ふるさと納税特集
by 節約大全

迷ったら「ポイント制」がおすすめ!ゆっくり返礼品が選べるふるさと納税ポイント制度の仕組みを徹底解説します


ふるさと納税の担当ライター・ゆかにゃん@y_setsuyaku)です!

ふるさと納税というと、返礼品で豪華な特産物がもらえたり、商品券や金券がもらえるイメージが強いですよね。
いかに実質2,000円でお得な返礼品をもらえるか見極めて寄附先を探している人も多いはず。
この記事を書いている私も去年初めてふるさと納税を行い、豪華な返礼品を実質2,000円でもらうことができました。



しかし、盛り上がっていた年末のふるさと納税も年が明けたと同時に終息。
還元率の高い返礼品も、ふるさと納税ポータルサイトから続々と姿を消しています。
私が静岡県小山町に寄附をしてもらったサーティワンアイスクリーム商品券も、すでになくなってしまいました・・・ (´;ω;`)
今年もリピートする気でいたのになぁ~…

このように、ふるさと納税はどうしても年末に盛り上がります。
しかし今年(2019年)は6月に見直し案の適用が予定されていて・・・



2019年6月以降、もらえる返礼品は寄附額の3割までとなってしまいます。
(3割以上の返礼品を掲載する自治体はふるさと納税制度が利用できなくなるんだそうですよ!)
そのためお得に寄附ができる5月末までに、なんとか限度額いっぱいのふるさと納税を行っておくべきだといった意見もたくさんあるのです。

とはいえ、年が明けたばっかだと還元率の高い返礼品があまりないのが現状。
冒頭でもお話ししたように、私のもらったサーティワンアイスクリーム商品券もすでに返礼品からなくなってしまいましたし、高所得者の方に人気の日本旅行ギフトカードも1月末を持って受付終了を予定しています。



ふるさと納税は寄附額の3割以下の返礼品になっても、寄附をすれば確実にお得になる制度。
とはいえできる限り5月までに寄附をして、少しでもお得に恩恵を受けたいのが寄附者としての本音ですよね。

ポイント制のふるさと納税のメリット

「見直し案が適用される前に少しでもお得に寄附をしたい!」

そんな方におすすめしたいのが「ポイント制」のふるさと納税。

本来もらえる返礼品は特産物や家電・商品券などになっていますが、ポイント制は寄附額に応じたポイントをもらうことができます。
文章だとわかりづらいので流れを紹介しましょう。

  • ある自治体に1万円分寄附
  • 返礼品として5,000ポイントが付与
  • この5,000ポイントを使って返礼品をもらう

もらえるポイント数は自治体によって異なりますが、このポイントを使い返礼品に交換することができます。
5,000ポイントを一気に交換しても良いし、2,000ポイント・3,000ポイントと複数の返礼品に交換することも可能。
ポイントに交換をしておくことで、一度の寄付で複数の返礼品をもらうことができます。(ただし同自治体のみ)

さらにポイント制には、他にもメリットがたくさん!

■ すぐに返礼品を選ぶ必要がない

ポイント制のふるさと納税を利用すれば、急いで返礼品を決める必要がありません。
品切れの返礼品も再入荷を待って交換することができます。

あくまでも私の予想ですが、今年は見直し案適応前に寄附が殺到しそうな気がするので、5月頃にお得な返礼品が登場するのではないかな~と思っています。
もしかしたらいつもより少ないポイントで返礼品と交換できるかもしれないので、今のうちにポイントに交換しておくのも一つの手段ですね!

■ ポイントを貯めて使うことができる

ポイント制では、ポイントをためて使うことができます。

例えば2019年に寄附をしてもらったポイントは、翌年2020年でも使用することが可能。
2020年に寄附をしてもらったポイントと合算して返礼品をもらえば、高所得者のように豪華な返礼品だってもらうことができます。
交換したポイントには有効期限がありますが、ほとんどが1~2年の期限となっているので寄附時期を考えれば2年分は余裕で貯められることになりますね。

ポイント制を利用すれば高所得者のような普段手が届かない返礼品をもらうことができるのもメリットのひとつです。

■ ポイントの反映は即時!

返礼品をもらう場合、数週間~数ヶ月かかる場合があります。
ポイント制はクレジットカード決済の場合、その日のうちにポイントを付与!
これは安心できますね。

このように、さまざまなメリットがあります。
「とりあえず寄附をして、あとでゆっくり返礼品を決める」ということができるので、実は多くの人が利用しているのです。

ポイント制ふるさと納税のデメリット

続いてポイント制ふるさと納税もデメリットを紹介しましょう。

■ 寄附した自治体でしか利用することができない

ポイント制のふるさと納税を利用する場合、自治体ごとに寄附をするため交換したポイントを別の自治体で使うことができません。
自分の欲しい返礼品を複数取り扱っている自治体に寄附をするようにしましょう。

■ 有効期限に注意

交換したポイントには有効期限が設定されています。
基本的には1~2年となっていますが、忘れているとあっという間。
交換し忘れないように気をつけましょう。

ポイント制度を導入している人気の自治体5選

鹿児島県大崎町

【ポイント付与のルール】
・6,000円以上の寄附で付与
・2,000円毎に5ポイント付与
・ポイントの有効期限は「2年間」

【ポイント交換例】
■ 鹿児島県三うなぎ長蒲焼2尾 ・・・ 25pt(10,000円)で交換可能
■ かごしま黒豚「優美豚」お得セット ・・・ 20pt(8,000円)で交換可能
■ 南国の恵み 完熟マンゴー(家庭用) ・・・ 30pt(12,000円)で交換可能

鹿児島県大崎町では、ポイントに交換できる返礼品を440件以上用意しています。
極上のふわっふわな鹿児島県産うなぎや絶品の完熟マンゴー・脂の乗ったかごしま黒豚「優美豚」など…
どれも大崎町の返礼品を取り揃えています。

ポイントを利用すれば、季節の異なる返礼品をずらしてもらうことも可能。
2年間の有効期限があるので、繰越をして豪華な返礼品をもらうこともできますね。

ポイント制ふるさと納税ができる「ふるさとチョイス」はこちら

北海道上士幌町

【ポイント付与のルール】
・1,000円以上の寄附で付与
・1,000円毎に1,000ポイント付与
・ポイントの有効期限は「2年間」

【ポイント交換例】
■ 十勝ハーブ牛 お楽しみBOX ・・・ 10,000pt(10,000円)で交換可能
■ ドリームヒル よくばりアイスクリームセット ・・・ 10,000pt(10,000円)で交換可能
■ 十勝もーもースイーツ牛乳そのまんまアイス ・・・ 8,000pt(8,000円)で交換可能

返礼品特集で取り上げられることも多い北海道上士幌町。
人気の十勝ナイタイ和牛やドリームヒルのアイスクリームセット・スープカレーなど北海道ならではの返礼品をもらうことができます。

北海道や沖縄などの商品は、自分でお取り寄せをすると送料が高くつきます。
返礼品なら送料を気にすることなく、さらに実質2,000円で返礼品をもらうことができるのはお得ですね!

ポイント制ふるさと納税ができる「ふるさとチョイス」はこちら

北海道網走市

【ポイント付与のルール】
・10,000円以上の寄附で付与
・1,000円毎に300ポイント付与
・ポイントの有効期限は「2年間」

【ポイント交換例】
■ 本ズワイガニプレミアムサイズ ポーション ・・・ 4,500pt(15,000円)で交換可能
■ 玉ねぎ 20kg ・・・ 3,000pt(10,000円)で交換可能
■ 刺身用 冷凍帆立貝柱1.2kg ・・・ 3,000pt(10,000円)で交換可能

