クレジットカードを使って出張費用を決済!効率よくマイルを貯めて無料で海外旅行を楽しもう!

閲覧回数 : 4,544 views

毎年お盆休みや冬休みなどの長期休暇に入ると、「休暇は海外旅行に行ってのんびり過ごしてる♪」なんて話を耳にすることがあるのではないでしょうか?
日々、お金の使い方を考え節約に勤しんでいる私からすれば「年に1回でも海外旅行に行くことができるなんて…この金持ちどもめ!」と思ってしまいます(笑)

冗談はおいといて…。
実は私の友人に旅行が大好き人間がいて、国内に限らず海外にも何度か足を運んでいます。
ちなみに友人の仕事は会社員なんですが、聞いているかぎり毎月のお給料は平均並み。
にも関わらず、長期休暇を利用して年に1回は海外旅行を楽しんでいるセレブっぷり。

どこにそんなお金が?と思ったので、友人に「なんで頻繁に旅行に行けるの?」と問いただしたところ

「え?なんでって?なに知りたいの?それはねぇ…」

と、お金をかけずに海外・国内旅行に行ける秘密をニヤっとしながら教えてくれました。

そこで今回は、海外・国内旅行を無料で楽しむ秘密をアナタにも教えちゃいます!

スポンサーリンク

出張に関する全ての支払いは自分のクレカを使う

友人の勤務している会社では国内・国外に関わらずなにかと出張が多いようで「来週は沖縄だよー」「明日から韓国行ってくるわ(笑)」などよく耳にします。
「仕事でも地方や海外に行けるなら楽しそう」とツッコミを入れるのですが、実はこの出張にこそ秘密があったのです。

友人のように出張が多い方は知っていると思いますが、出張費用というのは会社から現金精算、前払い、給料日に一括払いなどの出張費支給で交通費を通常まかなっているそうです。

で、これのどこに秘密が?ってなりますよね。

簡潔にいうなら出張費用を払う際に自分のクレジットカードを使うだけ!だそうです。

出張時に掛かる費用を自分の持っているクレジットカードを使って清算することで、会社からの支給額により実質プラマイ0になるうえに、マイルやポイントを簡単に貯めることができるということ。

ここで重要なポイントは「マイルやポイントを上手く貯めるために使うクレジットカードはどれがいいのか」ということです。
もちろん、マイルを貯めることができるクレジットカードについても教えてもらいました!

マイルやポイントを貯めるならJALカード!

日本の航空会社の1つであるJALグループ。
このJALグループから発行されているクレジットカード“JALカード”を使うことで効率よくマイルを貯めることができるそうです。
JALカードにはいくつか種類があり、さらに飛行機の利用だけではなく大手スーパー「イオン」でもマイルを貯めることができるので貯めるタイミングは日々の暮らしにもあるという利便性の高いクレジットカードといえます。

JALカードを使った効率の良いマイルの貯め方についてはコチラのページをどうぞ!

簡単にシミュレーション

ちなみにマイルを貯めるにはJALカードの他に、日本の航空会社の1つANAグループが発行しているANAカードがあります。
JALカードとANAカードではマイルを貯める還元率が異なりますが、年間で大体80~100万円を各クレジットカードで決済をすることで10,000マイルになります。
貯めたマイルはフライトのチケット代だったり、空港ラウンジサービスなどに使うことができますよ。

友人の話によると「ハワイの往復空港券が欲しいなら40000マイルで行くことができるよ」と言っていました。

ざっと計算すると…40000マイル=400万円

「え!?400万?無理無理!そんなに使えないよ(泣)」

と普通は思いますよね?

「いや、出張が多ければ多いほど簡単に貯まるから(笑)」と友人。
いまいち話がわかっていない私に、どうゆうことなのかわかりやすく説明してくれました。

友人
JALカードはあまり使わないから、今回はANAカードプレミアムを使った場合ね。ちなみにこのANAプレミアムカードで航空券を買うと100円で2マイル貯めることができることを頭に入れておいて。
aki
うん。
友人
例えば福岡に月に2回出張に行くことになったとしよう。東京⇔福岡の往復運賃が80000円かかる。まず80000円でいくつマイルが貯まる?
aki
えっと100円で2マイルだから1,000円で20マイル…10,000円で200マイルだから80,000円で1,600マイル!
友人
正解。で月に2回出張があるわけだから?
aki
合計で月に3,200マイルが貯まる。え、ハワイまで全然足りないじゃん(汗)
友人
そりゃそうだ(笑)だけど1年間で月に2回、同じ出張があったら?
aki
3200マイル×12ヶ月(1年間)で…38,400マイルだ!
友人
ほら、あと1,600マイルでハワイゲット(笑)
aki
うぉぉぉ!(笑)

この時、私は思いましたね。
「こいつ、説明上手いじゃないかっ」て…。

話を戻すと、1年間に毎月2回の東京⇔福岡の出張交通費だけでもうすぐハワイが見えるんです。

更にはホテル代、接待費、飲食代(この辺は出る会社出ない会社ありますが…)もクレジットカード決済にすれば、1年間の出張だけでハワイ旅行に行けてしまいます!
ただ、あくまでも友人のように毎月出張がある人がクレジットカードを使って出張に関する費用を決済した場合です。
※ANAカードを使っての航空券購入、国内線の機内販売(ANA・ANAウイングス運航便)、国際線の機内販売(ANA・エアージャパン運航便)は100円=1マイルとなるので注意してください

中には「出張はあるけど月に1回くらい」なんていう人も居るハズ。

安心してください!
出張回数が少なくてもマイルを貯めて行くことができる海外だってありますよ♪
例えば結婚式などでよく使われるグアムなら20000マイル、K-POPや韓国ドラマ好きには堪らない韓国なら15000マイルで行くことができるんです。

どうですか?
会社のお金で海外旅行!
結構現実的でしょ?(笑)

もちろん普段の生活にかかる出費も出来る限りクレジットカード払いにすれば、マイルはどんどん貯まっていきます。

日本のサラリーマンの年収400万円の場合、平均支出額は約200万円と言われています。
支出の8割までカード払いに変換できれば、年間16000マイルも貯めることができますよ。

出張がなくてもコンビニやスーパーなどの生活の中でカードを使ってマイルを貯めれば、誰でも簡単に海外旅行を楽しむことができるんです♪

主なANAカード提携店はコチラ

・スーパー/コンビニ/ドラッグストア
⇒イトーヨーカドー(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)
⇒セブンイレブン(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)
⇒マツモトキヨシ(利用金額に応じ100円または200円で1マイル~)

・ガソリンスタンド
⇒IDEMITU(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)
⇒ENEOS(ANAカードで支払うと100円(税込)で1マイル)

・レストラン
⇒ANAカードマイルプラスグルメ(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)
⇒京成友膳(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)
⇒スターバックス(ANAカードで支払うと100円で1マイル、または200円で1マイル)
⇒メルセデス・ベンツ コネクション(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)

・家電/AV機器
⇒ヤマダ電機LABI(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)
⇒ラオックス(ANAカードで支払うと200円(税込)で1マイル)

・百貨店/ショッピングモール
⇒大松・松坂屋(利用金額200円で1マイル~)
⇒大丸福岡天神店(利用金額200(税込)1~2マイル)
⇒高島屋(利用金額200円で1マイル~)
⇒阪急百貨店(利用金額100円または200で1マイル)
⇒阪神百貨店(利用金額100円または200で1マイル)

他にもANAカードが提携している店舗はありますが、ここでは日々の生活の中でも使う機会があると思われる代表店舗と金額に応じたマイルをピックアップしました!

航空機関や宿泊施設などだけではなく、セブンイレブンやイトーヨーカドー、高島屋に阪急・阪神百貨店でもANAカードを使って決済を行うだけでマイルを貯めることができますよ。
また、1社に限られてしまうのですが、ANAカードを使って公共料金の支払いをすることでマイルを貯めることができます。
どこかというと、ずばりENEOS電気です。
2016年4月の電気自由化に伴いガソリンスタンドで有名なENEOSが家庭用電力「ENEOSでんき」の販売をスタートしましたよね♪

ちなみにENEOS電気については当サイトでも、ご紹介しているのでコチラの記事を参考にどうぞ!

気になるマイルはというと、ANAカードで支払うと200円で1マイルつきます。
電気代の節約をしながらマイルも貯めることができるなんて、お得ですよね。

店舗によってマイルの還元率は異なりますが、無料で海外旅行を楽しむならANAカードを使って効率よく貯めたいもの…。
また、マイルとは別にクレジットカードのポイントもきちんともらうことが出来るので安心してくださいね。

クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

・会社の出張はクレジットカードで立替払いで
・普段の生活の支出は出来る限りクレジットカード
・場合によっては他人も利用・・・飲み会の立替払いなど


貯まったマイルで海外旅行

出張が多い人にとって、もはや必須ともいえるお小遣いテクニック。
出張がなくても普段の出費をカード払いにするだけでもかなり有効ですよ!

あなたもクレジットカードのマイルやポイントでちょっとした贅沢を味わってみませんか?


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000