夏バテの原因と対策法とは!?生活習慣を見直して猛暑日を乗り切ろう!

閲覧回数 : 403 views

みなさんは夏の風物詩と聞いて、どんなものを思い浮かべるでしょうか。
海水浴やプール、花火などの楽しいものが真っ先に浮かんできそうですね。

この一方で、「夏と聞くと夏バテしか思い浮かばない…」なんて方も多いのでは?
いかに夏が大好きな人でも、夏バテだけは好きになれないはず。

できれば、夏バテ知らずで暑い季節を乗り切りたいものですね。
そこで本記事では、夏バテの原因や対策を徹底的に解説いたします。


 夏バテの原因って何?

846bba3fd01c63338a97c6ddf261132d_s
夏バテはその名のとおり、夏特有の症状です。
といってもただ気温が高いだけでは、夏バテにはなりません。

この症状は、ある2つの要素が原因となって発生するのです。
2つの要素とは、「夏場における現代人の生活環境」「日本特有の気候」

各要素がいかにして夏バテの原因となるのかを、順を追って詳しく見ていきましょう。

まずは、夏場における現代人の生活環境を思い出してみてください。
屋内では冷房の効いた環境ですごし、屋外では高温にさらされていますね。
こうした温度差の激しい環境を行き来していると、自律神経が体温調節に追われて疲弊してしまいます。

疲労が溜まった自律神経に追い打ちをかけるのが、日本特有の気候。
日本の夏特有の高温多湿な気候は、自律神経にダメージを与えてしまいます。
この点を少し詳しく掘り下げてみましょう。

高温多湿な環境と聞くと、たくさん汗をかきそうなイメージがありますよね?
しかし、実際はまったく逆。
湿度が高い環境では、汗が出にくくなってしまいます。

高温多湿な環境では水分が蒸発しにくいため、汗の気化による体温調節が効きません
汗が本来の役目を果たせなくなると、無駄な水分の消費を防ぐために体が発汗をやめてしまいます。
こうした理由により、高温多湿な環境では汗をかきにくいのです。

発汗による体温調節が効かなくなると、体に熱がこもります。
この状態を解消すべく奮闘するのが自律神経。
ここでも自律神経は体温調節に追われ、自らの疲労を増大させます。
以上の要因が重なった結果、自律神経の働きが乱れて夏バテの症状が現れるというわけです。

夏バテの主な症状

夏バテの主な症状として、食欲不振や倦怠感があげられます。
このほか不眠や頭痛、めまいなども夏バテの症状です。
人によっては、下痢を起こすこともあるでしょう。
このように、夏バテの症状は実に多様です。

つまり夏バテとは特定の症状を指す言葉ではなく、夏の環境に起因する体の不調全般を指す言葉なのです。
これら諸症状の原因は、ほぼ全て自律神経の乱れだと考えてよいでしょう。
ただし、頭痛やめまいは熱中症の症状である可能性もあります。
あまり症状がひどい場合は、医師の診断を仰ぐようにしてください。

ちなみに編集部スタッフのゆかにゃんは、部屋にいたにも関わらず熱中症を引き起こしたそうです。
起きたら強い頭痛とめまいに襲われ、冷や汗のようなものも出たんだとか…
身体は火照っており、水分をしっかり摂取しなかったのがいけなかったようです。
夏は睡眠時含め、すぐに水分が取れるようにマイボトルをそばに置いておくことをおすすめします。

頭痛やめまい以外で特に注意すべき症状は不眠です。
不眠は自律神経の乱れを増長して、さらに不眠を悪化させるという悪循環を引き起こしかねません。
ではこれら夏バテの諸症状は、どうすれば防げるのでしょうか。
次節からは、家庭で実践できる夏バテ対策法を見ていきましょう。

 家庭で行える夏バテ対策法(食事)

夏バテに対処する方法はいくつかあります。
この節では、夏バテ対策法(食事)をご紹介しましょう。
夏場の食事は、そうめんなどの軽いもので済ませてしまいがち。
しかし軽めの食事ばかりでは、栄養が足りず夏バテを起こしやすくなります。
夏バテを解消あるいは予防したいなら、食事からしっかり栄養を摂りましょう。

