オメガ3がたっぷり!インカインチオイルの効能とおいしい食べ方≪レシピ≫

閲覧回数 : 7,734 views

健康に生きるために必要不可欠な必須脂肪酸「オメガ3」。
このオメガ3を50%も含有する「インカインチオイル」(別名:グリーンナッツオイル/サチャインチオイル)が今、大注目されています。

2017年4月17日には、草野仁さんと東野幸治さんがMCを務めるテレビ東京番組「主治医が見つかる診療所」でも紹介されました!

当サイトでも既に「インカインチオイル」についてご紹介済みですが、今回はオメガ3の効能やおいしい食べ方についてご紹介します。


良い油と悪い油を見極めよう

食用として使われる油にはたくさんの種類があります。
そのなかで、摂りすぎると健康を害する悪い油もあれば、体の不調の回復や健康維持につながる「積極的に摂りたい良い油」があります。
インカインチオイルは不飽和脂肪酸に分類されるオメガ3を大量に含んでいます。不飽和脂肪酸は体内で固まりにくい性質をもっていて、中性脂肪を正常値に戻す働きもあるため、積極的に摂りたい良い油なのです。

またオメガには3つの種類があります。化学構造の違いから、ほかにオメガ6、9があります。
これらは体内で生成することができず食事から摂る必要があるため「必須脂肪酸」とも呼ばれています。

◇オメガ3・・・アルファリノレン酸やDHA、EPAを多く含む
(青油、くるみ、グリーンナッツ、えごま、亜麻仁など)
◇オメガ6・・・リノール酸を多く含む
(紅花油、菜種油、サラダ油、ひまわり油、マーガリンなど)
◇オメガ9・・・オレイン酸を多く含む
(エクストラバージンオイルなど)

このなかで一番摂りにくいのがオメガ3で、反対に摂り過ぎてしまいがちなのがオメガ6。
オメガ6は摂り過ぎるとドロドロ血になり、動脈硬化、脳梗塞の原因をつくるなど身体の機能を狂わせます。またアレルギー症状を促進させるため、アトピーや花粉症などで苦しむ人が急増しているのです。

問題視されているのがこの摂取バランスで、オメガ3とオメガ6の理想的な摂取比率は1:4です。が、現代人の食生活は急激な欧米化によって今や1:10とも1:20とも言われているほど偏っているのです。

オメガ3は血液をサラサラにするなど、オメガ6とは正反対な働きをします。
細胞膜など身体を構成する重要な成分のひとつですが、他にもさまざまな効能があります。
≪「インカインチオイル」に50%も含まれるオメガ3の効能≫
①脳や神経の健康維持(うつ・認知症予防
アレルギーなどの炎症を抑える
③血流を改善
悪玉コレステロールを下げる
⑤ガンの予防

このように身体の全ての機能を正常にする働きがある優秀なオメガ3ですが、酸化しやすいという短所もがあります。そのため加熱料理には向いておらず、生の状態で摂るのが理想的。

ただし「インカインチオイル」だけは原料のグリーンナッツ自体にビタミンEを多く含むので熱を加えても酸化しにくいのだとか。
抗酸化力はオリーブオイルやえごま油、亜麻仁油の2.5倍)もあり、揚げ物以外の加熱料理ならしっかりオメガ3が摂れるので「美味しくて酸化しにくいオイル」として注目を集めているというわけなのです。

燃焼されやすいオイル「インカインチオイル」

中性脂肪値をサポートするオメガ3を多量に含むインカインチオイルですので、当然ダイエットにも向いています。
オメガ3は身体に取り込まれると燃焼されやすい性質があり、体内に残った燃えにくい油とバランスを取ってくれるのです。
車の整備で手についた重油はお湯や石鹸では落とせませんが軽油でしっかり落とすことができます。
この原理と同じで「インカインチオイル」の質の良い油が体内に蓄積された油を押し流し、自らも燃焼。

結果、悪玉コレステロールを減らすので「インカインチオイル」を取り入れた人に「油を変えただけで自然に体重が落ちた」という声が多いんですね。

「インカインチオイル」の美味しい食べ方

「そんなに身体に良い油なら積極的に摂ってみたいが、味にクセは? 不味くないの?」という声が聞こえてきそうですが、ナッツ類が好きな人には好まれる味かと思います。少々青臭さはありますが香ばしくおいしいのです。
えごま油やオリーブ油ほどクセはないので、むしろとても食べやすいオイルといえるでしょう。

≪インカインチオイルの美味しい食べ方≫
①サラダにふりかけて食べる
②タンパクな白身魚より赤身のマグロの方が美味しい
③味や風味の強い味噌やショウガ、ニンニク、バジルとの相性は抜群
④そのままパンにつけて食べる
⑤熱いスープ味噌汁に混ぜても美味しい
⑥ペペロンチーノパスタや野菜炒めなどの炒めものにも

味にクセがなくサラサラしているので基本的にどんな料理にも合ますが、美容と健康には生で摂るのが一番です。
サラダにそのままかけたり、納豆に混ぜたり、自家製ドレッシングなどに利用している人が多いようです。

《フレンチドレッシング》の作り方
【材料】
インカインチオイル 150CC
マスタード 小さじ1
塩・コショウ 適宜
白ワインビネガー 大さじ1
【作り方】
すべての材料をボールに入れ泡だて器でとろみがつくまで混ぜる。

《レモンマヨネーズ》の作り方
【材料】
卵(常温に戻しておく) 1個
酢  大さじ1
インカインチオイル 150CC
砂糖 こさじ1
塩・コショウ 適宜
【作り方】
すべての材料をブレンダーで30秒撹拌して出来上がり。
春野菜や温野菜を食べる直前にふりかける。

「インカインチオイル」はホームベーカリーの手作りパンにも使用でき、さまざまな料理に大活躍します。「オメガ6を抑えオメガ3を意識的に摂る」良い油で身体の内側から健康になりましょう!

【試してみた】編集部スタッフによる節約術リアル検証日記
staff


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
オメガ3がたっぷり!グリーンナッツインカインチオイルの効能と効果的な使い方≪レシピ≫オメガ3がたっぷり!グリーンナッツインカインチオイルの効能と効果的な使い方≪レシピ≫