日本人の約4割は弱い!?お酒に強い人と弱い人の違いと見極め方

閲覧回数 : 2,986 views

お酒に弱い人であれば、何杯もビールを飲み干す人を見て不思議に思った経験があるのではないでしょうか。
アルコールに対する強さは人それぞれ。
ウイスキーを何杯飲んでも酔わない人もいれば、ビールをひと口飲んだだけで顔が真っ赤になってしまう人もいます。
このようなアルコールに対する耐性の差は、どういった要素によって生まれるのでしょうか。

体質?
それとも根性でしょうか。

本文で、疑問の答えに迫ってみましょう。
お酒を飲まずに行えるアルコール耐性テストもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 お酒に強い人と弱い人がいる理由

冒頭で述べたとおり、お酒に対する強さには個人差があります。
この個人差を、体や精神の強さとイコールだと考える人も少なからずいるようです。

たとえば会社の先輩や上司に、「酒を飲めない男は情けない」といった持論をぶつ人はいませんか?
そんな人には、こう教えてあげましょう。

「お酒に強いか弱いかは遺伝子で決まるんですよ」と。

そう、お酒に強い人と弱い人では、引き継いでいる遺伝子が違うのです。
より詳しくいうと、お酒に対する強さは、両親から引き継いだ「ALDH2」という酵素のタイプによって違ってきます。

このALDH2とは何者なのでしょうか。
答えを知るために、飲酒によって不快な症状が起きるメカニズムに着目してみましょう。

飲酒によって体内に取り込まれたアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されます。
アセトアルデヒドは、体に強い影響を与える有害物質。
この物質が体内に行き渡ることで、顔の紅潮や動悸、吐き気といった不快な症状が起きるのです。

ここで、話をALDH2に戻しましょう。
ALDH2は、アセトアルデヒドを無害な酢酸に変える作用をもっています。
ALDH2の活性が強ければ強いほど、飲酒による不快な症状が起きにくくなると考えてください。
つまりお酒に強い人は、遺伝的にALDH2の活性が強いのです。
ALDH2の活性の強さは、遺伝子の組み合わせによって「活性型」「低活性型」「不活性型」の3タイプに分類されます。

ややお酒に弱い人は「低活性型」、ほとんどお酒を飲めない人は「不活性型」だと思ってください。

以上ご説明したように、お酒に対する強さは遺伝によって決まります。

ちなみに、日本人に占める「不活性型」の割合は、なんと4割強
実は日本人の半数近くが、ほとんどお酒を飲めないのです。
男性でお酒が飲めないからといって、「情けない」なんて思う必要は全くないんですよ。

 飲めば飲むほど強くなる?

前節でご説明したとおり、お酒に対する強さや弱さはALDH2のタイプによって決まります。
では、先天的に決まったお酒に対する弱さは、努力で改善できないのでしょうか。

「お酒は飲むほどに強くなる」なんて話はよく聞きますよね。

先に結論を述べます。
先天的に決まったお酒の弱さは、努力では改善できません

特に「不活性型」に該当する人は、お酒を飲みまくっても苦しい思いをするだけです。
こうした結論に達する理由をご説明しましょう。

いくらお酒を飲んでも、ALDH2が強いタイプに変わることはありません。
ちょっと変なたとえですが、いくらチワワ犬をトレーニングしても、ドーベルマンにはならないですよね。
同様にALDH2の性質も、トレーニングで違うタイプに変化することはないのです。

ただ、「低活性型」に該当する人は、飲酒を続けることで少しだけお酒に強くなる場合があります。
体に取り込まれたアルコールが肝臓で分解されることは、先にも述べたとおりです。
この分解の過程において、アルコールの約2割はMEOS(肝ミクロゾームエタノール酸化酵素)によって分解されます。

MEOSは、習慣的な飲酒によって分解能力がアップする特殊な酵素。
この酵素が活性化することにより、アルコール分解能力が多少向上する可能性があるのです。

ただしMEOSが活性化しても、アセトアルデヒドが発生することに変わりはありません。
むしろアセトアルデヒドが早く生成されるようになり、頭痛や吐き気といった症状が出やすくなる場合もあります。