北海道網走市では、北海道産の本ズワイガニや甘みの強い玉ねぎ、オホーツク産のほたて貝柱・網走ビールなどをもらうことができます。
期間限定の返礼品も多く、季節によって異なる返礼品や限定品も登場する網走市。
ポイント制度なら季節毎に返礼品をもらうこともできるので、1年を通して楽しむこともできますね。

ポイント制ふるさと納税ができる「ふるさとチョイス」はこちら

滋賀県近江八幡市

【ポイント付与のルール】
・5,000円以上の寄附で付与
・1,000円毎に300ポイント付与
・ポイントの有効期限は「1年間」

【ポイント交換例】
■ 近江牛と黒豚のハンバーグ ・・・ 3,000pt(10,000円)で交換可能
■ 近江牛味噌漬け ・・・ 69,000pt(23,000円)で交換可能
■ 近江牛肩ロースすき焼き500g ・・・ 6,900pt(23,000円)で交換可能

日本最大和牛・近江牛の本場として知られているのが滋賀県近江八幡市。
徳川御三家へも献上されていた近江牛の味噌漬けや、4等級以上に限った近江牛肩ロースすき焼きなど、普段あまり食べることのできない豪華なお肉をもらうことができます。
また布団の西川発祥の地でもあるため、高級マットレス「エアーエスアイ」をもらうことも可能。
まとまったお金を寄附できる高額所得者の寄附も多い自治体です。

もらえるポイントの有効期限は1年と他の自治体に比べ短いですが、もらえる返礼品も382件以上と豊富に取り揃えているので魅力的ですよ!

ポイント制ふるさと納税ができる「ふるさとチョイス」はこちら

大分県佐伯市

【ポイント付与のルール】
・10,000円以上の寄附で付与
・1,000円毎に10,00ポイント付与
・ポイントの有効期限は「2年間」

【ポイント交換例】
■ 豊後牛A4ランク以上ヒレステーキ「頂」 ・・・ 26,000pt(26,000円)で交換可能
■ 老舗ひもの屋職人の「訳あり干物大満足BOX」 ・・・ 10,000pt(10,000円)で交換可能
■ 佐伯産本マグロ切り落とし ・・・ 12,000pt(12,000円)で交換可能

大分県佐伯氏では、豊後水道で獲れる近海の魚介類を返礼品としてもらうことができます。
中でも瀬戸内海からの塩と黒潮がぶつかる漁場で獲れるとらふぐは絶品!
全国に名を馳せる高級ブランドふぐです。

返礼品でもらえるとらぐふセットはアラ、焼ひれ、ポン酢、薬味付き。
ふぐもスライスしてあるので処理の必要もなく、届いてすぐに食べることができます。
消費ポイント数は高いですが、有効期限が2年あるので繰り越してもらうこともできますね。

ポイント制ふるさと納税ができる「ふるさとチョイス」はこちら

ふるさとチョイスならポイント管理が簡単!

ポイント制は自治体ごとの寄附になるため、どのくらいポイントが手元に残っているのか自分で管理する必要があります。

そこで便利なのがふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」
会員登録をして使うことができるマイページでは、保有しているポイントを自治体別に一括管理することができます。
有効期限のチェックから、いつ何にポイントを交換したか・・・など全て確認ができるのでとっても便利!
気になる返礼品をお気に入り登録することもできるので、もらい忘れの心配もありません。
スマホアプリも用意されているので、気楽にふるさと納税が楽しめますよ。

ポイント制、私ならこの自治体に寄附したい!

返礼品を急いでもらう必要がないポイント制。
今年は私もポイント制でとりあえずポイントをもらい、あとでゆっくり返礼品を選ぼうかな~と思っています。

そこでポイント制を取り入れている自治体をチェックしてみたところ、魚好きな我が家にぴったりな自治体を発見しました!

長崎県壱岐市

【ポイント付与のルール】
・6,000円以上の寄附で付与
・1,000円毎に300ポイント付与
・ポイントの有効期限は「無制限」

【ポイント交換例】
■ 寒ブリしゃぶしゃぶセット ・・・ 3,000pt(10,000円)で交換可能
■ 内海湾産殻つき生牡蠣3kg ・・・ 3,000pt(10,000円)で交換可能
■ 旬の海産物セット ・・・ 2,100pt(7,000円)で交換可能

玄界灘に浮かぶ壱岐島は豊かな自然に恵まれた海産物が豊富。
特に脂の乗った天然の寒ぶりは格別と言われています。

実は我が家、魚の中でも特にぶりが大好き!
お刺身はもちろん、塩焼きや煮つけなど頻繁に食卓に並ぶほどぶりを食べています。
「いつか美味しいぶりしゃぶが食べたいね~!」
なんて話をしていましたが、壱岐市人気返礼品1位に「寒ブリしゃぶしゃぶセット」を発見!
3,000ポイントでもらえるそうなので、寄附金額で換算すると1万円ですね。

また他にも壱岐市では期間限定で殻つき生ガキが3,000ポイントでもらえたり、旬の海産物セットが3,000ポイントでもらえたりと魚好き我が家にはぴったり!
旬の特産物は期間限定や旬によってセット内容が異なりますが、ポイントで交換できれば好きなタイミングで返礼品をもらえるので嬉しいですね。

そして長崎県壱岐市は、なんとポイントの有効期限が無期限!
ということはたっぷりポイントを貯めてとらふぐや牡蠣・お酒などをまとめてもらうこともできます。
高所得者でなくても豪勢な返礼品をたくさんもらうことができるなんて、なんだか夢のようですね!
今年寄附をする自治体として狙っておきたいと思います!!

寄附はクレカがおすすめ!

ふるさと納税の寄附にはさまざまな決済方法があります。
ふるさとチョイスを使う場合、自治体にもよりますが最大で11通り。

・クレジットカード(Yahoo!公金支払い)
・郵便振替
・ドコモ払い
・auかんたん決済/au WALLET
・ソフトバンクまとめて支払い
・Amazon Pay
・コンビニ支払い
・ペイジー支払い
・ネットバンク支払い
・直接持参

自分に合った決済方法で寄附することができますが、やはりおすすめはクレカ決済。
即時決済が可能なのでポイント制であれば約30分で付与されます。

さらにクレカなら、使うカードのポイントだって貯めることが可能。
1万円を寄付する場合、1%還元率のクレカなら100ptも貯まります。

ふるさと納税は数万円単位で寄附をすることが多いので、たとえ1%還元のクレカでもポイントは大きいはず。
2万円なら200pt、5万円なら500ptも貯めることができます。

実質2,000円でポイントがもらえ、お得な返礼品に交換ができクレジットカードのポイントまで貯まる・・・
まさに最強の節約制度ですよね!

おすすめのクレジットカードは、おなじみの「楽天カード」
楽天カードで貯まる楽天ポイントなら、楽天市場だけでなく街中で貯めたり使ったりすることができます。
最近akiちゃんが投稿していた記事にもあるように、ポイントで映画を見ることだって可能!



ポイントがたまりやすい楽天カードは、絶対に外せないカードですよ!


楽天カードのお申し込みはこちら

まとめ

一度ポイントに交換することで、ゆっくり選べるだけでなく好きなタイミングで返礼品をもらうことができます。
さらに同自治体であれば1度の寄附で複数の返礼品をもらうことができるので、寄附も手軽になりますよね。

実はポイント制のふるさと納税は、一人暮らしの方にもぴったり。
ふるさと納税でもらえる返礼品は量の多い物が多く、余らせてしまいがち。
ですがポイント制なら一気にたくさんの返礼品をもらう必要がないので、1つ食べたら次の返礼品をもらう・・・といった使い方もできるのです。
人それぞれのニーズにあった使い方ができるのも、ポイント制の良さになりますね。

ふるさと納税、見直し案が適用される6月までにぜひチャレンジしてみて下さいね!

⇒ お得で嬉しい税金対策・ふるさと納税まとめはこちら!



この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす