夏なのに寒い?冷房によって起こるクーラー病・冷え症の原因と対策法

閲覧回数 : 831 views

「猛暑日なのに、なぜか体が冷える」
そんな経験をしたことはないでしょうか。
夏場に冷え性に悩まされる女性は、意外なほど多くおられます。
もしかすると、「夏になって冷え性がひどくなった気がする」なんて方もいるかもしれませんね。

夏の冷え性はクーラーの効いた部屋で悪化しやすく、オフィスに入っただけで頭痛や腰痛に襲われる方も少なくありません。
しかしなぜ、気温の高い夏に冷え性の症状が現れるのでしょうか。
本記事では夏の冷え性の正体と、その対策や撃退法に迫ります。


 夏の冷え性の原因ってなに?

暑い夏に体が冷えるなんて、なんだか矛盾していますよね。
しかし、夏の冷え性は決して怪奇現象ではありません。
夏に発症する冷えの正体は、生活環境によって生み出されるいわゆる現代病なのです。

クーラー病という言葉を聞いたことはありませんか?
クーラー病とは、その名のとおりクーラーの当たり過ぎを原因の1つとする現代病です。
この病気のメカニズムを知るために、自律神経と体温の関係について少し触れておきましょう。

人間の体温は、自律神経の働きによって常に調整され続けています。
たとえば猛暑日だからといって、体温は急激に上がりませんよね?
同様に、寒いからといって急激に体温が下がることもありません。
気温が高い日は発汗によって体の熱が下がり、寒い日は血管を収縮させることで体温が保持される。
そんな高度な体温調節を、自律神経は常に行っているのです。

では、もし短時間に気温が急上昇と急低下を繰り返すと、自律神経はどうなってしまうのでしょうか。
そんな現象が起きれば、自律神経は温度変化への対応に追われて大混乱してしまいます。
もちろん上記のような急激な気温の変化が、自然界で起こることはありません。
しかし現代社会の場合は話が別。
オフィスではクーラーで体を冷やし過ぎ、屋外では猛暑にさらされる。
こんな過酷な生活が、夏場では当たり前になっています。
過酷な環境にさらされ続ければ、自律神経が混乱して正常に機能しなくなります。
その結果として現れるのが、クーラー病の症状というわけです。

嫌になるほど多彩なクーラー病の症状

クーラー病の症状は実に多彩です。
頭痛や肩こり、腰痛、むくみといった冷え性と同様の症状のほか、人によっては嘔吐することもあります。
さらに女性の場合は、ホルモンのバランスが乱れて生理不順になってしまうケースも珍しくありません。

夏に起こるクーラー病の症状は実に多彩で、どれも不快です。
ではこの現代病には、どのように対処するべきなのでしょうか。
次節からは、夏の冷え性であるクーラー病の対策法を見ていきましょう。

 クーラー病の症状が起きたときの対策法(環境)

冷房の効いたオフィスでクーラー病の症状を感じたら、なるべく早く対策をとる必要があります。
手早く症状を改善したいなら、冷房の設定温度を上げてしまうのが一番。
室温が上がることで、冷えからくる諸症状が和らぐはずです。
しかし、オフィスで勝手に冷房の温度を上げると、汗だくの男性上司が怒って飛んで来るかもしれませんね。
男女平等の社会にあっても、男性社員を基準に室温が調整される職場は少なくありません。
そんな職場で夏の冷え性を防ぐには、体温を下げないようにするための工夫が必要となります。
たとえば、ひざ掛けやブランケットで冷房から体を守るのも1つの手です。
腹巻きも意外と効果的。
体の中心が冷えるのを防ぐことで、手足も冷えにくくなります。
これら冬に役立つ防寒グッズを夏に活用することが、クーラー病への対策法(環境)の基本です。
周囲の環境を自分に合わせられないなら、肌に触れる範囲の環境だけをグッズで整えてしまいましょう。

事務職の方におすすめの冷え性対策グッズ

事務職に就いている女性は、特に足元の冷えに悩まされがち。
座ったまま仕事を続けると足の血行が悪くなり、結果的に足先からどんどん冷えてしまいます。
とはいえ仕事中に足をもぞもぞと動かしていると、同僚に不審に思われるかもしれませんね。
そこでおすすめしたいのが、足元を温めてくれるグッズの活用。
たとえば電気足温器は、冬場だけでなく夏の冷え性対策グッズとして役立ちます。
「デスク周りにコンセントが少なくて、電気を自由に使えない」という方は、湯たんぽを利用してみるのもよいでしょう。
電子レンジで温められる湯たんぽなら、手軽に準備できて温度も長時間持続してくれますよ。
以上ご紹介したグッズを組み合わせて、自分なりのクーラー病対策法(環境)を編み出してください。

 冷え性になりにくい体をつくろう

前節でご紹介した対策法(環境)を実践すれば、オフィスで発症するクーラー病の症状を抑えることができます。
ただ、いくらその場しのぎを続けても、症状を根本から改善することはできません。
本当にクーラー病や冷え性を解消したいなら、冷えにくい体をつくることが肝要です。
そのためにまず取り組んで欲しいのが、対策法(食事)です。
夏はつい体を冷やす食事を多く摂りがち。
しかし、冷房にさらされる夏だからこそ、体を温める食品を積極的に摂取したいところです。
そこでおすすめしたいのが、タンパク質を多く含む食品の摂取。
タンパクは、消化の際に体内で熱を発生させる栄養素として有名です。

また、タンパク質が分解されてできたアミノ酸は、肝臓で細胞の材料に変換される際に代謝熱を発生させます。
このようにして体内で発生した熱は、血液に乗って体内を駆けめぐります。
その結果、基礎体温が保持されて冷えにくい体となるのです。
タンパク質の多い食品としておすすめなのが、イワシの丸干やしらす干し。
かつお節にも、タンパク質が豊富に含まれています。
魚系の食品が苦手な方には、凍り豆腐がおすすめ。
低カロリーかつ高タンパクなので、ダイエット中の女性にもピッタリです。
ちょっと意外なところでは、焼き海苔や味付け海苔も高タンパク。
ご飯のお供に加えてみてはいかがでしょうか。

対策法(運動)で冷え性にさようなら

対策法(食事)と合わせて実践してもらいたいのが、対策法(運動)です。
毎日の運動は血行を促進させて、冷え性やクーラー病を遠ざけてくれます。
冷え性対策の運動として、特におすすめしたいのがウォーキング。
1日に30分程度のウォーキングを行うと、血行が促進されて基礎体温がアップします。
走るのが好きな方は、運動にジョギングを取り入れても構いません。
ただし血行促進効果は、ジョギングよりウォーキングの方が上。
深い呼吸を保ったまま運動できるので酸素が体に行き渡りやすく、血のめぐりもよくなります。
なかなかウォーキングの時間をとりにくい方は、仕事の行き帰りに意識的に歩く時間を増やしてください。
日頃のちょっとした心がけが、冷えに強い体を作ってくれますよ。

 まとめ

冷え性やクーラー病から体を守るには、「自分の身は自分で守る!」と強く意識することが肝要です。
本文でご紹介した対策法を駆使して、ぜひ不快な冷えの症状を撃退してください。

オフィスでは難しいかもしれませんが、自宅のエアコンなら設定温度も自分好みにできますね。
27度+扇風機を使えば、そこまで冷やし過ぎることなく快適な空間を作り出すことができます。
また、設定温度が高けければ高いほど節約効果も感じられるはず!

ぜひ一度設定温度の見直しもしてみてくださいね。

健康こそ最大の節約術!健康に関する情報まとめページへ戻る
furusato


著者情報
山田インパラ

山田インパラ

山田インパラの書いた他の記事を見る

酒と惰眠をこよなく愛する30代ライター♂。健康に役立つ情報をお届けするべく、今日もキーボードをカタカタします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000