ふるさと納税特集
by 節約大全

【高所得者のふるさと納税】年収2,000万円だといくら寄附できる?気になる控除上限額とおすすめの返礼品


高所得者の方こそチャレンジしてほしい「ふるさと納税
寄附する金額が所得税や住民税の控除対象となり、さらに収入によって控除額の上限が大きくなるため年収が高ければ高いほど節税効果が得られます。

以前紹介した記事では年収1,000万円の方に向けた情報を紹介しましたが、今回はさらに上の富裕層・年収2,000万円の方に向けたおすすめの返礼品を紹介したいと思います。

ちなみに富裕層の方にぴったりなふるさと納税サイトといえば「ふるなび」
年収2,000万円以上ある方でしたら、返礼品選びから寄附まで全てお任せができる「ふるなびプレミアム」が利用できます。
その他にもポイントをもらい高級料理店で食事ができるグルメポイントなどもありますので、チェックしてみるべきですよ!

品ぞろえ抜群!「ふるなび」はこちら

そもそも年収2,000万円ってどんな仕事をしているの?

年収2,000万円・・・私にとっては夢のまた夢の話ですが、いったいどんな職業の方が年収2,000万円ももらっているのでしょうか?

気になるその職業、まずは調べてみました。

■ フルコミッションの不動産営業マン
■ 開業医
■ プロスポーツ選手
■ FXトレーダー
■ youtuber

このような方なら年収2,000万円以上の所得を手に入れることも可能。
特にたくさんの契約を取っている完全歩合の不動産営業マンや自分でクリニックを開業させている医師なら、それ以上の高収入も夢ではありません。

なんだか夢のような話ですが、本当に年収2,000万円以上もらっているひとって意外にもたくさんいるのです。
羨ましいですね~・・・

私も見習って頑張りたいと思います・・・

年収2,000万円の人って、いくら寄附ができるの?

収入によって控除上限額が異なるふるさと納税。
実質自己負担を2,000円に抑えるためには、年収や家族構成を元にいくら寄附ができるか控除上限額を計算する必要があります。

正式な控除上限額を求めるためには住民税所得割額や所得税率が必要になりますが、計算する時点では正確な数字が確定していないため、目安として捉えるべき。
昨年度の住民税所得割額や所得税率が把握できている場合や、年末ギリギリに寄附する予定の方は、かなり正確な数字が出せるはずです。

【基本の計算式】
上限額=(住民税所得割額×0.2)÷ {(90%-所得税率×1.021)÷100 } +2,000

「大体の控除上限額が把握できれば大丈夫!」
という方でしたら、当サイトにあるシミュレーターを使うことでおおよその控除上限額をすぐに調べることができます。
ぜひ自分の収入と家族構成を当てはめて、一度計算してみてくださいね。

家族構成
※一番近いものを選んでください
※1または2は給料収入の場合です
※中学生以下の子供は控除額に影響がないため、計算に入れる必要はありません
年収
※一番近いものを選んでください
※税引き前の年収

あなたが寄付できる金額(目安)は・・・
???

独身または共働きで年収2,000万円の場合、控除上限額(目安)は・・・

  ⇒ 514,000円

なんと514,000円も寄附をすることができます。
家電や定期便などは10万円以上の寄附が基本になるため低所得者の方にとってはハードルが高いですが、年収2,000万円ともなれば全く問題なし。
これだけ寄附ができれば、定期便や電化製品・旅行券などの高還元率返礼品ももらい放題ですね。

ちなみに前回紹介した年収1,000万円の方ができる寄附金額は172,000円でした。



またふるさと納税は2015年よりワンストップ特例制度が使えるようになりましたが、年収2,000万円以上の人の場合、条件を満たしていてもワンストップ特例制度を使うことができません。

年収2,000万円を超えるサラリーマンの場合、年末調整の対象外と規定されているため確定申告を行うことは義務になっています。
必ず自分で確定申告をする必要がありますので注意してくださいね。



15万円分節約するって大変!

寄附する金額をシミュレーターで算出した控除上限額(514,000円)に抑えることで、2,000円を除いた512,000円が控除対象となります。
所得税には控除分が還付され、住民税は翌年の住民税より減額されるということ。
これが控除が受けられ、さらに実質2,000円で返礼品がもらえるふるさと納税の仕組みです。
このようにふるさと納税をするだけで、512,000円が節税できるのです。

返礼品が3割と考えた場合、514,000円寄附すると返礼品分の約150,000円が節約になりますよね。
年間で150,000円節約するのはかなり大変なこと。

例えば


■ 家賃を見直す・・・
生命保険の見直しをする・・・
乗っている車のグレードを下げる・・・

これらの費用を見直すことで、年間15万円の節約ができるでしょうか。
なにより家族一丸となって節約しなければ15万円も節約することはできません。

もちろん節約大全で紹介している記事はどれも”無理なく楽しく”をモットーに紹介していますが、いきなり月4万円もの節約することはやっぱり大変。
それがふるさと納税なら寄附をするだけで税金の節約としてできるだけでなく、さらに欲しい返礼品をもらい、希望する使い道で自治体に手を差し伸べることだってできます。

見直し案の適用や返礼品を寄附額の3割以下にするなど、さまざまなニュースが飛び交っていますが、ふるさと納税の仕組みはとても素晴らしいですよね。



年収2,000万円の人がもらっている返礼品はコレだ!

年収2,000万円以上の人がもらっている返礼品は、どれもハイクラスなものばかり。
そこで高収入の方でも普段は躊躇してしまうような人気の返礼品をピックアップしてみました。

鹿児島県曽於市

■ オーダーメイドお肉プラン!お好きな時期にお好きなお肉をお届け シルバーコース

 ・寄附金額 500,000円

鹿児島県産黒毛和牛や黒豚・ハムなどを好きなタイミングで好きなだけもらうことができる定期便返礼品。
「今月は家族と食べるからしゃぶしゃぶは4セット、来月は親戚が集まるからステーキは10枚!」など、自由に組み合わせることができます。

鹿児島県曽於市への寄附はこちら

宮城県石巻市

■ 【定期配送】田伝むしのササニシキ白米20kg×5回
 

・寄附金額 500,000円

農薬や化学肥料を一切使わずに育てられた田伝むしのササニシキ。
粘りが少なくて飽きがこないため、高級寿司店でも多く使われています。
年に5回、20kgずつもらうことができるので食費の節約にもぴったり。
返礼品に迷ってしまったら、とりあえず毎日食べるお米を選んでおけば損はありませんね!

宮城県石巻市への寄附はこちら

神奈川県三浦市

■ 【関東圏出張】三崎鮪使用!大迫力!鮪解体ショー

・寄附金額 500,000円

三崎鮪を1本丸ごと解体する出張サービスが依頼できます。
約20kg相当の鮪をさばく光景は迫力満点!
もちろん解体したまぐろは約100人前の鮪丼として振舞われることになっています。
場所は関東圏に限られていますが、日程や場所・要望にも応えてくれるので、ちょっとしたイベントごとにもぴったりですね。

神奈川県三浦市への寄附はこちら

愛知県幸田町

■ エアウィーヴ S-LINE ダブル

・寄附金額 360,000円

エアウィーヴの技術を結集して作られた先進モデルの「S-LINE」は、寄附金額36万円でもらうことができます。
身体に負担がかからない自然な就寝姿勢がとれるため、たくさんのスポーツ選手も愛用しているこのアイテム。
普通に買うと約10万円もしますが、ふるさと納税の返礼品でもらえれば実質2,000円でもらうことができます。

愛知県幸田町への寄附はこちら

50万以上も寄附ができると、もらえる返礼品も一段と豪華になりますね。
確定申告を行う手間はどうしても発生してしますが、どれも実質2,000円でもらうことができるのはふるさと納税ならではです。

GCFで自治体に手を差し伸べてみる

お得な返礼品ばかり注目されるふるさと納税。
もし寄附できる金額に余裕があったら、資金使途が明確な「GCF」をしてみませんか?

GCFは「ガバメントクラウドファンディング」の略。
自治体ごとに抱えている悩みをプロジェクトとして設立し、プロジェクト単位で資金調達をしています。
GCFでは支援者に資金使途をしっかり伝える必要があるため、自分が寄付したお金がどのように使われるかが非常に明確。
資金の集まり状況や資金を何に使ったか、なども全てポータルサイト内で見ることができるので賛同を得られやすい特徴もあります。

例えば保育施設のない自治体に保育園を開設するための資金を募ったり、歴史的建造物を保護するための資金を募ったりとプロジェクト内容もさまざま。

お得な返礼品はもらえませんが、自分の寄附したお金で困っている自治体に手を差し伸べることができます。
ぜひふるさと納税の1つの選択肢として知っておいてくださいね。

編集部スタッフのうまえもんも実はGCF経験者。
引退した競走馬に少しでも明るい光が射すようにと2016年に岡山県吉備中央町に寄附をしました。



ふるなびプレミアムを活用しよう

年収2,000万円以上ある方の場合、寄附できる金額も50万円以上と高額。
返礼品選びに時間がかかってしまったり・・・
申し込みがいちいち面倒だったり・・・
どれが一番お得だったり・・・と悩みも尽きません。

それなら「ふるなびプレミアム」を利用してみてはどうでしょうか?

