ルミネカードは年会費以上にお得なクレジットカード!LUMINEでのお買い物が毎日5%OFFになるクレカの魅力とは

閲覧回数 : 1,470 views

↑ルミネカード:ビューカード公式ページより引用

新宿や池袋を中心に展開している駅ビル型ショッピングセンターLUMINE(ルミネ)。
ルミネで買い物をする機会が多い方は「持っていなければ絶対に損をする!」と言われているカードルミネカード

名前に“ルミネ”と付いているだけあり、LUMINEで利用することで毎日のお買い物や食事などをお得に楽しむことができるカードです。
このルミネカードはJR東日本が運営・発行しているクレカビューカードシリーズの一枚でもあります。

このルミネカードの最大の魅力はルミネでのお買い物や食事が毎回5%OFFになるということ!
後ほど詳しくお伝えしますが、毎日のお買い物が5%OFFってかなりお得ですよね♪
しかし、中には「ルミネカードは年会費がかかるから…」という理由から申し込みをためらっている人も多いんだとか…。

そこで今回は、知らなきゃ損する魅力満載の“ルミネカード”についてご紹介したいと思います!

ルミネカードとは


↑ルミネカード:ビューカード公式ページより引用

LUMINEの店頭もしくはネットにて申し込むことができる“ルミネカード”
ルミネは洋服や小物だけでなく、カフェなどの軽食も楽しむことができる駅型ショッピングセンターです。
ルミネカードがあればLUMINE内での利用は全て5%OFFですよ^^

まずはルミネカードの概要から見ていきましょう。

年会費:初年度無料/2年目以降1,030円(税込)
国際ブランド:VISA/Mastercrad/JCB
家族カード:なし
ETCカード:年会費515円(税込)
付帯機能:Suica/定期券/JRE POINTカード
付帯保険:国内・海外旅行傷害保険

ルミネカードは初年度の年会費無料で持つことができますが、2年目以降は年会費が1,030円(税込)かかります。
「少し高くない?」と思われるかも知れませんが、年会費は簡単に元を取ることができますよ。

年会費はカンタンに取り戻せる!

ルミネカードを使いクレジット決済をすることで毎回5%OFFの割引を受けることができます。
LUMINE内であれば人気カフェ”スターバックスコーヒー”や通常安く購入することができない書籍も5%OFFでかうことができます。
さらに定期券の購入や電子マネーSuicaにチャージすることで通常の3倍ポイントを貯めることができるのでお得です♪

ルミネの買い物は常に5%OFF尚且つ年に4回は10%OFF…他にもレジャー施設が半額以下で利用できたり、飲食店でドリンクサービスなどを受けることもできるのでルミネカードを普段普段から利用することで年会費の元は簡単に取ることができますよ^^。
もちろん、ルミネ実店舗だけでなく専用通販サイト「アイルミネ」でも使うことができるので期間中に足を運べなくてもお家でゆっくりお買い物を楽しむことができますね♪

国際ブランドとETCカードについて

ルミネカードに付帯できる国際ブランドは【VISA/Mastercrad/JCB】から選ぶことができます。

また、ルミネカードでは家族カードを発行することができませんが、ETCカードは発行することができます。
ETCカードを発行するには別途515円(税込)の年会費がかかります。
「普段、車には乗らないな」「年会費0円がいいなぁ」という方は別クレカでお金をかけずに申し込むのもひとつですよ^^

年会費無料でETCカードが付帯できるカードについてはコチラ↓のページをどうぞ



さらにルミネカードにはクレジット機能だけでなく、ICカードSuica機能と通勤・通学に便利な定期券機能が付帯されています。
もちろんSuicaへのオートチャージも◎
他のビューカードと同じくポイント還元率も3倍になるので効率よくポイントを貯めるためにも、オートチャージ機能を必ず設定しておきましょう。

ルミネカードで貯まるポイントは?

ルミネカードはJR東日本グループが運営・管理しているビュー・カードの1枚です。
そのためルミネカードを利用することで貯まるポイントは“JRE POINT”(旧:ビューサンクスポイント)です。

ルミネカードで買い物や食事をクレジット決済することで1,000円につき5ポイントのJRE POINTを貯めることができます。
通常のポイント還元率は0.5%と低いですが、Suicaへのオートチャージや定期券を購入することで還元率が3倍になり1,000円につき15ポイント(還元率1.5%)貯めることができます。
ただし、定期券の購入の場合「みどりの窓口」「券売機」での購入のみ対象となるので注意してくださいね。

LUMINEはどこにあるの?

LUMINEは横浜駅や新宿駅などの大きな駅に隣接されているので、学校や仕事帰りなどに寄ることができるので便利ですよ^^
付帯機能として電子マネーSuicaだけでなく定期券機能もついているので、ルミネカードがあればお得に電車やお買い物をすることができますよ♪

まずはLUMINEがどこにあるのかチェックしておきましょう!

<<埼玉県>>
大宮/川越

<<東京都>>
北千住/池袋/有楽町/新宿/ルミネエスト/立川/町田/荻窪/ルネマン渋谷/ルミネ・ザ・キッチン品川

<<神奈川県>>
横浜/藤沢/大船ルミネウィング

ルミネカードの国内・海外旅行傷害保険

ルミネカードには国内・海外旅行傷害保険が付帯されています。
国内旅行傷害保険から順番にご紹介していきましょう。

【国内旅行傷害保険】
ルミネカードに付帯することができる国内旅行傷害保険は「利用付帯」という条件が付きます。
すなわち、国内旅行へ旅立つ前に切符や旅行に関する商品をルミネカードで購入しないと保険の対象になりません。

国内旅行に行く前には空港までの電車賃などを全てルミネカード決済にしましょう。
また、主な保険内容は以下の通りです。

■ 死亡/後遺障害:1,000万円
■ 入院:1日につき3,000円
■ 通院:1日につき2,000円

【海外旅行傷害保険】
ルミネカードに付帯している海外旅行傷害保険は「自動付帯」となり、ルミネカードを利用しなくても海外旅行の際に保険が適用されます。
さらにルミネカードの海外旅行傷害保険では「海外での日本語救急サービス」を利用することができます。
英語を話すことが出来なくても安心して海外旅行を楽しむことができますね^^

また、万が一旅行中にケガや病気を患ってしまった場合は「東京海上日動海外総合サポートデスクに電話をする」ことを覚えておきましょう!
保険金の支払い範囲内という限りがありますが、サービスを受けることができますよ。

嬉しいことに24時間年中無休で対応してくれるので、安心して海外旅行を堪能することができますね。

海外旅行傷害保険の主な内容は以下の通りです。

■ 死亡/後遺傷害:500万円
■ 傷害治療費用:50万円
■ 疾治療費用:50万円

国内・海外旅行へ行く際はクレジットカードは欠かせないアイテムですよね。
ただ、正直ルミネカードの旅行傷害保険だけでは少し不安に感じるかもしれません…。

例えば当サイトでもお馴染みのクレカ楽天カード
楽天カードには国内旅行傷害保険は付いておらず、また海外旅行傷害保険は「利用付帯」となります。
ですが、ルミネカードと比べると保障内容は手厚いものとなっています。

【楽天カード/海外旅行傷害保険】
■ 傷害死亡/後遺傷害:2,000万円
■ 障害治療費用:200万円
■ 疾治療費用:200万円

この他に楽天カードの海外旅行傷害保険には賠償責任、救援者支援、携行品損害が付いてきます。
ルミネカードと比べると保険金は何倍もの金額の差が明確ですよね。

国内でのケガや疾病に関する保険金は生命保険にて備えていると思いますが、海外では当然ながら国内の医療保険などは適用されません。
そのうえ、国内と比べ海外での治療費などは高額になるケースがほとんどです。

ルミネカードを持っているからといって安心するのではなく、海外旅行へ行く際にはくれぐれもカードに付帯されている保険内容をしっかりと確認しておきましょうね。

楽天カードについてはコチラ↓のページをどうぞ



国内・海外旅行に持っていきたいクレカについてはコチラ↓のページをどうぞ



ルミネカードでJRE POINTを貯めよう!


