年会費無料のクレジットカードを使えば節約に繋がる!クレカ初心者から上級者までオススメするカード6選はこれだ!

閲覧回数 : 1,158 views

クレジットカードはないほうが節約になる
なんて言葉をよく耳にしませんか?

確かに、クレジットカードといえば「魔法のカード」と一部で言われるくらい現金がなくても買い物や外食を楽しむことができますよね。
そのため、カードの使い過ぎによる金融問題も発生しやすいことも事実…。

ですが!クレジットカードの特性や仕組みをきちんと理解し使うことで、むしろ節約生活の強い味方になります!

そこで、今回は年会費無料かつ高還元クレカを6枚に厳選。
年会費無料はもちろん、各カードによって異なるポイントの貯め方からカードの特典についてご紹介していきます。

初心者向けカード

「クレジットカードを持ちたい!けど、どれがいいのかわからない…。」
そんなアナタにおすすめのクレジットカードを3枚ご紹介していきましょう!

年会費無料だけでなく、持っているだけでお得な特典を使えるカードもありますよ♪

楽天カード

テレビCM「楽天カードマーーーーーンッ!」でお馴染みのクレジットカード楽天カード
年会費無料で申し込むことができる学生や主婦の方に人気のクレカです。

人気の秘訣は、やはり共通ポイントである楽天スーパーポイント“(Rポイント)を貯めることができるということ^^
クレジット業界の中でも知名度が高く、さらに楽天カード1枚に3つの機能が備わっているのも嬉しいポイント♪

【楽天カードの3つの機能】
■ クレジット機能
■ ポイントカード機能
■ 電子マネーEdy

楽天カードをクレカとして使うことで100円毎に1ポイントの楽天ポイントが付与されることはもちろん、楽天ポイントカードとしても使うことができるのでカードを提示するだけでもポイントを貯めることができますよ^^
電子マネーである楽天Edyにはオートチャージが可能です。
ただし、ポイント還元率は0.5%と下がってしまうので注意してくださいね。

楽天カードの完全ガイドはこちら↓のページ



楽天カードに関するメリット・デメリットはもちろん、あらゆる疑問をすべて解決できます!

また、楽天カードには基本スペックが同じでありつつ、有料ではあるものの限定カスタマイズサービスをつけることができる楽天PINK(ピンク)カードがあります。
この楽天PINKカードはカードフェイスがピンク色なので「女性向けクレジットカード」として有名ですが、男性でも申し込みまたは楽天カードからの切り替えをおこなうことができます。

楽天PINKカードでも楽天カードと同じく3つの国際ブランド【VISA/MasterCard/JCB】から選ぶことができ、年会費無料のカードです。
気になる方はこちら↓のページも合わせて読んでみてくださいね^^



【楽天カードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1%~
・貯まるポイントは楽天スーパーポイント

Yahoo!JAPANカード

年会費無料かつ共通ポイントである“Tポイント”を貯めることができるクレカ“Yahoo!JAPANカード”
巷では「ヤフーカード」「YJカード」と呼ばれることが多いクレジットカードです。
家族カードも年会費無料で作ることができ、高校生を除いた18歳以上であれば持つことができますよ。

Yahoo!JAPANカードで付与されるTポイントは100円につき1ポイント!
クレカ初心者でもわかりやすいポイントシステムになってるので安心です^^

また、Yahoo!JAPANカードはほかのクレカとは少し違う特徴があります。
それは“Yahoo!公金払い”というシステムです。

Yahoo!公金払いとは以下の支払いをYahoo!JAPANカードを使うことでTポイントを貯めることができるというもの。
以下に支払い対象となる料金をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください^^

【Yahoo!公金払いの対象】
■ ふるさと納税
■ 自動車税
■ 携帯電話料金
■ 固定資産税
■ 住民税
■ 水道料金
■ 電気/ガス料金
■ NHK受信料金

これらの支払いをすべてYahoo!JAPANカードで支払うことで、Tポイントがざくざく貯まります!
中でも、節税効果のあるふるさと納税での利用はとってもお得といえます。

なぜなら、ふるさと納税のほとんどは高額になることが多く、クレジット決済を多くの方が利用しています。
そのため効率よくポイントを貯めることができ尚且つ返礼品をもらうことができるので、お得感をさらに感じることができるのです^^

「ふるさと納税ってよく聞くけど、いまいちよくわからないのよね…」
という方はこちら↓のページも合わせて読んでみてください^^

ふるさと納税の基本のキを編集部スタッフのゆかにゃん(@y_setsuyaku )がわかりやすく解説してくれます♪

もちろん、Yahoo!JAPANカードを使い通販サイトでお馴染みのYahoo!JAPANショップやLOHACO(ロハコ)でTポイントを貯めることができます。
このように毎月の固定費はもちろん、通販サイトを活用することでTポイントをザクザク貯めることができるのはYahoo!JAPANカードだけ!

Yahoo!JAPANカードの詳しい情報はこちら↓のページをどうぞ

【Yahoo! JAPANカードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1%~
・貯まるポイントはTポイント

エポスカード

年会費無料!即日発行!の謳い文句でお馴染みのクレカエポスカード(EPOSCARD)。
関東地方を中心に全国展開しているデパートマルイ(OIOI)、またはインターネットで申し込むことができるクレジットカードです。

実店舗数はまだ少ないですが、実はこのカードにはもの凄い特典があるんです…。

なんと、年会費無料にも関わらず特典が10個もあるというエポスカード。
どのような特典があるかというと…

特典1 永久無料なのに海外旅行傷害保険がつく
特典2 全国の飲食店で割引きなどのサービスを受けることができる
特典3 遊園地入場割引きがある
特典4 カラオケ料金が割引きになる
特典5 美容院やネイルの施術が割引きになる
特典6 スパ・温泉の入場料金が割引きになる
特典7 舞台・イベントのチケットが会員限定価格になる
特典8 レンタカー・カーシェが割引き価格で使うことができる
特典9 旅行予約・出発でポイントアップなどの特典を受けることができる
特典10 ショッピングをすることでボーナスポイントなどがある

….どうですか?(笑)
エポスカードを使っての特典もありますが、カードを提示するだけで受けることができる特典も満載なんです^^

ちなみに、エポスカードと提携している店舗は7,000店以上あり、エポスカードを使うことでポイント還元率を引き上げることができます。

主な店舗は以下の3つです。

■ SHIDAX(シダックス)とBIG ECHO(ビッグエコー)
■ 家電量販店nojima(ノジマ)とnojima online(ノジマオンライン)
■ APA HOTELS&RESORTS(アパホテル&リゾーツ)

エポスカードは残念ながら通常のポイント還元率は0.5%と業界の中でも高還元とは言えないクレカです。

しかし、提携店を利用するだけでポイント還元率は最大30%まで引き上げることができます。
最大のメリットは“カードを提示するだけで受けることができる特典”があると言ったところでしょうか。

エポスカードはメインカードとしては難しいですが、「クレカを初めて持つ」「サブカードとしてもう一枚欲しい」という方にオススメの一枚です♪

エポスカードの加盟店や活用方法をもっと知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



【エポスカードの主な特徴】

・年会費無料
・豪華な無料特典
・即日発行No,1

中級者向けクレジットカード

年会費無料のクレカの中には少しクセのあるカードもあります。
クレジットカードのある生活に慣れ始めたころ、ぜひ検討してほしいクレカを2枚ご紹介しましょう。

JCBCARD W

国際ブランドJCBのプロパーカードの一つJCBCARD W
このカードは年会費は無料ですが、申し込みの際に“年齢制限”のあるクレジットカードです。
JCBCARD Wは39歳以下のみが作ることができ、40歳以上の方は作ることができません。
ちなみに、JCBカード(一般)も年会費無料で申し込むことができるので40歳以上でプロパーカードが欲しい方はこちら↓のページを読んでみてくださいね。



ちなみに、JCBCARD Wは電子マネーnanaco(ナナコ)にチャージすることができるカードです。
普段からセブンイレブンやイトーヨーカドーで買い物をするのであれば、こちらのサービスも見逃してはもったいないですよ^^?

しかし、JCBCARD Wを使ってチャージしたnanacoを使う際にはある注意点があります…。
それはnanacoを使う際に必ず「クイックペイで」と一声、店員に声をかけること!

この方法を使わないとJCBCARD Wで貯まるOkiDokiポイントとnanacoポイントの二重取りが成立しないので注意してくださいね。

また「クイックペイってなに?」と思った方はコチラ↓のページを合わせてどうぞ



クレジットカードの中には”年齢制限”があるクレカもありますが、その分メリットがきちんとあります。
もし、アナタが39歳以下でありプロパーカードを持ちたいというのであれば、JCBCARD Wはオススメの一枚です。

JCBCARD Wの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ



【JCBCARD Wの主な特徴】

・年会費無料
・年齢制限あり
・JCBプロパーカード

イオンカードセレクト

全国展開している大手スーパー“イオン”
イオングループが発行しているクレジットカードイオンカードセレクトはすでに使っている方も多いのではないでしょうか^^

年会費無料はもちろん、クレジットカード特典も充実していることから主婦の方のみならず老若男女に関係なく人気のカードです。

なかには「イオンカードセレクトって、カード初心者には不向きなの?」と思った方もいるのでは?
なぜ、今回イオンカードセレクトを中級者向けにしたには以下の理由があります。

■ イオン銀行との連携が必須
■ イオングループでのお買い物がメイン

まず、イオンカードセレクトを使うにはネットバンクでもおなじみの“イオン銀行の口座開設”が必須です。
ちなみに、イオンが発行しているもう一つのクレカイオンカードは普段使っている口座を使うことができますよ^^

イオンカードセレクトは、イオンカードと同じく年会費無料で持つことができるカードです。
上記に書いた2つの条件を満たすことで、イオンカードよりもポイントを効率よく貯めることができるというメリットがあります。
普段からイオン(またはイオングループ)で買い物をすることが多いのであれば、イオンカードではなくイオンカードセレクトがおすすめです。

また、イオンカードセレクトを使いイオンの株を買うことで、イオンでのお買い物が今よりもっとお得になります。
「イオンの株を保有する=株主になる」ことで、株主優待である“イオンオーナーズカード”を手に入れることが前提条件です。
イオンカードセレクトとイオンオーナーズカードを併用することで、最大18%の割引を受けることができますよ。

ただし、この裏技はイオンの株主優待になることが必須条件となり、株を購入する必要があるので「自分に必要かどうか」を慎重に判断するようにしましょう。

イオンカードセレクト使った効率のいいポイントの貯め方はこちら↓

株主優待といえば自転車で毎日走りまわっている桐谷さんが有名ですよね^^
桐谷さんは日本テレビ系バラエティ番組「月曜から夜ふかし」で株主優待券生活を特集され、その独特なキャラクターで一躍有名になりましたよね。

株主優待は仕組みをきちんと理解すれば様々な節約に繋げることができます。
この機会に株についても少し学んでみては^^?



【イオンカードの主な特徴】

・年会費無料
・20日・30日は5%OFF
・イオングループで使えるカード特典

上級者向けカード

年会費無料のクレジットカードの中でも、上級者向けの一枚をご紹介しましょう。
これから紹介するカードは業界でも「高還元率を誇るクレカ」としても人気の一枚です^^

リクルートカード


↑リクルート公式ページより引用

年会費無料かつ高還元率を誇るクレジットカードリクルートカード
このカードは、月額の利用金額に応じて1.2%の還元率でポイントを貯めることができます。

今まで紹介してきたクレジットカードの還元率は0.5%~1%。
もちろん、使い方によってポイント還元率を上げることができますが、通常時で1.2%還元を受けることができるのは嬉しいですよね♪

ところで、リクルートカードがなぜ上級者向けなのか…。
実はこのカード、普通に使うよりもっとお得に利用する方法があるんです。

それは、ズバリ電子マネーとの併用です。
リクルートカードを使い、電子マネーにチャージすることでクレジットポイントと電子マネーによっては別途ポイントを得ることができます。

特にオススメしたい組み合わせは、電子マネーnanaco。
nanacoにチャージし、ポイントを貯めることができるクレカには限りがあります。

リクルートカードであれば、nanacoにチャージした際ショッピングポイントが付与されます。
そして、nanacoといえば“JCBCARD W”をご紹介した際にも伝えたように「税金・公共料金」を払うことができる唯一の電子マネー。

税金などを払う前にリクルートカードを使いチャージすることで、高還元でのポイントを効率よく貯めることができますよ♪
※リクルートカードを使いnanacoにチャージした分のクレジットポイントは付与されますが、nanacoを使った税金・公共料金でのnanacoポイントは付与されないので注意しましょう。
ただし、税金・公共料金以外の買い物などはnanacoポイントも付与されポイントの二重取りができるので安心してくださいね。

さらに!
リクルートカードを使い【じゃらんnet/ホットペッパーグルメ/ホットペッパービューティ】などのリクルートサービスを使えば、還元率は3.2%にアップ!

少し手間がかかりますが、電子マネーとの組み合わせを活用することでお得なカード生活を送ることができるオススメのカードです。

電子マネーを使うならリクルートカードがお得!
ポイント二重取りの方法はコチラ↓のページをどうぞ



【リクルートカードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1.2%~
・貯まるポイントはリクルートポイント
(Pontaポイントと相互交換可能)

まとめ

今回は年会費無料かつ高還元のクレジットカードを6枚ご紹介しました。

なかでもオススメの一枚は楽天カードです。
ネットショッピングはもちろん、実店舗でも100円につき1ポイントのRポイントを貯めることができるほか、使い方次第ではポイントの二重取りもできます。

なにより、貯めて使うことができるのは共通ポイントの中でも加盟店が増え続けている楽天スーパーポイント。
楽天市場においては、楽天SPUの対象となりエントリーなしでポイントを簡単に貯めることができます。

また、楽天セールでもらえる楽天スーパーポイントとは別に付与されるのも嬉しいところ♪
楽天カードはクレジットカード初心者の方でも使いやすく、ポイントの利便性も高く評価されているのでオススメです。

この機会にクレジットカードを使った節約生活をはじめてみませんか^^?

【楽天カードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1%~
・貯まるポイントは楽天スーパーポイント

クレジットカードを作る前に審査基準を確認してみませんか?詳しくは当サイトのこちらの記事をチェック!

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000