年収2,000万円以上の方限定で使うことができる「ふるなびプレミアム」は、返礼品選びから寄附の申し込みまで全てお任せができるサービス。
一回の寄附金額が50万円以上の方のみ対象となりますが、無料で専任のコンシェルジュを依頼でき、返礼品の選別から申し込みまで全て代行してもらうことができます。

たとえば”温泉を楽しみたい!”と希望する人には・・・

【心行くまで名湯・行楽を満喫!プラン】
・群馬県中之条町に25万円分寄附し、四万温泉ほか町内各所で使える感謝券を75,000円分もらう
・静岡県西伊豆町に25万円分寄附し、西伊豆町内にある宿泊施設や観光で使える感謝券を75,000円分もらう

など、こちらの希望に沿った返礼品の提案をしてくれます。

返礼品の決定~申し込み完了までにかかる時間は約2~3週間。
ですが中にはコンシェルジュに全てお任せし、ものの数分で返礼品を決めてしまう方もいるそうですよ!
面倒な手間をすべて省くことができる「ふるなびプレミアム」、とっても便利なのでぜひチェックしてみてくださいね。

品ぞろえ抜群!「ふるなび」はこちら

楽天ブラックカードがあればふるさと納税でも特別優待が受けられる!

「楽天ブラックカード」を持っていれば、ふるさと納税で特別優待を受けることができます。

MasterCardのプラチナカードに相当する「楽天ブラックカード」には、Mastercardがサービスを提供する「Taste of Premium」という上級カード会員向けの優待サービスを受けることできる特典が付帯しています。
「Taste of Premium」には全部で16の特典が存在していますが、今回特に注目したいのがふるさと納税特別優待です。

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさと本舗」から寄附することで、「Taste of Premium」対象カード限定の返礼品をもらうことができます。

例えば

■ 宮崎県都農町に180,000円寄附
うなぎの蒲焼や宮崎牛ロースなど都農町フルコース味わい定期便がもらえる(年3回)

■ 滋賀県高島市に200,000円寄附
近江牛コース・近江牛すじスープカレーがもらえる(年6回)

■ 鳥取県八頭町に34,000円寄附
赤ワインとジビエセットがもらえる

など…通常のふるさと納税ではもらうことのできない、優待特別仕様の高級返礼品をもらうことができます。

寄附の際は必ず「Taste of Premium」特典が付帯したマスターカードを利用して決済手続きを行う必要があるので注意が必要。
さらにふるさと納税特別優待は寄附は2019年3月31日までの期間限定となっているので気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。

また、「Taste of Premium」で受けられるふるさと納税以外の優待サービスも紹介しましょう。

■ Wine Previleges
対象レストランで指定金額以上をMasterCardで支払うことでボトルワインを1本サービスしてもらえる

■ 国内ゴルフで割引サービス
日本最大級のゴルフ場予約サービス「GDO(ゴルフダイジェストオンライン)」で約150コースが500~1,000円OFFになる

■ 国際線手荷物宅配優待サービス
帰国時の手荷物を優待価格の500円で宅配してもらえる

■ 空港クローク優待サービス
海外旅行時、出発前に空港で防寒着を1着10%OFFで預かってもらえる

■ 海外用携帯電話・Wi-Fiレンタル
海外で使える携帯電話とWi-Fiルーターを優待価格でレンタルできる

■ 海外ホテル優待予約
エクスペディア専用サイトで予約すると以下の割引が受けられる

・海外ホテル 10%割引
・海外ホテル+航空券 2,500円割引

■ 国内高級ホテル・高級旅館優待予約
るるぶトラベル専用サイトに掲載されている高級旅館施設が利用できる

■ 会員制ゴルフ場予約
日本全国にある会員制ゴルフ場を予約することができる

■ 海外のゴルフコース手配サービス
海外で高い支持率を誇るゴルフ場が手配できる

■ 歌舞伎・能観賞
歌舞伎と能の観賞チケットが手配できる

■ 空港送迎優待サービス
空港までの送迎を優待価格で依頼できる

■ ヘリクルーズ優待サービス
東京の夜景を見下ろせるヘリコプター遊覧を楽しむことができる

■ 招待日和によるダイニング招待
「招待日和」によって選ばれた全国の有名レストランで2名以上で食事をすることで、コース代金が1名様分無料になる

■ Trip.com特別優待(6~10%OFF)
Mastercard Taste of remium専用サイトでクーポンと取得すると、ホテルやレストランなどを割引価格で予約・利用することができる
ただし利用できるのは2019年3月31日まで

■ Tokyo Supercars特別優待(15~25%OFF)
・シティナイトドライブ
・箱根ターンバイク体験ドライブ
・富士スピードウェイサーキットイベント
・World X Series Rall
この4つのイベント参加費をMastercardで支払うことで優待割引が受けられる
ただし利用できるのは2019年3月31日まで

以上が「Taste of Premium」の特別優待サービス内容となっています。
公式サイトではカード番号を入力しなければ優待内容を見ることができないようになっていますが、どれもまさに富裕層向けサービスって感じですよね…

ヘリクルーズ優待サービスはなんと1回16万円もするそうです…!
たった15分のヘリクルーズに16万円…やっぱお金持ちの考えていることはよくわかりません…(´・ω・`)

今すぐにでも使えそうなのは、「Trip.com特別優待」か「招待日和によるダイニング招待」
特にダイニング招待は1名様分が無料になるとってもお得な内容になっているので記念日などにもぴったりですね。
ただしひと月に2回までしか利用できないようなので注意しましょう。



私だったらこれが欲しい!

年収が2,000万あると50万以上も寄附ができるなんてうらやましいですよね!
寄附金額の高い返礼品だってほとんどがもらい放題、こういうのが高所得者制度と言われる部分ではありますがやはり憧れてしまいます。

私は寄附先を2~3箇所選ぶことで精いっぱいですが・・・
もし自分が50万円以上も寄附できるとしたら…迷わず「ふるなびプレミアム」を利用して旅行が楽しめるプランを専任コンシェルジュに組んでもらいたいなぁなんて思っています。

それか全額グルメポイント提携自治体に寄附をして「ふるなびグルメポイント」をもらい、高級料理店で美味しいものを食べまくる!なんてプランもいいですよね~。

この「ふるなびグルメポイント」もふるなびの独自サービス。
ふるなびグルメポイント提携自治体にふるさと納税(寄附)を行うことで、有名店の食事で使えるポイントをもらうことができます。
普段あまり料理をしない方や、たくさんの返礼品をもらっても困る・・・なんて方に人気のサービス。
ポイントが使えるお店には「鮨かくの」や「西麻布 万葉」「代官山 ラファーメ」など、普段気軽に行くことのできない有名店ばかりあるので記念日やご褒美にもぴったりですよね。

20,000円の寄附につき6,000ポイントをもらうことができますが、ポイントの有効期限はありません。
さらにふるなびでは、グルメポイント提携自治体への寄附でもAmazonギフト券を1%分もらうことができます。
Amazonギフト券は寄附した月の翌々月中に反映されますが、取得から半年を過ぎると失効してしまうので注意が必要。
レビューの投稿でも1件に付き50円分もらうことができるので、忘れずに投稿するようにしましょう!

品ぞろえ抜群!「ふるなび」はこちら

ま、そんな夢の話をしてもいまのところ年収2,000万円以上稼げる予定もないので・・・
せめて実質2,000円で高級なお肉でも頂いておこうかと思っております・・・。
松坂牛とか佐賀牛とかもらって、美味しい想いでもしよーっと!



まとめ

年収2,000万円を超える場合、ほとんどの返礼品が選び放題になります。

寄附金額の高いハイスペックな返礼品をもらうもよし、複数の返礼品を組み合わせてもらうもよし。
専任コンシェルジュにプランを考えてもらったり、高級料理を食べに行くことだってできます。

ただし、いつまでも自由な返礼品をもらえるとは限りません。
2019年6月には寄附金額の3割以下に返礼品を抑える”見直し案”が適用予定、さらに地場産品以外の返礼品も厳しく取り締まる可能性があります。

目当ての返礼品がある場合は、早めに寄附をしておくと良いですね!

品ぞろえ抜群!「ふるなび」はこちら

⇒ お得で嬉しい節税対策・ふるさと納税まとめはこちら!

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪
\ シェア /
【高所得者のふるさと納税】年収2,000万円だといくら寄附できる?気になる控除上限額とおすすめの返礼品
さがす