クレジットカードは旅行や出張の際にとっても便利!クレカを持っていくメリット・デメリットとは

閲覧回数 : 207 views

長期休暇を利用して旅行に行ったり、仕事によっては海外出張が多いという方もいますよね。
特に海外へ行く場合は現金を持ち歩くのではなく、クレジットカードがオススメです。

クレジットカードの中には海外旅行傷害保険が付帯されていたり、海外で万が一のことが起きてしまった時にサポートサービスを受けることができるカードもあります。
そこで、今回は国内・海外旅行にクレジットカードを持っていくメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

旅行向けクレカのメリット

クレジットカードは普段のお買い物はもちろん、公共料金や携帯料金などを払うことで「ポイントを貯めることができる」ということが一番のメリットですよね。
他にもクレジットカードによってはカード特典や優遇サービスを受けることができるので、普段から現金と比べ買い物などの際にお得な価格で購入することができます。

それなら買い物でも食事でもない、国内・海外旅行にクレジットカードを持っていくとどのようなメリットがあるのかご紹介していきましょう。

【メリット】
■ ポイント/マイルが貯まる
■ 国内/海外旅行傷害保険が付帯
■ 世界中で使うことができる国際ブランド付帯
■ 空港ラウンジを無料で使うことができる
■ カード特典による恩恵

まず、はじめにクレジットカードを使うことで「ポイント/マイル」が貯まるということ。
これは旅行に持っていきたいカードだけでなく、普段から使えるクレジットカード全般に言えることですよね。
※カードによってはマイルが貯まらないものもあります

なかには貯めたポイントをマイルに交換することができたり、普段から使うことでポイントではなマイルを貯めることができるクレジットカードもあります。
普段からマイルを貯めることで航空機のチケットなどをマイルで購入することができ、お金を使わなくても0円で海外旅行に行くことだって夢じゃありません。

陸マイラーにも人気!マイルが貯まるクレジットカードはこちら↓



次に国内・海外旅行先で万が一、病気やケガ、事故に巻き込まれてしまった場合に保障してくれる「旅行傷害保険」がついてきます。

たとえば「旅行中に入院しなければいけなくなった…」といった場合、国内であれば加入している生命保険によって保障されます。
しかし、これが海外となれば生命保険はもちろん対象外であり、海外での入院・治療には多額のお金がかかってしまうケースがほとんどです。

そうなってしまった場合でも「海外旅行傷害保険」が付帯されているクレカがあれば、保険金を受けとることができるので安心して病院に行くことができます。
ちなみにクレジットカードに付帯されていなくても保険会社によっては「国内・海外旅行傷害保険」を取り扱っている会社があるので契約をすることはできます。
ですが、「保険は生命保険だけでいい」「手続きが面倒」という方はクレジットカードを申し込む際に「旅行傷害保険」が付帯しているかを必ず確認しましょう。

また、カードによって「利用付帯」「自動付帯」と旅行傷害保険の対象になるための条件も保障内容も異なります。
特に海外旅行へ行く際はカードに付帯されている旅行傷害保険の内容を必ず確認しておきましょう。

クレジットカードには世界中の店舗で使うことができる国際ブランド【VISA/Mastercrad/JCB】から1つ付帯させることができます。
なかでも海外旅行に向いている国際ブランドは世界シェアNo,1の“VISA”です。
VISAは世界中に加盟店が点在しており、カード一枚で買い物から外食まですることができます。
もちろん、国内にも多くの場所で使うことができるので一枚は持っておいて損のないカードといえますね。

次に旅行好きの方なら利用しない人はいないだろう「空港ラウンジの利用サービス」
ゴールドカードクラスになると国内の主要空港のラウンジを無料で使うことができます。
搭乗するまでの休憩や時間つぶしに使うことができるのは嬉しいですよね。

さらにプラチナカードクラス以上になると世界中の空港ラウンジを使うことができるプライオリティパスが付きます。
国内旅行と違い海外では国と国をまたいで飛行機に乗ることもあるため、気兼ねなく空港ラウンジを使うことができるのはクレカを使う最大のメリットともいえるのではないでしょうか。

最後に「クレジットカードによる恩恵」です。
旅行スタイルに合わせてクレジットカードを利用することで、ツアー料金が安くなったりマイルへの交換手数料が無料になるカードがあります。
先ほどお伝えした「空港ラウンジの利用」もカードによる恩恵の一つですよ。

このようにクレジットカードがあることで、国内・海外旅行をお得に安心して楽しむことができます。
各種サービスや優待などはカードによって異なりますが、旅行好きの方や出張などで飛び回っている方は現金ではなくクレジットカードを利用することで今以上にメリットを感じること間違いなしですね。

旅行向けクレカのデメリット

旅行に行く際にクレジットカードを使うことで多くのメリットがあることがわかりましたが、その分やはりデメリットもあります。
では早速、旅行の際にクレジットカードを使うことで起こりうるデメリットについてご紹介したいと思います。

【デメリット】
■ 年会費がかかる=使わないと損をする
■ 国内旅行傷害保険は付いていないようなもの
■ カードによっては空港ラウンジを使うことができない

クレジットカードには年会費が永年無料のカードから年会費のかかるカードがあります。
楽天カードやイオンカードのような一般カードは年会費無料で持ち続けることができますが、ゴールドカードクラスになると年会費として1,000円以上かかります。

このようにカードによっては持つだけでもお金がかかり、なんと旅行向けクレカの大半が年会費のかかるクレジットカードです。
年会費のかからないカードであれば、普段からクレジットカードを使わなくても「損をする」ということは滅多にないでしょう。
ですが、年会費のかかるクレジットカードは年会費分の元をとるためにも普段から使うことも頭に入れておかなければ損をしてしまう可能性が出てきます。

ゆえに年会費のかかるクレジットカードを持つということはカードによる優待サービスを受けることができる一方で、使わなければお金の無駄遣いになってしまうので注意が必要です。

次に国内旅行傷害保険についてです。
クレジットカードによっては付帯サービスのなかに「国内旅行傷害保険」があります。
「保険がついているなら安心♪」と思った方は要注意ポイントですよ。

確かにクレジットカードを持つことで保障を受けることができるのはお得に感じますが、国内旅行傷害保険は「あってないようなもの」と言われるほど保障内容が薄く、さらには「利用付帯」であることが多いサービスです。

国内旅行傷害保険は旅行中の傷害だけでなく、自分以外の人にケガを負わせてしまったり他人の所有物を壊してしまった場合などが対象となります。
もちろん、病気やケガによって入院する場合も保険対象となるケースがありますが、普段から生命保険に加入していれば十分まかなえると思います。

また、デメリットとはいうものの国内旅行傷害保険は「不要なサービス」とは言い切れません。
高齢者の方や子供と旅行に行かれる際には加入しておいて損がない場合もあるのです。

このように国内旅行傷害保険はすでに加入している生命保険だけでなく、「念には念を入れよ」という気持ちで加入または利用するようにしましょう。
カードによって保障内容・保障金額・対象条件は異なるため必ず確認をしてくださいね。

あなたにぴったりの保険を選びませんか?保険見直し本舗の公式ページはこちら


保険相談・見直し・FP相談はお任せ!保険のビュッフェ公式ページはこちら

※カードによっては国内旅行傷害保険がついていないクレカもあるので注意しましょう

最後にカード特典の一部「空港ラウンジの利用」についてです。
クレジットカードのなかでも、ゴールドカードと呼ばれるカードには国内の主要空港ラウンジが無料で使うことができるサービスがあります。
ゴールドカードクラス以上になると世界中の空港ラウンジを無料で使うことができる“プライオリティパス”が付帯されることも…。

ちなみに国内・海外に問わず空港ラウンジの利用サービスは一般カードには付帯されていません。

ゆえに「空港ラウンジを使いたい!」という方は、年会費のかかるクレジットカードを所有することが大前提。
もちろん、ゴールドカードには一般カードにはない優待サービスがあったり旅行傷害保険が手厚くなったりとメリットを感じる部分も多くあります。

なかには楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードのように他のカードと比べ比較的安い年会費で持つことができ、かつ楽天スーパーポイントを効率よく貯めることができるカードもあります。
一般カードを持つ場合でも同じことが言えますが、クレジットカードを持つ場合は使う場所、利用目的などを明確にしカードの特徴を把握することでデメリットを解消することができますよ。

