アンチエイジングや便秘解消も!こんなにもあったカカオ効果

閲覧回数 : 1,330 views

このサイトでもたくさんのスーパーフードをご紹介してきましたが、チョコレートやココアの原料「カカオ」も高い抗酸化作用をもったスーパーフードのひとつです。

美容や健康以外にも便秘解消=ダイエットにもなる「カカオ」。実はまだまだ嬉しい効能がたくさんあるんですよ。
そこで今回は「カカオ」の効果や食べ方についてご紹介します。

cacao4
72%、85%といったカカオを多く含んだ「高カカオチョコレート」。スーパーやコンビニでもをよく見かけますが、美容や健康にも良いと知られてからは、チョコレートはもうこれしか食べないという人がとても増えてきているのだとか。

2月に放送されたNHKの「あさいち」でも高カカオの効能が紹介されており、実験では週に1~2度しかお通じが来ない女性8人に毎日25gを食べ続けてもらったところたった2週間で週5に改善。カカオプロテインという成分が食物繊維と同じ働きをしながら腸内環境を整える働きがあることがわかったのです。


 カカオ豆とは

cacao1
カカオ豆はチョコレートやココアの原料になるもので、樹になった果実の中にある種のこと。

中南米や南アフリカがおもな生産地で、1本に50個ほどの果実をつけ年に2~3回収穫されますが、スーパーフードとしてよく使われるのは、外皮を取り除き砕いた「カカオニブ」と、これをパウダー状にした「カカオパウダー」です。

チョコレートやココアの原料になるのはカカオニブを焙煎し圧縮して固形状に固めた「カカオマス」。
これに砂糖や油脂、乳製品を加えてミルクチョコレートができるのです。

 カカオ豆の栄養成分

cacao2
カカオ豆には加工されたチョコレートからは摂りにくい栄養成分がとてもたくさんあります。ひとつずつみていきましょう。

①ポリフェノール・カテキン
カカオの注目すべき成分は抗酸化物質であるポリフェノールやカテキンを豊富に含んでいること。とくにカカオ豆のポリフェノールは赤ワインやアサイ―よりもずば抜けて含有率が高いのです。ポリフェノールは細胞の酸化を防いだり、ストレスを和らげたり、がんの原因である活性酸素の働きを抑制したり、眼精疲労の予防や美容にもよいといわれています。そのほか脳の血流を増やし認知症予防や高血圧や糖尿病を防ぐ効果もあります。

②デオブロミン
苦み成分であるデオブロミンには集中力を高めたり、自立神経に働きかけリラックスさせる効果があります。

③ビタミンCやマグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラル
ビタミンやミネラルが豊富で、とくに不足しがちなマグネシウムが多いため心臓の機能を支えたり、イライラを防いで気分を落ち着かせる働きがあります。

④フェニルエチルアミン
フェニルエチルアミンは集中力を高めたり気力アップにも貢献します。
また食欲を抑える働きがあるので食べ過ぎを抑えることができます。

⑤食物繊維
水溶性食物繊維を含み便通を良くする働きがあります。同時に腸内環境も整えるので代謝が良くなり太りにくい身体をつくるサポートをします。

⑥オメガ6脂肪酸
カカオには必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸も多く含まれています。
オメガ6脂肪酸には血糖値やコレステロール値、血圧を下げたり、肌の保湿成分である「セラミド」の生成を助けたりする働きがあります。

⑦アナンダミド
アナンダミドは「至福物質」ともいわれていて、脳内伝達物質の一種でドーパミンやセロトニンと同じように幸せな気分をもたらし、痛みをやわらげる効果があります。

 カカオニブやカカオパウダーを摂るメリット

cacao3
これだけ多くの栄養成分をもつカカオ豆ですが、高熱処理されたチョコレートにはそのほとんどの栄養が残っていません。

また一般的なチョコレートには製造過程で砂糖や植物性油脂、香料などの添加物がたくさん入っているため、食べ過ぎは禁物です。

その点、カカオニブもカカオマスも低温で焙煎されたローカカオのため栄養成分や酵素、香ばしい香りも残ったまま。粉砕される前に脂肪分も除かれているためヘルシーなのです。

 カカオの食べ方

カカオニブやカカオマス(=カカオニブの粉末)の食べ方はそのままでも食べられるのでとってもシンプル。デザートのトッピングに加えたり、ドリンクに混ぜるのが一般的です。

チョコレートのようにぽりぽり食べても美味しいですし、いつものシリアルに加えてみるのもOK!

クコの実やレーズンなどのドライフルーツやナッツ類ととても相性がいいので、おやつやおつまみにも向いています。

 カカオの適正摂取量

そんな高カカオも食べる上でひとつ注意点があります。
それはいくら栄養成分が多くても食べ過ぎないこと。
というのは普通のチョコレートに比べて高カカオはカロリーが高めなのです。
100gでおよそ600kcalあるので1日25g程度に抑えましょう。

スーパーフードのなかでは手頃な値段で手に入るカカオニブやカカオパウダー。
高価なアンチエイジングサプリやダイエットサプリを買うよりもずっと経済的ですし節約にもなります。

【カカオニブ オーガニック】

 

【カカオパウダー オーガニック】

 

ネットでもたくさんのメーカーから販売されていますが、オーガニックカカオがおすすめです。
食べる量さえ守れば、毎日おいしく食べながらアンチエイジングや健康なからだづくりができそうですね。


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000