お酒に弱い人は、無理に強くなろうとするよりも、自分なりにお酒を楽しむ方法を模索した方が賢明です。

お酒に弱い人が気を付けたい病気

お酒に弱い理由が遺伝だとわかっても、飲酒後すぐに不快な症状が出ると健康に対する影響が気になってしまいますよね。
アルコールに弱いことで、何らかの病気のリスクが増えることはあるのでしょうか。
極度にお酒に弱い人であれば、「自分は急性アルコール中毒になりやすいのではないか」と心配になるかもしれません。

しかしご安心を。
お酒に対する弱さと、急性アルコール中毒とは無関係です。

急性アルコール中毒は、アルコールの血中濃度が急激に高まることで起こる症状。
お酒に強い人でも、一気に大量のアルコールを飲めばこの症状に苦しむことになります。

逆にお酒に弱い人は、お酒の一気飲みそのものができないはず。
急性アルコール中毒を起こすリスクは、むしろ低いといえます。

では、お酒に弱い人が特に注意すべき病気はないのかというと、そうではありません。
お酒に弱い人は、食道がんや咽頭がんにかかるリスクが高いとされています。
前述のアセトアルデヒドは発がん性物質であり、ALDH2によって分解されないことで、がんの原因となる場合があるのです。

ただし、これはあくまで飲酒を続けた場合の話。
お酒の量さえ制限すれば、がんを患うリスクも低くなるはずです。

 パッチテストでお酒の弱さをチェック

前節で“がん”という言葉を聞いて、心穏やかでいられない人もいることでしょう。
そんな人のために、お酒に対する強さをチェックできる「アルコールパッチテスト」をご紹介します。

アルコールパッチテストなら、お酒を飲まずにALDH2のタイプを判断可能。
食道がんのリスクを調べる意味でも、一度試してみる価値大です。

パッチテストで必要となるものは、ガーゼ付きの絆創膏と消毒用アルコールの2点のみ。
絆創膏は、薬剤の染み込んでいないものを用意してください。

それでは、アルコールパッチテストの手順を見ていきましょう。

IMG_6097

まず、絆創膏に消毒用アルコールを染み込ませて、上腕の内側に貼り付けます。

IMG_6099

絆創膏を貼ったら、そのまま7分間待ってください。
7分経ったら絆創膏をはがし、すぐにガーゼが触れていた部分の肌の色をチェックします。

IMG_6100

肌のチェックは5秒以内に行ってください。
最後に、絆創膏をはがしてから10分後にもう一度肌の色をチェックしましょう。

以上のテストを行って、ガーゼが触れていた部分の肌の色に変化がなければ「活性型」だと判断できます。
もし絆創膏をはがした直後に変化がなく、10分後に肌が赤くなった場合は「低活性型」だと判断してください。
私は肌の色に変化がなかったので、「活性型」でした。
絆創膏を剥がした直後に肌が赤くなった人は「不活性型」です。

皮膚でお酒の弱さを判断できる理由

上記のパッチテストの説明を見て「なぜ皮膚の色でALDH2の性質がわかるの?」と、疑問に思った人もいることでしょう。

実は、皮膚についたアルコールも、カタラーゼという抗酸化酵素の働きによってアセトアルデヒドに変化します。
アセトアルデヒドには毛細血管を拡張させる作用があるため、アルコールが付着した部分の肌が赤くなるのです。

では、なぜ「活性型」の人は肌が赤くならないのでしょうか。
勘のいい人ならもうお気付きかもしれませんね。

そう、皮膚にもALDHが存在しているため、その作用が強ければ即座にアセトアルデヒドが酢酸へと変わるのです。

アルコールパッチテストによって自身が「低活性型」「不活性型」だとわかった場合は、無理な飲酒を行わないように注意してください。

また「活性型」に該当する人も、強さに任せてお酒を飲み過ぎないように注意しましょう。

 まとめ

本文で述べたように、お酒に対する強さは遺伝で決まるものです。

「お酒が飲めないなんて人生損してる」なんて言われたら、「特定の体質を差別しないでください」と言い返してやりましょう。

お酒はその場の空気も含めて楽しむものです。
飲める人と飲めない人が配慮しあって、スマートにお酒を楽しめるといいですね。


著者情報
山田インパラ

山田インパラ

山田インパラの書いた他の記事を見る

酒と惰眠をこよなく愛する30代ライター♂。健康に役立つ情報をお届けするべく、今日もキーボードをカタカタします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000