【節約主婦におすすめのクレジットカード】ポイントが貯まるお得なカードを7枚に厳選!クレカのメリット・デメリットもご紹介します!

閲覧回数 : 1,194 views

こんにちは、編集部スタッフのaki(@aki_setsuyaku)です!
主婦にとって毎月必ずかかる食費や水道・光熱費などは少しでも節約して抑えたいもの。
もちろん、携帯料金も最低限にしたいですよね。
毎月いくら節約しても、お金がかかる生活費をどうにかお得にさせたいもの…。

そこで今回は、主婦にオススメしたい!年会費無料&ポイントがザクザク貯まるクレジットカードを7種類比較してみました^^

あなたのライフスタイルに合うクレジットカードは一体どれなのか…。
早速ご紹介していきたいと思います!


イオンカード/イオンカードセレクト

全国展開している大手スーパー“イオン”
食材の買い物はもちろん、店舗によっては日用品やフードコート、アパレルショップなどが入っていますよね。
衣食住、全てが揃っているイオンでは主に2種類のクレジットカードがあります。

①イオンカード(WAON一体型)
年会費:無料
家族カード/ETCカード:無料
付与されるポイント:ときめきポイント/電子マネーWAONポイント/WAON POINT
※クレカ決済⇒ときめきポイント/チャージしたWAONでお買い物⇒WAONポイント
引き落とし口座:イオン銀行を含む金融機関の口座

②イオンカードセレクト(WAON一体型+イオン銀行キャッシュカード機能)
年会費:無料
家族カード/ETCカード:無料
付与されるポイント:ときめきポイント/電子マネーWAONポイント/WAON POINT
※クレカ決済⇒ときめきポイント/チャージしたWAONでお買い物⇒WAONポイント
引き落とし口座:イオン銀行のみ

イオンカードイオンカードセレクトも基本スペックや優待特典に変わりはありません。
大きく異なる部分は、イオンカードでは引き落とし口座が選べるもののイオンカードセレクトはイオン銀行しか選択することができないということ。

どちらのカードも電子マネーWAONがついているため、WAONにチャージすることでWAONポイントを貯めることができます。

また、イオンカードセレクトの場合引き落とし口座がイオン銀行に限られてしまいますが、もちろんメリットがあります。
過去半年間のイオン銀行からイオンカードの引き落とし+WAON利用金額に応じてステージが決められイオン銀行での取引でもWAONポイントがもらえるようになります。

そのため、イオンカードを持つよりもイオンカードセレクトにした方がポイントが貯まりやすいのでオススメです^^

イオンカード/イオンカードセレクトのお申し込みはこちら↓

また、毎月の食費だけでなく携帯代も気になりますよね。
そんな方には格安スマホイオンモバイルがおすすめ♪
イオンモバイルであれば修理から受付まで近くのイオンでおこなうことができるので、お買い物ついでに預けるだけ^^
この機会に携帯料金の節約も検討してみては?



セブンカードプラス(旧アイワイカード)

全国にあるセブンイレブンや大手スーパーのイトーヨーカドーで使うとポイントを貯めることができるセブンカードプラス(旧アイワイカード)。
セブンカードプラスの大きな特徴は電子マネー“nanaco”と紐つけすることができ、nanacoカードを持っていない方は一体型のクレジットカードを持つことができます。

このセブンカードプラスはスーパー系クレカの中でも年会費がかかるクレジットカードです。
(初年度は無料、2年目以降から500円(税込)かかります)
年会費と言っても500円なので高いわけでもないですが、電子マネー“nanaco”と紐つけることで効率よくポイントを貯めることが最大のメリットといえます。
普段の生活のなかでセブンイレブンを筆頭にセブン&アイグループを頻繁に使うのであれば持っておいて損はないですね。

また、毎月8の付く日(8日・18日・28日)にイトーヨーカドーでセブンカードプラスを提示することで5%OFFの割引きを受けることができたり、全国展開しているカラオケボックス“カラオケ館”(通称、カラ館)の室料を30%OFFで楽しむこともできますよ♪

そして、税金や公共料金をコンビニで払う際に唯一使うことができる電子マネーnanaco。
nanaco一体型のセブンカードプラスもお得ですが、nanacoにチャージするならリクルートカードがおすすめ♪
チャージし、ポイントを貯めることができるクレカが限らているなかで高還元クレカは外せませんね。

