カカオ70%以上がポイント!チョコレートに秘められた素晴らしい健康効果とは

閲覧回数 : 1,577 views

甘くて美味しい反面、肥満や虫歯の原因となるイメージがあるチョコレート。
「ダイエット中だから大好きなチョコレートを我慢してる…」なんて方も、多いのではないでしょうか。

そんなみなさんに朗報です!
実は、チョコレートは健康効果が高く、ダイエットにも有効な食品なんですよ。
さらに美肌効果まで得られると聞いたら、早速チョコレートを買いに行きたくなるかもしれませんね。
でも、出かけるのはちょっと待ってください。
チョコレートのもつ体にうれしい効果を得るには、チョコの選び方や食べ方に工夫が必要です。
チョコ売り場にダッシュする前に、本記事でチョコレートの健康効果や有効な摂取方法を学んでみてください。

スポンサーリンク

 こんなにある!チョコレートの健康効果

今回の主役であるチョコレートは、カカオ豆を主原料とする食品です。
カカオは中南米を原産とするアオイ科の植物で、学名を「テオブロマ」といいます。
テオブロマとは、ギリシャ語で“神の食べ物”という意味。
その栄養価の高さから、カカオは古代アステカ帝国では王族の食べ物とされていました。
そんな誉れ高い経歴をもつカカオには、健康や美容に役立つ成分が多数含まれています。

まず注目したいのが、「エピカテキン」「カカオ・ポリフェノール」といったポリフェノール類。
カカオにはポリフェノールがふんだんに含まれており、その含有量は赤ワインの10倍以上とされています。

ポリフェノールといえば、抗酸化作用のある成分として有名ですね。
ポリフェノールの強い抗酸化作用は、活性酸素の働きを抑制することで肌の老化を防いでくれます。
これこそが、チョコレートのもつ美肌効果の正体。
ポリフェノールのアンチエイジング効果が、肌本来の若々しさと美しさを保ってくれるのです。
このほかポリフェノールには、冷え性改善効果や血圧を下げる効果が期待できます。
オトナの女性にとっては、どちらも気になる効果ですよね。

ちなみにポリフェノールには、虫歯予防効果もあります。
虫歯の原因になるイメージのあるチョコレートには、虫歯を防ぐ成分が含まれているのです。
ただ、多くのチョコレートには、虫歯菌の栄養である糖分が含まれていることも事実。
チョコレートを食べた後も、歯磨きは忘れないようにしてくださいね。

苦味と香りで集中力アップ!

カカオには、アルカロイドの一種であるテオブロミンも含まれています。
テオブロミンこそ、カカオ特有の苦味の正体。
構造がカフェインに似ており、集中力や記憶力を高める効果をもっています。
「試験前にチョコレートを食べるとよい」なんて話を聞いたことはありませんか?
カカオに含まれるテオブロミンは即効性が高く、ここぞという場面で脳の集中力をアップさせてくれるんですよ。

このほか、カカオの香り成分「フェニルアルデヒド」「ジメチルピラジン」も、集中力を高めるのに一役買ってくれます。
健康と美容だけでなく、勉強や仕事にも役立ってくれるなんて、カカオはまさに“神の食べ物”の名にふさわしい食品といえそうですね。

 どんなチョコレートを選べばいいの?


前節でご紹介したように、チョコレートには健康や美容に役立つ成分がたくさん含まれています。
ただ、どんなチョコレートからでも、高い効果を得られるわけではありません。
選び方を間違えると、肥満の元になってしまうので要注意です。

たとえば一般的なミルクチョコレートは、その質量の半分程度を糖質が占めています。
50gの板チョコの場合だと、実に25gが糖質でできているのです。
こうしたチョコレートは、健康と美容のための食べ物としてはおすすめできません。

では、どんなチョコレートを選べばよいのかというと、ズバリ、カカオ成分の多いチョコレートです。
カカオの含有量が多くなれば、そのぶん糖質や脂質が減りますし、健康と美容に役立つ効果を得やすくなります。
とはいえ、カカオの含有量が90%を超えるチョコレートは、苦すぎて食べられないかもしれません。

そこでオススメしたいのが、カカオ70%程度のチョコレート
このぐらいの含有量なら苦味もほどよく、オトナのチョコレートとして楽しめます。
カカオ70%の味に慣れてきたら、カカオ80%や90%のチョコレートにチャレンジしてみるとよいでしょう。

ホワイトチョコでも効果はある?

本記事の読者の中には、「ホワイトチョコが大好き!」という方も多いことでしょう。
甘くてまろやかなホワイトチョコって、本当に美味しいですよね。

ただ残念ながら、こちらのタイプのチョコレートからは、ここまでにご紹介した健康効果や美容効果は得られません。
というのも、ホワイトチョコは原料にカカオマスを使っていないからです。
より詳しくいうと、ホワイトチョコはカカオマスではなくココアバターを使用して作られます。
ココアバターには、前述したポリフェノールやテオブロミンがほとんど含まれません。

このため、ホワイトチョコでは健康効果と美容効果を得られないのです。
ホワイトチョコ好きの方も、健康と美容のために食べるチョコレートには、カカオ70%のものを選んでください。

 おすすめの摂取量&食べ方

カカオ70%以上のチョコレートは、健康や美容に効果的です。
ただし、摂取量と摂取方法には注意しなければなりません。
カカオ含有量の多いチョコレートにも、やはり糖分や脂肪分が含まれています。
このため、食べ過ぎは禁物です。
また、カカオに含まれるポリフェノールは数時間しか効果を発揮しないため、一度に大量に摂取しても意味がありません。
「じゃあ、どんなペースでどのぐらい食べればいいの?」という疑問があがりそうですね。

簡潔にお答えしましょう。
1日に食べるチョコレートの量は50gが目安、摂取するペースは毎食事ごと、それも食前の摂取が理想的です。
朝昼晩の食事に合わせてチョコレートを摂取することで、効率よくポリフェノールの効果を得られます。
なぜ食前の摂取がよいのかというと、チョコレートに食物繊維が含まれているからです。
食前に食物繊維を摂ることにより、食事から摂取するカロリー量を抑えることができます。
また、先に食べたチョコレートにより、満腹感が早くあらわれます。
こうした作用が相まって、結果的にダイエット効果を期待できるのです。

ちなみに、板チョコ1枚の質量は55gであることが一般的。
板チョコを3等分したひとかけらの量が、1食ごとのチョコレート摂取量として適当です。
上手に3等分できない場合は、4等分して残った1かけらを就寝前に食べてもよいでしょう。
チョコレートに含まれるテオブロミンには、睡眠物質セロトニンの働きをサポートする効果があります。
就寝前に食べる1かけらのチョコレートが、快適な眠りへと誘ってくれますよ。

 まとめ


カカオ70%以上のビターなチョコレートは、健康・美容・ダイエットの3つの効果を与えてくれます。
ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください。
なお、人間の体にいいチョコレートも、犬や猫には猛毒です。
ペットが誤って口にしないように、十分注意してくださいね。

チョコレート(カカオ)ダイエットのメリット・デメリットはコチラのページをどうぞ

⇒ダイエット&スーパーフードはコチラ


著者情報
山田インパラ

山田インパラ

山田インパラの書いた他の記事を見る

酒と惰眠をこよなく愛する30代ライター♂。健康に役立つ情報をお届けするべく、今日もキーボードをカタカタします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000