↑JRE POINT公式ページより引用

定期の購入やチャージ・切符の購入などにルミネカードを利用すれば、ポイント還元率が通常の3倍となり、1.5%も付与されます。
特に定期券は金額が大きくなるのでルミネカード決済は欠かせませんね。

例えば横浜から東京までの区間の定期券を購入する場合…

1ヶ月 13,900円
3ヶ月 39,610円
6ヶ月 66,700円

通勤定期でこのくらいかかります。
これをルミネカードで決済すると…

1ヶ月 13,900円 ⇒ 208ポイント獲得
3ヶ月 39,610円 ⇒ 594ポイント獲得
6ヶ月 66,700円 ⇒ 1,000ポイント獲得

6ヶ月定期を購入すれば定期券だけで年会費(1,030円)と同じくらいのJRE POINTをもらうことができます。
そのため、半年に一度定期を購入するだけで年会費は実質無料といっても過言ではないかもしれません。

また、多くの会社が交通費支給かと思います。
つまり定期代をルミネカード(もしくはビューカードなど)で支払えばお金をかけずに効率よくJRE POINTを貯めることができますよ。
ルミネカードは駅前でのショッピングだけでなく、通勤代もお得にすることができるの魅力たっぷりのクレジットカードです。

貯めたポイントの活用法

ルミネカードを使うことで貯まる“JRE POINT”ですが、色んな使い方があります。

なかでも貯めたJRE POINTを「Suicaへの交換」です。
400ポイントでSuicaチャージ1,000円分ほどになり、2.5円お得に交換することができますよ。

もし、Suicaチャージよりもお得さを求めるなら「ルミネ商品券」に交換しましょう。
ルミネ商品券への交換ポイント数は以下の通りです。

■ 650ポイントで2,000円の商品券
■ 1,250ポイントで4,000円の商品券

ルミネ商品券への交換は1ポイントで3.2円換算。
この商品券はLUMINEでしか利用することができませんが、ルミネカードを持っているLUMINEヘビーユーザーには嬉しい活用方法ですね^^

お得なメリットをご紹介!

ルミネカードの最大の魅力は「LUMINEでの利用で5%OFF」ですが、もちろんそれ以外にもあります♪
では、早速ご紹介していきましょう!

特典1:ルミネのお買いものが常に5%OFF!

ルミネ内に入っている各ショップや飲食店でクレカ決済すると、いつでも5%OFFを受けることができます。
ルミネに入っているショップならすべて割引対象というのがポイントです!

普段あまり割引にならないユニクロや本屋、ブランドコスメなどもルミネ内にある店舗であれば割引対象となります。
もちろん、レストラン街での食事やコーヒーでお馴染みのスターバックスコーヒーも割引き価格で飲むことができますよ^^

スターバックスへ行くならスタバカードにチャージするとお得♪

特典2:年に4回、10%オフになる!

常に5%オフとなるルミネですが、3月・5月・9月・11月の年に4回だけ数日間10%オフが受けられます。
ルミネカードを使って買い物をするだけで、春物や冬物が登場する時期に10%が受けられるのは大きいですよね。

ちなみに、10%オフは店舗だけでなくネット通販“アイルミネ”も割引き対象になります。
この10%OFF期間は各ルミネ店舗が非常に込み合います。
また、「ルミネまで少し遠い..」という方は、ネット通販“アイルミネ”がオススメです。
ルミネカードを持っていれば“アイルミネ”で、セール1週間前より商品のお取り起きができますよ^^
欲しい商品をお得にゲットできるチャンスなので見逃さないようにしましょう!

