花粉症重症患者のたかぽんが資生堂 IHADA(イハダ)を半信半疑で使ってみました。

閲覧回数 : 470 views

毎年、2月中旬ぐらいになると「鼻がムズムズ」「目がかゆい」なんて方は多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人。徐々に気温が上がってくるこの季節。
ポカポカの陽気など知ったことか!と叫びたくなる時節でございます。

ちなみに風邪と症状が似ている花粉症。
異なるポイントは鼻水にあるようです。
風邪と花粉症の違いってなに?8つのポイントをチェックして判断しよう!

そんな筆者のスペックをザックリと。

・普段からやや鼻炎気味。
・鼻水と目のかゆみの二重苦。
・花粉症は子どもの頃から。
・薬は飲まない。
・そんなこんなで季節外れの赤鼻のトナカイに変身。

鼻や目の調子で今日の花粉がどれぐらいか周囲に伝えられる花粉センサーな私が今回試したのは資生堂 IHADA(イハダ)です。
いや、試したというよりも「身体張って感想教えろや!」とゆかにゃんに脅されたのですが(一部脚色あり)。

 IHADAの実力はいかほど?

花粉症対策というと、事前に飲み続けることで免疫力を高めるものや、アレなんたら星人でお馴染みの発症してから飲むタイプのもの、さらに花粉症専用メガネやらたくさんあります。

しかし、どうにも薬が苦手な私。
特に眠気が襲ってくるといったことを考えるとどうも飲む気が起こりません

ここ何年かでアレなんたらを始め、眠くならないものも出てきていますが、それはそれで効果がないのでは? という理由でやっぱり飲みません。
実際に効かないという話もあちこちで聞くし、効いてもプラシーボ効果なんじゃない? みたいな。

そんな中、薬でもマスクでもない、スプレーで花粉ガード! というIHADA(イハダ)がお目見えです(ゆかにゃんに使えと言われなかったら、そもそも存在を知らなかったというのはここだけの話)。

こちらがIHADA(イハダ)。
手のひらに収まるコンパクトサイズです。

というわけで、まずは使う前に成分チェック。
パッケージにもあるように、顔に吹きかけるものですから、いきなり吹きかけるのは怖いです。

こんな感じに顔面に梨汁…もとい、IHADAブシャー!です。

説明を読むと、特許技術の成分が花粉を反発・吸着防止するとのこと。

肝心の成分ですが…

水、エタノール、ポリクオタニウム-51、窒素、クエン酸Na、クエン酸、温泉水、フェノキシエタノール

となっています。

「特許技術の成分」と書かれていますが、特別なものは一つも含まれていません。

特許を取っているのは特許番号 特許第4562585号(花粉吸着防止剤に関する特許)と技術の方ですね。

パッケージにも「特許技術」と書いてありますが、「特許技術の成分」なんて書かれると、特別な成分が配合されているように受け取れますね。
でも、普通です。うん。

とりあえず、成分的には大丈夫そう。
そりゃそうだろ、という感じですが、顔に吹きかけるものなので、やっぱり確認しないとね!

 使ってみたら、問題点だらけ!?

ゆかにゃんに圧力をかけられた翌日、早速外出時にIHADA(イハダ)を使ってみることにしました。

■テスト環境
・マスクや花粉防止メガネなどのグッズ、花粉症の薬は使用しない。
・吹きかけるのは朝の外出前(外出は8~9時台)。

とにかく、IHADA(イハダ)だけで、ほんまに花粉にボッコボコにされないんかい!? という状態で試してみることにしました。

イラストにあるように顔の前にIHADA(イハダ)を持ってきて早速ブシャー!
(ふなっ●ーみたくハイテンションにね!)

やってみるとわかりますが、イラストのように澄まし顔で吹きかけるのは、まず無理です。
小さいくせに物凄い勢いで噴射されるので、「ぐはっ!」って顔をしかめます
(何度か使って、意外と軽いプッシュでも問題ないことが判明しましたが)。

さらに、「円を描くように適量をスプレーしてください」と書いてありますが、その適量がわからない。
なので、最初は顔全体に掛かるように3、4プッシュしましたが、これがまたポタポタと落ちる落ちる。
霧が荒いというのもあるのでしょうが、とにかく調整が難しいです。

個人的な感覚としては、軽くプッシュで2回ぐらいがちょうどいいかな、と(これでも垂れるぐらいの量)。

まとめると…

1.結構勢いがあるので、軽くプッシュしたほうがいい
2.適量はよく分からないが、2、3プッシュぐらいでよさそう
3.吹きかけすぎるとポタポタと垂れる

といった感じ。

 効果も使い勝手同様、悪い…?

 

散々 けなしました 気になる点を挙げましたが、じゃあ効果はどうなんだ? という話です。

最初の印象をまずお伝えすると、「ぶっちゃけ、効果は期待していない」です。
だって、一番多い成分が「水」ですからね。

半信半疑になりつつも、早速IHADA(イハダ)を顔に吹き付けただけで外出。
効果がないのであれば、5分もしない内に鼻がぐずぐずし始めるはずですが…

あれ? なんか鼻が出てこないし、目も痒くない!

さらに、室内に入ってからもいつもみたいに鼻をかむことがありませんでした。
普段なら、席につくなり、鼻を2、3回かんでようやく落ち着くみたいな感じだったのに。

これにはさすがに驚き。
ブシャーの力…もといIHADA(イハダ)の力をナメてました。

初めて使った日は、まさかの雨で花粉が飛んでいない? というところがありましたが、そこから数日使ってみても結果は同じ。
明らかに目は痒くないし、鼻水も出てこない。

おかげさまで鼻はカピカピにならないし、周りからも鼻が赤いと言われなくなりました。

ここまで劇的に変化があるなら、もっと早く知っておきたかった! と思えるアイテムです。

 ゆかにゃんより

なんか無理やりやってもらったように書かれていますが…
花粉症の症状を少しでも和らげてほしくて渡したんですよー!!

っていうか…
結果よかったんじゃーん!!!

あんなに真っ赤だった鼻も今やまったく赤くないし、見た感じスッキリしているように感じますよ!

ただ私もスプレーしてみましたが、ミストが荒いのでメイクの上から平気と書いているのにめっちゃ崩れました…。
女性のみなさんは使用時に気を付けてくださいね!
アイラインとか、滲みますから!!

花粉症の時期から予報、対策方法まで!花粉症に関する情報をお届けします!ページへ戻る


著者情報
たかぽん

たかぽん

たかぽんの書いた他の記事を見る

年に一度、記事を投稿するかしないかのレアキャラ。なんでも身体を張った記事が得意なんだとか…?

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000