ふるさと納税特集
by 節約大全

【寄附をしても返礼品が届かない!】世間を騒がすふるさと納税・偽サイトに騙されないための見極めポイントはコレだ!


12月に駆け込みで寄附をする人も多い「ふるさと納税」
実質2,000円の負担で返礼品だけでなく控除まで受けられるため、お得に節税ができると話題になっていますよね。

そんなふるさと納税ですが・・・
なんと「偽サイト」が複数開設されているという情報をキャッチしました。

もちろん偽サイトに寄附をしても返礼品はもらえませんし、控除だって受けられません。
ただ単にお金だけとられてしまうのです。

なぜそのようなサイトが出回っているのでしょうか?
注意すべきポイントや正規のポータルサイトを見極めるコツなどを紹介したいと思います。

寄附をうながす偽サイトが急増!

ふるさと納税の偽サイトが増えているとメディアを騒がせたのは12月に入ってから。
ネットニュースや朝の情報番組を中心に話題となり、注意喚起が行われています。

偽サイトが発覚したのは福岡県嘉麻市に入った1件の連絡がきっかけ。
寄附をした女性からの「品物がいくら待っても届かない」という連絡をもとに職員が調査したところ、偽サイトが複数発見されました。

正規のポータルサイトとまったく同じ返礼品画像をコピーして作成していたため、言われて調査するまで職員も見分けがつかないほど似ていたんだとか・・・
さらに本来の寄附額よりも安い値段を設定し、還元率の高さを強調した表示もあったそうです。

正規のポータルサイトよりも安い寄附額で同じ返礼品がもらえると書かれていたら、誰だってお得に感じ寄附をしてしまいますよね。

このような被害が今や10以上の市町村で確認されています。

寄附額に割引はありえない!

これらの偽サイトは通常より寄附額で返礼品がもらえるとアピールしているのが特徴。
本来10万円の寄附でテレビがもらえるところ、なんと「特価・7万円」と割引表示をして還元率の高さを前面に出し寄附に流します。

お得アピールにつられてしまう人が多いようですが、よく考えてみてください。
ふるさと納税は寄附になるので、通常であれば割引は考えられません。
もちろんタイムセールなどもあり得ないので、見極める判断材料になりますね。

割引をうたっているサイトは、偽サイトの可能性が大いに高いと言われています。

さらに寄附金額の振込先が個人名や企業名の場合も注意が必要。
こういった部分からしっかり見極めることが大切です。

安心できるポータルサイトを利用しよう

「じゃあいったいどのサイトが安心して利用できるの?」

このように疑問に思う方も多いはず。
正式なポータルサイトはどこを基準に見極めれば良いのでしょうか?

自治体の公式サイトからチェックをする

正式なポータルサイトであれば、各自治体からリンクが貼ってあるはずです。

たとえば宮崎県都農町の自治体公式サイトを見てみましょう。
総合トップの中にある行政情報のなかに、都農町ふるさと納税についての制度案内が書かれています。

こちらのページには、実際に都農町が認めており推奨しているポータルサイトのリンクが貼られています。


※宮崎県都農町公式サイトより引用

このように自治体も認め、双方のサイトで記載されていれば正規のポータルサイトと信頼して良いはずです。
この調べ方が見極める上でもっとも有効と言われています。

他にはURL(ドメイン)の中に自治体名が入っているか、末尾が~jpになっているか、といった調べ方もありますが・・・
どれも正直なところ細工ができてしまうものばかり。

やはり自治体の公式サイトと正規ポータルサイトの双方からチェックをすることが確実です。

当サイトがおすすめする正規ポータルサイト

節約大全では、ふるさと納税市場が盛り上がる前から制度について紹介をしてきました。
その中で実際に編集部スタッフが利用している”信頼できる正規ポータルサイト”がありますので紹介しましょう。

【ふるさとチョイス】
圧倒的な情報量があるのが「ふるさとチョイス」
契約自治体数が1,300以上、お礼の品数も15万を超えています。

寄付先をお礼品や寄付額の使い道で探すことも可能。
人気のお礼品ランキングもあるので、旬の返礼品もチェックできます。

編集部スタッフのうまえもん@h_emon_)は、ふるさとチョイスで岡山県吉備中央町に寄付し競走馬の未来に光が射すお手伝いもしています。
こういったことができるのも、ふるさと納税ならではですよね。



【さとふる】
食品の品ぞろえが豊富なのが「さとふる」
CMでも良く見かけるおなじみのサイトですよね。

食品を総合人気ランキングで探せたり、お肉やお魚とジャンルに特化して探したりと使いやすさNo,1!
お支払い手続きも6種類から選ぶことができるため、とても使いやすくなっています。

寄付は「さとふる」を利用すると便利ですよ!

【ふるなび】
家電がもらえる地域に寄付できるのは「ふるなび」
電化製品ランキングもあり、今何が人気なのかひと目でわかるようになっています。
さらにふるさと納税を、わかりやすいマンガを用いて紹介。
そのまま寄付もできるので、とってもラクちんです。

品ぞろえ抜群!「ふるなび」もおすすめ!

【ふるさとプレミアム】
サイトが見やすく使いやすいと人気の「ふるさとプレミアム」
食品はもちろん、家電や雑貨・家具などの返礼品も選ぶことができます。
取り扱っている自治体はまだ少ないですが、順次拡大予定!
ペット用品の返礼品もあるので、さまざまな楽しみ方ができますね。

使いやすさ圧倒的No,1!「ふるさとプレミアム」はこちら

正規ポータルサイトを使いしっかり税金対策を!

偽サイトが出回ってしまうと、寄附を躊躇したり寄附に対して恐怖心を持ってしまう方も多くなると思います。

ですが怖いからと寄附をやめてしまえば、この制度の恩恵を一切受けることができません。
正規ポータルサイトをしっかり見極めて寄附をすれば、返礼品だけでなく控除まで受けられるメリットだらけの制度です。
正規ポータルサイトを使い、安心して税金対策を行いましょう。

⇒ お得で嬉しい税金対策・ふるさと納税まとめはこちら!

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす