珈琲(コーヒー)を飲んで簡単ダイエット!さらにコーヒーの効果によるメリット・デメリットをご紹介します!

閲覧回数 : 756 views

リラックスタイムの定番ドリンクであるコーヒー。
近年はコンビニで挽きたてコーヒーが買えるようになっていますし、本格的なコーヒーメーカーをオフィスに置く企業も増えています。
そんな空前のブームとなっているコーヒーに、いくつかの健康効果があることをご存知でしょうか。
飲み過ぎはよくないとされるコーヒーも、適量を守って飲めば健康面でのメリットを得られるのです。
日常的に口にする飲み物だからこそ、健康効果は気になりますよね。
また、飲み過ぎによるデメリットも気にしたいところです。
そこで本記事では、コーヒーのもつメリットとデメリットに詳しく迫ります。
女性が気になるダイエット効果にも触れますので、ぜひ目を通してみてください。

スポンサーリンク

 コーヒーから得られるメリット

コーヒーには多数の成分が含まれていますが、代表的なものといえばやはりカフェインです。
カフェインといえば、眠気を覚ます成分として有名ですよね。
しかし、この成分がもつ効果は、ほかにもいくつかあります。

たとえば、疲労や痛みを感じにくくさせる効果。
眠気を覚ます効果も含め、これらの効果はカフェインが「アデノシン」の働きを抑制することで得られるものになります。
アデノシンとは、体の中で情報伝達を行っている物質のひとつ。
アデノシンがアデノシン受容体と結合すると、眠気やノルアドレナリンの分泌抑制、心拍数の低下といった体の変化が起こります。
これらは全て、体を休めさせる作用だと考えてください。

ちなみに、ノルアドレナリンは集中力を高める神経伝達物質で、痛みを感じにくくさせる効果をもっています。

話をカフェインに戻しましょう。
先にも触れたように、カフェインにはアデノシンの働きを抑制する効果があります。
この効果によって眠気や疲労感、痛みが抑えられ、心身が覚醒状態を保ちやすくなるのです。
コーヒーを飲むことで集中力が増すのは、カフェインの恩恵にほかなりません。
多くの社会人が、カフェインに支えられて仕事をしているといえそうですね。

ここまではカフェインの効果ばかりを紹介してきましたが、コーヒーにはほかにも健康に役立つ成分が含まれています。
その成分とは、「クロロゲン酸」です。
クロロゲン酸はポリフェノールの一種。
抗酸化作用が高く、体やお肌の老化を防いでくれます。
染みを予防する効果があることも、神戸大学名誉教授の研究で認められているんですよ。
ちなみに、コーヒーに含まれるポリフェノールの量は緑茶の約2倍
毎日摂取することで、アンチエイジング効果や美肌効果を期待できそうですね。

ダイエット効果もアリ!

女性のみなさま、お待たせしました。
ここで、コーヒーのもつダイエット効果をご紹介しましょう。
先ほどもご紹介したカフェインには、ダイエットを促進させる効果があるとされています。
より具体的にいうと、カフェインには脂肪の消費を促進させる「リパーゼ」の働きを活性化させる効果があるのです。

リパーゼとは、すい臓で生成される消化分解酵素。
体に取り込まれた脂肪を、エネルギーとして消費しやすい「遊離脂肪酸」へと分解する作用をもっています。
このリパーゼを活性化させる作用があることから、カフェインはダイエットに役立つ成分とされているのです。

ただし、カフェインでリパーゼを活性化させるだけでは、ダイエット効果を得ることはできません。
リパーゼの作用で脂肪が分解されても、遊離脂肪酸を消費しなければ意味がないのです。
遊離脂肪酸を燃焼する方法はズバリ、運動しかありません。

…とここで、「なーんだ、結局運動が必要なのか」と落胆する声が聞こえてきそうですね。
「運動ができていればダイエットに苦労してない!」という人も多いことでしょう。
たしかに、ダイエットのための運動には気合が必要かもしれません。

しかし幸いにも、カフェインにはアドレナリンの作用を高める効果があります。
アドレナリンは、やる気や闘争心を奮い立たせてくれるホルモン。
運動が苦手な方もコーヒーをぐいっと飲んで、アドレナリン全開でウォーキングやサイクリングに励んでみませんか。

 飲み過ぎによるデメリットにご用心

メリットをたくさんもつコーヒーも、やはり飲み過ぎには注意しなければなりません。
よくいわれるように、コーヒーの飲み過ぎは胃もたれの原因となります。
カフェインには胃酸の分泌を促進させる作用があり、摂取し過ぎると胃の粘膜にダメージを与える原因となってしまうのです。

