アクション映画を見るならどこが一番?動画配信サービスを比較してみた【無料視聴あり】

akiaki

アクション映画と一言でいっても、その線引きは非常に難しいところ…。

映画『バイオハザード』のような”ホラー×アクション”もあれば、映画『アクアマン』のような”アドベンチャー×アクション”、映画『トランスフォーマー』のように”ロボット×アクション”と加わる要素によってテーマが異なります。

しかし、他ジャンルと比べると躍動感が出るせいか、「嫌い」という人をあまり見たことはありません。

そこで今回はアクション映画が見られる動画配信サービスを徹底比較します。

動画配信サービス簡単比較表

サービス名 動画配信数 アクション映画配信 無料期間 月額料金 同時視聴可能数
U-NEXT 170,000本
31日間 1,990円(税抜) 4台
hulu 50,000本
2週間 933円(税抜) 2台
dTV 120,000本
31日間 500円(税抜) なし
Amazonプライム・ビデオ 非公開
30日間 500円(税込) 3台
Netflix 非公開
なし 800円(税抜) 料金プランによって異なる

アクション映画見るならU-NEXTが一番!

他の動画配信サービスと比べ月額料金が高いことから「U-NEXTは…」という声をよく耳にします。

毎月1,990円という月額料金は高いですが、月1で1,200ポイントもらうことができるし、新作映画の配信は断トツで早いし、ポイントを使えばレンタルしてすぐに見ることができます。

さらにU-NEXTでもらえるポイントはイオンシネマや109シネマの鑑賞料金のクーポンとしても利用できるので、映画好きにはお得すぎる動画配信サービスといっても過言ではありません。

むしろ毎月1,200ポイントもらうことができるのですから、実際は毎月800円ほどで17万本(うち14万本:見放題/3万本:レンタル)と考えればかなりお得なサービスといえるでしょう。

U-NEXTの詳細はこちら
U-NEXT(ユーネクスト)はアニメが胸熱!映画公開後も最速で観ることができる動画配信サービスはここだ!

コストを抑えるならこの3社

それでも「いや、高いよ」という人がほとんど。

ならばコストを抑えつつアクション映画を楽しめる動画配信サービスを紹介します。

dTV

12万本の配信数があり、毎月500円で動画を見られるdTV。

docomoユーザーであれば何度も耳にしたことがあると思いますが、dマーケットサービスの1つです。

現在(2020年3月時点)では、docomoユーザーでなくても無料で作ることができるdアカウントがあれば誰でもdTVを利用できます。
※dアカウントを作成するにはクレジットカードによる登録が必要です

U-NEXTと同じように新作映画や話題作も配信されていますが、作品のほとんどがレンタル配信です。

過去作品としても話題を集めた映画や人気作品はレンタル(U-NEXTもあまり変わらない)なので、月額料金以上にかかる場合も出てくることを覚えておきましょう。

「じゃ、dTVはいいかな」と思いますよね。

dTVの強みはオリジナルドラマを独占配信していること。

人気漫画『銀魂』や『進撃の巨人』が公開された際は映画と同じキャストによるオリジナルドラマを配信。

映画さながらのアクションシーンをたった500円で見れると思うと、そそられますよね^^

dTVの詳細はこちら
dTVなら自宅で映画も見放題!毎月500円でアニメやオリジナルドラマも楽しめる動画配信サービスを使いこなそう!

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオは、大手通販サイトAmazonが提供している動画配信サービスです。

通販をより使いやすく、便利に使えるAmazonプライム会員特典の1つでもありますが、2019年からはAmazonプライム・ビデオ単体で利用できるようになりました。

月額に換算するとdTVとほぼ同じ500円程度。

ワンコインで映画やドラマ、アニメをほぼ見放題で楽しめます。

Amazonプライム・ビデオの詳細はこちら
Amazonプライム・ビデオのレンタル方法やダウンロード方法は?お試し無料から月額料金、登録・解約手順も解説

hulu

月額1,026円(税込)と、dTVやAmazonプライム・ビデオより少し高くなる動画配信サービスhulu。

主にTBS系や日テレ系にて放送されたドラマの見逃し配信などが多いイメージですが、もちろん映画も配信されています。

アクション映画といえば映画『スター・トレック』シリーズや『猿の惑星』、さらに『ターミネーター』シリーズ、『マトリックス』シリーズ、『ワイルド・スピード』シリーズなど、人気タイトルが豊富に揃っています。

hulu最大の特徴はなんといっても「配信されている動画が全て見放題」ということ

他社の動画配信サービスのようにレンタル作品というものがないため、月額料金以上のお金がかかることはありません。

しかし、2つほど注意点があります。

1つ目は新映画は配信されない、2つ目は作品によっては配信期限が短い、というもの。

配信されている動画は見放題であるものの、話題作や人気作、サービス内で特集を組まれた映画などは視聴できる期限が設けられています。

「○○が配信されてたよな…。あ、昨日で終わってるじゃんか。」なんてことも、あります。

とは言っても、配信開始から最低でも1ヶ月間は配信されているため見たい映画をチェックしておけばデメリットとはいえないでしょう。

huluの詳細はこちら
hulu(フールー)は月額1,026円(税込)で国内・海外ドラマ、洋画などの動画が見放題!

