楽天モバイルに乗り換えてスマホ代を節約!月に8,000円以上も安くなった私の格安SIM乗り換え体験談

ゆかにゃんゆかにゃん

固定費の中でもすぐに費用を削ることができる「通信費」

スマホを大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで、スマホ代を大きく節約出来るということはおなじみになりましたよね。

多くの格安スマホ会社では3GBが2,000円以下で利用できるので、Wi-Fi環境さえしっかりしていればスマホを毎月安く抑えることができます。

しかし、まだまだ格安スマホへの印象が良くないという人も多いようです。

節約大全でも多くの格安スマホ記事を紹介していますが、実際に格安スマホを使っているスタッフは私以外にいません。
「キャリアは高いんだよなぁ」なんていいながらも、結局大手キャリアを使い続けているのです。

11年も使ったdocomoから乗り換えることを決意!

今では楽天モバイルを使いこなしている私ですが、やはり乗り換える前は疑問や不安でいっぱいでした。

スマホ代は安く抑えたいけど、だからといって繋がりにくくなるのはいやだし・・・
なによりdocomoの2年縛りの更新月がまだまだ先だったので、「更新のタイミングでいっかな~」なんて先延ばしにしていました。

正直めんどくさいのもあったんですよね、いまさら契約を変更したり見直したりするのって。
携帯ショップっていつも時間がかかるイメージだし、1~2時間待たされるのが当たり前なので子供がいると待つのも大変だし。

そんな理由もありなかなか乗り換えずにいました。

しかし、子供も大きくなって何かとお金がかかるようになり・・・
いい加減何かを節約しなくてはと思った矢先に思いついたのが格安スマホへの乗り換えでした。

乗り換える前に通信量の確認をしてみると・・・

格安スマホに乗り換える場合、自分に合ったプランを選択しなければなりません。
が、自分が毎月どのくらい通信量を使っているのかわたしは把握していませんでした。

そこでdocomoのマイページにある「My docomo」より通信量を確認してみることにしたのです。

2017年6月1日~6月27日までの利用分は・・・

自宅も会社もWi-Fi環境はバッチリでしたが・・・なんと使っていたのはたったの2.11GB!!
これだけの利用で毎月8,000円近くも支払っていたんですね・・・
やはり大手キャリアは高い・・・そう実感した瞬間でした。

しかもこの月はLINE通話ばかりだったので電話もあまりしておらず・・・
ほぼデータ通信+基本料金のみの値段ということになります。

しかもdocomoは11年も継続して利用しているのに、適用していた割引はたったの600円。
今までたくさんお金を払ってきたのにこの割引額は正直納得できません。

やはり大手キャリアの携帯料金は高いですね。
格安スマホに乗り換えて携帯料金を節約する人が増えているというのも良く分かります。

乗り換えるために必要なMNP予約番号を取得

格安スマホに乗り換えるためには、今現在利用している会社でMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

MNP予約番号というのは「携帯電話ポータビリティ」と呼ばれるもの、
他社に乗り換える際に現在利用中の携帯電話会社から番号を発行することで、乗り換え先でも同じ携帯電話番号を使うことができます。

docomoの場合、MNP予約番号は以下の3つの方法で取得することができます。

■ docomoに電話をして発行する
■ My docomo(マイページ)から発行
■ ドコモショップに行って発行

電話や来店の場合、「MNP予約番号を発行してほしい」と言うだけで手続きをしてくれます。
ただしMNP予約番号を発行するということは、別会社に乗り換えるユーザーということ。
キャリア側も「もう少し使い続けてほしい」とあの手この手で引き止めてきます。

たとえば機種変更時に使えるポイントを付与してもらえたり、安くなるように料金プランを見直してもらえたり・・・
さまざまな手段を使って継続利用させようとしますが、格安スマホ以上に安く使えることはほとんどありません。
乗り換えを決意している人はここで決心が揺れ動かないように、しっかり拒否をするようにしましょう。

一番おすすめなのは「My docomo」。
ネットでMNP予約番号を発行することができるので、引き止められることもありません。
ただしスマホからではなくパソコンからのみの手続きとなっているので注意しましょう。

わたしもMy docomoよりMNP予約番号を取得しました。

まずはドコモオンライン手続きに行き・・・

下の方にある「携帯電話番号ポータビリイイティ予約(MNP)」を選択

すると・・・

引き止めるような文章がたくさん書かれた画像が表示されますが、無視して進めます。

解約手続きに進んでいくと・・・

ポイントの残高などが表示されますが、このdポイントはdocomo非会員でも利用できるの残っていても問題ありません。

次に進むと、解約時に発生する違約金が表示されます。

私の場合、iPhoneを分割で購入していたので残債が残っています。
途中違約金は9,500円(税抜)
他にもMNP転出事務手数料としてdocomoに2,000円(税抜)、新規契約事務手数料として乗り換え先の携帯電話会社に3,000円(税抜)が発生します。

この2つの手数料は更新月であってもなくても必ず発生する費用です。
違約金については以下の記事で触れているので、事前に必ず確認してみてくださいね。

続いて手続き内容を確認し完了を押すと・・・

これでMNP予約番号が取得できました。
表示された受付番号をメモしておいても良いですが、少し長いので画面キャプチャがおすすめです。

ちなみにMNP予約番号には有効期限があるので、乗り換える際は注意しましょう。
有効期限が切れてしまった場合は再度発行手続きを行う必要があります。

楽天モバイルに決定!

多くの格安スマホ会社がありましたが、私が選んだのは「楽天モバイル」。
普段から楽天市場を愛用しており、楽天カードを持っていることが決め手となりました。

楽天モバイルは楽天ポイントを毎月の携帯料金支払いに充てたりすることもできます。

さらに楽天モバイルは楽天が提供しているSPU(スーパーポイントアップ)対象サービス。
楽天会員のみの場合、通常のポイント還元率は1倍になりますが、楽天カードを持っていると+1倍、楽天モバイルを契約すると+2倍とポイント還元率がアップするので、楽天ユーザーであれば楽天モバイルが絶対におすすめです!

楽天モバイルへの乗り換えはとっても簡単。
乗り換え前の会社で取得したMNP予約番号をもって楽天モバイルのカウンターへ行きます。
「店舗に行く時間がない!」なんて方はオンラインでの乗り換えもできます。

楽天モバイルのお申込みはこちら

店舗での手続きは混雑状況によってかかる時間が異なりますが、新規契約の場合は大体2時間ほど。
店舗によっては閉店時間の1~2時間前に新規の開通作業を終了してしまうところもあるようなので、事前に電話などで確認しておくと安心です。

店舗での新規契約の流れは以下の通り。

■ 申込・契約情報の入力
■ 本人確認
■ 支払い方法と端末の確認
■ 重要説明事項
■ 登録手続き
■ 開通工事

重要説明事項まではスムーズに進みますが、登録手続きと開通工事に約2時間近くかかります。
開通工事をしている間、回線の切り替えを行っているのでスマホは使うことができないので注意が必要です。

私は開通工事の終了連絡を一緒にいた友人にかけてもらうようにしました。

私が契約したのは通話SIMの3.1GBプラン、月額1,600円です。

大手キャリアで買ったiPhoneをそのまま使う予定だったので、SIMのみの契約となりました。

docomo契約時は毎月の通信量が約2.1GBだったので、余裕をもって3.1GBを契約しましたが、余った通信量は翌月に繰り越しができます。

開通工事終了後はSIMカードの入れ替えや初期設定を行いますが、全て楽天モバイルのスタッフの方が対応してくれるのでこちらで行うことは一切ありません。

時間はかかりますが、基本的には待っているだけなのであっけなく乗り換えが完了します。

契約完了後は楽天モバイルのさまざまなアプリについて説明を受けますが、契約者だけが使える「楽天でんわ」というアプリがとてもよさそうなので早速入れてみました。

この「楽天でんわ」は、楽天モバイルを契約している人のみがインストールできるアプリ。
格安スマホは本来30秒につき20円の通話料金がかかりますが、楽天でんわを経由して電話をすると30秒につき10円と通話料が半額になります。

インストールすれば既存の電話帳と自動的に同期されるのでとっても便利!
楽天モバイルを契約した際は必ず入れるようにしましょう!

私もここに設置して、必ず楽天でんわ経由でかけるようにしています。

楽天モバイルのお申込みはこちら

まとめ

通信速度が一番の心配でしたが、乗り換え後もほとんど気にならずdocomoの時と同じように使うことができています。
通信量も毎月3GB以内で収まっているのでぴったりでした!

ただし人の多い場所や利用者の多い時間帯は、Wi-Fiに接続しないと表示が遅かったりすることもあります。
特に混雑している駅は画像がなかなか表示されないことも…。

もしストレスに感じる場合はモバイルWi-Fiを契約しておくことをおすすめします。

面倒でなかなか乗り換えることができませんでしたが、思い切って乗り換えてみるとあっという間でした。
しかも毎月のスマホ代が2,000円以下になったので、スマホ代を大きく節約することに大成功!
光熱費や食費と違い、すぐに節約効果を実感できるのは本当にうれしいですよね。

ちなみに楽天モバイルと同じくらい店舗数が多く人気なのが「イオンモバイル」
実は私の両親がdocomoからイオンモバイルに乗り換えましたが、自宅にWi-Fi環境が整っているせいか何不自由なく使えているようです。
父に限っては端末もセットで購入しましたが、たまたま購入日がお客様感謝デー(20日30日)だったので端末代も5%OFFになりました。

普段イオンに買い物に行く人は、買い物ついでに契約や不明点の相談などもお願いできます。
イオンモバイルもオススメですよ!

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす