世田谷区に寄付をして2020年東京オリンピックを盛り上げよう!ふるさと納税の寄附先を寄附金の使い道で選び、自治体のお手伝いをしてみませんか

閲覧回数 : 644 views

2018年平昌オリンピック、盛り上がりましたね!
日本もメダルラッシュが続き、閉幕後もオリンピックの話題で持ち切りです。

オリンピックというだけでも盛り上がっていますが、あと2年後にはいよいよ東京オリンピックが開催!
1964年以来56年ぶりということもあり、開催国が東京に決まった瞬間からすでに盛り上がりを見せています。

2018年夏には、東京五輪のボランティアの募集も始まるようです。
今から参加表明している人も多く、倍率も高くなりそうです。
ですがせっかく日本で開催するんですから、何らかの形で参加したいですよね。

実は、ボランティアではなく別の形で2020年の東京オリンピックを支えることができのをご存知ですか?

それが「ふるさと納税

なんと東京都世田谷区に寄付をすることで、2020年の東京五輪の手助けをすることができるのです。
詳しくご紹介しましょう。

寄付金で陸上競技場の改装をお手伝い

東京で開催されるオリンピック、もちろん世界各国の選手やスタッフのみなさんが来られます。
その人数はおおよそ600名ほどになるんだとか!
その受け入れ態勢として、選手村や各地でキャンプ地を用意する計画が進められています。

キャンプ地のひとつになったのが「東京都世田谷区」
アメリカ選手団の受け入れ地として2017年11月に正式決定しました。

場所は世田谷区の中にある「世田谷区立大蔵運動場」内にある陸上競技場。
今のままでも運動場やプールなど十分に施設が整っているのですが、アメリカ人選手がより気持ち良く練習を行うためには大幅な改装が必要になります。

その資金をふるさと納税で寄附を募っているのです。

なぜ改装が必要なのか??

オリンピックのために、なぜ改装が必要なのでしょうか?
“改装の理由”について調べてみました。

1、観覧席が非常に少ない

現在の世田谷区立大蔵運動場には、観覧席が約1,000席ほどしかありません。
現状行われているスポーツ大会でも来場者が1,800人を超える場合もあり、昔から観覧席の少なさが問題視されています。

アメリカ人選手のキャンプ地として知名度が上がれば、多くの人の来場が予想されます。
そのため観覧席を増設し、たくさんの方がスポーツを楽しめるように改装しなければならないのです。

2、ユニバーサルデザインに対応していない

文化や言語・国籍の違い・性別や年齢といった差異を問わずに利用しやすい製品やサービスを指す「ユニバーサルデザイン」
自動ドアやセンサー式蛇口・シャンプー容器についた突起やみんなのトイレなどが代表的ですね。
世田谷区では条例としても定められています。

昭和41年に開設された大蔵運動場は、現状ユニバーサルデザインに対応できていません。
そのため現在も施設利用者が不便に感じることが多いようです。

オリンピックが始まれば、大蔵運動場はアメリカオリンピックチームだけでなくアメリカパラリンピックチームも利用します。
多くの人に安心して利用してもらうためにも、早急にユニバーサルデザイン対応の施設に改装しなければなりません。

どの問題点も、やはりオリンピックまでに対応が必要なものばかり。
ふるさと納税の寄付でお手伝いができるなら嬉しいですよね。

具体的にどのように使われるの??

募った寄附が具体的にどのように使われるのか調べてみました。

1、観覧席を設置・・・1,500万円

集まった寄付金で、まずは足らない観覧席を増設します。
1席3万円ほどで設置できる観覧席を500席増設予定
オリンピックが終わった後でもさまざまなスポーツ大会やイベントで利用できるように、大幅に増設される予定です。

2、車いすシャワー室の設置・・・450万円

寄付金で車いすシャワー室を2箇所(男女1箇所ずつ)設置します。
パラリンピックはもちろん、他のイベントでも利用者が使いやすい施設を目指します。

その他細かな施設費用にも充てられますが、寄附金は主に1と2のために使われます。

大蔵運動場は、世田谷区を代表する施設。
このような改装で、子供から高齢者・障害者まで誰でも気軽に利用できるスポーツ施設にしたいと言った思いがたくさん詰め込まれています。

感謝の気持ちを込めた返礼品(お礼品)も・・・!

なんと、世田谷区では寄附に対するお礼品も準備しています。

【1口・3万円以上の寄附】
名前が記載された銘板(縦15mm/横100mm)を施設内に掲出。

【10口・30万円以上の寄附】
サイズを大きくした銘板(縦30mm/横200mm)を施設内に掲出

寄附をすることで、いつまでも名前が施設に残ります。(法人や団体の方はその名称でも可能)
行くたびに自分の名前を見ることができるので、施設の改装をお手伝いした一人として特別な思いが沸きますよね。

さらに、改築工事終了後に予定されている大蔵運動場陸上競技場のオープニングイベントにも招待されるようです。
誰よりも先に新しくなった大蔵運動場陸上競技場に足を踏み入れることができるなんて、特別感たっぷりですね!

寄付はクレカの使える自治体がおすすめ

ふるさと納税の寄付方法は主に2つ。
クレジットカードと銀行振り込みから選ぶことができます。
節約を心がける者としては、やはりクレジットカードがおすすめ!
寄付額に応じたポイントも獲得できますし、何といっても即時決済できるメリットがあります。

ちなみにおすすめのクレカは全部で8枚!
貯めたいポイントによってカードが異なるので、こちらの記事を読んでどのポイントを貯めたいかチェックしてみてください。

貯めたポイントも普段のお買いものでしっかり使うことができるのはメリット大ですね!





楽天カードで寄付をすれば、楽天スーパーポイントも貯めることができます。
即時決済で節税ができ、さらに嬉しい特産物がもらえポイントももらえる・・・
カードを使うだけでこんなにうれしいメリットが発生するなんてびっくりですね!

■ 「Yahoo!公金支払い」ならポイントも貯まる!

Yahoo!公金支払いは、地方公共団体の税金や各種料金をネット経由で支払うことができるサービス。
クレジットカード決済でポイントを貯めることもできますが、貯まったTポイントで逆に支払うこともできます。
Tポイントが貯まりやすいYahoo!JAPANカードを使えば、より効率よくポイントを貯めることもできますよ!



まとめ

返礼品ばかり目立つふるさと納税ですが、寄附金の使い道を自分で選べるという点は他にはない大きな特徴です。
特に今回ご紹介したような”国の為になるような使い方”は、自分の思いを唯一届けることができる手段。
自治体の課題解決のお手伝いができれば、税金の使い方や自治体の活用も把握することができます。

あなたも地域や国を盛り上げるプロジェクトに参加してみませんか?

GCF(ガバメントクラウドファンディング)についてはふるさとチョイスでチェック!

ふるさとチョイスを利用すれば本当に簡単に寄付ができるので、あなたもぜひチャレンジしてみてくださいね。

ふるさとチョイスを使って今すぐ寄付!

寄付は「さとふる」を利用すると便利ですよ!

品ぞろえ抜群!「ふるなび」もおすすめ!

⇒ お得で嬉しい節税対策・ふるさと納税まとめはこちら!




著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000