ドコモ光に切り換えるべき?ややこしすぎて理解できないドコモの新料金プランをわかりやすく解説してみました

ゆかにゃんゆかにゃん

2015年3月1日よりサービスが開始された「ドコモ光」
新しいサービスでドコモユーザーは大喜び・・・のはずでしたが、あまりにもドコモ光サービスの内容がややこしく
「結局安くなるの?高くなるの?」
「ドコモ光にする方がいいの?」
「複雑で良くわかんない!」

といった声がたくさん聞かれています。

魅力的な新サービスだと公式サイトでは発表されていますが・・・
実際のところドコモ光って本当にお得なのでしょうか?
詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

ドコモが発表した3つの光サービス

ドコモは「ドコモ光」「ドコモ光パック」「光スマホ割引」の3つのサービスを発表しました。
それぞれの詳細は以下の通り。

ドコモ提携のプロバイダでお得になる光回線サービス「ドコモ光」

ドコモが提供する通信速度が最大1Gbpsで使い放題の光固定回線サービス。
プロバイダを別で契約する「単独型」とプロバイダを含んだ「ISP料金一体型」を利用することが出来ます。

単独型はフレッツ光に対応した全てのプロバイダを利用できます。
戸建の場合の利用料金は月額5,000円、集合住宅の場合の利用料金は月額3,800円。

ISP一体型は選ぶプロバイダによって料金が異なります。

タイプAのプロバイダを選んだ場合、戸建ての料金が月額5,200円、集合住宅の料金が月額4,000円。
タイプBのプロバイダを選んだ場合、戸建ての料金が月額5,400円、集合住宅の料金が月額4,200円となります。

また、すでにフレッツ光に加入している方は違約金なしでドコモ光に移ることが可能です。

タイプ月額料金
ISP料金一体型タイプA:戸建て5,200円
ISP料金一体型タイプB:集合住宅4,000円
ISP料金一体型タイプA:戸建て5,400円
ISP料金一体型タイプB:集合住宅4,200円
単独型
戸建て5,000円
単独型
集合住宅3,800円

ドコモが自らプロバイダとなった「ドコモnet」もサービスを開始しました。
こちらを選ぶと、全ての窓口がドコモになるので面倒な請求書等の窓口を集約することも可能。

携帯と固定回線の同時加入で料金がお得になる「ドコモ光パック」

ドコモの携帯・スマホと固定回線サービス「ドコモ光」をセットで契約することで料金がお得になるセット割サービス。
割引額は契約しているパケットパックによって異なります。
先にサービスを開始している「auスマートバリュー」に比べると、割引率が低く感じる所もありますが、ドコモの場合は契約期間にかかわらず割引額が一定。
ですのでドコモを長期間利用するユーザーにとってはドコモの方がお得になります。

携帯・固定回線がさらに安くなる「光スマホ割」

光スマホ割には2通りのサービスがあります。

①新規契約、またはMNPで「光スマホシェアパック」に入るとスマホかタブレットの料金が割引されます。
割引の適用期間は最大1年間、受付は2016年月末までなのでお早めに。

②旧プランや光データSパックなどでドコモ光に加入すると、毎月ドコモ光料金から500円割り引かれるというサービス。
通常、旧プランや光データSパックを利用する場合は割引を受けることができません。
「光スマホ割」に申し込むからこそ受けられるということです。

3つの種類があるドコモ光。
ごちゃごちゃしていてややこしいネット関係を“1本化”出来るのはとても便利ですよね。

料金プランとプロバイダ

kodate
shugou

料金はこのようになっています。
プロバイダのタイプや戸建て・マンションによっても料金は異なります。
単独タイプは別途プロバイダ料金が発生するので注意が必要。

また、ドコモ光パックを利用すると毎月の維持費をお得にする事も可能。
少しわかりにくい名称ですが、“ドコモ光と契約している料金プランにおいてパケット通信料の割引が適応される”と言うことです。

あれ?今契約しているネットとあまり変わらないじゃん!
と思う人も多いですよね。
そう、実は元々フレッツ光等を契約している人にはそこまで大差を感じません。
ですが、ドコモ光でしっかりお得になる人もいます!
それは次のような人です。

ドコモ光でお得になる人はこちら!

料金プランを見る限りメリットがなさそうに感じてしまいますが、ドコモ光は以下の方にはとってもお得です。

・自宅・外出先のどちらでもネットを頻繁に費用する人(データMパック以上使用者)
・ファミリー割引の中でスマホ利用者が3人以上いる場合
・ドコモ使用歴が5年以上のずっとドコモ割対象者がいる場合

上記の3つの中で当てはまるものがあればドコモ光に乗り換えた方がお得。
特にずっとドコモ割は5年・8年・10年・15年と使えば使うほど割引額が大きくなります。

よりお得に使用するためには、家族内でファミリー割引を受けている新料金プランの利用者をなるべくシェアパックに組み込むことで、月の維持費を減らすことができます。

図で表現するとこんな感じ
share
ややこしくちょっと難しいドコモ光の仕組みですがドコモを長く利用している人には得にメリットが高いといえます。
プロバイダ数もこれから増える予定のドコモ光。
また新しい情報が入りましたら都度紹介したいと思います。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす