ふるさと納税特集
by 節約大全

【ふるさと納税でもらっておくべき】編集部スタッフが厳選したおすすめ返礼品


税金対策としてもおなじみとなった「ふるさと納税
自己負担額2,000円で所得や住民税などが控除される仕組みになっていますが、やはり注目されているのは寄附することでもらえる豪華な返礼品。
地元ならではの特産物だけでなく、さまざまな返礼品を実質2,000円でお得にもらうことができます。
欲しい返礼品から寄附先を決めている・・・なんて人も急増しているんですよ!

そんなふるさと納税ですが、あまりにもさまざまな返礼品がもらえるため「どこに寄附をしようか悩んでいる」なんて方が多いのも現状。
そこで今回は、編集部スタッフがおすすめする返礼品を紹介したいと思います。

ふるさと納税はポータルサイトを使って寄附をすると、さまざまなメリットがあります。
「ふるさとプレミアム」は寄附額に応じたAmazonギフト券を配布中!
ぜひこれを機にお得に寄附をしてみてくださいね。

Amazonギフト券がもらえる「ふるさとプレミアム」はこちら

お得すぎる!食品返礼品

中でも人気の返礼品といえばやっぱりお肉!
さまざまな種類の肉をもらうことができますが、中でもやっぱり牛肉は人気です。
実質2,000円で佐賀牛100%ハンバーグやサーロインステーキなどをもらうことだって可能!
編集部スタッフのうまえもんは、あの牛肉の最上級部位「シャトーブリアン」をもらって美味しく堪能したそうですよ~!

もちろん牛以外の豚肉や鶏肉も実質2,000円でキロ単位の量をもらうこともできます。
美味しいお肉をたっぷりもらうことができるので、おなかも家計も大満足ですね!

お肉と同じくらい人気を集めているのがお米!
家族が多い方や食べ盛りのお子さんがいる家庭にはとても助かりますよね。
「返礼品がありすぎて何をもらうか悩んでいる・・・」なんて方にも人気を集めています。

お米は毎日の食事に欠かせない食品。
さらに日持ちするだけでなく、たくさんの量をもらえるといったメリットもあり、実質2,000円でもらうことができれば食費を大きく節約することもできます。
中には定期便で複数回お米をもらえるなんて自治体もあるようなので、お米を買いに行く手間も時間も節約できちゃいますよ!

もちろん魚介類も人気!
中でも高級品でなかなか手が出せないうなぎやいくらは、返礼品でも特に人気を集めています。
実質2,000円で高級うなぎが食べられるなんて、ふるさと納税だからこそできることですよね。

他には旅行券や感謝券・商品券といった金券系も人気。
寄付額の40~50%分の商品券をもらうことができるので、お得に旅行が楽しめます。
特に感謝券は寄付した自治体で使うことができる自治体限定の商品券のようなもの。
宿泊先や食事代だけでなく、お土産やガソリン代としても使うことができます。
感謝券をきっかけに愛着がわき、第二のふるさとができた!なんて方も多いようですよ。
ふるさと納税で今まで行ったことのない土地に行ってみる・・・こんな使い方も素敵ですよね。

フルーツが好きな方は、返礼品で旬のフルーツをもらってみてはいかがでしょうか?
中でも2017年~2018年にブームとなったシャインマスカットは、受付が開始されるとともに殺到するほどの人気っぷり!
お店で買うと1房2000~3,000円はする高額なぶどう・シャインマスカットを実質2,000円で産地直送でもらえるのはお得ですよね。
他にも桃やスイカ・いちご・みかん・メロン・さくらんぼ・マンゴーや梨など・・・その季節ならではのフルーツをもらうこともできます。
食べ比べセットなどを用意している自治体もあるので、さまざまな品種のフルーツを贅沢に食べ比べてみるなんて楽しみ方もふるさと納税ならではですよ。

小さいお子さんがいるご家庭なら、アイスクリームもおすすめ。
中にはバラエティセットを複数回に分けてもらえる自治体もあるので、おいしいアイスクリームを毎月楽しむことだってできてしまいます。

このように、家計への節約だけでなく贅沢品まで返礼品でもらうことができます。
しかも実質2,000円でもらえるのはお得過ぎますよね。

ぜひ欲しい返礼品から、寄附する自治体を見つけてみてくださいね。

ちょっぴりめずらしい返礼品も・・・

続いてはふるさと納税の返礼品でもらえるちょっと珍しい返礼品を紹介しましょう。

返礼品として掲載されると、すぐに寄附が殺到するのが「家電」
ドライヤーや美顔器といった美容家電グッズや毎日の掃除にぴったりなダイソンクリーナーなど、実質2,000円で驚くような家電をもらうことができます。
中にはタブレットやパソコン・空気清浄機・カメラ・テレビや炊飯器などをもらうことができる自治体もあるほど。
寄附額は高めに設定されていますが、寄付可能額であれば実質2,000円なのはうれしいですね。

自分がいくら寄附できるか把握していない方は、シミュレーターを使い確認しましょう!



他にはキャンプ・アウトドア用品やブランド雑貨などをもらえるところもあります。
これを機に家族でアウトドアを始めてみる・・・なんてのも良いですね。

他には人間ドックの受診券がもらえる自治体も!
人間ドックは個人で行う場合、受信項目にもよりますが10万円ほど掛かります。
それがふるさと納税の返礼品で受けられるのは手軽ですね。
日本各地の大きな病院で実施しているので、どこに住んでいても受診が可能です。

記念日から返礼品を探してみる・・・なんてことができるのもふるさと納税ならでは。
例えば子供の日やひな祭りにピッタリなものを返礼品で探してみることだってできます。
兜やひな人形も実質2,000円で、その土地ならではのものがもらえれば記念になりますよね。

さらに猫好きには、飼い猫が使えるアイテムや猫がモチーフの返礼品なんていうのも。
返礼品でしかもらうことができないアイテムもあるようなので、必見ですね。
このようにふるさと納税にはユニークな返礼品がたくさんあります。

使い道から寄附先を選ぶことも・・・

ふるさと納税は返礼品で自治体を決めるだけではなく、寄附金の使い道で自治体を決めることもできます。

これらは「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」と呼ばれており、全国の自治体が抱えている課題に対して寄附を募る仕組みです。

節約大全編集部のうまえもんも、このGCFで寄付をした一人。
引退後の競走馬を支援するために立ち上げられた「サンクスホースプロジェクト」に寄付をし、競走馬の未来に明るい光が射すようお手伝いをしています。

他にもスギ・ヒノキプロジェクト支援やイカ釣り漁船団支援・1型糖尿病根絶支援・越後温泉復興支援・日本で発生した災害支援金など・・・さまざまな問題を解決するための資金を募っています。

使用する資金用途から寄付先を決める、なんてことができるのもふるさと納税ならではですよ。

このようにふるさと納税には、自治体のさまざまな思いが秘められています。
寄附や税金といった難しいイメージもありますが、とっても簡単にできるのも特徴のひとつ。
ぜひポータルサイトを使いチャレンジしてみてくださいね!

⇒ ふるさとプレミアムはこちら



この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす