美容に嬉しいパワーも!夏の定番ドリンク「麦茶」の知られざる効果・効能

閲覧回数 : 946 views

暑い夏に飲みたくなる麦茶。
キンキンに冷えた麦茶は香ばしくてとっても美味しいですよね!
カフェインが入っておらず、赤ちゃんから飲むことができる麦茶には実は嬉しい効果がたくさん詰まっています。

中には虫歯予防や女性に嬉しいアンチエイジング効果まで!

そんな夏の定番ドリンク、麦茶の効果・効能を一挙ご紹介したいと思います。


麦茶をおさらい!

麦茶はその名の通り、大麦の実を使ったお茶。
殻のまま炒り、お湯で煎じて作られます。

現在ではティーバッグを使って簡単に作れるようになりました。
水出しや煮出しなど、作る方法によって味が異なるのをご存じですか?

煮出し

水から火にかけ、沸騰させて作る煮出しは味がしっかり出るのがポイント
水を沸騰させるので衛生的にもメリットがあります。

やかんを洗う手間や麦茶の熱を冷ますまでに時間がかかりますが、一番おいしい手順になります。
ちなみに我が家も煮出しで麦茶を作っています。
香ばしい風味でとってもおいしいですよ~!

お湯出し

お湯の中にティーバッグを入れ、火にかけます。
煮出しより早く作ることができますが、味は少し物足りません。
ですがやはり一度沸騰させているので衛生的には安心。

こちらもやかんを洗う手間や、できあがった麦茶の熱を冷ますまでに時間がかかります。

水出し

水の中にティーバッグを入れておくだけでできる一番手軽な作り方。
ポットにそのまま作れるので、移しかえる手間などが発生しません。

ですが煮出さない分、風味が物足りない場合があります。
また、1日では薄いので数日間ティーバッグを入れっぱなしにしなければなりません。

このように作り方1つで味や風味が異なります。

麦茶の驚くべき効果・効能

では早速麦茶に隠された驚くべき効果をご紹介しましょう。

身体を冷やす効果がある

大麦には身体を冷やす作用があるといわれています。
真夏の暑さで火照った身体をクールダウンするにはピッタリな飲み物です。
この効果は麦茶特有の効果であり、ウーロン茶や緑茶にはありません。

ただし、体調のすぐれない方は飲み過ぎに気をつけましょう。
氷を入れずに飲んだり、人肌に温めて飲むことをおすすめします。

虫歯効果がある

麦茶にはバクテリアが歯に付着するのを予防する効果があります。
虫歯の主な原因となるミュータンス菌の菌膜生成を阻止してくれます。
麦茶で多少なりとも虫歯を予防できるのなら、子供に進んで飲ませたくなりますね。

エイジング効果がある

成人病やガン・老化などの原因とされている活性酸素。
普通に生活しているだけでも作られてしまうといった点もあります。

そんな活性酸素を抑制する効果がある成分が「抗酸化成分」
実は麦茶には抗酸化作用のある成分が含まれています。
飲むだけで簡単にエイジング対策が始められるのは手軽ですよね。

身体のむくみにも効果がある

麦茶に含まれるカリウムは、利尿作用があります。
毒素を身体の外へ排出させ、むくみを解消します。

カフェインが含まれていないので、妊婦さんの身体のむくみ解消にもおすすめ。

このように、麦茶にはさまざまな効果・効能があります。
ノンカフェインなので小さいお子様から妊娠中の女性まで安心して飲める麦茶
ぜひ今年の夏を麦茶で乗り切りましょう!




著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000