この時期のイヤ~な静電気のメカニズムと簡単に予防できる対策法

閲覧回数 : 2,980 views

寒くなると空気が乾燥し、発生しやすくなる静電気。
バチっ!と急に起こるあの電気の痛さに、物を触るのも怖くなりますよね。

静電気がなぜ発生するか、ご存知ですか?
発生する原因をしっかり知る事で静電気を上手に防ぐ事ができます。
静電気のメカニズムから手軽に防ぐ方法まで説明ましょう!


静電気の発生する仕組み

電気にはプラスとマイナスが存在します。
モノや人も電気を所持しており、常に電気を蓄えています。
目には見えませんが、通常はプラス・マイナスが同じ量ずつ安定して流れていますが、このプラスとマイナスを動かす(流す)事によって摩擦が加わり、マイナスの電子だけを減らしてしまいプラスの電子が多くなってしまいます。

結果、電子のバランスが不安定に…。
静電気を引き起こす原因であるこの状態を帯電状態(たいでんじょうたい)と言います。

帯電状態の時に、金属などの電気を通しやすい胴体物質に触れると失ったマイナス電子を得ようと結合します。
特に冬の乾燥した空気は電気を通す際に利用するのに最も適した状態。
その乾燥した空気を利用してプラスとマイナスの結合が行われます。
そして結合した際に発生する放電が、あのバチっと痛い静電気です。

静電気の起こりやすい体質と原因

「私、静電気体質なんだよね~!」

なんて言う人、周りにいませんか?

確かに静電気は起こりやすい人と起こりにくい人がいます。
どのような人に起こりやすいのかというと、ずばり「不健康な人」です。

静電気の仕組みでお話しした”帯電状態”の際に、健康な人は自ら自然放電を行います。
そうするとマイナスの電子も減らすので結合する必要がなく、静電気が発生しません。

ですが、「不健康な人」は自分で自然放電をすることができません。
結果、上記で説明したとおり電子の結合が行われ放電の際に静電気が発生します。

「不健康な人」の主な特徴をご紹介しましょう。

肩こりや冷え症・腰痛などの関節痛

⇒肩こりなどの原因は血流の悪さが原因。
ドロドロの血流はマイナス電子が不足しているので常に体が帯電状態。
自然放電も出来ず電子を貯め込んでいるので、静電気が常に起きやすくなっています。

週末の寝過ぎ

⇒長く寝続ける事で汗をたくさんかきます。
結果、体の中が乾燥した状態となり、帯電状態となります。
週末も平日と同じ睡眠時間を保ち、適度な水分補給が必要です。

身体に静電気(電子)を貯め込むと悪い事がいっぱい!

自然放電が出来ず、プラスの電子ばかり身体の中に溜めこむと
肩こりを更に悪化させたり体内免疫が低下してしまいます。
また、疲れやすくすとれうが溜まりがちに。
結果体調が悪くなり胃の消化もスムーズにできなくなります。

更に、せっかく摂取したカルシウムやビタミンCを流出させてしまうことも。
これではせっかく美容や健康維持に摂取した栄養素も台無しです。

静電気体質改善法

不健康な体を脱却するためにも静電気体質を改善させましょう。

まずは規則正しい生活。
バランスの良い食事を朝昼晩3食必ず食べます。
そしてマイナスイオン摂取に最適なミネラルウォーター(電解質飲料)を定期的に飲むようにしましょう。身体の中を乾燥させない事が大切です。

また、静電気を発生させにくい体質にする為にアーモンド・ゴマ・豆腐・イワシ・アジなどの身体をアルカリ性にさせる為の食材を積極的に摂取します。
一度お湯を沸騰させる事でマイナスイオンが発生する鍋や味噌汁なども効果的。
ジャンクフードや肉類は栄養が偏りがちなので摂取は控えめにしましょう。

観葉植物を部屋に置いてマイナスイオンを発生させるのも効果を期待できます。
加湿器で乾燥したお部屋の湿度を上げるのもおすすめ。
参考記事 ⇒ 電気代0円!電気を使わずにお部屋を簡単に加湿できる方法

手軽に静電気を防ぐ方法

体内からの改善をしても、乾燥時期に静電気は発生しやすいもの。
そこで手軽に防ぐ事が出来る方法をご紹介したいと思います。

まずは木やコンクリートを触る

金属などの導体物質を触る前に木やコンクリート等を触っておくことで放電できます。
金属と違いゆっくり放電させる事が出来るので、バチっとした痛みがありません。
車のドアを開ける前に地面を触ったり、部屋のドアを開ける時に壁を触れば安心。

衣類に柔軟剤を使用する

静電気除去する成分の入った柔軟剤も販売されています。
良い香りでふんわりした仕上がりになり、静電気も防げるのでおすすめです。

また、ニットなどを着るときに起きやすい静電気は組み合わせによっても防げます。

このようになっており、プラスとマイナスの距離が近いほど静電気は発生しません。

帰宅後に脱ぐコートはバチバチ静電気がひどい事が多いですが
一度コートを着たまま手を洗ってから脱げば殆ど発生しません。

静電気は身近に防げることはもちろんですが、健康な生活を送る為にも帯電体質を改善することが大切。
すぐに試せる方法と合わせて静電気が怖くない生活を送りましょう!

元気があればなんでもできる!健康生活のための必須情報まとめへ戻る
furusato


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000