電子マネーnanacoのお得なチャージ方法と使い方はこちら↓のページをどうぞ



ファミマTカード

ファミマTカードは共通ポイントの1つであるTポイントを貯めることができるクレカの1つです。

このファミマTカードは名前にある通り、全国のファミリーマートもしくはオンラインページにて作ることができるクレジットカード。
「ファミリーマートをよく使うなら持っていないと損するカード」と言っても過言ではないです。
なぜなら曜日によってポイント還元率が変わったり、ファミマTカード会員限定でお得な価格で購入することができたりメリットがたくさん^^

毎週水曜のレディースデーならクレジット決済にしなくてもショッピングポイントが2倍になったり、毎週火曜・土曜日のカードの日であれば200円に付き4ポイント(還元率2%)になるのでTポイントをザクザク貯めることができます♪

ただし、ファミマTカードにはデメリットが2つ。
それは支払い方法がリボ払いしかないということ、もうひとつは通常の加盟店でファミマTカードを使った場合ポイント還元率が0.5%と落ちてしまうということ…。

共通ポイントであるTポイントを貯めるならファミマTカードはオススメの一枚ですが、「近くにファミマがない」「セブンやローソンといった他店の利用がほとんど」という方にはメリットがないでしょう。

Tポイントを貯めることができるのはファミマTカードがなくてもできます♪
専用アプリを使うことでポイントカードの断捨離にも繋がり、お財布の中をいつでもスッキリさせることができますよ^^



ファミマTカードのお申し込みはこちら↓

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード(通称:YJカード)とは年会費無料で作ることができ、尚且つ税金などの支払いをしながらTポイントを貯めることができるクレジットカードです。

主に払うことができる税金や公共料金などは以下の通りです。

■ ふるさと納税
■ 自動車税
■ 軽自動車税
■ 固定資産税
■ 住民税
■ 水道料金
■ 電気・ガス(光熱費)
■ 携帯料金
■ インターネット料金
■ 固定電話料金
■ NHK受信料

ふるさと納税といえば地方自治体にお金を寄付することで節税効果を得たり、特産物といった返礼品をもらえることで人気ですよね。
YJカードを使うことで各種税金のほかに水道、光熱費、携帯料金の支払いでもTポイントが貯まるのでお得です。

このような公共料金の他にはYahoo!ショップやトイレットペーパーやティッシュといったかさばる日用品が安く買える通販サイトLOHACO(ロハコ)”でもTポイントを貯めることができます。
なんと、この2つのオンラインショップを利用することで書くショップポイント(Tポイント)が合わさり毎日合計3倍の還元率でポイントをもらうことができますよ^^

特にLOHACOは小さな子供がいる子育てママに大人気!
赤ちゃんに必要なオムツは定期便を利用することで最大10%OFFで購入することができます。

また、栄養不足が気になる方に人気の“フルーツグラノーラ”はカルビーから直接仕入れているため、どこよりも最安値でGETできますよ♪

節約家はもちろん若者に大人気のヤフオクを使っているならYJカードはとってもお得!
YJカードを申し込んだ際のYahoo!JAPAN IDを使えば、ヤフオクで出品する際に本人確認が不要。
そして、Yahoo!かんたん決済を使いYahoo!JAPANカードで購入するとクレジットポイントとしてTポイント(100円につき1ポイント)を貯めることができます。

季節の変わり目などで断捨離した際に出てきた不用品などをヤフオクで売り、お小遣い稼ぎをしながらYJカードを使って買い物をすればお得感たっぷりです。

Yahoo!JAPANカードの詳しい情報はこちら↓のページをどうぞ



Yahoo!JAPANカードのお申し込みはこちら↓

楽天PINKカード

楽天PINKカード「楽天カードマーーーーーンッ!」でお馴染みの楽天カードの中でも女性向けとして作られたクレジットカードです。
年会費無料やポイント還元率は楽天カードと同じですが、楽天PINKカードには“限定カスタマイズサービス”を付けることができます。
この“限定カスタマイズサービス”には3つの種類があります。

① 楽天グループ優待サービス
料金:月額324円
内容:楽天グループのサービスを優待価格で利用可能

② ライフスタイル応援サービスRAKUTEN PINKY LIFE
料金:月額324円
内容:飲食店や映画館などが割引き価格で利用可能

③ 女性のための保険 楽天PINKサポート
料金:月々30円~
内容:女性特有の疾病、ケガなどの保障を受けることができる保険

上記の3つのサービスを使うには月額で別料金が発生しますが、オンラインサービスも実店舗での利用でも自分のライフスタイルに合わせて付帯させることができます。
もちろん、不要であれば楽天カードと同じように年会費0円のまま持つことができますよ。

この楽天PINKカードは楽天カードと同じように楽天市場はもちろん、実店舗でも使うことができ楽天スーパーポイントも貯めることができます。
楽天PINKカードの使い方としておすすめな節約方法はドラッグストアでのポイント二重取りです。

全国展開しているツルハドラッグはお会計時にツルハポイントカードを出すだけでなく、楽天PINKカードを提示することでツルハポイントと楽天スーパーポイントの二重取りが簡単にできます。
このように楽天ポイント加盟店は普段使うことが多い実店舗が多く、クレカ決済をしなくてもポイントをザクザク貯めることができるのでお得ですよ♪

また、楽天PINKカードを使うなら楽天モバイルもおすすめ!
楽天モバイルは格安スマホの一つで携帯料金の節約はもちろん、なんと貯めた楽天スーパーポイントを月々の料金に充てることができます。
そのため楽天PINKカードを使い貯めたポイントを楽天モバイルで使うという、無駄がどこにもないのです。

さらに楽天PINKカード・楽天モバイルを使うと楽天SPUの対象にもなり、楽天市場での買い物時にポイント還元率を引き上げることができます。

毎日のお買い物だけでなく効率よくポイントをGETしちゃいましょう♪

編集部スタッフのゆかにゃんは格安スマホに乗り換えてから携帯代がグンっと下がったみたいです^^

楽天PINKカードのお申し込みはこちら↓

VIASO(ビアソ)カード

“VIASO(ビアソ)カード”とは三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの中でも定番のカードです。

年会費無料で持つことができるのでVIASOカードを使わなくても追加料金など一切かかりません。
そのため、老若男女に関係なくクレカ初心者の方でも安心して持つことができます^^

VIASOカードの最大のメリットは貯まったポイントが1年に一度“オートキャッシュバック”されるということです。
1年間の間に1,000ポイント以上貯めておくことで、1ポイント=1円として換算されオートキャッシュバックされます。

ちなみに、他クレジットカードでは楽天ポイント・Tポイント・WAONポイントを貯めて使ったり商品に交換することができますよね。
ですが、正直なところ「貯めたポイントを交換」って面倒って思ったことありませんか?(笑)
このVIASOカードなら「面倒な手間を省くことができ尚且つ現金として戻ってくる」ので大きなメリットと言えます。

しかし、一方では注意点もあります。
それはポイント蓄積期間が1年しかないということ…。

VIASOカードを使って1年間で1,000ポイント以上貯めないとオートキャッシュバックは適用されないですし、1年経ったらまた0からのスタートというわけです。
VIASOカード自体はポイント還元率も0.5%と決して高いわけではありません。
では、どのようにポイントを貯めるのか…。

それはVIASO会員限定オンラインショップ“VIASO eショップ”です!
VIASO eショップには楽天市場やAmazonといった大手通販サイトがあり、カード利用分にプラスして各ショップポイントも得ることができるのでお得です♪

VIASOカード自体のポイント還元率は0.5%と業界の中では低いほうですが、使い方次第で最大10%まで引き上げることができます。

VIASOカードのメリットは大きく分けて《ポイント二重取り&キャッシュバック》です。
他のクレカと違い、わかりやすいシンプルなポイントプログラムも嬉しいポイントですが、家族カードも無料で持つことができるのでオススメのクレジットカードです。

ただし、使い方によっては損をしてしまうので「ライフスタイルの中でどの様に使っていく」かなど計画を立ててから使うように心がけましょう。

VIASOカードのお申し込みはこちら

エポスカード

エポスカードはオンラインではもちろん、関東圏中心に全国展開しているデパート“マルイ”で発行することができるクレジットカードです。

このエポスカードは「年会費が無料で持つことができるクレカ」としても有名ですが、なんといっても豪華な特典が大きな理由です。
エポスカードの加盟店は全国にあり、エポスカードを提示するだけで割引き価格で利用することができ尚且つ海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

有名な加盟店を上げると…

カラオケボックスのビッグエコーやシダックス、ビジネスホテルで有名なAPAホテルでも割引き価格が適用され、さらにエポスポイントも付与されるのでお得です♪

また、マルイでおこなわれるお得なセール“マルコとマルオの7日間”では10%OFFで買い物を楽しむことができますよ^^
他にも、エポス会員サイト“エポトクラブ”から共通映画鑑賞券を買うと全国のイオンシネマでの鑑賞料金が1,300円(通常、大人1,800円)と500円割引きで楽しむことができます。

エポスカードがなぜ主婦向けのクレジットカードなのか…。
それはズバリ、ポイント還元率です!

大手通販サイトのAmazonや楽天市場はもちろん、カジュアルな服からスーツなどが揃っている“ニッセン”などを使う際にポイントサイトを経由することで最大ポイント還元率が30倍にまでなります♪

ポイントサイト名は“たまるマーケット”
この“たまるマーケット”を経由し、いつものオンラインショッピングをするだけでポイントを効率よく貯めることができるのです。
もちろん、子育てママに人気のあるLOHACOもありますよ^^

エポスカードは提示することで割引きになる実店舗も多いので、普段のお買い物や外食もお得に使うことができるオススメのカードです。

ちなみにエポスカードのお申し込みは店舗でおこなうと、最短で即日発行となり当日から使うことができます。
この「即日発行!」という謳い文句もエポスカードの代名詞ともいえるくらい、人気の秘訣ですね。

エポスカードのお申し込みはこちら

主婦がクレカを持つことのメリット/デメリットとは

今回は毎日の家計を支えている主婦の方にオススメのクレジットカードについてご紹介しました。
ですが、なかには「クレカってなんか借金しているみたいで嫌なのよね」「いつ何処で何に使ったかわからなくなりそうで怖いわ」という方もいるハズ…。

そこで、次にクレジットカードを持つことで得ることができるメリットとクレカを使うにあたり注意したいデメリットについてお伝えしたいと思います。

メリット

まずは、クレジットカードを持つことで得ることができる嬉しいメリットについてご紹介しましょう。

■ クレカ決済でポイントが貯まる
■ 公共料金の支払いでもポイントが貯まる
■ Web明細にすることでお金の管理がしやすくなる
■ ネットスーパーや通販サイトが使いやすい
■ 提携カードなら買い物がもっとお得になる

クレジットカードを使って買い物をすることでコンビニやスーパーといった実店舗ではもちろん、楽天市場やAmazon、Yahoo!JAPANショップなどといったネットショッピングを気軽に楽しむことができます。
また、コンビニや一部のドラッグストアで支払い可能な水道・光熱費や、ふるさと納税、自動車税を払いつつ、ポイントを貯めることができるのでお得です♪

さらに家計を預かる身としては、お金の管理も大切なはず。
当サイトでも節約方法の一つとして家計簿をつけることをオススメしていますが、「家計簿って面倒」「途中まではやってたけど」といった声も多いのが現実ではないでしょうか?

そんな手間を簡単に解消してくれる方法として、クレカのWeb明細の活用があります。
「いつ・どこで・何を・いくらで」という項目を自分で付けなくてもWeb明細を活用することで、お金の管理がおこないやすくなりますよ。
買い物や各種料金を払いつつ、ポイントを貯めWeb明細でお金の管理をすることができるのでお金の無駄遣い防止や日々の節約にも役立てることができますよね^^

デメリット

では、逆にクレジットカードによるデメリットについてお伝えしていきましょう。

■ 主婦または専業主婦だと審査が通らない場合もある

全てのクレジットカードにいえることですが、申し込みの際には「審査」があります。
審査については「収入額・職歴・今までのカード歴(支払い状況など)」といったイメージではないでしょうか?

主婦の方ならばパートや正社員としての収入があると思いますが、専業主婦の方には収入原がないため「比較的、審査が通りずらい」と言われています。
そのため、専業主婦であれば夫が持っているクレカの家族カードを申し込むという手もあります。

家族カードであれば本会員と同等のサービスを受けることもでき、尚且つ申し込みやすいという利点があります。
ただし、家族カードを使った利用履歴などは全て本会員の利用明細に明記されてしまうので生活費(家賃・水道費・光熱費)といった共同費用に充てるように注意してくださいね。

いくら、やましい思いなどがないにしても「いつ、どこで、何に使った」など見られてしまうのはストレスにしかならず、トラブルの原因にもなりかねません。
もし「見られたくない…」という方は、個人用にクレジットカードを申し込むことをオススメします。

おすすめしてきたクレカを比較してみた!

