引っ越しで困らない荷造り・ダンボールの効率的な詰め方とは?

閲覧回数 : 165 views

引っ越しをスムーズに進行するためには、荷造りをいかに上手にするかに掛かっています。

引っ越しの荷造りといえば、ダンボールへの梱包が主な作業になりますが、ただ荷物を詰めればいいというわけではなく、詰め方が重要になってきます。

ダン吉
適当に詰めるだけだと非効率!ダンボールの詰め方をしっかりと考えましょう。

ダンボールの底を強化

まず、下準備からです。

ダンボールを使うにはまずは底をテープで止めなければなりませんが、耐久性をアップさせるために十字にガムテープを張るようにしましょう。

もしも、ダンボールの耐久性以上の荷物を詰め込んでいたとしても、ガムテープによって荷物の落下を防ぐことができるからです。


左がT字貼り。一見頑丈そうですが、持ち手が滑ってしまうので、右の十字貼りが推奨の止め方。

詰める順番

ダンボールには引っ越し後にすぐ使わないものを優先的に入れていきましょう。

  • 本(漫画や小説、参考書など)
  • CD、DVD、ブルーレイなど

詰めるときは、本など重量が重いものをダンボールの底に敷き詰め、上にいくほど軽いものが置かれるように詰めるようにしましょう。

そうすることでダンボールの底に重心がいき、運搬が楽になります。

重いものは小さな箱へ、軽いものは大きな箱へ

重いものは小さいダンボールに詰めることがポイントです。

大きいダンボールのほうがたくさん荷物を詰められるからいいように思えますが、大きい箱いっぱいに重いものを詰めてしまうと底が抜ける危険性が高まるだけではなく、持ち上げられないなど運搬が困難になることも考えられます。

また、詰めすぎてしまうと持ちあげる際に腰に負荷を掛けてしまい、腰をいためるリスクがあります。

そうならないためにも、重量とダンボールのサイズを考えることは重要です。

とくに本がそういったことになりがちなので注意しましょう。

重いものは小さなダンボールに、軽いものは大きなダンボールにが安全にかつスムーズに荷物を運べるコツになります。

壊れやすい物の梱包

壊れやすい物をダンボールに詰める時は、新聞紙や洋服を緩和材にして、保護するのがポイントです。

新聞紙の場合は引っ越し先でゴミになるので、それがイヤな場合は、食器と一緒に洋服を詰めればゴミの削減ができます。

また、引っ越し業者によっては緩衝材がついたケースを用意してくれることがあるので、そういったものがあるかどうかの確認をしましょう。

ダンボールの上手な詰め方

部屋ごときちんと分けて梱包

詰め方ではありませんが、荷物を梱包するときは部屋ごとにきちんと分けるようにすると引っ越し後の荷解きが楽になります。

子ども部屋のものと寝室のものが混ざってしまうといった具合にいろいろな部屋の荷物をひとつのダンボールに詰めてしまうと、どこに何を入れたかわからなくなるだけではなく、荷解きの際に荷物が散らかる原因にもなります。

部屋ごとに分けておけば、それぞれの荷物を所定の部屋に運べばいいだけなので面倒がありません。

何を梱包したかを明記

上記に関連することですが、新居に到着した時に、どのダンボールに何を入れたかすぐに分かるように、目立つところにダンボールの中身やどの部屋のものかを明記しておきましょう。

どのダンボールがどの部屋のものか書いておくことで引っ越し先で行方不明になることも防げますし、引っ越し業者に部屋まで運んでもらう時も非常にスムーズになります。

ダンボールは複数のサイズを用意するのがベスト

引っ越しをする場合、ダンボールを3種類程度用意しておくようにしましょう。

小さいダンボールであれば、ホームセンターやスーパーでもらえることもありますが、家電やかさばる衣類などが梱包できる大きいサイズのダンボールは同じサイズのものを複数手に入れるのは非常に困難です。

引っ越し業者を利用する場合はダンボールのサイズが大きいものを事前に無料でもらえるか確認しておいたり、購入することを想定してダンボールの値段を調べておきましょう。

大きいダンボールが手に入らない場合、カッターで縦に切り、複数のダンボールをガムテープで張り合わせることで大きいものもカバーできます。ただ、強度は弱いので、保護シートぐらいの考えになります。

引っ越し見積もりをまた取っていないならこちらをチェック!


著者情報
ダン吉

ダン吉

ダン吉の書いた他の記事を見る

大手引越し会社のダンボールに命が宿った妖精。間近で見続けてきただけあり、お得な引越しに関する知識は達人級。某10円で動くダンボールキャラに憧れているとかいないとか。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000