クレカでマイルを貯めれば0円海外旅行も夢じゃない!ポイントも貯めることができるクレジットカードを5枚厳選しました!

閲覧回数 : 202 views

クレジットカードで〇〇を貯めよう!なんて聞くと、〇に入る言葉は「ポイント」が浮かぶのではないでしょうか?
普段のお買い物などで効率よくポイントを貯めるのであれば、クレジットカードを使うことが一番です^^

しかし、今回クレカを使って貯めたいものはマイル(マイレージ)です。

「飛行機なんてめったに乗らないし」「海外旅行なんてお金がかかるじゃない」
なんて言って読むのをやめるのは、もったいないですよ?

普段からクレジットカードを使いマイルを貯めれば0円で海外旅行に行くことも夢じゃないでんです!
そこで、今回は誰でも簡単にマイルを貯めることができるクレジットカード5選をご紹介していきます。

初心者向けクレカ

クレジットカードを使って買い物をするメリットといえば「ポイントが貯まる」ということですよね。
しかし、なかにはクレカを使うことで航空券などを買うことができる“マイル”(マイレージ)に交換することができるカードがあります。
まずは普段の買い物でも気軽にマイルを貯めることができる2枚のカードをご紹介ていきましょう!

イオンJMBカード

イオンJMBカードは名前に“イオン”と入っているので、察した方も多いのでは?
そうです、このイオンJMBカードはイオンカードなどと同じくイオンクレジットサービス会社が発行しているクレカなんです^^

このイオンJMBカードには「JMB(JALマイレージバンク)」というフライトはもちろん、ショッピングで貯めたマイルを様々な商品と交換することができるプログラムが搭載されています。

JALマイレージは通常“JALカード”を使うことで貯めることができますが、カードによっては高額な年会費がかかる場合があります。
ですが、このイオンJMBカードであれば年会費無料でもつことができ尚且つ普段の買い物でマイルを貯めることができますよ♪

イオンJMBカードの嬉しいポイントはこれだけではありません!
なんと主婦の方に圧倒的人気のあるクレカ“イオンカード”と同じく、イオンカードの無料特典を使うことができるのです^^

イオンJMBカードでも使うことができる特典の一部は以下の通りです。

■ 20日・30日のお客様感謝デーは5%OFF
イオンシネマが割引価格で楽しめる
■ お客様わくわくデーでJALマイルが2倍

などなど、お得なサービスがてんこ盛りです♪

このように普段から使っているスーパーでもマイルを貯めることができ、かつ特典も無料で使うことができるのは嬉しいですよね。

もし、あなたが55歳以上なら“イオンJMBカード(JMB WAON一体型&G.Gマーク付き)”がオススメです。
毎月15日の「G.G感謝デー」にイオンJMBカードで買い物をすることで請求時に5%OFFの料金となり、お客様感謝デーと合わせると月に3回も5%OFFで買い物できるので食費の節約にもつながります。
また、毎月5のつく日の対象にもなりJMB WAON決済にすると2倍のマイルを貯めることができるのでお得です。

ちなみにイオンカードを使うことで“ときめきポイント”を貯めることができたり、電子マネーWAONカードで(またはWAON一体型)を使うと“WAONポイント”が貯まります。
しかし、イオンJMBカードではこれらのポイントを貯めることはできないため注意が必要です。

イオンJMBカードを使うことで全てJALマイレージポイントに移行されます。
ゆえに、普段のお買い物でマイルを貯めたい人にオススメできるクレジットカードです。

イオンJMBカードの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

【イオンJMBカードの特徴】
・年会費無料
・JALマイルが貯まる
・イオンカード特典が使える

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは実質年会費無料で持つことができるクレジットカードです。
このカードの特徴は2つのコースから選択することで共通ポイントである楽天スーパーポイント、もしくはANAマイルを貯めることができます。

楽天スーパーポイントコースを選択した場合は楽天カード(一般)と同じく100円につき1ポイントのRポイントを貯めることができ、ANAマイルコースでは200円につき1マイルを貯めることができます。
ちなみに、楽天ANAマイレージクラブカードは以下の4つの機能が搭載されているクレジットカードです。

■ クレジット機能
楽天Edy機能
■ 楽天ポイントカード機能
■ ANAカード機能

この4つの機能が一枚に集約されているため、「ポイントもマイルも貯めたい!」「普段からマイルを貯めたい」という方であればANAマイルコースがオススメです^^

なぜなら、楽天ポイント加盟店で楽天ANAマイレージクラブカードを提示することでRポイントを貯めることができます。
そしてお買い物ではマイルを貯める…こうすることでお得感を増すことができますよ♪

もし、マイルを貯めることが目的ではなく「年会費無料でANAカード特典を使いたい」という方は楽天スーパーポイントコースにしましょう。
貯めた楽天スーパーポイントも後からANAマイルに交換することができたり、ポイントを使って買い物をすることもできるので利便性も高くなりますよね。

また、メリットが多く見える楽天ANAマイレージクラブカードにもデメリットがあります。

■ 2年目以降、年会費が発生
■ ポイントの二重取りができない
■ フライトボーナス・マイル/ボーナスマイルはもらえない

楽天ANAマイレージクラブカードは初年度の年会費を無料で使うことができますが、翌年以降一度も使わないと年会費として540円(税込み)がかかります。
しかし、普段から楽天ANAマイレージクラブカードを使っていれば実質、年会費は無料です。

また、楽天ANAマイレージクラブカードを使ってポイントの二重取り通常できませんが、ANAカードもしくはANAマイレージクラブカード保持者限定のショッピングサイト“ANAマイレージモール”を利用することができます。
そのため”ANAマイレージモール”を経由し楽天市場で買い物をすることで、マイルと楽天スーパーポイントの二重取りをすることができますよ♪

ここまでデメリットの改善策をお伝えしてきましたが、3つめの「■ フライトボーナス・マイル/ボーナスマイルはもらえない」はどうすることもできません…。
つまり、楽天ANAマイレージクラブカードにはANAカードと同じように使える特典がある一方で使えない特典もあることを頭に入れておきましょう。

楽天ANAマイレージクラブカードは、あくまでも「陸マイラー」向けのクレジットカードです。
もし、普段から海外旅行や出張が多い方は世界中の空港ラウンジを使うことができる”プライオリティパス”がつく”楽天プレミマムカード”を検討してみるのもありですよ^^

楽天ANAマイレージクラブカードの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

【楽天ANAマイレージクラブカードの特徴】
・楽天スーパーポイントもしくはマイルが貯まる
・初年度の年会費無料
※年に一度の利用で翌年も無料
・4つの機能がカード一枚に!

中級者向けクレカ

先ほどから少しずつ出ている「陸マイラー」という言葉、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
陸マイラーとは、言葉のとおり「普段の買い物や電車での利用」でポイントではなくマイルを中心に貯める人のことを指します。

そこで、この項目では陸マイラーの間でも注目されている2枚のクレジットカードをご紹介します。

JALカードSuica

JALカードSuicaはビュー・Suicaカードと同じJR東日本の子会社である株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードです。
カード名の頭に“JAL”と入ってはいますが、ビューカードシリーズの一枚です。

このJALカードSuicaは使い方次第でマイルはもちろん、なんとJREポイントを貯めることができます。

■ 飛行機の利用またはショッピング
⇒JMBマイルが貯まる

■ JR東日本の利用
⇒JREポイントが貯まる

JALカードSuicaは先ほどもお伝えしたように、ビューカードの1つです。
つまり、JALカードSuicaを使ってフライトはもちろん買い物などをすることでマイルを貯めつつ、陸ではJR東日本を使うことでJREポイントを貯めることができるお得なクレジットカードなのです。
もちろん、貯めたJREポイントをマイルに交換することもできるので安心してくださいね。
※2018年6月28日(木)よりビューサンクスポイントは”JRE POINT”に移行されました。

また、海外・国内旅行傷害保険が付帯するのも嬉しいポイント♪
ですが、保障内容に少し不安を感じる方もいるかもしれません…。
特に海外旅行に行く前には内容を確認のうえ、足りない部分を補う保険に加入するか別のクレジットカードを用意するようにしましょう。

JALカードSuicaは年会費(2,160円、ただし初年度は無料)がかかるクレジットカードです。
他のカードと違い「条件によっては0円」というわけにはいきませんが、年会費以上のメリットがあるクレカです。
このJALカードSuicaは先ほどからお伝えしているとおり、空だけでなく陸での利用でマイルを貯めることができJR東日本での利用ではJREポイントを貯めることができます。
JALカード特典でもある「フライトボーナス」などでもマイルをもらうことができますよ。

さらにiPhoneユーザーにはすっかりお馴染みとなったApple Payを通じることで“モバイルSuica”に登録することができます。

モバイルSuicaはスマホに登録することで「タッチ&ゴーサービス」を使うことができます。
JR東日本にて定期券を使い乗車する人も「ピッ」とスマホをかざすだけで改札を通るこおとができるので、スムーズに電車の乗り降りができますよ^^

JALカードSuicaがあれば、空(飛行機)も陸(電車)もスマホ1つで乗り降りできるので便利です。

ちなみにですが、JALカード(一般)も同じ年会費がかかります。
買い物などでマイルを貯めることができませんが、別途ポイントを貯めることはできません。
そのため、「飛行機も使うけど、年に1~2回程度かなぁ」という方は“JALカードSuica”がオススメです。

JALカードSuicaの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

ソラチカカード

ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)はANAマイルを貯めることができるクレジットカードです。
JALカードSuicaと同じく、マイルだけでなく様々なポイントも貯めることができるクレカであり「陸マイラー」に最も人気の高いカードといえるでしょう。

このソラチカカードで貯めることができるマイルとポイントは以下の通りです。
簡単に貯め方も紹介しておきたいと思います^^

■ ANAマイル
⇒ANAグループの飛行機やスターアライアンス加盟航空会社の飛行機に搭乗することでANAマイル付与
⇒ANAカード機能を利用した場合、ボーナスマイルが付与

■ メトロポイント
⇒東京メトロの定期券購入でメトロポイント付与
⇒メトロポイントPlusの利用でメトロポイント付与

■ Oki Dokiポイント
⇒国際ブランドであるJCBが搭載されているため、普段のショッピングなどではOki Dokiポイントが付与

また、この他にも交通系ICカードPASMOと紐付けオートチャージ設定をしておけば、コースによってANAマイルかOki Dokiポイントをもらうことができます^^

このように、ソラチカカードは使い方次第で【ANAマイル/メトロポイント/Oki Dokiポイント】を貯めることができる利便性の高いクレジットカードです。
ですが、その反面で各システムを理解していないと使いこなせないというデメリットもあります。

さらにソラチカカードには海外旅行傷害保険が付帯されていますが、JALカードSuicaと同様に手厚い内容とはいえません。
そのため、旅行に行く際には海外旅行傷害保険が付帯しているクレカを用意しておくか海外旅行傷害保険に加入しておくことをオススメします。

ソラチカカードを使いこなすことであらゆる方面でANAマイル・ポイントを貯めることができますが、陸マイラーの間でも注目されているのは“ポイントサイト”の活用です。

ポイントサイトを活用することでマイルだけでなくポイントも効率よく貯めることができるということは陸マイラーでなくても知っている方は多いと思います。
2018年現在ではソラチカカードとポイントサイト(ハピタス)を併用して使う方法がもっともANAマイルが貯まりやすいと評判です^^
陸マイラーはクレジットカードを駆使しつつ、ポイントサイトを活用することで「いかにマイルを貯めるか」常に試行錯誤を繰り返しているようですね。

そんな陸マイラーにならい、ソラチカカードを活用することで0円海外旅行に近づくことができるかも…!?

ソラチカカードの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

海外旅行傷害保険が無料で付帯しているおすすめクレカはこちら↓
【楽天カード完全ガイド】ポイントが貯まりやすいクレジットカードNO,1!お得な使い方から申し込み、審査まで徹底解説
【エポスカード(EPOSCARD)】ポイントの貯め方からお得な使い方はもちろん、無料で付いてくるカード特典をご紹介します!

上級者向けクレカ

これまで「初心者向け」「中級者向け」として普段から使うことでマイルを貯めることができるクレジットカードを紹介してきました。
そして、ここでは「上級者向け」として1枚のクレジットカードを紹介したいと思います。

JALカード

JALカードは日本を代表する航空会社「JAL」の子会社である株式会社JALカードが発行しているクレジットカードです。

JALカードには全部で6種類ものラインナップがあり、自分にあったカードを選ぶことができます。

■ 普通カード
■ CLUB-Aカード
■ CLUB-Aゴールドカード
■ プラチナカード
■ JALカードnavi
■ JAL CLUB EST
■ その他提携カード

今回は上記の中でも普通カード(以降、JALカード)についてご紹介していきます。

JALカードは年会費2,160円かかるクレジットカードであり、クレジット機能はもちろんJMB機能を搭載していることが特徴的なカードです。

また、JALカードは使うカードによってボーナス特典が変わってきたり、また付帯させる国際ブランドによっては付帯される海外・国内旅行傷害保険の内容も変わってきます。
このように同じJALカードでも選ぶカード・付帯ブランドによって、違いがあるのもJALカードの魅力の一つといえますね^^

では、JALカードを使ってどのようにマイルを貯めることができるのでしょうか?
簡単にまとめてみました。

■ JALグループの飛行機を利用
■ ツアープレミアムに入会する
■ 国際便は提携航空会社を利用する
■ ショッピングで貯める
■ ポイントサイトを使う
■ 共通ポイントから移行させる

これらの方法を活用することでJALマイルを貯めることができます。
フライトはもちろんですが、注目したいポイントは「ショッピングで貯める」「ポイントサイト」の2つです。

まず、「ショッピングで貯める」からひも解いていきましょう。
JALカードにはクレジット機能とは別にJMB機能が搭載していると、先ほどお伝えしましたよね。
このJMB機能があるおかげでクレジット利用をしてもマイルを貯めることができる仕組みとなっているのです。

JMBといえば、本記事の「初心者向け」項目で紹介したイオンJMBカードがまさにそうですね。
イオンJMBカードは普段使いでもマイルが貯まるだけでなく、イオンカードの特典も利用できることが特徴といえます。

ちなみに、JALカードを普段から使いショッピングマイルを貯めるなら「JALカードショッピングマイル・プレミアム」を利用しましょう。
このサービスは有料の会員サービスですが、JALカードを使ってショッピングすることで2倍のマイルを貯めることができます。

さらに覚えておきたいのは「JALカード特約店」の活用です!
クレジットカードのなかには提携ショップを利用することでポイント還元率が上がるカードがあり、通常よりも効率よく貯めることができますよね。

JALカードにも同じく「特約店」と呼ばれる提携ショップがあります。
特約店で買い物をする際にJALカード決済をおこなうことで200円につき2マイル貯めていくことができます。
この特約店の利用は先ほどお伝えした「JALカードショッピングマイル・プレミアム」と異なり無料で使えることが嬉しいポイントです♪

通常JALカードでは200毎に1マイル貯まる仕組みなので、これは是非とも活用していきたいですね^^

JALカードの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

まとめ

今回は普段使いでマイルを貯めることができるクレジットカードを5枚厳選し、ご紹介してきました。

なかでも一番のオススメクレカはイオンJMBカードです。
大手スーパーイオンはもちろんイオングループをお得に使いつつ、マイルを貯めることができるのはやはり大きなメリットですよね^^
ときめきポイントやWAONポイントは貯めることはできませんが、年会費無料で普段の生活にかかる費用を節約しマイルを貯めることができるクレカとして損はないでしょう。

ただし、普段から電車を頻繁に使うのであれば“JALカードSuica”“ソラチカカード”もオススメです。

自分のライフスタイルに合わせてカードを選び、マイルを効率よく貯めれば0円海外旅行も現実になりますよ♪
この機会に是非「陸マイラー」となって、お得に海外・国内旅行を楽しんでくださいね。

【イオンJMBカードの特徴】
・年会費無料
・JALマイルが貯まる
・イオンカード特典が使える

クレジットカードを作る前に審査基準を確認してみませんか?詳しくは当サイトのこちらの記事をチェック!

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000