【身体に生える危険なカビ】知らずに放置していると危ないカビの原因と対策方法とは

閲覧回数 : 10,035 views

雨が続く季節になると、気になるのがカビの発生。
雨の日は湿気がこもりやすく、カビにとって絶好の日といえます。

カビ対策というと、お部屋の空気を入れ替えたり乾燥を心がけたりしますよね。
では、身体にできたカビ(肌カビや脂漏性皮膚炎)はどうしますか?

コチラの記事



でもご紹介していますが、空間と同じように顔や体にもカビは発生します。
しかも中には大きな病気の原因となるものまで…

カビと言いますが、見た目はカビというよりニキビに似た湿疹のようなものばかり。
「肌荒れ?」とカビと知らずに放置をしてしまえば、気付いたときには大変なことになっているかもしれません。

そこで、今回は身体に生える怖いカビの原因や対策法などをご紹介したいと思います。

なかなか治らない肌荒れや皮膚のトラブル、単なる湿疹では無く恐ろしいカビが原因かもしれませんよ…?

 黄緑色のドロっとした鼻水が続いたら…

子供の頃によく出ていた緑色の鼻水。
大人になると重度の風邪をひかない限り、滅多に見ることはなくなりましたよね。
実は粘着性のある鼻水が続いたり、ぼーっとする・口や鼻からイヤな臭いがする場合、鼻の中にカビがいることで起きる「副鼻腔炎真菌症」の可能性があります。

人間の鼻の中は高温多湿であるためにカビにとって住み心地の良い場所。
通常はカビが住み着いても免疫機能が正常であれば悪化することはありませんが、身体の免疫機能が低下している場合、「副鼻腔炎真菌症」となる恐れもあります。

もしドロっとした鼻水が続いたり、鼻の奥の方からイヤな臭いを感じたらすぐに耳鼻科を受診しましょう。

 耳のかゆみが続いたら…

お風呂上がりなどに行う耳掃除。
耳垢の掃除や心地よさだけでなく、“耳がかゆいから”と耳掃除を頻繁に行っている方も中にはいらっしゃいますよね。

実は頻繁に耳にかゆみを感じた場合、耳の中にカビがいることで起きる「耳真菌症」の可能性があります。
耳の中も鼻と同様でカビにとって快適な環境。
通常はカビが発生しても免疫力が勝りますが、免疫が低下している場合、症状が進行することも…。
そのまま放置すると、聴力にも影響を及ぼすことがありますので、「しょっちゅうかゆくなる」など気になったら耳鼻科を受診しましょう。

 背中やデコルテのニキビが治らない…

一度できると繰り返し発生する背中やデコルテ(首から胸元)のニキビ。
保湿をしっかり行っても、治りかけては再度発生するとっても厄介なもの。
特に胸にできると、かなり目立ってしまうので女性は気にする方がおおいのではないでしょうか?

しつこいニキビ、実はカビが原因の可能性があります。

背中やデコルテには、マラセチア菌が多く常駐しています。
肌カビの記事でもご紹介していますが、何らかの原因で増え過ぎてしまうことで症状を引き起こします。
赤みのある湿疹が広範囲に広がりますが、膿はもっていないのが特徴。
ニキビに似ているため同じような治療をしてしまいがちですが、それでは治すことができません。

また、カサカサとフケのように皮がむける症状、癜風(でんぷう)やマラセチア皮膚炎も同じくカビが原因。

コラージュフルフル石鹸やコラージュフルフルシャンプーを使えば、手軽に自宅で症状を抑えることができます。
また、ダニを退治するだけでなく、殺菌消毒効果も配合されているので、症状を根本的から解決します。
病院に行かなくても治すことができるので、手軽ですね!
是非節約大全スタッフの体験談をチェックしてみて下さい。





 足にできた赤い斑点が治らない!

実は足にもマラセチア菌が多く常駐しています。
急に膝の裏や太ももなどの柔らかい部分に痒みを伴う赤い湿疹が現れたら、それは肌カビかもしれません。

足の中でも、膝の裏や太ももなどは汗がたまりやすく通気性の悪い部分。
汗をかいたまま放置してしまうと、皮脂が肌に残ってしまいます。
肌カビは人の皮脂が大好物!
肌に残っている皮脂を食べることでどんどん増殖していきます。

こういった症状にも、肌カビ専用の石鹸を使うのが効果的。
ですがかゆみがあるため、あまりにもかきむしってしまった場合には皮膚科を受診されることをオススメします。

↓ クリニックも推奨! 肌カビ(脂漏性皮膚炎)用石鹸 ↓

◇デリケート肌用皮ふの清浄・殺菌・消毒、体臭・汗臭及びニキビを防ぐ ミコナゾール硝酸塩(抗真菌(抗カビ)成分)  トリクロサン(殺菌成分)配合
・コラージュフルフル 液体石鹸(持田ヘルスケア)

 ネイルをしているなら、グリーンネイルに注意!

女性にとってオシャレの一つであるネイル。
今ではセルフネイルキットで自分で処理ができるほど、手軽なものになりました。

そんなネイルですが、実は施術が不十分な場合、爪自体にカビが生えてしまう恐れがあります。

本来、爪表面を削ってからベースとなるジェルを塗布します。
ですが、ここで削りが甘いとジェルが上手く密着せず、空間ができることに…。
その空間へ手洗いやお風呂の際に水分が入り込み、次第にカビが繁殖してしまうのです。

ネイルにカビが生えることで、爪自体が緑色に変色することから「グリーンネイル」と呼ばれています。
一度グリーンネイルになると、しっかり完治するまでネイルを楽しむことはできません。
また、カビは他の指や人に感染する恐れもあるので注意が必要。
グリーンネイルの指に使用したネイル用品は破棄するなど、徹底した対応が必要です。

グリーンネイルになったら、ネイルをすぐさま落として皮膚科を受診しましょう!

 体がカビ臭い!原因は?

顔や体など、人間に皮膚にもカビが常駐していることはご紹介しましたが、だからといってカビのような臭いはしませんよね。
ですが、別の原因で体臭がカビ臭い場合もあるようです。

ふとした瞬間に自分の臭いに違和感を感じたり、家族にカビ臭いと指摘された場合、もしかしたら治療が必要な病気を患っている可能性があります。考えられる病気は以下の通り

肝機能の低下

摂取したものを分解し、フィルターを通して体外へ排出させる役割を持つ肝臓。
機能が低下することにより、フィルターを通すことができなくなり、そのまま体内を巡ってしまいます。
結果、カビのような生臭さを発してしまうのです。

糖尿病

糖尿病を患うことでも、カビ臭さを引き起こすことがあります。
体内のケトン体という物質が発生する糖尿病。
強い匂いの物質であるため、自然と体の中からカビのような臭いを発してしまいます。
さらに腎機能が低下することで、アンモニアのような臭いまでも発することに…。

カビのような臭いが身体からした場合、大きな病気の恐れもあるのでなるべく早めに病院を受診しましょう。

 まとめ

身体に生えるカビには、様々な種類があります。
どれも軽く見られがちですが、実は放っておくと危険な場合がほとんど。
軽視せずにきちんと治療を行うことが大切です。

肌カビが原因で起こる脂漏性皮膚炎についてはこちらのページをどうぞ



⇒ お部屋だけでなく肌にも寄生!カビにまつわる対処法はこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000