引っ越しの節約体験談を大公開!引越し業者を比較して費用を抑える方法を伝授します!


引越しが決まると引っ越し業者を探さなければなりませんが、業者をどうやって選んでいますか?
例えば、
・近くの引っ越し業者に電話をするor直接行く
・前の引越しでお願いしたところに再度連絡をする
などなど…探し方はいろいろとありますよね。

引越し料金をなるべく安く済ませるなら、やはり一括見積が一番!

そこで、今回は編集部スタッフが実際に体験した引越し節約方法とネットを使ったお得な比較方法についてご紹介していきます。
※各著者に別々で書いていただいます。予めご了承くださいませ。

スポンサーリンク

金無和也の引越し体験談

5年前、愛知県から神奈川県への転勤が決まり、引っ越し手当として会社から10万円支給されたのですが、8万円プラス消費税で済ませて差額をありがたくいただいた経験があります。

この時、最初の見積り額は16万を超えていました。(某大手引っ越し業者)

急な転勤だったので1週間以内に何とかしなければいけない状況でしたが、
会社支給額を超えるのはちょっと・・・

で、引っ越し一括見積もりを利用したんですよ。

3社から1週間以内の対応可能で

最安値が9万円

という回答でした。

その9万円の見積もりを持って最初に問い合わせた
某大手引っ越し業者にダメもとで再見積もりをしてみた所・・・

16万→8万に下がったのです。なんと半額。

おいおい、出来るんじゃん!

最初の見積もりって何だったの?
この手のひら返しには正直驚きましたね。

『特別割引を適用し、今回に限っての見積もりを出させていただきます。』

だって(笑)

閑散期じゃないですよ、2月の話です!

引っ越し業者の見積もりなんて言い値、ボッタクリ放題なんだなあと気付いた瞬間でした。



どうですか?

一括見積もりとか時間かかるイメージありますけど、急な引っ越しでも
最初から相見積もりを想定して安めの金額を出してきてくれるので安心です。

で、気になる各業者のレスポンスなんですが、登録しメールを送った1分後には
電話が掛かってくるので急ぎの案件でも、心配する事はありません。

デメリットは電話の営業がウザいことくらいでしょうか(笑)

一括見積もりを利用して限界見積もりを出させるテクニック

これはちょっと上級者向けですが、確実に底値の見積もりが出るのでオススメの方法です。

その方法とは、

確定の見積もりには訪問してもらいどれくらいの物量、
重量になるかを確認することが必要になります。
各業者の訪問日時を同じ日、同じ時間に呼んでしまいましょう!

目の前でライバル意識むき出しの見積もり合戦が行われるのは壮観ですよ(笑)

※神経が太くないと出来ない方法ですが、確実に安い見積もりが出ること間違いなし!

・直接、業者に問い合わせる見積もりはほぼボッタくり
・一括見積もりは最初からある程度安い
・相見積もりを吹っかけて更に安く

akiの引越し体験談

こんにちは!編集部スタッフのaki(@aki_setsuyaku)です。
引越しの節約エピソード集ということで、私も参加させていただきます!(笑)
特にこれから同棲を考えている方にとっても役立つと思うので最後まで読んでくださいね^^

不動産屋での流れ


早速ですが、不動産屋での流れからご紹介したいと思います。

間取りはどのくらいがいいの?

例えば、一人で暮らすなら1DKで十分ですよね。
しかし「同棲あるいは新婚生活をする」となると、そうはいきません。
当然ですが、お互いの荷物を置くことになるので一部屋だと収まらないんです。
また引越し当初は、荷物が少なくても暮らしていけば自然と増えていきます。
そのため、最低でも2部屋を用意することをオススメしますよ。

不動産屋に行ったら必ずお部屋内見!

まず、不動産屋には必ず二人で行き時間の余裕を持って行きましょう。
いくつかの物件を教えてもらったら、そのまま部屋を内見へ。
同棲生活を始めるなかで、物件内見はとても重要です。

また「不動産屋に行くことが面倒…。」という方は当サイトのコチラのページをどうぞ

では内見するにあたり押さえておきたいポイントを、3つご紹介させていただきたいと思います。
※あくまでも引越しを経験した著者の個人的な意見です。
参考の一つとして読んでいただければと思います。

チェックポイント
1 洗濯機は室内に置けるか
2 ベランダは東向きか
3 収納スペースはどのくらいか

3点ほど挙げましたが、それぞれ理由があります。
特に「少しでも節約をしたい」「共働きをしながら同棲をする」という方は要チェックです。

1 洗濯機は室内に置けるのか
今はあまり見かけませんが、建物によって「洗濯機は外」の物件があります。
室内でも正直変わりませんが、洗濯機を回すと騒音レベルでうるさいです。
そのため夕方や夜から回そうとすると、近所迷惑になる恐れがあります。
「洗濯機がどこに置けるのか」は必ずチェックをしましょう。

2 ベランダの確認
これは、日差しを確認するためです。
季節によって、日が差す時間が長かったり短かったり…。
日差しが入りやすい部屋なら洗濯物も乾きやすく、日中を部屋で過ごす際など電気を使わなくても十分明るいですよ。
少しでも電気代を節約するためにも、確認をしておきましょう。

3 収納スペース
押入れや棚の大きさなど。
物件によっては洋服棚(ハンガー掛け)が付いていたりするので、物を置くスペースを減らすことができます。
もちろん、タンスや棚など置くと思いますが、付いている収納スペースを上手く活用することで無駄な出費を避けることができますよ。

内見をするにあたり、一番大切なことは時間帯です。
不動産屋に行く際は必ず一日の時間を全て使えるように予定を組ましょう。
なぜなら「近所の人はどんな人か」「帰宅の際、周りはどのくらいの暗さか」などがわかります。
住んだ後で「こんなの知らなかった」なんてならないように気をつけましょう。

駐車場

もし車を所有しているなら駐車場が必要ですよね。
不動産やアパート、マンションによっては駐車場代込みの部屋もあります。
ですが、物件の目の前にあるにも関わらず「管理している不動産屋が違うんです」なんてことも…。

そんな時は駐車場だけ別の不動産屋で借りないといけません。
知っている方も多いと思いますが、部屋にしろ駐車場にしろ最寄りの駅までの距離が近かったり大きい駅の近くは高いです。
そのため、駐車場でも物件でも少しでも安く済ましたいのであれば多少なりとも駅前から離れた場所がいいでしょう。
「同じ間取りなのに家賃が違う!」なんてよくあることなので、必ず確認してくださいね。

モリオの引越し業者比較方法

やったことがあるならよくご存知だと思いますが、引越しって正直かったるいですよね。
前もって色々やることが多すぎてとにかく慌ただしいし、かかる費用もかなりのもの。
引越し先での新生活にワクワクしたりすることもあるかもしれないけれど、あくまでそれはそれ。
引越し作業自体には特になんの面白みもないし、できることなら引っ越し費用も安く抑えたいところ…。

ただ、いかんせん引越しにかかる費用は業者や地域、プランによってマチマチだというし、なにせスーパーで大根やお魚を買うのと違って適正価格というのがよくわからない。
だから業者から見積もり価格を提示されたところで、それが高いのか安いのかさえ判断がつくことができず、多くの人が引越し業者に言われるがままの値段を支払ってることがほとんど。

しかし!

実はそれ、料金を払いすぎているんです。
上で書いたとおり、素人にとっては引越し料金の相場というのはよくわからないもの。
そこにつけ込んでくるわけではないんですが、引越し業者としては儲けのためにもまずは高めの見積り額を提示するので、結果的に何も知らないお客さんがそのまま素直に申し込むことって本当に多いんですよ。

相場というものを把握しないまま見積もりを依頼するのが1社だけだと、知らず知らずのうちに損をしてしまうことがあるということなんですよね。
だからこそ、引っ越しの見積もりを取るときには複数の業者にお願いしてそれぞれを比較したうえで決めるべきなんです!

だって、引っ越し料金って業者によって全然見積もり額が違うんですよ。
数万円レベルで差がつくことなんてザラですから。
私のまわりだけでも、当初の見積もりに比べて最終的に30~40%くらい下がったという話は特に珍しいことではないですからね。

たった3分で複数業者から一度に見積もり!?

だから、近いうちに引っ越しの予定がある人には絶対に複数業者からの引っ越し見積もりを勧めているんですが、なかにはこう言う人もいるんですよ。

「複数の業者に見積もりをお願いするのが面倒・・・」

たしかに、いちいち業者の連絡先を調べ連絡を取って、見積もりをもらうというのだったら面倒だとは思います。
でも、いまは一度に複数業者からの引っ越し見積もりを取れるサイトがあるから、そんなこと心配する必要なまったくないんですよ。
いわゆる“引っ越し比較サイト”というやつです。
それを利用すれば最低限の項目を入力するだけで、ものの3分ほどで複数業者から見積もりが取れてしまいます

しかも!!

ここが大事なんですが、そういったサイトから引っ越し見積もりを依頼した場合、各業者はライバル会社とすでに競合状態にあることがわかっているので、強気の額を提示してくることはなく、自分のところに申し込んでもらうためにかなり安い額を提示してくるわけです。
もしあなたがいままでに1社だけの見積りで、その業者の言い値で依頼したことがあるんだったら泣きたいレベルで安くなりますから。

で、安くなったぶんサービスの質が落ちるのかというと、1社だけの見積もりで高い額を払ったときと、引っ越し比較サイトで安く済ませた場合とで、受けられるサービスに違いはありません。
だったら、引っ越し料金は安く抑えて、浮いたお金でおいしいものを食べたり、新生活で必要な家具や家電に回したほうがずっと有意義じゃないですか?

インターネットが普及する前だったらこんなサービスはありえませんでしたが、いまやせっかくユーザーにとってこんなに便利なものがあるんだから、利用しない手はないと思うんですよ。
あえて高いお金を払って損をする必要って、ないと思いませんか?

まとめ

今回は編集部スタッフの金無和也、aki、モリオの3人の視点から引越し代を節約する方法をご紹介しました。

金無和也とモリオはインターネットを使った引越し業者の比較方法、また業者を自宅に呼び見積もりについて戦わせるといった方法も斬新ですよね。
akiにいたっては、業者を利用せず自分たちで引越しを行う方法でした。

人によって、自分たちで全て行うか業者を利用するかはやはり違うようです。

アナタが引越しをするならどのような方法で引越し代を節約しますか?
引越しの機会がありましたら、今回ご紹介した方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

節約大全おすすめの一括見積会社はこちら
たったの60秒で人気業者から一番安い引っ越し料金をみつけられる!
引越し価格ガイドはこちら

130会社からもっとも安い引越しを探せる!
home’s引越しはこちら

⇒ 安くて満足な引越しをしたいならこちらをチェック!


この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
\ シェア /
引っ越しの節約体験談を大公開!引越し業者を比較して費用を抑える方法を伝授します!