが、ほとんどの人が陥る落とし穴があるんです。
それは、エンジン性能の低下による、アクセルの踏みすぎ・・・
ハイオクを入れていた頃の加速を体が覚えていると、車が思ったように加速しなくなったら自然とアクセルを踏んでしまうそうです。

エンジン性能の低下で人間の性能が発揮されてしまうんですね。
これで、10円/Lの貯金はほぼ無くなりますし、余計に燃費が悪くなったという報告もあります。
結論は”入れない方がいい”ということになりますね。

レギュラー車にハイオクガソリンの場合は?

レギュラー車にハイオクを入れると、燃費が上がる、パワーが上がる、エンジンがキレイになるとかよく聞きますよね。

10年以上前の車に乗っている場合は止めた方がいいです。
レギュラー車はレギュラーガソリンが着火するタイミングで一番エネルギー効率が上がるように設計されているため、そもそも着火温度がハイオクとは違うので、全くハイオクのメリットは生かせません。
最近の車では、センサーで着火温度を測定し、自動的に最適な燃焼効率にエンジン側が合わせてくれるらしく、ハイオクでもムダなく走れると言います。

ただ、値段の差以上の燃費は期待できないし、パワーアップも体感できるほどじゃない。
エンジンルームがキレイになることもないため、いい事はないようです。

ただ、ここからは私の体験談ですが、日産グロリアの2000ccレギュラー仕様に乗っていた時、燃費のあまりの悪さに悩んでいました。
大体4km/L位しか走らないので、ある日ハイオクを入れてみました。
結果、5km/L位まで燃費が上がったんです!
当時、レギュラー140円、ハイオク150円でしたから、100km走った場合・・・
レギュラー:25Lで3500円
ハイオク:20Lで3000円
凄いコストメリットが生まれたんです!
でもこのメリットは燃費の悪い車に限ると思いますし、今の時代レギュラー車でそこまで燃費の悪い車もないですもんね・・・

まとめ

ハイオクとレギュラーの差はオクタン価(ノッキングのしにくさ)
ハイオク車も、レギュラー車もそれぞれに設定されたガソリンを入れるべき。
レギュラー車で燃費がとても悪い場合はハイオクを入れてメリットがある場合もある(筆者体験談)

世の中いろんな情報が飛び交っていてついつい釣られそうになってしまいますが、しっかり真実を見極めて判断しましょうね。

次回は“アメリカのハイオクは日本のレギュラー?”という噂について徹底検証します!

車の買取査定ならコチラ

⇒ これを読んで、さらに充実したカーライフを送ろう!


著者情報
しんえもん

しんえもん

しんえもんの書いた他の記事を見る

お酒に弱くヘビースモーカーのアラフォー独身。最近お腹や体臭が気になり始めました。流行物の加熱式タバコは一通り体験!肌カビや喫煙などレビューを中心に書いてます。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000