クレカを乗り換えてカードの断捨離をしませんか?損なくクレジットカードの乗り換えを行う方法とは

閲覧回数 : 11,409 views

節約に欠かせないクレジットカード。
カードそれぞれ特徴が違いますが、やはり還元率の高いカードは魅力的ですよね。

「今よりもっと還元率の高いクレジットカードに乗り換えたい!」

と思っても、実際にどのカードがお得かつ高還元率なクレカかわかりませんよね。

しかし、カードの乗り換え(切り替え)はタイミングを間違うと非常にめんどう。
手順を何度も間違ってしまうと、カードの審査に影響することだってあります。
そこで、クレジットカードをスムーズに乗り換えるための手順・解約方法をご紹介したいと思います。

ちなみに日本人のクレカ保有数は一人当たり3~4枚。
たくさん持っている方はこれを機に、不要なクレカの断捨離をしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

クレカを乗り換えるためには?

旧クレカを解約して新しいクレカを契約する場合、ほとんどの人が“旧クレカの解約”を先に行います。

しかしこれは間違い!
クレジットカードに乗り換える場合は、まず新しく申し込むクレジットの手続きを先に行いましょう。

もし旧クレカがほとんど利用していないカードだった場合、新しく申し込んだクレジットカードが手元に届き次第、解約手続きをすすめてOK。

ただし旧クレカが固定費の支払いや毎月のショッピングに利用していた場合、注意が必要になります。
新しいカードが届いたからといってすぐに解約手続きをしてしまうと、残った支払い分が自動的に振込用紙払いとなります。
もちろんクレカのポイントはつきませんし、支払う手間も発生するのでかなり不便。
固定費の支払い方法を変更・またクレカの決済がすべて完了してから解約するようにしましょう。

解約を後回しにする理由

旧カードの解約を後回しにする最も大きな理由は、新しいクレカが手元に届くまでカードのない生活を送らなくてはならないから。
もちろん他に使用できるカードがあれば別ですが、ないと大きな買い物時は非常に困ることになります。
クレカ決済で付与されるポイントももらうことができなくなるため、損をしてしまうのです。

新しいカードを先に手元に用意すれば、旧カードの支払い分を1つずつ確実に移行することができますよね。
さらに万が一、新しいカードが審査に落ちてしまっても、旧カードは生き残っているため継続して使うことができます。

解約せずに残しておくことで信頼を得ることができるかも…

クレジットカードには審査があります。
その審査で重要になるのが「クレジットカードヒストリー」、通称クレヒスです。

クレヒスは、クレジットカードを使って決済した際の支払い履歴。
この履歴には毎月きちんと支払いをしたか?遅延したか?未払いのものがあるか?といったすべての履歴が記録されています。

実はクレジットカードの審査の際に、カード会社がクレヒスを確認します。
そこで遅延や未払いといった問題がある場合、審査を落とすのです。
これはどのカード会社でも同じ、A社で落ちたからといってB社で申し込みをしても、クレヒスに問題がある場合どの会社の審査も落ちてしまいます。

クレヒスは、クレジットカードを新規で申し込む際にとても重要なデータなのです。

逆に長期間きちんと支払いを続けた履歴が残っていると、審査のポイントも高くなり信用度はアップ!
ということは旧クレカを毎月きちんと利用し支払っていた場合、新しく作成するクレカの審査を有利に通すことができるのです。

不要だから…とすぐに解約するのではなく、新しく作成するクレカのためにしばらく所持するというのも一つの手段。
新しいクレカを半年ほど使い新たにクレヒスを積めば、旧クレカは解約をしても大丈夫ですよ。

クレカは2枚あればOK!

クレジットカードには様々な種類がありますが、クレカを選ぶ時はどのようなことに重点をおくべきか…。
これから「カードを持ちたい!」と思っている方はこちら↓のページを参考にカードを選んでみてくださいね^^

↑のページで詳しくお伝えしていますが、クレジットカードは自分のライフスタイルはもちろん頻繁に行くお店やサービスで選ぶことでお得なカードをもつことができます。

例えば近くにイオンがある方は断然イオンカードまたはイオンカード・セレクト”もお得!
無料で作れるのはもちろんですが、毎月20日・30日はカードを見せるだけでイオングループ全てでお買い物金額が5%オフ!
現金払いでも割引が効くというのはすごいですよね。

また、クレカ現金どちらの決済でもポイントが貯まります。
リボ払いや指定日にはポイント倍増キャンペーンも行っているので、毎日のお買いもので効率よくポイントが貯まるはず!
映画好きには嬉しい割引も用意されていますよ。

【イオンカードの主な特徴】

・年会費無料
・20日・30日は5%OFF
・イオングループで使えるカード特典

イオンカードについてはこちら



イオンカード・セレクトについてはこちら



そして老若男女問わず人気の高いクレジットカードといえば楽天カード
楽天カードは学生や主婦の方でも気軽に申し込むことができ、年会費無料のお得なカードです。
なんといっても、三大共通ポイントの一つ楽天スーパーポイントを貯めることができオンラインショップ楽天市場はもちろんリアル店舗でもポイント加盟店であれば使うことができます。

【楽天カードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1%~
・貯まるポイントは楽天スーパーポイント

楽天カードについてはこちら



このようにお得なカードを使えば、お得にお買い物ができます。
カードの選び方はとっても重要なのです。

自分に合ったクレジットカードを作り、お得にお買い物をしましょうね!