主婦にオススメしたいクレジットカードを7枚ご紹介しました!
ここでは表を使って各クレカとを簡単に比較することができるように一覧表にしてまとめてみました^^

【カード名・年会費・特徴】

カード名年会費特徴
楽天PINKカード無料限定カスタマイズサービスが付けられる
イオンカード
イオンカードセレクト
無料優待特典が豊富
イオン銀行がおすすめ
セブンカードプラス初年度は無料
(2年目以降500円)
nanacoカードと連携できる
ファミマTカード無料Tポイントが貯まる
ポイントアップデーがお得
Yahoo!JAPANカード無料Tポイントが貯まる
ふるさと納税でポイントが貯まる
VIASOカード無料オートキャッシュバック
エポスカード無料優待特典が豊富
海外旅行傷害保険が自動付

【カード名・貯まるポイント・還元率】

カード名貯まるポイントポイント還元率
楽天PINKカード楽天スーパーポイント
(通称、楽天ポイント)
1%
(SPUを使うと還元率UP)
イオンカード
イオンカードセレクト
ときめきポイント
WAONポイント
(WAON利用のみ)
0.5%
セブンカードプラスnanacoポイント0.5%
ファミマTカードTポイント0.5%
(ポイントアップデーなどで還元率UP)
Yahoo!JAPANカードTポイント1%
(提携サイトでの利用で還元率UP)
VIASOカードVIASOポイント0.5%
エポスカードエポスポイント0.5%

クレジットカードを選ぶ時に重要視されるのは“貯まるポイント”と”ポイント還元率”と言われています。
しかし、クレカ選びで最も重要なことは「自分がどこを利用することが多いか」ということです。

ざっくりいうと、

楽天市場やAmazon、Yahoo!ジャパンショッピングなどのネットショッピングをするなら
⇒楽天PINKカード/YJカード/VIASOカード

大手スーパーイオンで買い物をするなら
⇒イオンカード/イオンセレクトカード

イトーヨーカド―とセブンイレブンを使うなら
⇒セブンカードプラス

ファミリーマートを使うなら
⇒ファミマTカード

Tポイントを貯めたいなら
⇒ファミマTカード/YJカード

カード加盟店をお得に使いたいなら
⇒エポスカード

といった感じです。
このようにクレジットカードを選ぶ際は「ポイントを集めたい」ということだけに囚われすぎず、「お得かつ効率よくポイントを貯めて無駄にしないために」ということを忘れないようにしてくださいね。

まとめ

数あるクレジットカードの中でも主婦におすすめしたいクレカとして7枚のカードを厳選し紹介しました!

年会費無料はもちろん、年収が少ない主婦の方や専業主婦の方でも申し込みしやすいクレジットカードばかりです^^
さらに、普段の生活の中で貯めたり使うことができる共通ポイントが付与されるカードや子育てママに嬉しいクレカなど色々ありましたよね♪

「主婦だからクレカは作れない」なんてことはありません!

また、今回ご紹介してきたなかで断トツでおすすめなクレジットカードはイオンカード(またはイオンカード セレクト)です^^
イオングループの施設が割引き価格で利用できたり、ときめきポイントを貯めることができます。
電子マネーWAONにチャージすることでWAONポイントも貯めることができますよ♪

ちなみに、イオンカードを申し込むならネット申し込みがおすすめ!
もちろん店舗で作ることもできますが、事前にネットで申し込むことで“ときめきポイント”が付与されたりカード受取りに時間がかかりません。
イオンカードがあれば、20日・30日のお客様感謝デーでのお買い物が5%OFFになるのでお得です。

全国のイオンで申し込むこともできますが、店舗で発行されるのはイオンカード(仮)です。
カードを発行したその日から使うことはできるので「イオンカードのデメリット」とまでは言わないですが、オンライン申し込みなら本カードを受け取ることができますよ^^

「クレジットカード、1枚は持っておきたいのよね~」と悩んでいるなら、この機会にぜひ検討してみてくださいね。

カードの審査が不安な方は、こちらで事前に審査内容を把握しておくと安心ですよ!

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000