シンプルな鉄則!白湯を毎朝一杯飲むことで秘められた健康効果が!

閲覧回数 : 1,109 views

「白湯を飲むと健康になれるしキレイにもなれる」と今話題になっています。
白湯(さゆ)は薬を飲む時に一緒に飲むもののようなイメージがあり、普段白湯を作ることってあまりないですよね。
しかし、白湯を毎朝1杯飲むだけで健康効果、美容効果に期待できるのです。
今話題の「白湯」には、いったいどんな効果が秘められているのかご紹介させていただきますね。


 そもそも白湯とは?

白湯は水を沸かしたお湯のことです。
ただし、ただ沸かしただけではただのお湯。
熱すぎて飲むにも適しません。
白湯とは「一度温めたお湯を少し冷ました」ものです。

<作り方>

・やかんで作るのがおすすめ
水をやかんに入れ、沸騰させたらフタを外し、さらに弱火で10分加熱します。
お湯を湯呑などに注ぎ、50℃くらいになるまで冷ましてください。
時間がない方ややかんを使うのは面倒という方は、レンジで水を温めて冷ましてから飲んでください。

<飲み方のアレンジ>

・レモンを加える
レモンのさわやかな香りと酸味で飲みやすくなり、ビタミンもとれます。
市販のレモン果汁を入れても構いません。

・はちみつを加える
はちみつの糖分が頭をすっきりさせるので、朝に飲むのがおすすめ。
レモンも加えればはちみつレモンとしておいしくいただけます。

 白湯を飲むタイミング

飲むタイミングはいつでもいいのですが、朝イチが最もおすすめ。
寝起きは寝ている間にかいた汗でカラカラに乾いています。
そこに体温よりも高い温度の白湯を飲むと、砂に水がしみこむ様に浸透。
体はすっきりとして、気持ちよく出勤、通学できますよ。

1回に飲む量は多すぎず、少なすぎず100ml~150ml。
ゆっくりと体に少量ずつしみ込ませる様に飲むのがポイントです。

 白湯の効果とは?

①基礎代謝をアップさせる

私達は何もしていなくても心臓を動かしたり、息を無意識にしています。
この時、自然とエネルギーは消費され、これを「代謝」と呼びます。
運動をしなくても常にエネルギーは使われていて、体温が高いと代謝が高い状態に。
体温が低いと代謝は低く、様々な不調や肥満などの原因になります。
白湯を飲むと内臓から温まり、代謝をアップさせることができるのです。

②美容効果

体が冷えていると代謝が低下し、体内に老廃物がたまってしまいます。
白湯を飲むと水分の補給によりめぐりが良くなり、代謝もアップするので老廃物が流れてデトックス効果に期待できるでしょう。
老廃物による肌荒れ予防におすすめです。

③便秘解消

水を飲むと便秘の解消にいいとされますが、冷たい水よりも白湯にすることで内臓が温まり、腸の運動が活発になってお通じが良くなります。
白湯は固い便を柔らかくする効果もあり、切れ痔予防にも効果的です。

④ダイエット

白湯を飲むことで代謝がアップし、脂肪燃焼しやすい体質になります。
また、食事中に飲むことで温かい白湯がお腹に入ることで食べすぎを防ぐ効果も。
ダイエットの大敵である便秘解消効果があるので、ダイエットのサポートにぴったりです。

 白湯の飲み過ぎには注意

「白湯は体にいいものだから」と、やみくもにたくさん飲んでは逆に良くない結果になります。
白湯を飲み過ぎて水分過多になると、

・水分でお腹がいっぱいになってしまう
・水分の取り過ぎでむくむ
・摂取した栄養素が流される

このようなトラブルのもとに。

<1日の目安量>

水分をとることが良いとされていますが、飲み過ぎは禁物。
白湯は1日800ml以内にしましょう。

 まとめ

白湯は温めて冷ますだけで簡単に作れるので、今日からでもすぐに始められます。
すでにモデルさんや女優さんなど、美にこだわる女性は白湯を飲む生活を取り入れているそうです。

まだ白湯を飲んだことがない人も、美容効果や健康効果を狙って白湯を飲んでみませんか?
温かい白湯を飲むとほっとして気持ちが落ち着き、リラックス効果もあります。
なにより水さえあればすぐにでも始められるので、お金もほとんどかからないのも魅力です。

関連記事
手軽に断食!今話題のジュースクレンズは酵素ドリンクでも代用できます!
なぜ「冷えた炭水化物ダイエット」で痩せられるの?
お金をかけずにキレイになれる☆美容情報まとめへ戻る
skincare
元気があればなんでもできる!健康生活のための必須情報まとめへ戻る
furusato


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000