あまり評判の良くないクレカも…


続いてあまり評判のよくないクレジットカードをご紹介しましょう。
下記の7つのカードを持っている方は、この機会に他のクレジットカードへ乗り換えることを検討してみてもよいかもしれませんね。

JP BANKカード

jpb年会費:1,350円+税(初年度無料/年30万以上の利用で次年度無料)
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
還元率・付与率:0.3%~1,000円⇒1P
付与保険:なし


キャッシュカードと一体型のクレカ。
所定の条件を満たせば年会費無料になるのがメリット。(光熱費の支払い等)
ですがゆうちょ銀行が発行元のカードなのに、ATM時間外手数料が無料などといったサービスが一切対応していません。
年会費が無料でこの還元率は他のクレカでも十分まかなえるので、あえて申し込む必要はありませんね。

nimoca <セゾン>カード

nimoca
年会費:無料
国際ブランド:VISA
還元率・付与率:0.3%/1,000円⇒3P
付与保険:なし


福岡県を中心に利用できる鉄道系電子マネー。
還元率が0.3%、ここまで低いとポイントのお得さは期待できません。
しかも永久不滅ポイントは対象外なので、普段から通勤通学にnimocaを使っている人以外メリットがないのです。

CTXカード

ctx年会費:無料
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
還元率・付与率:0.5%/1,000円⇒5P
付与保険:なし


ポイント交換に最低2,000Pが必要。
金額で言うと40万円の利用に当たるのでハードルが高過ぎますね。
しかもポイント有効期限は5年間、ヘビーユーザーでなければ無理な気がします。

JQ CARDセゾン

jq年会費:1,250円+税
(初年度無料/年1回利用で次年度無料)
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB/アメリカンエキスプレス
還元率・付与率:0.5%/200円⇒1P
付与保険:なし

JR九州との提携カード。
カード利用で付与されるのはJQポイントとお得さを感じません。
JR九州ICカードであるSUGOCAを利用している人には便利だが、それ以外はメリットがありませんね。

日産カード

nissan年会費:1,250円+税(初年度無料)
国際ブランド:VISA/MasterCard
還元率・付与率:0.5%/1,000円⇒5P
付与保険:なし

日産カードなだけあり、付帯サービスが自動車関連のみ。
同じようなスペックのカードは年会費無料で作れるカードも多数あるので、わざわざ年会費のかかる日産カードを選ぶメリットはありません。

イズミヤカード

izumiya年会費:管理費年70円
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
還元率・付与率:0.2%/500円⇒1P
付与保険:海外最高1,000万円
(年20万以上利用)

総合スーパーイズミヤのカード。
主婦には利用頻度の高いお店だが、還元率が0.2%は正直低すぎ!
還元率さえもう少し高ければ文句もありませんが…

MUFGカードゴールド

mufg年会費:1,905円+税(初年度無料)
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
還元率・付与率:0.5%/1,000円⇒1P
付与保険:海外最高2,000万円
(2年目以降は利用額で変化)/
国内最高2,000万円

ゴールドカードなのにとても手軽に持つことができます。
だが手軽なせいか付帯サービスが微妙なものばかり…
海外旅行損害保険は20万以上の利用だと2,000万円になるが、20万未満だと100万円と一気に落ちます。

しかし、この中でも“日産カード”には少しメリットも…。
車関連のサービスのみ付帯かと思いきや、日産と提携している全国各地の施設ではカードを提示するだけで受けることができる特典があります。
と、いってもやはり同じようなスペックのクレジットカードは他にもあるため「絶対にオススメなクレカです!」とまでは言えませんね…。

解約し不要になったクレカの破棄方法

新しいカードが手元に届き、解約して不要になった旧クレカ。
いざ破棄をするとなったとき、どのように処分をしていますか?

ハサミでザクっと真っ二つにカットし、捨てている人が多いようですがそれでは安全ではありません。

不要になったクレカは、ハサミでできるだけ細かく切断してから捨てましょう。
特にICチップ部分は念入りに!プラスチック用のシュレッターを使うと確実です。

また、一度に捨てず何回かに分けて捨てるというのもポイント。
繋げて復元することができないように心がけましょう。

破棄したクレジットカードを使っての不正使用被害は、年々増加しています。
いくら有効期限が切れているからといっても、巧みな技術で復元し不正使用されているのです。
念には念を入れ、破棄する方法も徹底しないといけませんね!

おすすめのプラスチック用シュレッダーはコチラ

クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

カードの乗り換えや切り替えは、どうしても手間がかかる作業。
スムーズに切り替えることができないと、いろんなデメリットが発生します。

手間をかけずに乗り換えるなら、解約ではなく新規申し込みから対応すべき。
またあまりデメリットの感じないカードを持っている場合は、乗り換えを検討しましょう。

お得だからと契約を進められることの多いクレジットカード
定期的に断捨離をすれば、お財布内もスッキリするし家計も管理しやすくなりますよ。


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000