長時間スマホを見る人必見!その疲労ブルーライトのせいかも?ブルーライト対策

閲覧回数 : 411 views

技術がかなり発展し、我々の生活から切っても切れない関係になってしまったスマホやパソコン。

仕事や勉強、娯楽などに使ってる方は多いと思いますが、目が疲れやすくなったり、頭が痛くなった経験ありませんか?
実はそれ、ブルーライトのせいかも知れません。

今回はそんなブルーライトについて調べてみたので、日常的にスマホやパソコンを良く使っているという方はぜひチェックしてくださいね。


 そもそもブルーライトって何?

まず、目で見ることができる光の波長は400nm~800nmで、目で見ることができる光のことを可視光といいます。

ブルーライトというのは波長が380nm~500nm(ナノメートル)の青色光のことで、可視光線の中で一番強いエネルギーを持っています。

このブルーライトは自然界にも存在していますが、スマホやゲーム機、パソコンといったデジタルディスプレイからも多く発せられているので、LEDが普及した現代では常に大量のブルーライトにさらされているといっても過言ではないでしょう。

ここ最近、その強いエネルギーをもつブルーライトの身体への影響が懸念されており、現時点でとれる対策をとることが重要だと言えます。

 どう対策をとればいい?

ブルーライトへの対策としては大きく2つありますが、その前にまずディスプレイの設定の見直しをしてみるといいと思います。

ディスプレイが明るすぎると目に見えて疲れやすくなりますし、逆もまたしかりです。

それだけでもだいぶ変わると思うので、まずはディスプレイの設定を自分に合ったものにしてみることをオススメします。

では、普通に使う上でどのような対策をとれば良いのでしょうか、見ていきましょう。

ブルーライトカットメガネを利用する

JINS SCREENやZoff PCといったブルーライトカット効果のあるメガネを利用するといいでしょう。

ブルーライトカットメガネでは、ブルーライトカット率というものがあり、どのくらいブルーライトをカットしているのかが分かるようになっています。

できるだけこの数字が高いもの良いのですが、ブルーライトカット率が高いレンズは黄色くなります。

前述したとおりブルーライトと呼ばれる光の波長の大部分は可視光のため、色味を変えずにブルーライトのみをカットするというのは不可能です。

JINS SCREENでは、普段使いでは透明な25%カットのレンズを、パソコンやスマホの長時間の作業では38%のレンズを、夜寝る前に使う場合には60%のレンズをオススメしているようです。

JINS SCREENでもZoff PCでも、好きなフレームにブルーライトカットレンズを入れることもできますので、自分好みにカスタマイズすることもできます。

ブルーライトカットフィルムを張る

いちいちメガネをかけるのはめんどくさいという方は、パソコンやスマホのディスプレイにブルーライトカット効果のあるフィルムを張るというのも手です。

一度貼ってしまえばずっとそのままでいいですし、画面への傷なども同時に防げますよね。

「フィルム貼るのが苦手で、どうしても気泡が入って見栄えが悪くなるので嫌だ」という方は、パソコン限定ですが、プロテクター型もあるようなのでそちらも検討してみてください。

 注意点

ブルーライトをカットして体調が変わったかどうかというのは、非常に個人差があるため、一概に良くなります!とは言えません。

しかし、効果が出ている人がいるのは確かなようです。

私の友人も、ブルーライトカットメガネをかけている人が数人いるのですが、やはり効果には個人差があるようです。

過剰に期待しすぎず、「効果あるといいな」という気持ちで利用するといいかもしれませんね。

 まとめ

いかがでしたか?
スマホ、パソコンをよく利用してて「目が…」「頭が…」という方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

私も、最近パソコンを使ってると頭が痛くなることが度々あるので、メガネ買ってみようかな…
色味は使ってると慣れるだろうし、できるだけカット率が高いやつ。


著者情報
節約大全・広報部

節約大全・広報部

節約大全・広報部の書いた他の記事を見る

節約大全に関する案内や最新情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000