オリジナル映画が盛りだくさん!Netflix

動画配信サービスのなかでオリジナルコンテンツがもっとも充実しているNetflix。

特に洋画や海外ドラマ、海外アニメなどはNetflixオリジナル作品が多く、ここでしか見られないタイトルが人気となっています。

しかし、Netflixの強みはこれだけではありません。

Netflixはhuluと同様、配信されている動画は全て見放題で課金(レンタル)などがありません。

さらに他社の動画配信サービスがレンタル作品として配信している映画をNetflixでは無料で見ることができるものも…。

例えば人気漫画の実写映画『るろうに剣心』シリーズ、過去3作品すべてNetflixであれば見放題です!

ちなみにNetflixには3つの料金プランがあり、利用するプランによっては画質が選べるようになったり、同時視聴できるデバイスの数が変わります。

またNetflixには他の動画配信サービスのように無料お試し期間がありません。

一度登録すれば月額料金が発生するので注意してくださいね。

おすすめアクション映画5選

今回はたくさんあるアクション映画から5作品をピックアップしました!

『アクアマン』:複数の要素が盛り込まれたアクション映画

2019年2月8日に公開し、DCコミックを原作とした映画『アクアマン』。

繊細かつ美しすぎる海中の映像はもちろん、伝説の怪物や海中に沈んだとされるアトランティスの謎、迫力満載のバトルシーンの数々など、スクリーンから目を離す暇なぞありません。

『るろうに剣心』:日本を代表するアクション映画

実力派俳優としてだけでなく、イケメン俳優としても人気の佐藤健主演映画『るろうに剣心』シリーズ。

他にも豪華俳優陣が起用されており、シリーズ最終章が2020年7月、8月と2ヶ月連続で公開されますよね。

劇中では迫力ある殺陣のシーンが点在しています。

2020年夏に公開される最終章の撮影についてワイヤーなしのアクションに佐藤健さんが挑戦したんだとか!

今までにないくらい、リアルなアクションシーンを期待できそうです!

Netflixではいずれも見放題配信中です(2020年3月13日現在)。

『MIB』:SFアクション映画

2019年に公開した映画『アラジン』にてランプの魔人・ジーニーを演じたウィル・スミスと、トミー・リー・ジョーンズ主演のSF映画『MIB』。

ざっくりいうと、地球侵略を狙う宇宙人から地球を守るMIBという組織の姿が描かれている作品です。

今作の見どころは宇宙人とのアクションシーン!

と言いたいところですが、終盤にさしかかるまでは派手なアクションはありません。

しかし、映画序盤からウィル・スミスが見せる魅せる!

宇宙人とは知らずに追い詰めるウィル・スミスのアクションは必見です!

『シャーロック・ホームズ』:ミステリーアクション映画

世界中で知らない人はいないであろう、コナン・ドイル著の推理小説『シャーロック・ホームズ』の原作を基に作られた映画『シャーロック・ホームズ』。

ミステリー要素はもちろんなんですが、謎を追い続けるホームズ達には無数の罠が待ち受けています。

そして、映画終盤にはホームズの敵であったアドラーから「自分の雇い主はモリアーティ教授だ」と説明され、今作は終了…。

「いや、絶対続編やるでしょ!」と思っていたところ、2011年にシリーズ2作目となる『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』が公開!

さらに2021年に第3作目が公開されます。

来年か…推理を解いていく姿はもちろん、アクションシーンも増えるに違いない!

今からとても楽しみです♪

『バイオハザード』:ホラーアクション映画

日本のゲームメーカーCAPCOM(カプコン)が制作したホラーアクションゲーム・バイオハザードを基に映画された『バイオハザード』シリーズ。

ハリウッド女優のミラ・ジョヴォヴィッチ主演で、シリーズ第一段はゲーム同様に洋館を舞台に物語が展開していきます。

今シリーズは6作目でファイナルを迎えています。

1作目において記憶喪失の状態のまま物語は進みます。

終盤に差し掛かる頃彼女の正体は細菌兵器を作っていたアンブレラ社の特殊工作員ということが判明します。

シリーズ全部を通していえることはミラ・ジョヴォヴィッチがスタントマンを使わずにアクションシーンをこなしたということ。

まとめ

作品の舞台や世界観によってさまざまな作品がある”アクション映画”。

おすすめしたいアクション映画は2000年代が中心となってしまいましたが、今後はよりレベルの高い作品が登場することでしょう!

この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
さがす