問題視される「炭水化物・糖質制限ダイエット」の危険を避けて健康的に痩せる方法

閲覧回数 : 1,270 views

最近ポピュラーなダイエット法といえば「炭水化物ダイエット(糖質制限)」ですよね。

つらい運動や断食は不要!炭水化物を含む食材をカットするだけなので、いつでも簡単に始めやすいのが魅力です。また、すぐに体重が落ち始めるので達成感を得られやすいことも。

ですが、この「炭水化物ダイエット」かえって太りやすい身体をつくってしまうことをご存じですか?

今回はその理由と正しい「炭水化物ダイエット」の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

消費されていくのは脂肪じゃない

「炭水化物ダイエット」とはどんなものなのか、まず簡単に説明をしたいと思います。

炭水化物はたんぱく質や脂質とおなじように、人が生きていくために必要な3大栄養素のひとつです。
白米やパンや麺類、根菜類、果物に多く含まれているため、3大栄養素の中では一番摂取量が多く、まず不足する心配のない栄養素ともいわれています。

「炭水化物ダイエット」とはこれらを食べないことで炭水化物の変わりに脂肪を分解させて減量する方法。

そもそも炭水化物は体を動かすエネルギー源で、エネルギーに変わるのが早いため、体内に入るとすぐに消化されエネルギーに変えられるのです。

ところが炭水化物が体に入ってこなくなると、エネルギー不足を補うために、こんどはほかの栄養素からエネルギーをつくり出そうとします。

それが脂肪・・・ではないのです。

実は脂肪よりも先にエネルギー源として使われてしまうものがあります。
基礎代謝と密接な関係にある筋肉なんですね。
脂肪よりも先に筋肉から使われるため、なかなか脂肪まで順番が回ってこないのです。

「体重はすごく減ったけど体型が崩れた」なんて話を聞いたことはありませんか?

それは「炭水化物ダイエット」によって大切な筋肉が落ち、体全体がたるんでしまったからなのです。
筋肉がなければ基礎代謝率も落ちてしまいます。これでは太る体質をつくるためにの方法になってしまいますよね。

ダイエットを止めたとたん、リバウンド。
これがダイエットを始める前よりも太りやすくなる理由なのです。

「炭水化物ダイエット」はなぜ危険?

ブームになっている「炭水化物ダイエット」。一方でこのダイエット法は危険だという声も少なくはありません。

それは何故なのでしょうか?その理由を説明します。

基礎代謝率というのは筋肉量に左右されます。
当然、筋肉量が少なければ基礎代謝率は悪く、痩せにくく太りやすい体質になります。

この状態が続くと筋肉が減るだけでなく骨までもボロボロになってしまうというのです。
そのほかにも「炭水化物ダイエット」はさまざまな健康障害や病気を引き起こします。

《炭水化物ダイエットが招く健康障害とは》
・慢性的な疲労感
・心筋梗塞の危険性が増す
・肝機能や腎機能が悪くなる
・口臭(ケトン臭)がキツくなる
・集中力が落ちる
・イライラしやすくなる

これが正しい炭水化物ダイエット法!

健康にも害を及ぼす危険性の高い「炭水化物ダイエット」。
でも、これは長期間続けたり、食事だけで痩せようした場合にのみ言えることで、じつは正しいやり方はちゃんとあるのです。要は極端に減らし過ぎることや長期間続けたりすることが問題なのです。

健康的にスタイル良く痩せたいのなら、とにかく筋肉をつけること!
炭水化物を抑えながら、同時に運動で筋肉をつけることです。

筋肉をつける効果的な方法はジョギングなどの有酸素運動よりも筋トレなどの無酸素運動が向いています。

筋肉が増えれば基礎代謝率も上がり、脂肪も燃えやすくなります。
そして何より締まるところはすっきり締まってくるので、メリハリのあるスリムな体型になれるのです。

ポイントはダラダラ続けないこと。
そして食事制限と同時進行で必ず運動を組み入れることです。
筋肉がつき燃えやすい(代謝の良い)身体に変わっていくので、リバウンドしにくくなります。

これから炭水化物ダイエットや糖質制限ダイエットにチャレンジしようと思っている人は、このポイントを心にとめて健康的なスリムボディを目指してくださいね。

「ご飯を抜くなんて考えられない!」
なんて方は、もち麦を混ぜて炊いたご飯でもダイエット効果が期待できます。



健康はお金では買えません。また日々の習慣は必ず体型や体調に現れます。
バランスの良い食生活と適度な運動で健康を維持することは医療費などの余分な出費を抑えるので結果的に節約にも繋がります。

⇒ 糖質制限中の方にぴったりな食品も、実はふるさと納税の返礼品としてももらうことができます。

⇒ダイエット&スーパーフードはコチラ

⇒楽しみながら節約生活を送るなら、まずはここから♪


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
「炭水化物ダイエット」でかえって太る?意外と知られていない危険性と健康的に痩せる方法とは「炭水化物ダイエット」でかえって太る?意外と知られていない危険性と健康的に痩せる方法とは