節約生活中でも心配無用!なるべくお金をかけずにディズニーを120%楽しむ方法

閲覧回数 : 91,360 views

値上げをくり返す東京ディズニーリゾート。
大人パスポートで7,400円となり、気軽に行ける場所ではなくなってしまったのが現実。



こちらでご紹介した方法でチケットを安く購入することもできますが、それでもパークに行けばまるで魔法に掛かったかのようにお財布のヒモが緩んでしまいます。

「節約中だけど、それでもやっぱりディズニーに行きたい!」

節約生活中でも、たまには息抜きがてら楽しむことが大切です。
そんな方にぴったりなディズニーで楽しみながらできる節約情報をご紹介してたいと思います。


駐車場・交通費

ディズニーリゾートの最寄駅はJR東日本京葉線「舞浜駅」。
ディズニーランドに行く方はこちらで降りれば目の前にゲートがありますが、ディズニーシーに行かれる方は通常「ディズニーリゾートライン」を使います。
ランドからシーまで、2駅で大人260円・子供130円、通常の電車より若干割高になっています。
乗り放題になる「フリーパス」も販売されていますが、ホテルに宿泊している方でディズニーリゾート周辺を行き来するような方でないと元がとれません。

実はランドからシーまで、歩いて行けることをご存知ですか?
それもたったの徒歩15分ほど!
「あれ乗りたいね~!」など話しながらあるけばあっという間についてしまいます。
もともとランニングコースのようになっており、歩道がきちんと整備されているので、歩きやすい作りになっているんですよ。

大人2人・子供2人のファミリーでリゾートラインを往復利用すると1,560円。
これだけ浮けばちょっとした食べ歩きもできてしまいますよね。

ディズニーリゾードならではの雰囲気(ヤシの木やリゾートホテル)を楽しみながら、ちょっとした節約ができます。

また、車でパークに来る方は別途駐車場代がかかります。
駐車料金は1日平日2,500円/土日祝3,000円となっています。
平日と土日祝日に500円の差があるので、できれば平日に遊びに来たいところ。
平日も土日もどちらも同じくらい賑わうディズニーリゾート、500円でも浮けば嬉しいですよね。

FPを利用して効率よく遊ぶ

パスポートを購入して入園すれば、後はいくつでも乗り放題!(一部有料ゲームあり)
混んでいるからこそうまく時間を使って効率よく遊びまわりたいですよね。

ここで活躍するのがFP=ファストパスの利用。
うまく取れれば4~6枚は確保することができ、少ない時間でもたくさんのアトラクションに乗れます。
そのためにも事前に自分の乗りたいアトラクションを決めておくことも大切。

該当するアトラクションはこちら(2018年2月時点)

ディズニーランド

■ ビックサンダーマウンテン
■ スプラッシュマウンテン
■ プーさんのハニーハント
■ ホーンテッドマンション
■ スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
■ スペースマウンテン
■ バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
■ モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク”
——————————

ディズニーシー

■ タワー・オブ・テラー
■ トイ・ストーリー・マニア!
■ ニモ&フレンズ・シーライダー
■ インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
■ レイジング・スピリッツ
■ マジックランプシアター
■ マーメイドラグーンシアター
■ 海底2万マイル
■ センター・オブ・ジ・アース

中でも絶叫系のアトラクションは、基本的にFPがお昼過ぎには発券終了になります。
絶対に乗りたいものがあれば、入園してすぐにFPを取りに行きましょう!

一度取得すると、次のアトラクションのFPが取れるまでに45分~120分ほど時間をおく必要があります。
120分=2時間でしょ?と思っている人も多いかもしれませんが、実は混雑状況によって時間がバラバラ
一枚目のFPに“次のFPが取れる時間”が記載されているのでよくチェックしておきましょう。

ショーの抽選も忘れずに!

アトラクションに夢中になるのも良いですが、ショーの抽選も忘れていはいけません。

入場時のパスポートを使って、入場者全員ショーの抽選を行うことができます。

該当するショーはこちら(2018年2月時点)

ディズニーランド

■ ワンマンズ・ドリームⅡ -ザ・マジック・リブズ・オン
■ ミニー・オー・ミニー(2018年3月19日をもって終了)
——————————

ディズニーシー

■ ステップ・トゥ・シャイン(2018年3月19日まで)
■ ビッグバンドビート

混雑時は倍率も高くなかなか当たりませんが、当選すれば指定席で思いっきりショーを楽しむことができます。
ちなみに今までは抽選のために抽選会場まで足を運ぶ必要がありました。
ですがディズニーリゾートは抽選のための公式アプリを公開!
カメラを使いQRコードを読み込むだけで抽選ができるので、いつでもどこでも抽選することができるようになりました。
(抽選時、位置情報の送信が必要)
詳しくはこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

