ビックカメラSuicaカードの還元率は11.5%!ポイントはキャンペーンだけじゃない!?使い方次第で二重取りができるクレカをご紹介します!

閲覧回数 : 1,160 views

ビックカメラSuicaカード公式ページより引用

全国展開している大手家電量販店“ビックカメラ”
家電だけでなく日用品から食品など幅広い商品を取り扱っていることで、今話題の店舗ですよね。

そんなビックカメラではもちろん、ビックカメラグループである“コジマ”・”ソフマップ”でもポイントを貯めることができるクレジットカードがあるんです!

ずばり、その名もビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは使い方によってポイント二重いや三重取りができるクレカです。
今回はそんなお得なクレジットカード“ビックカメラSuicaカード”についてご紹介していきます!

ビックカメラSuicaカードとは


ビックカメラSuicaカード公式ページより引用

まずは早速、ビックカメラSuicaカードの基本概要を見ていきましょう。

カード名称ビックカメラSuicaカード
発行会社株式会社
ビューカード
国際ブランドVISA/JCB
年会費初年度⇒無料
2年目以降⇒477円(税別)
※年1回の利用で年会費無料
家族カードなし
ETCカード477円(税別)
ポイント還元率1.0~11.5%
付与ポイントビックポイント
JRE POINT
ショッピング保険なし
旅行傷害保険国内
最高1,000万円(利用付帯)
海外
最高500万円(自動付帯)

ビックカメラSuicaカードはJR東日本が発行しているクレジットカード“ビュー・カード”の一つです。
ビュー・カードで定番のクレカといえば、”ビューSuicaカード”があります。
ビューSuicaカードには定期券も付けることができるので、通学や通勤でJR東日本を使う方に人気の一枚です^^

また、ビックカメラSuicaカードにも付帯されているSuica機能。
電子マネーでもあるSuicaなどの交通系ICカードは、切符を買うよりも安く電車やバスを使うことができます。
Suica機能がついたビックカメラSuicaカードを使って電車の乗り降りはもちろん、駅構内または新幹線内での購入でJRE POINT(旧ビューサンクスポイント)を貯めることができます。
ビックカメラSuicaカードはSuicaにオートチャージする際もポイントが貯まりますよ♪

さらに、カード名に「ビックカメラ」と入っているだけあり、家電量販店ビックカメラを含むビックカメラグループ店舗でポイントを貯めることができます。
ポイントについてはあとで詳しくお伝えしますね。

他にも国内・海外旅行傷害保険が付帯されていたりとカード一枚に沢山の機能がついています。
ビックカメラSuicaカードは電車や新幹線を使わなくてもポイントを貯めることができるクレジットカードといえますね。

国内・海外旅行傷害保険

ビックカメラSuicaカードには国内・海外旅行傷害保険が付帯されています。
海外旅行傷害保険は多くのクレジットカードに付帯されていますが、国内旅行傷害保険が付帯されているクレカは希少ともいえます。
保障内容は以下の通りです。

【国内旅行傷害保険】
■ 死亡・後遺障害:1,000万円
■ 入院:1日につき3,000円
■ 通院:1日につき2,000円

【海外旅行傷害保険】
■ 死亡・後遺障害:500万円
■ 傷害治療費用:50万円
■ 疾病治療費用:50万円

ちなみに国内旅行傷害保険は「利用付帯」、海外旅行傷害保険は「自動付帯」となります。
利用付帯というのは旅行に行くまでに新幹線のチケット購入や旅行プラン支払いなどをビックカメラSuicaカードを使わないと保障の対象にならないということです。
一方で海外旅行傷害保険は自動付帯なのでビックカメラSuicaカードを持っていれば対象となります。
しかし、海外での治療・入院費は高額になるケースが多いため金額が足りない可能性があります。

海外へ行く際はビックカメラSuicaカードをサブカードとして持ち、手厚い内容の海外旅行傷害保険が付帯している別カードを用意しておくと安心して楽しむことができますよ♪

海外旅行傷害保険が付帯しているおすすめクレカはこちら↓





Apple Payにも対応

iPhoneユーザーのみが使うことができるスマホ決済サービスApple Pay
Apple Payとはクレジットカード情報を登録することでiPhone1つで買い物や外食などをすることができる決済サービスのことです。

登録したクレジットカードは電子マネーQUICPay(クイックペイ)かiDに分けられます。
どちらの電子マネーもコンビニやスーパなど、普段使うことが多い店舗で利用できるのでサイフを出さずに買い物をスムーズにすることができます。

このApple PayにビックカメラSuicaカードを登録することで、なんとiPhoneだけで電車の乗り降りはもちろん飛行機にも乗ることができるんです♪
「ピッ」とスマホをかざすだけで飛行機にも乗ることができるなんて…そんなオシャレな乗り方をしてみたいもんですね。
※著者は生まれてこのかた飛行機に乗った経験がありません

もちろん、Suicaを利用した際にはJRE POINTを貯めることができますよ♪
Apple Payはスマートな買い物をすることだけでなく、お財布の断捨離もすることができます。

この機会に「ノーキャッシュ生活」を始めるのもいいですね^^ 

Apple Payの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

ビックカメラSuicaカードの最大の魅力

ビックカメラSuicaカード公式サイトより引用

ビックカメラSuicaカードについて紹介してきましたが、最大の魅力はなんといっても“ポイント還元率”です!
カードの基本概要でもお伝えしましたが、ビックカメラSuicaカードはビックカメラポイントの他にJR東日本を利用することでJRE POINT(旧ビューサンクスポイント)を貯めることができます。
使い方次第ではポイントの二重取りや三重取りもできますよ^^

ここでは、ビックカメラSuicaカードを使ったポイントの貯め方をご紹介します。

ポイント最大11,5%還元

“ビックカメラSuicaカード”というくらいですから、家電量販店であるビックカメラ(コジマ・ソフマップ)で買い物をすることで最大ポイント還元率を11.5%に引き上げることができます。
方法はいたって簡単。

まずはビックカメラSuicaカードを使ってSuicaにチャージをします。
チャージ方法はオートチャージ・JR東日本の券売機・モバイルSuica・ビューアルッテのどの方法でもOK。
ビューカードを使ってのチャージはポイント還元率が通常の3倍となるので1,000円につき15ポイント(還元率1.5%)のJREポイントがもらえます。
※通常1,000円毎に5ポイント(還元率0.5%)

そして、チャージしたSuicaを使いビックカメラで買い物をすると現金払いと同じ10%のビックポイントが付与されます。
合計するとポイント還元率は11.5%!

ビックカメラSuicaカードが高還元クレカに早変わりです♪

通常ビックカメラでの買い物をする際に他のクレジットカードで決済すると、現金払いと違い8%還元となりポイント還元率が2%も落ちてしまうのです。
しかし、ご紹介した方法を使いビックカメラビューSuicaカードのSuicaで払うと現金払いと同じ10%還元でビックカメラのポイントを貯めることができます。
ビックカメラSuicaカードがあれば一枚でポイントの二重取りができますよ♪

Web明細の登録で毎月20ポイント(50円分)もらえる

クレジットカード決済をした場合、「いつ、どこで、何を買ったか」などクレカ明細が気になるところ…。
カードの明細書は通常なら自宅に郵送されますよね。
ですが、郵送の代わりにWebでクレカ明細を確認できるように手続きをすると、JRE POINTが毎月20ポイント(50円分)もらうことができるのです!

なぜ、JRE POINTを毎月もらえるのかというと、ビックカメラSuicaカードを運営するJR東日本は郵送代や手間をカットできるからです。

年間で考えたら、毎月20ポイント=600円相当をタダでもらうことができるようなもの。
ビックカメラSuicaカードでの明細書をWeb明細に切り替えて、お得にポイントをGETしましょう!

他のお店でもポイントがつくの?

先ほど紹介した方法を利用することで、ビックカメラグループでの買い物ではJRE POINTとビックポイントを貯めることができます。
しかし、「なんでもかんでもビックカメラで買い物をする」と言った人はいませんよね。
では、他の場所でビックカメラSuicaカードを使うとどのようにポイントが付くのかご紹介しましょう。

【ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外の場合】

ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外の場合、いわゆる外食時や洋服などのショッピングをする際ビックカメラSuicaカードを使うと実質1%のポイントを貯めることができます。
「実質1%ってどうゆうこと?」となりますよね。

実は普段の買い物や飲食店でビックカメラSuicaカードを使うと、ビックポイント(0.5%)+JRE POINT(0.5%)の合計1%分のポイントが貯まっていきます。
つまり、特別なことをしなくてもポイントの二重取りがビックカメラSuicaカード1枚で出来てしまうというわけです♪

【JR東日本サービスの利用】
ビックカメラSuicaカードはJR東日本が発行しているビュー・カードシリーズの一枚です。
そのため、ビュー・カード共通の特典としてJR東日本のサービス(Suicaへのチャージ/新幹線のチケット購入/定期券の購入など)をビックカメラSuicaカードで購入することで、JRE POINTを貯めることができます。
しかも、通常ポイント還元率ではなく3倍でのポイント付与となるので、かなりお得といえますね。
ただし、ビックカメラSuicaカードには定期券を付帯することができません。

もし、定期券一体型のビュー・カードが欲しい方は“ビューSuicaカード”がオススメです。

番外編

話が少しずれてしまいますが、ちょっとここでビックカメラグループお得なポイントの貯め方を1つ紹介しておきたいと思います。

ビックカメラSuicaカードを使ったポイントの二重取り方法をご紹介しましたが、ある方法を使うことでビックカメラ・コジマ・ソフマップでポイントの三重取りをすることができます。
その方法とは電子マネーnanaco(ナナコ)を使った裏技です。

ビックカメラグループではSuicaの他に電子マネーnanacoでも買い物をすることができます。
ポイント三重取りの方法は以下の手順です。

クレジットカードを使いnanacoにチャージする
(クレカポイント)

チャージしたnanacoを使い買い物をする
(nanacoポイント)

お会計の際にポイントカードを提示する
(ビックポイント)

といった流れです。
nanacoは税金・公共料金を払うことができることで節約家の間でも活用している方が多い電子マネーです。

また、この方法には1点だけ注意点があります。
知っている方も多いと思いますが、nanacoにチャージする際にクレカポイントが付くクレジットカードには限りがあります。
そのためチャージする際には必ずポイントが付くクレカなのかどうか確認をしましょう。

電子マネーnanacoの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

ビックカメラで貯めたポイントの使い方

ビックカメラ公式サイトより引用

ビックカメラでの買い物や普段使いから、ポイントをお得に貯めることができるビックカメラSuicaカード。
しかし、ポイントを貯めても使わなければ「宝の持ち腐れ」になってしまうかも…。
ビックカメラSuicaカードで貯めたポイントは、どの様に使うことができるのかご紹介します。

■ ビッグポイント
⇒ビッグカメラでお買い物をする際、使うことができます
⇒Suicaにチャージ可能

■ JRE POINT
⇒Suicaへのチャージ可能(1,000ポイント=1,000円分チャージ)
⇒ビックポイントに交換することができます

さらに、JRE POINTは色々な商品券やカードと交換することができます。
※びゅう商品券・ルミネ商品券には別途送料として160ポイントが必要になるので、注意してくださいね

交換商品必要ポイント数
びゅう商品券
1,000円分
400P
ルミネ商品券
2,000円分
650P
ルミネ商品券
4,000円分
1,250P
ハーゲンダッツギフト券300P
鉄道博物館入館引換券400P
全国お取り寄せ
スイーツカード
3,500円相当
1,340P
東北応援
うんめぇどカード
5,000円相当
1,900P
お取り寄せ
グルメカード
5,250円相当
2,000P

ビックポイントをSuicaにチャージとし交換することで、ポイントを無駄なく使うことができます。
また、数々の商品券やグルメカードに交換できるのも嬉しいですよね。

もし「ビックカメラよりルミネをよく使う」という方はコチラ↓のページをどうぞ

JRE POINTってなに?

まだ聞きなじみがない”JRE POINT”(旧ビューサンクスポイント)。
実は2018年6月28日からビュー・カードはもちろん、Suica利用で貯まるポイントが一本化されました。

JRE POINTは加盟店で100円に毎に1ポイント貯まり使うことができる新ポイントシステムです。
ちなみにJRE POINTになるまでにビューサンクスポイントを貯めていた方は、自動的に切り替わっているので特別な手順や申請などは必要ありません。
ポイントの価値も変わりませんし、JR東日本サービスの利用でポイント還元率が3倍になる特典もそのままですよ♪

さらにJRE POINTは1ポイント=1円として使うことができます。
そのためSuicaへのチャージはもちろん、加盟店でも貯めたポイントを使い買い物をすることができます。
ビューサンクスポイントと違って1ポイントあたりの価値がわかりやすくなり、使いやすくなったことが大きなメリットといえますね。

JRE POINTはもちろん、ビュー・カード共通特典はこちら↓のページにてご紹介しています♪

まとめ

ビックカメラSuicaカードを使うだけで「ビックポイント」と「JRE POINT」の2種類のポイントを貯めることができます。
他にもクレカとして様々なお店で使ってもポイントの二重取りができたり、JR東日本サービスを使うことでポイント還元率を引き上げることもできます。

さらにショッピングだけでなく、Suicaとしても使うことができるので電車や新幹線を普段から利用する人は効率よくポイントを貯めることができるクレジットカードです^^

【ビックカメラSuicaカードの特徴】
・Suica機能付き
・ビックポイントとJRE POINTが貯まる
・国内/海外旅行傷害保険付き

クレジットカードを作る前に審査基準を確認してみませんか?詳しくは当サイトのこちらの記事をチェック!

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000