さらに、ルミネカードの10%セール期間と無印良品週間というセールが重なると無印良品が19%引きで買うことができます。
もちろんルミネに入っているユニクロも10%引きで購入することができるので、セールが開催される前にルミネカードを作っておくのがベスト。

ルミネカードの発行には約2週間ほどかかるので、お得なセールが始まる前に作りましょう!

特典3:「ルミネスタイル」で優待が受けられる

ルミネカード会員限定で提供している「ルミネスタイル」
ホテルやレストラン・レジャー施設やカラオケの割引を受けることができる福利厚生サービスです。
カード会社の優待サービスは良くありますが、なんとルミネスタイルは2017年オリコン日本顧客満足度調査での「福利厚生サービス」部門で1位を獲得したほど!
優待が受けられるお店の数も多く、かなりお得に利用できると話題を集めています。

優待が受けられるお店の一部は以下の通り。

■ bills 1ドリンクサービス
■ 上島珈琲店 会計金額より10%OFF
■ ドミノピザ 注文商品金額より15%OFF
イオンシネマ 1,800円⇒1,300円
■ 那須ハイランドパーク 中学生以上・3歳~小学生半額

このほかにも、さまざまなジャンルの優待を用意。
家族や友人とのお出かけにも、欠かせないカードとなっています。

特典4:そのほかに受けられる特典

ルミネのお買いものやJRでの利用以外にも、お得な点がたくさんあります。

■ ルミネの年回利用額に応じた商品券がもらえる

20万~50万未満 1,000円分の商品券
50万~70万未満 2,000円分の商品券
70万~100万未満 3,000円分の商品券
100万円以上 5,000円分の商品券

■ 年間100万円以上利用すると、「プレミアム体験キャンペーン」が受けられる
■ ルミネカードで旅行券や切符を購入すると「国内旅行傷害保険」が付帯される
■ 海外旅行に行く際は自動的に「海外旅行傷害保険」が付帯される
■ モバイルSuicaの年会費が無料になる

特に商品券はルミネの買い物を頻繁にする方にとって、とても嬉しいですよね。
保険の付帯もバッチリなので1枚持っておくと安心です。

ルミネカードはApple Payにも対応!

キャッシュレス化が進むなか、iPhoneユーザーであれば利用することができる決済サービスApple Pay
クレジットカードを登録することでiPhone1つでお買い物から食事などすることができます。

また、登録するカードに電子マネー機能が付帯していればオートチャージも可能◎
電子マネーを利用する際は「iD」もしくは「クイックペイ」に分類されます。
Apple Payを活用すればお財布を持ち歩く必要がなく、お財布の断捨離にも繋げることができます。
ただし、残念なことにクレカならではの裏技を使うことができません…。

裏技というのは「ポイント二重取り」です。
特に電子マネーを介した二重取りの方法はいくつもありますが、Apple Payではできないので注意しましょう。

Apple Payについてはこちら↓のページをどうぞ



まとめ

ルミネカードは年会費のかかるクレジットカードですが、定期券を利用すれば半年で年会費の元を取ることができます。
さらに定期券の購入や交通系ICカードSuicaへのオートチャージでポイント還元率がUP!
そして何よりルミネでのショッピングや食事はいつでも5%OFFというのはかなり魅力的ですよね^^

また、ルミネカードはオンラインでも店頭でも発行することができるクレジットカードです。
2018年10月1日(月)~12月31日(月)まではオンライン入会限定キャンペーンが行われています!

ルミネカードへの入会とカードを使うことで最大3,500ポイントのJRE POINTをもらうことができますよ♪
是非この機会をお見逃しなく!

クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ




著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
ルミネカードは年会費以上にお得なクレジットカード!LUMINEでのお買い物が毎日5%OFFになるクレカの魅力とはルミネカードは年会費以上にお得なクレジットカード!LUMINEでのお買い物が毎日5%OFFになるクレカの魅力とは