金縛りの本当の原因を調査!睡眠のメカニズムを把握して快適な睡眠を手に入れましょう

閲覧回数 : 1,782 views

忙しい1日を終えてベッドにもぐりこみ「さぁて、そろそろ寝よ…」と思った次の瞬間!

「か…からだが動かない!?」

といったいわゆる“金縛り”にあった経験はありませんか?
就寝時間に襲ってくる金縛りというのは怖いですよね。
何が怖いのかというと、金縛りが起きるということは病気の疑いがあるからです。

ここで「え!?金縛りって幽霊の仕業じゃないの?」と思いますよね。
実は睡眠を妨げる金縛りは科学的に解明することができるんです。


 金縛りの原因って何?

金縛りというオカルトチックな名前は不動明王の必殺技に由来するそうですが、現代人を悩ませている金縛りは不動明王からの天罰でもなければ霊の仕業でもありません。
金縛りの本当の原因は「睡眠麻痺」という睡眠障害です。
睡眠のリズムが乱れることによって、体は寝ているのに脳が起きている状態=金縛りになっているだけなのです。

思い出してみて下さい…。
ぐっすり寝ているときは意識的に体を動かせないですよね。
そもそも脳が寝ているので体を動かそうとも思わないはずなんです。
しかし、同じ状態で脳だけが起きてしまったら?
つまりその状態こそが睡眠麻痺であり金縛りの正体なのです。
…ここで「いやいや、金縛りのときに幽霊見てるし!」と、青ざめた顔で訴える方もいるかもしれませんね。

しかし、ハッキリ言いましょう。
あなたが目撃したのは“アタマの中の住人”です。
次に説明する睡眠麻痺が起きるメカニズムを知れば、この言葉の意味がよくわかるはずです。

睡眠麻痺が起こるメカニズム

睡眠のリズムに着目すると睡眠麻痺が起こるメカニズムを簡単に理解することができます。

「ノンレム睡眠」と、「レム睡眠」という言葉を聞いたことがあるのでは?
私たち人間の眠りは、この2種類の睡眠を交互に繰り返すことによって成り立っています。

2つの睡眠の違いをチェックしてみましょう。

ノンレム睡眠・・・脳が休息するための深い眠り。体は起きている。
レム睡眠・・・体が休息するための浅い眠り。脳は起きている。

通常の眠りはノンレム睡眠からスタートして1時間以上経った後にレム睡眠に切り替わります。
しかし何かしらの原因で睡眠リズムが乱れることで順番が逆転しレム睡眠からスタートしてしまいます。
つまり、いきなり体だけが眠りにつき脳だけが起きる状態になってしまうのです。
これで先ほどご紹介した“睡眠麻痺の状態”の出来上がりですね。

睡眠麻痺を起こしているとき、体が寝ているため自律神経の働きが不安定になっています。
脳は不安定さの原因を探ろうとしますが、脅威となるものを見つけることができません。

そこで不安と現実との辻つまを合わせるために、脳はあえて恐怖を感じる幻覚を見せます。
この時に見る幻覚こそ「アタマの中の住人」であり、幽霊の正体のなのです。

なお、睡眠麻痺は就寝後数時間が経過した後で起こる場合もあります。
レム睡眠が通常より浅いことで脳が覚醒してしまうのです。

 睡眠麻痺の原因となるもの

睡眠麻痺の原因となるものとして、以下の4つがあげられます。
■ ストレス
■ 不規則な生活リズム
■ 極度の疲労
■ 就寝前の興奮状態

ストレスは自律神経の正常な働きを乱し、眠りを浅くしてしまいます。
浅い眠りが続くと寝不足になり、睡眠リズムが崩壊。
結果的に睡眠麻痺が起こりやすい状態になってしまいます。

不規則な生活リズムも睡眠リズムを乱す原因のひとつ。
体内時計が狂うことで睡眠リズムに悪影響を及ぼしてしまい、その結果、睡眠麻痺が発生。
睡眠麻痺が発生し、ますます眠れなくなり生活リズムも余計に狂ってしまいます。

極度の疲労にも要注意。
体が深い睡眠を求めるようになり、脳が目覚めても体が起きない状態を招きます。
最後にあげた就寝前の興奮状態とは、環境変化やブルーライトなどの影響によって脳が興奮している状態のことです。
脳の興奮が収まらないまま就寝すると体だけが先に眠ってしまいます。

金縛りの解き方と予防法

上記のような原因で睡眠麻痺が発生したら、「金縛りの解き方」を実践してみてください。
手順は以下のとおりです。

1.目が動くことを確認する
2.目をくるくる動かしながら深呼吸
3.「自分は起きているんだ」と、冷静に自分自身に言い聞かせる

以上の手順で冷静になれば、自然と体が覚醒して動けるようになるはずです。
どうしても体が起きてくれない場合は、観念して脳が眠りにつくのを待ちましょう。

なお、睡眠麻痺は、仰向けで寝ているときに起こりやすいことがわかっています。
仰向けに寝る習慣のある人は、横向けに眠るようにしてみてください。
たったこれだけで、効果的な予防法になる場合がありますよ。
もちろん、ストレスや不規則な生活リズムといった、睡眠麻痺の原因を解消する努力もお忘れなく。

 ナルコレプシーにご用心

多くの場合、金縛りの原因は前節でご紹介したストレスや疲労です。
しかし、冒頭で触れたように、金縛りの裏に“ある病気”が隠れている場合があります。

そのある病気とは、「ナルコレプシー」です。
ナルコレプシーは、オレキシンという物質が減少することで発症する脳疾患
ナルコレプシーを発症すると、睡眠時と覚醒時ともに、レム睡眠に移行しやすくなってしまいます。
つまり、起きているときは眠りに落ちやすく、寝ているときは金縛りにあいやすくなるのです。
もし何度も金縛りにあう場合は、一度ナルコレプシーを疑ってみてください。

病院に相談しよう

ナルコレプシーの原因は、現時点では解明されていません。
しかし、薬によって治療することができます。
ナルコレプシーを患うと、覚醒時に気を失うように眠りにつく場合があり大変危険です。
あまりに頻繁に金縛りにあうようであれば、いち早く精神科もしくは心療内科を受診してください。

 睡眠アプリSleep Cycleとは?

Sleep Cycle(スリープサイクル)は、毎朝の目覚めをカンタンにスッキリさせることのできるスマートフォン向けアプリ。
iPhoneの場合は2018年5月現在、期間限定で無料にてインストールできますが、Androidの場合は有料となり99円かかります。

すでに世界中数百万人の人にインストールされているSleep Cycle。
メディアでも多く取り上げられており、日経GoodayやAppBank、王様のブランチなどでも紹介されました。

独自の技術により睡眠時の身体の動きやスマホマイクで拾った音(寝言や寝息)を測定。
測定結果を元に、アラーム設定時間の30分前から、目覚めにふさわしいタイミングを見計らってアラームを鳴らします。

その他にも優れた機能がたくさん

Sleep Cycleを毎日使い続けることで、自分自身の睡眠をカンタンに分析することができます。
自動的にグラフとして表示することができるので、いつ深い眠りに入ったか判断することも可能。

また、アラーム音もけたたましいものではなく、高品質な音楽で自然な起床を促します。

さらに、二度寝防止のためのスヌーズ機能も完備。
画面を軽くタップするだけで切り替えることができます。
セットしたアラーム時間に近づくにつれて、音が大きくなりますので二度寝することもありません。

また、Sleep Cycleにはプレミアム版(有料版)もあります。
こちらを使用することで、睡眠データをオンラインにバックアップが可能。
更にスムーズに眠れるように睡眠導入音が利用できたり、心拍数の記録を行うこともできます。
定期的に自分の睡眠をチェックすることができると、利用者も急増しているようです。

真夏の安眠対策

食欲も減ってしまう夏は、体力も落ちやすく風邪をひきがち。
しっかり睡眠をとって体力を回復させなければなりません。

特に夏の夜は寝苦しく熟睡したくともなかなか困難ではないでしょうか。
また、涼しさを求めてクーラーをつけっ放しにしてしまうと、身体がだるくなったり喉を痛めてしまうことも。

真夏の寝苦しい夜は、ちょっとした事を見直すだけで改善できます。
ぐっすり眠ればしっかり体力も回復し、夏バテ予防にもつながりますよ。

エアコンのタイマーは3時間!

エアコンを付けながら眠っている方も多いと思います。
タイマーは何時間に設定していますか?

