【それって6月病!?】梅雨のシーズンに起こる病気や不調の原因・対処法とは

閲覧回数 : 7,930 views

今年もジメジメした季節がやってきましたね。
関東もとうとう梅雨入りが発表され、これからしばらくの間ジメジメした季節が続きます。

湿気でどんよりした日が続き、気分どころか体調まで崩しがち。
その原因は、梅雨の温度や湿度の変化によって特定の病気や症状が起こりやすくなるからだともいわれています。

そこで、今回は梅雨に多くみられる病気の原因や症状、また対処法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

梅雨に見られる代表的な病気や症状

倦怠感・憂鬱感・頭痛・肩こり・腰痛・便秘・浮腫み(むくみ)・血圧低下・下痢・膀胱炎・肌トラブル・食欲不振・アレルギー・憂鬱感など、人によって症状は異なります。
毎年発症する症状や度合が違うため、一概にはいえません。
また、昔怪我をした“古傷”なども痛む場合があります。

これらの症状は“梅雨が明けるまで”続く事もあります。
ただの雨でなく、梅雨に影響されるのはなぜなのでしょうか?

どうして梅雨に体調を崩すの?

梅雨入りする1週間前程から、多くの人が感じる身体の不調。
この身体の不調は「6月病」「梅雨バテ」「梅雨だる」などと呼ばれているそうです。
そんな不調の原因は大きくわけて3つ。

気圧と神経の関係

まず1つめは気圧。
梅雨は天気が悪く、曇りや雨が多くなる季節。
気圧も低くなり、自律神経に影響を及ぼすといわれています。

自律神経は、交感神経と副交感神経の二つがバランスを取ることで心身ともに健康でいられます。
ですが神経は気圧に弱く、気圧が低くなると副交感神経が優先されることに…。
結果、バランスを崩し心や身体が不調をきたしてしまうということになります。

また、本来、副交感神経は身体を休める際に優位になる神経。
副交感神経が優先されてしまうことで“身体が休んでいる状態”になってしまい、やる気が出にくい状態となります。

気温・湿度の関係

2つめは気温と湿度。
梅雨は気温が高いのに湿気が多く、うまく汗や熱を蒸発させることができません。
そのため身体に余分な水分や熱が溜まり、浮腫みを引き起こします。
そんな状態が梅雨明けまで1か月以上続くことから、体が重くだるくなってしまうのです。

外出との関係

梅雨は足元が悪くなるので、外へ行く機会も減ります。
行動が制限されることで思うように体を動かすことができず、運動不足になりがち。

また、日光に当たることも少なくなります。
太陽の光に当たることで、人間は体内に必要不可欠とされるビタミンDを作りだすことができます。
この成分が少なくなることでうつ病などを発症する恐れもあります。

このように、梅雨時期は体にデメリットなことばかり。
ですが自然現象のため、避けることもできませんよね。

梅雨は最低でも1か月以上続きます。
ということで、続いては梅雨と上手に付きあって行くために気をつけるべき点をご紹介します。

梅雨時期、これだけは気をつけよう

梅雨の不調は、気をつけるべき点をしっかり押さえることでかなり改善されます。
大きく分けて3つご紹介します。

規則正しい生活を心がける

梅雨時期だけではありませんが、やはり規則正しい生活は健康維持に欠かせない点
身体がだるいからといっていつまでも寝ていては逆効果になりますので、しっかり早寝早起きを心がけましょう。

栄養バランスの良い食事やストレスをためない生活も大切です。

中でも玄米や海藻・魚・大豆・乳製品・卵などは自律神経を整え、柑橘類や梅干し・お酢などのクエン酸が含まれるものは疲労回復効果があります。
これらを中心に摂取しておくことで、梅雨時期にも負けない体づくりができます。

身体を冷やさないようにする

ムシムシする季節なので、薄着で過ごしたりエアコンや除湿を入れがち。
また冷たい飲み物を無意識に欲したり、食事も麺類で済ましてしまいます。

身体を冷やすことも不調をもたらす原因の一つ。
カラダ全体がむくみやすくなったり、胃腸が弱ってしまいます。
温かい飲み物を飲んだり半身浴で身体を温めることを意識しましょう。

適度な運動を心がける

雨で外に出ることが減る分、運動不足になりがち。
室内でもできるヨガなど、ちょっとしたエクササイズを行い運動不足を解消しましょう。
交感神経が活発になり清々しい気分になります。

更に運動して汗をかくことで、湿気でおおわれていた汗腺を開き老廃物を出すこともできます。

その際、発汗作用のある食べ物である生姜・唐辛子・山椒・ネギなどを食べることで効率よく汗を出します。

梅雨は湿気も多く、雨ばかりで気も滅入ってしまいます。
ですが気分を変えるためにできる改善法はたくさんありますね。

ただし、あまりにも症状が改善されない場合は医療機関に行かれることをおすすめします。
本当に体調を崩し、寝込んでしまっては意味がありませんからね!

健康生活のための必須情報まとめはこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000