プリペイドカードとクレジットカードを比較!あなたはどっち派?クレカ並みのポイントを得ることができるオススメカード情報ページ

閲覧回数 : 684 views

節約家が持っているカードといえば“高還元率クレカ”といったイメージがありませんか?

確かに現金を使うよりもクレジットカードを使うことでポイントを貯めることができたり、優待特典を受けることができるのでメリットがありますよね。

しかし、お得なカードはクレジットカードだけではありません。
そこで、今回は誰でも使うことができる2種類のカードについてご紹介します。


LINEの決済サービス”LINE Pay”

2人に1は持っていると言われているスマートフォン(以下、スマホ)。
スマホユーザーだけでも最も使われているであろうアプリ“LINE”を知らない人は滅多にいないのでは?

連絡ツールとして欠かせないLINEですが、実はコンビニやオンラインショッピングで使うことができる“LINE Pay”という決済サービスも展開しています。

ただ、LINE Payと一言でいっても蓋を開けてみると仕組みや使い方は少し複雑なんですよ(汗)
まず名前に“Pay”と付いているので「クイックペイやApple Payと同じじゃないの?」と思った方もいるかもしれませんが、それらの電子マネーとは異なりLINE Payはプリペイドカードに近い機能です。

また、LINE PayはLINEアプリから登録をおこなえばアプリを通じて使うこともできるほか、コンビニなどで”LINE Payカード”というものを購入することもできます。

LINE Payの主な機能としては

・飲み会などの割り勘がスムーズに
・手数料無料で送金が可能
・LINEポイントが貯まる

といったところです。

LINE Payの機能や仕組みは複雑ですが、理解してしまえば色んな場面で活用することができますよ^^

LINE Payについてはこちら↓のページをどうぞ



auユーザー必見!auウォレットプリペイドカード

大手キャリア会社au

auの携帯またはスマホを持っている方なら、持っているであろう“au WALLEETプリペイドカード”。(以下auウォレットプリペイドカード)
このプリペイドカードは全国のauショップでチャージをすることができたり、国際ブランどであるMastercard付帯のクレカでもチャージすることができます。

auウォレットプリペイドカードはauユーザーのみ持つことができないカードですが、国際ブランドであるMastercardがついているためMastercard加盟店でも使うことができるプリペイドカードです。
さらに、2017年から始まったスマホ型決済サービスの1つApple Payにも登録することができるので今まで以上に使い勝手がよくなったと思います。

また、auウォレットプリペイドカードを最大限使うなら“スターバックスコーヒー”がオススメ♪
auウォレットプリペイドカードを使ってスタバカードにチャージすることでポイント還元率が上がったりauウォレットプリペイドカードにチャージする際、クレカを使えばポイントの2重取りもできるのでお得ですよ!



そして、大手通販サイトであるAmazonのプライム会員登録ができる唯一のプリペイドカードでもあります。
Amazonプライム会員になるにはクレジットカードでの登録が必要不可欠ですが、クレカを持っていない学生でもauユーザーでありauウォレットプリペイドカードがあればプライム会員になることができます。

Amazonプライム会員になれば、独自コンテンツが楽しめる【プライムビデオ・お急ぎ便・お届け日時指定便】を無料で使うことができますよ^^



Amazonプライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



クレカとそっくり!?即時決済カード”デビットカード”とは

プリペイドカードについて紹介してきましたが、誰でも簡単に作ることができるオススメのカードがあるんです。

その名も“デビットカード”

デビットカードというのはカードを使った瞬間に指定の銀行口座から引き落とされる“即時決済型クレジットカード”です。
プリペイドカードというのは電子マネーと同様に事前にチャージをすることで使うことができますが、デビットカードは銀行と紐つけて使うため口座にお金を入れておけばいつでも使うことができます。

プリペイドカードとの違いについてはこちら↓のページをどうぞ



また、デビットカードを使うことで多くのメリットがあります。
例えば、

・クレジットカードのように使い過ぎることがない
ネットバンクから国内大手の銀行で発行可能なため安心
・15歳以上なら誰でも作ることができる

などなど…

他にもデビットカードがあればお金を持ち歩く必要がありません。
銀行口座と直結しているため、お金の無駄遣い防止や家計の管理がおこないやすくなります。

さらに指定された時間内であればATM手数料がかからないですが、お金が急に必要になった時など105~210円ほどの手数料がかかりますよね。
デビットカードを1枚持っておけば手数料はもちろん、ATMに行く手間を省くこともできますよ^^

「クレカだと使い過ぎてしまわないか心配…」
「いつ、何にお金を使ったか把握したい」

といった現金派の方にオススメしたいカードですね。

デビットカードの詳しい情報はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

プリペイドカードもデビットカードもクレジットカードと同じように、自分のライフスタイルに合わせて使うことがポイントです。

今回ご紹介したプリペイドカードであれば貯めたポイントを共通ポイントに交換することもできます。
デビットカードであれば、クレカのような審査が不要かつお金の管理がしやすいといったメリットがあります。
ただし、メリットがあるということはデメリットもあるということ…。

特にデビットカードでは、カードを使う上で重視したいポイント還元率が高くて0.5%というものがほとんどです。
そのため、「ポイントを貯めたい!」という方は高還元率のクレカを持つことが一番ですよ。

プリペイドカードもデビットカードも使い方次第で節約生活の強い味方になってくれます。

この機会に検討してみてくださいね^^

おすすめクレジットカードの詳しい情報はコチラ↓↓


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000