節約にもなる「しらたきダイエット」の効果をさらに上げる簡単な方法

閲覧回数 : 1,917 views

ダイエット食として大人気の「しらたき」。ネットでもしらたきを使ったレシピをよく見かけますよね。

こんにゃく粉が原料のしらたきは、そのほとんど(96~97%)が水分で残りは「グルコマンナン」と呼ばれる食物繊維。
そのほかビタミンB6、カルシウムや鉄などを含んでいます。

カロリーも低く200gでたった12kcalしかありません。しかも1袋(200g)100円もしないので立派な節約食材です。
こんなヘルシーで経済的、ダイエット効果も期待できるしらたきですが、実はデメリットもあるんです。
そこで今回はデメリットをおさえつつ、しらたきダイエットの効率をよりアップさせるコツをお教えします。


 しらたきダイエットのデメリット

低カロリーなだけにおなかいっぱい食べても太る心配のないしらたきですが、いくらダイエットといってもそれだけを食べ続ける人はまずいませんよね。
他の食材と一緒に調理して食べることの方が圧倒的に多い食材なので、たとえば「しらたきのきんぴら」はしらたきのほかに、にんじんやゴマ、酒、砂糖、ゴマ油などが必要ですし、「しらたきのたらこスパゲッティ」も、たらこやバター、マーガリンなどを使います。

カロリーはどうでしょうか?ダイエットをするなら気になりますよね。
ざっくりと計算してみました。

≪しらたきのきんぴら≫のカロリー
・しらたき(200g)・・・12
・にんじん(6cm)・・・32kcal
・干ししいたけ(3枚)・・・9kcal
・砂糖(大さじ2)・・・70kcal
・醤油(大さじ2)・・・26kcal
・本みりん(小さじ2)・・・28kcal

しらたきのきんぴら一品で177kcalです。
もしご飯一膳(160g)と豆腐とわかめの味噌汁を一杯(142g)をプラスしたら
・ご飯一膳(160g)・・・269kcal
・豆腐とわかめの味噌汁を一杯(142g)・・・43kcal

合計で489kcal 

しらたきのたらこスパゲッティはどうでしょう?

≪しらたきのたらこスパゲッティ≫のカロリー
・しらたき200g・・・12kcal
・たらこ一腹・・・150kcal
・バター30g・・・180kcal
・パルメザンチーズ10g・・・50kcal
・醤油(大さじ2)・・・26kcal

パスタのみで418kcal。
ここにミニサラダとコンソメスープをプラスしたら
・ミニサラダ(わかめ、きゅうり、プチトマト)・・・34kcal
・野菜コンソメスープ(ベーコン、にんじん、玉ねぎ)・・・100kcal

合計で552kcal 

一食をおよそ500kcalで食べるとして三食で一日に約1500kcalに抑えらることができます。
一日あたりの必要エネルギー量は成人女性で約2000kcal(成人男性は約2500kcal)ですので、女性なら一日あたり500kcal減らすことができ、まずまずかと思います。

ただ、減らせてもこの程度。長期的なダイエットには向いていても、短期間ダイエットには不向きです。

毎日しらたきだけでは飽きてしまいますし、人のからだは必要な栄養素をきちんと摂ることで、効率よく脂肪が燃えるようにできているため、量を減らしても栄養はバランスよく摂ることが大切なのです。

栄養バランスが悪いと、カロリー制限で一時的に体重が落ちてもすぐにリバウンドをします。かえって痩せにくい体質になってしまっては悲しすぎますよね。

そこでぜひしたらきメニューに1品プラスしてほしいのが、ビタミンやミネラルが豊富なグリーンスムージーです。
野菜や果物の皮も種もまるごと粉砕しているので栄養バランスも最高。代謝を上げる酵素もしっかり補給できます。

手作りスムージーはカロリーが高めになりがちですが、粉末タイプならカロリーをグッと抑えられるのでダイエットには最適なのです。しかも食物繊維が豊富なので腹もちも〇。しらたきダイエットの頼もしい助っ人になってくれるはずです。

 グリーンスムージーがしらたきよりもダイエットに向いている理由

低カロリーが最大のメリットのしらたき、栄養バランスの悪さや単体では取りにくいなどのデメリットもありました。
ではグリーンスムージーはどうなのでしょう?
栄養バランスのほかにダイエット効果についてもメリットを挙げてみました。

≪粉末グリーンスムージーがダイエットに向いている理由≫
①栄養バランスが良い(グリーン◎  しらたき×)
グリーンスムージーは野菜とフルーツの栄養がそのまま摂れる飲み物です。
一般的な野菜ジュースとはちがい製造過程でろ過をしないので、皮に含まれる食物繊維もまるごと摂れます。
とくに多いのはミネラルと酵素。酵素は新陳代謝を上げるはたらきがあるので痩せやすくなります。
ちなみにナチュラルヘルシースタンダードが販売しているグリーンスムージーなら200種類の野菜や果物のビタミンや酵素がしっかり摂れるます。

②カロリーが低い(グリーン◎  しらたき◎)
粉末グリーンスムージーのカロリーはとても低く、1杯あたり23kcalを切るものもあります。

③腹もちが良い(グリーン◎  しらたき○)
種や皮もまるごと撹拌させたグリーンスムージーは食物繊維のかたまりのようなものなので、見た目もドロっとしています。
シャビシャビのジュースとはちがい、胃の中で水をグングン吸収して膨らむので相当な満腹感が得られ一食分を置き換えることもできます。また食物繊維が宿便などの老廃物を体の外へ押し出してくれるので無理なく体重が落ちていくのです。

④手軽さ (グリーン◎  しらたき△)
しらたきのように美味しくたべるにはそれなりに調理が必要です。
グリーンスムージーなら水か牛乳(または豆乳)に混ぜるだけでいいので手間がかかりません。
毎日摂るものだからこそ、続けやすさは大事ですよね。

⑤安くて経済的
しらたきは1袋100円以下で買えますが、粉末グリーンスムージーも1杯あたり約85円と経済的です。
余計なものを買わずに済むのでとても経済的です。

ダイエットに失敗する一番の理由は「空腹に耐えられなくなること」と「効果が現れにくいダイエット」だそうです。しらたきダイエットもカロリーの調整が難しいのと、長期的なダイエットとしてとらえないと挫折してしまうかもしれません。

でも、例えばしらたき料理の量を減らしてグリーンスムージーをプラスしたり、一食をそのまま置き換えるなど上手に活用すればカロリーの調整もかんたんで空腹と闘うこともありません。たった一食置き換えるだけでも1,000kcalも減らすこともできてしまうのです。このようにしらたきダイエット+グリーンスムージーは最強のコンビ。しらたきダイエットを始めたけどなかなか効果が現れないというひとは是非グリーンスムージーを取り入れてみてはどうでしょう?

いま流行のスーパーフードをプラスすれば、代謝もさらにアップ!
高いダイエットサプリやジムに通わなくてもいいので節約にもつながります。
からだに酵素をどんどん補給して健康的な痩せやすいからだをつくっていきましょう。

バナー原稿


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000