喉や肌の乾燥のために1~2時間で切れるように設定している人が多くみられますが、実は3時間タイマーにするのがおすすめ
人の睡眠はノンレム睡眠とよばれる深い睡眠と、レム睡眠と呼ばれる浅い睡眠を繰り返しています。
サイクルは3時間、なのでタイマーを1時間にしてしまうとノンレム睡眠に入ろうとする頃には暑さを感じ始めてしまい、熟睡状態に入る前に目覚めてしまいます。

ということで、ノンレム睡眠に入るサイクルに合わせた3時間設定がおすすめです。

夏のエアコンの賢い使い方についてはコチラのページを参考にどうぞ♪

布団やシーツを洗濯する

人は睡眠時にコップ1杯分の汗をかいているといいます。
寝具は汗をたくさん吸収しており、湿りがち。
放っておくと布団の下がカビだらけ・・・なんてことになってしまいます。

夏はお天気の良い日も多いので、しっかり外で布団を干しましょう。
シーツも週に1~2回はお洗濯することをお勧めします。
キレイな寝具で眠ることは寝心地もよく、快眠にもつながります。

シーツはリネン100%がおすすめ!
吸水性もよく、すぐに乾き抗菌効果もあります。
また耐久性も高いので1枚あれば長く愛用できます。

夏の洗濯にオススメしたい柔軟剤はコチラ!

ひんやり枕を使ってみる

寝具をせっかく洗濯しても、枕がそのままなら意味がありません。
寝苦しい夜におすすめなのが、冷たさを感じる冷却ジェル枕。
冷凍庫に入れておくだけですぐに使えます。

従来の氷枕とは違い、冷凍してもカチカチに凍ることなく柔らかさを保っています。
なので頭を置いても痛くなく、頭の形に沿って形が変形します。

また、今話題の塩枕もおすすめ!
塩をたっぷり使って作られた枕は、血行促進効果があります。
首筋に当てて寝るだけで頭を冷やして疲労回復や肩こりを解消する効果も。



市販で売られていますが、自分で作ることも可能。
塩をフライパンで炒り、袋に詰めるだけ。
1kgの塩18cm×25cm程の枕を作ることができます。
塩がこぼれないように布を複数枚重ねて、しっかり縫い合わせましょう!

夏でもしっかりお湯に浸かる

夏はシャワーだけにしてしまいがち。
ですが身体をゆっくり休ませるためには湯船に浸かることが大切です。

温かいお湯に浸かり、体中の血管を広げて体温をあげることで、その後の体温をスムーズに下げることができます。
身体を冷やすためには一度体温を上げるべきなんですね。

尚、お湯の温度は38~40度がおすすめ。
「暑くて湯船に入りたくない!
なんて時は前回ご紹介した“ハッカ油”を使うことで、さっぱり入浴することができますよ!

関連記事

パジャマを使おう!

夜眠るとき、スウェットや中学の頃のジャージで寝ていませんか?
実は着ているものによっても睡眠を妨害してしまいます。

寝るときはやはりパジャマであるべき。
オムロン ヘルスケア株式会社と株式会社ワコールの共同調査によると、パジャマを着て寝た場合に掛かる時間は平均38分でしたが、一方パジャマ以外を着て寝た場合は平均47分10分近くの差が出たそうです。
パジャマを着ることで、身体が眠りモードのオンオフをスムーズに切り替えることができるともいわれています。

寝るときは“ラクな格好”ではなく、“パジャマ”を着用するべきですね。

まとめ

例えば人生を80年とした場合、一日8時間眠ることで人生の3分の1は寝ていることになります。
年数に換算すると、おおよそ20~25年。
こうやって考えると、どれだけ睡眠が大切かよくわかりますね。

睡眠は私たちの日常生活に大きな影響を与えます。
ですが、睡眠のメカニズムを把握しちょっとした工夫をすることで、心地の良い休息時間を得ることができますよ。

今夜はゆっくりと眠りにつけますように…。

⇒ 健康でいることが一番の節約!健康に関する情報はこちら


著者情報
山田インパラ

山田インパラ

山田インパラの書いた他の記事を見る

酒と惰眠をこよなく愛する30代ライター♂。健康に役立つ情報をお届けするべく、今日もキーボードをカタカタします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000