このほかコーヒーを飲み過ぎると、以下のようなデメリットを被る可能性があります。
・血管が収縮して冷えやすくなる
・鉄分の吸収が妨げられる
・ステインで歯が黄色くなる

各デメリットの詳細を見ていきましょう。
コーヒーを飲み過ぎると、交感神経の過剰な活性化を招く場合があります。
その結果、血管が収縮した状態が続き、体が冷えてしまうケースがあるので要注意です。

次に、鉄分に関するデメリットについて。
コーヒーに含まれる「タンニン」には、鉄分の吸収を妨げる作用があります。
鉄分不足は女性の大敵。貧血の原因ともなるので、注意しなければなりません。

続いて「ステイン」
コーヒーは、歯の着色汚れであるステインの原因となります。
歯の白さは、顔の印象を左右する重要な要素。
毎日コーヒーを飲む場合は、歯磨きをしっかり行なってステインを予防したいところです。

こうして見てみると、コーヒーの飲み過ぎによるデメリットには、女性にとって気になるものが多いようですね。
女性といえば、妊娠中の女性はカフェインを摂取しないように注意しなければなりません。

というのも、カフェインは胎盤をスルーして、胎児に影響を与えてしまうからです。
場合によっては、カフェインによって赤ちゃんに障がいが出るかもしれません。
コーヒー好きの女性は、妊娠中はコーヒーの摂取を止めるか、カフェイン抜きのコーヒーに替えるといった対策をとってください。

ダイエット効果もダウン?

コーヒーにダイエット効果があることは、先に述べたとおりです。
ただ、飲み過ぎた場合は話が別。
コーヒーの過剰摂取は、ダイエットを妨げる要因となってしまいます。

ダイエットの敵となるのは、カフェインのもつ利尿作用。
カフェインの影響で頻繁に尿を排出すると、体が水分不足を起こしてしまいます。
水分は脂肪の燃焼に不可欠な要素。
体内の水分が不足すると、運動による脂肪燃焼が起きにくくなってしまいます。

もうひとつ気をつけたいのが、先ほども登場したクロロゲン酸。
美容に役立つクロロゲン酸も、過剰摂取すると脂質を溜め込む性質を発揮してしまいます。
まさに、過ぎたるは及ばざるが如し。
ダイエットの味方であるコーヒーも、飲み過ぎると肥満の原因となってしまうのです。

 効果的なコーヒーの飲み方

少量なら健康効果を発揮し、過剰摂取すると牙をむくコーヒー。
まさに諸刃の剣といえるコーヒーですが、摂取量を守って飲めばメリットだけを受けることができます。
コーヒーの一日の摂取量は、2〜3杯が理想的
この程度の摂取量であれば、毎日飲んでも健康を害する心配はありません。

ただし、水分は別途こまめに補給するようにしてください。
先ほども述べたように、コーヒーには利尿作用があります。
このため、基本的に水分補給には適していないのです。

毎日コーヒーを飲む習慣のある人は、コーヒーと同量の水も飲むようにしましょう。
味のない水を飲むのが苦手な人は、レモン水を作るなどして対処してみてください。

ダイエット効果をアップさせる方法

本文の最後に、コーヒーのダイエット効果を高める方法をご紹介しておきましょう。
カフェインの血中濃度は、摂取後1〜2時間程度でピークに達します。
この時間こそ、最もダイエット効果が高まるゴールデンタイム。
脂肪を燃焼させる絶好のチャンスです。
ジョギングやウォーキング、サイクリングなどで脂肪を燃やし尽くしてやりましょう。

なお、運動する時間のない方も、出勤や退社の1時間ほど前にコーヒーを飲む習慣をつけてみてください。
仕事の行き帰りで、ダイエット効果を得やすくなるはずです。

カフェを利用するならマイボトルを使って飲料代・カフェ代を節約!

 まとめ

どんな食品にも、健康によい面と悪い面があります。
コーヒーは、どちらの側面も強い食品といえそうですね。
食べ物から健康効果やダイエット効果得るには、意識的なコントロールが必要。
ぜひ本記事を参考にして、コーヒーを美容や健康増進に役立ててみてください。

さらに、珈琲ダイエットについて知りたい方はコチラのページをどうぞ


著者情報
山田インパラ

山田インパラ

山田インパラの書いた他の記事を見る

酒と惰眠をこよなく愛する30代ライター♂。健康に役立つ情報をお届けするべく、今日もキーボードをカタカタします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000