クレジットカードによるデメリットは、結局のところ使う人次第で解決させることができるものばかりです。
カードを申し込むまたは使う際は必ず計画的に利用するようにしてくださいね。

海外旅行先での注意点

ここまでは旅行の際にクレカを使うことで起こるメリット・デメリットについてご紹介してきました。

そんな中「クレジットカード1枚あれば海外旅行も安心して楽しめる♪さて、どこに行こうかなぁ」と思っていませんか?
確かにクレジットカードがあれば、宿泊・買い物・食事などカード一枚あれば手軽に済ませることができます。
しかし、海外先でクレジットカードを使う際にはいくつもの注意点があるのです。

【海外先での注意点】
①クレジットカードの暗証番号の確認
②暗唱番号を打つ前に金額の確認
③海外では支払い方法を選ぶことができない
④現金ではなく極力クレジットカードを使うこと
➄クレカは最低でも2枚持っていくこと
(うち一枚はVISAカード)
⑥英語が苦手であればJCBカードを持っていくこと
➆帰国後カードの利用明細を必ず確認し、おかしな請求が来ていないか確かめること
(身に覚えのない買い物履歴など)

まず海外旅行に行く前にカードの暗証番号とサインを必ず確認しておきましょう。
そして実際にクレカを利用する際は金額の確認も大切です。

また、国内での買い物と異なり海外でのカード決済では支払い方法を選ぶことができません。
普段、高額の買い物であれば「分割払い」「リボ払い」を使うことができますが、海外では「一括払い」が基本です。
※日本国内で発行したクレジットカードには「海外ではリボ払いにする」という設定をされています。

この設定のまま海外に行くと、どこの国でカードを利用しても全て「リボ払い」となります。
もちろん、逆もしかりでクレジットカードの設定が「海外では一括払いにする」となっていればどこの国で使っても全て一括払いとなるので使いすぎないように気をつけましょう。

さらに海外先では極力クレジットカードを利用し、現金を持ち歩かないこと。
現金による犯罪などに巻き込まれないためにも極力使わないように心がけてください。

ですが「クレジットカードであれば100%安心!」ではありません。
以前、当サイトの編集部スタッフの一人、バンバンさんが海外でカードの盗難にあってしまい不正利用の被害者に…。



このように犯罪にいつ巻き込まれるのか、そして被害にあってしまうかは誰にも予測できません。
クレジットカードによる犯罪は海外だけとは限りませんが、くれぐれも注意しましょう。

また、海外旅行の際にはクレジットカードを最低でも2枚は用意しましょう。
2枚のうち一枚はVISAにし、一枚はJCBがオススメの組み合わせです。
国際ブランドVISAは世界でもっとも加盟店が多いので、「カードは使えません」と言われることほぼないと言っても過言ではありません。

そして、なぜもう一枚はJCBなのか…。
JCBカードを持ち合わせることで、海外で困った際など日本語のままサポートしてくれるサービスを利用することができます。

ゆえに英語が苦手な方でも安心して海外旅行を楽しむことができるのです。

そして最後に帰国後です。
海外から戻ったら、まずクレジットカードの利用明細を確認しましょう。
これは先ほどもお話したとおり、自分のカードが不正利用されていないかを確かめるためです。
利用明細に自分に身に覚えのない請求を見つけた場合は各カード会社に連絡をしましょう。

このように海外でクレジットカードを使う際は色んなことに注意をしなければいけません。
しかし、これもせっかくの海外旅行を心から楽しむためと考えれば苦ではないはず…。
海外でクレジットカードを利用する際は、くれぐれも気をつけましょう。

クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

国内・海外旅行でも役立つクレジットカード。
カードによっては旅行傷害保険が無料で付帯されたり、空港ラウンジを利用できたりとメリットがたくさんあります。

ですが、海外でクレジットカードを使う際には注意しないと思わぬ犯罪に巻き込まれることも例外ではありません。
さらに国内では支払い方法を選ぶことができますが、海外では通用しないのでカードの使いすぎには十分気をつけましょう。

また、クレジットカードは使う目的や場所によってメリットもあり、デメリットにもなります。
自分のライフスタイルにも合うクレカなのか、じっくりと見極め旅行を思う存分楽しんでくださいね。


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000