アトラクションとショーをうまく組み合わせれ楽しめば時間の節約にもなります
せっかく来たなら思いっきり遊びましょう。

ランチはココがリーズナブル

ディズニーリゾートのコースは1,500~3,000円と高め。
ですが中にはリーズナブルで美味しいレストランもあります。

ディズニーランド

・リフレッシュメントコーナー
パンが200円代から販売。テイクアウトして外のテラスで食べられます。
・パン・ギャラクティック・ピザ・ポート
ピザが一つ390円、お店の中もしかけがたくさんあり子供も喜びます。
——————————

ディズニーシー

・マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー
パンが200円代から販売。テイクアウトして外のテラスで食べられます。
・ケープコッド・クックオフ
ハンバーガーが700円代。ダッフィー誕生のショーを見ながら食べることができます。
(2015年3月時点)

また、ピクニックエリアとよばれるところならお弁当を持参して食べる事も可能。
パークとは違い、静かで雰囲気も良くのんびりできます。

ホテルは提携サイトを通すと安い!

どうせなら泊まりがけで遊びたいけど、ホテル代が…

そんな時はじゃらん.netがおすすめ!
今だけじゃらん限定の半額プランを大放出中!
オフィシャルホテルなら朝食つきで一人7,000円代からお申し込みできます。
素泊まりプランはなんと3,000円代!
もちろんパートナーホテルやグッドネイバーホテルも申込可能です。
早期予約プランもすでに申し込めるので、春のイベントや新アトラションに合わせて予約しておけば安く利用できます。
売り切れ御免!じゃらんのディズニー半額プランはこちら

バスツアーで行く東京ディズニーリゾートならこちら
shinki-heart

待ち時間の節約

日経MJ 2015年9月4日発行によると、2015年の夏休みシーズンの入園者数が例年に比べて減少傾向にあったそう。
運営会社は暑さを理由にしていたそうですが、他のテーマパークは軒並み好調な数字を叩き出していたんだとか。

その来園者数の減少の理由の1つにあげられるのが「待ち時間の長さ」
ディズニーリゾートは今や平日・土日関係なく混雑するテーマパーク。
人気のアトラクションのFPは開園数時間で捌けてしまい、満足に待てずに帰る…と言った客が増えています。

通常スタンバイで並ぶ場合、やはり気になるのが待ち時間の長さ。
混雑時、人気のアトラクションは200分以上並ぶこともあり、子供だけでなく大人も行列に苦労します。

運よくFPを取ったとしても、一日に乗れるアトラクションの数は限られてます。

もし宿泊施設を同時に利用するのであれば、バケーションパッケージを利用してみてはいかがですか?
バケーションパッケージというのは、ディズニーの公式オンライン予約サイトで購入できる宿泊やコンテンツがついたお得なチケット。
ディズニーファンには必見です!

2015年9月現在で公式に書かれているバケーションパッケージの内容はこちら!

1、初日からパークを行き来できるお得なチケット!
基本的にバケーションパッケージのチケットは2DAY or 3DAYとなっています。
1枚のチケットでどちらかパークを1つ楽しむ、というのが基本ですがバケーションパッケージのチケットは初日から2パーク行き来し放題!
午前中はランド、午後はシーと自分だけの楽しみ方ができます。

2、ファストパスチケットがついてる!
バケーションパッケージにはプランによって優先的にアトラクションが乗れるFPがついています。
時間の指定もアトラクションの指定もないので、自分の好きな時に好きなアトラクションに優先的に乗ることができます。

3、ディズニーリゾートライン切符がついてる!
ディズニーランドとディズニーシーを行き来するために利用するディズニーリゾートラインのフリー切符がついています。
期間中なんどでも乗車可能なので、たっぷり利用しましょう!

4、オリジナルグッズがもらえる!
バケーションパッケージを利用すると、1名様につき1枚オリジナルグッズがもらえます。
グッズはシーズンによって異なりますが、どれもバケーションパッケージ限定なのでファン必見!

5、フリーフォリンク&チケットホルダーつき!
パーク内の対象店舗にて期間中何度も飲むことができるフリードリンク券とチケットホルダーがついてきます。
ホットもコールドも飲み放題!これはお得ですよね♪

こんなに特典がいっぱい!
特に2番目のFPは待ち時間の短縮に大いに繋がるはず!
しかも自分のチケットでFPも取ることができるので、ダブルで楽しむことができます。

2年前の夏、私も家族でバケーションパッケージを利用しました。
その頃はパレードを優先席でみれたり、ポップコーンが2回無料といった特典がありました。
もちろん両パークで使えるFPも2枚入っていたので、その時できたばかりのトイストーリーマニアに乗ったのを覚えています。
ちょっぴり優越感に浸れること間違いなしですよ★

お土産代だって節約!

「せっかく遊びに行ったんだから、記念におみやげだって欲しい!」

かわいいグッズやお菓子がたくさん並ぶディズニーリゾートは、ついたくさんおみやげを購入しがちになります。

ですがさすがディズニー。
グッズやお菓子のお値段も高めに設定されており、2~3個買うだけで5,000円は優に超えてしまうんですから気をつけたいところ。
あれもこれもとカゴに入れてレジに行けば、思った以上の金額に驚くことも多々あります。

おみやげは、選ぶポイントが大切。

例えばグッズの場合、使いまわしのできるものを選ぶと◎
長年売られているものや、シーズン問わず使えるデザインの場合、次回来た時も使うことができます。
定番のデザインは5年以上も売られているんですよ!

中でも人気なのがフード付きマフラーやブランケット。
フード付きマフラーは、夏のパークの日焼け予防にも使うことができますし、ブランケットは冬の寒さ対策にもぴったり。
どちらも金額は3,000~4,000円前後と高めですが、使いまわしやすさを考えればコスパは最強。
私も夏のパークにフード付きタオルは必ず持参しています!

また、お友達へのお菓子を選ぶ場合、数が多く入っているものを選ぶようにしましょう。
代表的なお菓子・クランチは1缶800円で18個入り。
小さなおせんべいの詰合せは30~40枚入って1,000円前後のものもあります。

ちなみに最近、ディズニーリゾートでは小分けスイーツが目立つようになりました。
小さな箱に入ったポッキーが5箱で1,000円前後など、最初から小分けにして渡すことを目的として売られているものばかり。
キャストの方も「小分け用に袋は必要ですか?」と会計時に声をかけてくださるので、必要であればもらうようにしましょう。

このような選び方をすれば、おみやげ代だってうまく節約することができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ディズニーデザインカードでお得にポイントGET!

ディズ二ーファンなら「知ってる!」「持ってるよ!」という方が多いのではないでしょうか?

東京ディズニーリゾート(パーク内も含む)でのお買い物や飲食店ではクレジットカードを使うことができます。
MasterCardに限り一部使えない店舗あり

ディズニーランドでもクレカを使うなら、お得にポイントを貯めることができたり特典がついていたら嬉しいですよね。
では、早速ディズニーファンにおすすめしたいクレカとディズニーデザインカードについてご紹介していきましょう。

ディズ二―JCBカード

JCBとウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が提携した、ディズニー公式クレジッとカードです。
ディズニーJCBカードには、ディズ二ーファンには堪らない嬉しい特典も満載^^
カードデザインにはミッキーやミニーはもちろん、ティンカー・ベルやスティッチなど種類が豊富ですよ。

さらに、ディズニーJCBカードを使ってお買い物をすると全国のディズニー傘下の施設や売店で使うことができるディズニーポイントが貯まるお得なカードです♪

ディズ二―JCBカードの詳しい情報はこちら↓のページをどうぞ



日常生活でも使えるポイントを貯めたいなら…

ディズニーが大好きで仕方がない人は”ディズ二ーJCBカード”が一番おすすめ!

しかし、なかには「ディズニーデザインのクレカいいなぁ」と思う方もいるハズ…。
そこで、オススメしたいのが“イオンディズニーデザインカード”“楽天ディズニーデザインカード”です。

イオンディズニーデザインカードは、通常のイオンカードとサービス内容は同じです。
そのため、イオングループでのお買い物がお得になったりWAONポイントを貯めることができます。

一方、“楽天ディズニーデザインカード”も楽天カード(一般)と同じサービス内容となります。
貯めることができるポイントは楽天スーパーポイント(楽天ポイント)で実店舗はもちろん、オンラインショッピングでも貯めたり使うことができますよ。

“楽天ディズニーデザインカード”では楽天カード/楽天PINKカードの2種類のタイプから選ぶことができ、カードの色がグレーかピンクから選ぶことができます。
楽天カードと楽天PINKカードの違いは“限定カスタマイズサービス”を付けることができるかできないかしかありません。

また、イオンディズニーデザインカードも楽天ディズニーカードも付帯することができる国際ブランドはJCBのみとなるので、他の国際ブランドカードが良いという方にはオススメできません。
「ディズニーにはあまり行かないけど、デザインカードが欲しい!」という方は、ぜひ検討してみてくださいね^^

まとめ

チケット代が上がっても食事や宿泊の面で節約をすれば、これまでより安く済ませることだってできます。
また、ちょっぴり奮発して時間の節約をしても良いですよね!
賢く利用して、夢と魔法の国でおもいっきり楽しみましょう!

せっかく夢の国に行くなら、持ち物をしっかり用意しておきましょう!
これで心おきなく思いっきり楽しむことができますよ!

楽天トラベルで行く!ディズニーの夢の旅はこちら

売り切れ御免!じゃらんのディズニー半額プランはこちら

バスツアーで行く東京ディズニーリゾートならこちら
shinki-heart

不要になったディズニーグッズ、お家に眠っていませんか?
もしかしたら思った以上の高額で買い取りしてもらえる可能性あり!
ディズニー関連グッズ買取専門店【GOODS買取ネット】はこちら

⇒ ディズニーを200%満喫するための裏ワザ&お得情報まとめはこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000