特に積極的に摂取したいのが、夏バテ対策に必須の栄養素であるビタミンB1
ビタミンB1には老廃物の代謝を促進して、体の疲労を回復させる効果があります。
このビタミンB1を豊富に含むのが、昔からスタミナ食として親しまれているウナギです。

この夏は、ウナギの蒲焼きで夏バテを防いでみてはいかがでしょうか。
ウナギが苦手という方は、豚肉からビタミンB1を摂取してみてください。
豚肉には、夏場に消耗しがちなタンパク質も豊富に含まれています。
アレンジしやすい食材でもあるので、工夫して食卓に並べてみてください。

食欲がわかない場合の対処法

「夏バテに効く食品はわかったけど、夏場は暑くて食欲がわかない…」
という方も数多くおられることでしょう。
そんな方は、梅干しやレモンなどの酸っぱい食品を食事に取り入れてみてください。

酸っぱい食べ物は、胃液の分泌を促進させることで食欲を高めてくれます。
また梅干しやレモンは、疲労回復作用のあるクエン酸の含有量が豊富。
暑さによる疲れから体を回復させてくれますよ。
このほか、香辛料も食欲増進に役立ちます。
ただし辛いものの摂り過ぎには、くれぐれもご注意ください。

 対策法(生活習慣)で夏バテを防ぐ

前節でご紹介した食品の摂取とともに実践していただきたいのが、対策法(生活習慣)です。
夏に合わせて生活習慣を整えるだけで、夏バテを遠ざけることができますよ。

対策法(生活習慣)としてまず実践してもらいたいのが、空調による室温の調整です。
空調で室温と外気との温度差が小さくなるように調整すれば、自律神経の疲労を防ぐことができます。
できれば室内と屋外の温度差を、5度以内に抑えてください。
これにより、温度変化によって体が受けるショックが少なくなります。
設定温度を27~28度にすれば、体調だけでなくお財布にも安心。
無理なく節電効果も得られます。

…と、ここで気になるのがオフィスやお出かけ先の室温。
自宅以外の空調は、自分で調整できないですよね。
外出先の室温が気になる場合は、上着やストールなどの着用によって温度差の影響を抑えてください。

このほかの夏バテ対策法としては、睡眠の改善があげられます。
良質な睡眠をとることができれば、暑さで疲れた体も回復するはずです。
ただ真夏は夜間も気温が高く、寝付きにくいのも事実。
もしなかなか眠ることができないなら、氷枕で頭を冷やしてみてください。
頭部の熱が冷めることで、脳が睡眠状態に入りやすくなりますよ。

夏の寝苦しい夜を解消する安眠方法について詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ

ツボ押しも効果的

夏バテ対策には、ツボ押しも効果的です。
特におすすめなのが、足裏にある「涌泉」のマッサージ。
10b6c4c8a1be7a60f193b386deb1716b_s
涌泉は土踏まずより少し上、足の指を曲げるとへこむ部分にあります。
この涌泉を、毎日の入浴時にマッサージしてみてください。
親指で強めに押すと効果的です。

涌泉のマッサージがもつ効能は、疲労回復や自律神経の活性化。
どちらも夏バテ対策にピッタリの効能ですね。
夏場はつい入浴をシャワーで済ませがち。
しかし疲労回復のためには、湯船に浸かることが肝要です。
暑い夏はぬるま湯にゆっくりと浸かって、涌泉をマッサージしながら疲れを取り除いてください。
入眠の1時間ほど前に入浴すると、寝付きもよくなりますよ。

疲れた体には入浴剤がオススメ!また、入浴剤を使っての節約術も当サイトではご紹介してます!

 まとめ

毎年やって来る夏バテも、しっかり対策をとれば遠ざけることができます。
本記事でご紹介した対策法を実践して、バテ知らずの夏をエンジョイしてください。

【健康こそ節約なり】健康でいることがなによりの節約術!健康に関する情報まとめページへ戻る
furusato


著者情報
山田インパラ

山田インパラ

山田インパラの書いた他の記事を見る

酒と惰眠をこよなく愛する30代ライター♂。健康に役立つ情報をお届けするべく、今日もキーボードをカタカタします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000