乳製品アレルギーでも大丈夫!あさチャンで紹介のTGGヨーグルト(豆乳ヨーグルト)の効果と種菌の作り方

閲覧回数 : 10,317 views

2015年7月2日、TBSのあさチャンで紹介された豆乳と玄米で作るヨーグルトが話題になっています。玄米にT(豆乳を)G(グル)G(グル)混ぜて作るので、別名「TGGヨーグルト」とも呼ばれているそうですがご存じでしょうか?

この「TGGヨーグルト」で15キロ痩せたり、吹き出物がキレイになくなって美肌になったり嬉しい効果を実感する人も多いのだそうです。

それだけではありません。牛乳を使わないので乳製品アレルギーの方でも乳酸菌をしっかり摂ることができるんです。そこで今回はTGGヨーグルトの効能とあさチャンで紹介された「TGGヨーグルト」の作り方についてご紹介します。


なぜ乳製品アレルギーでもTGGヨーグルトは大丈夫なのか?

なぜ乳製品アレルギーの人でも大丈夫なのかというと、玄米と豆乳が発酵してできるTGGヨーグルトの中身は植物性の乳酸菌だからなのです。しかも動物性に比べて植物性の方が乳酸菌の数が半端なく多いんです。動物性乳酸菌1gに数億個の乳酸菌に対して植物性には1gになんと19億個もの乳酸菌が含まれているというのですから驚きですよね。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌のちがい

動物性の乳酸菌と聞いて思い浮かぶのは「ヨーグルト」や「チーズ」。このような乳製品に多く含まれています。

植物性の乳酸菌は植物に含まれる乳酸菌です。代表的なものが野菜や大豆、お米の糠などを発酵させたものに多く含まれます。とくに漬物に使われる糠や味噌にも多く含まれているんですよ。

2つの違いはその生命力。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌のちがいは生命力と働き方です。
動物性乳酸菌は「乳糖のみを分解」し、他の菌と共存せず単独で生きています。栄養が豊富な場所でしか生きることができず胃酸や塩分に弱いので、生きたまま腸に到達することが難しいのです。ただ、死滅してもエサとして植物性乳酸菌の働きを助けるので必要な乳酸菌で、摂っても無意味ということではありません。

対して、植物性乳酸菌は栄養素が少ない場所や過酷な環境でも生き抜くことができるとても強い菌です。塩分や胃酸にも強く、生きて腸まで届きやすく、整腸作用も高いので乳酸菌が持つ本来の役割を十分に発揮でします。
乳酸菌が効率よく働くには腸内で増殖を繰り返すことがポイント。エサになってくれる動物性乳酸菌は植物性乳酸菌にとって強力なサポーターになってくれるんですね。

乳酸菌の効能

乳酸菌には高い整腸作用があり腸内環境を整えるので。さまざまな身体の不調を改善させます。

1.免疫細胞の活性化でアトピーなどのアレルギー症状の改善

2.抵抗力UPで風邪予防

3.腸内を酸性に保ち毒素の侵入を防ぐ

4.有害物質や老廃物を排出

5.腸内環境を整え便秘の解消

6.吹き出物が減り美肌効果UP

7.新陳代謝アップで体脂肪が減る

「健康は腸で決まる!」と言われているように、腸内環境を整えるとたくさんの嬉しい効果を実感できそうですね。それでは、あさチャンで紹介された別名「TGGヨーグルト」をさっそく作ってみたいと思います。

TGGヨーグルト「種菌」の作り方

≪材料≫
○ふた付きの容器
○玄米(生)・・・ティースプーン山盛り1杯
○無調整豆乳・・・200ml

≪作り方≫
①軽く洗った玄米を容器に入れ、次に豆乳を60ml入れる
(目安は玄米が豆乳にかぶる程度)

最初浮いていた玄米も暫くすると沈みます。

②ふたをして1日半~2日常温で。トロッと固まったら1回目の発酵は完了。
(夏場の暑い時期は発酵が進行が早いので半日~1日で固まります)

③同量の豆乳を追加してさらに放置。
玄米に触らないよう豆乳の部分だけを軽く混ぜて6時間から半日おく。

目安は容器を傾けても動かず固まっている程度。これで2回目の発酵は完了。

④残りの豆乳を追加してふたをしたまま5~8時間おく。
固まったら種菌のできあがりです。

意外と簡単にできました。(本当に玄米と豆乳でヨーグルトができちゃうんですね♪)
見た目はヨーグルトというよりも少し固めで、ミルクプリンのようです。

種菌ができたら・・・
カップにスプーン1杯程度の種菌と適量の(お好みで)豆乳を加えてグルグルかき混ぜ、ラップをかけて常温で一晩おくと、TGGヨーグルトの完成です。
もとの種菌は冷蔵庫で保管し、食べる分だけを取り出して使います。
食べてみた感想ですが、市販のヨーグルトよりも酸味が少なく美味しいです。
クセがないので、カレーやパン生地などに混ぜて使っている人も多いようですね。
また、豆乳の種類によってヨーグルトの味も変わるそうなので、お気に入りの味を追求してみたいと思います。


注意点は常温で種菌を作るため、発酵し過ぎを避けることです。特に夏場は室温が高く過発酵になると、乳酸菌よりも酵母菌の方が増えるため、分離したり表面がボコボコすることがあります。とにかく固まっていたら発酵が完成しているということなので、すぐに次の工程に進みましょう。
また、手の雑菌が入らないようにすること、事前の煮沸消毒は必須です。

腸まで届き大活躍する頼もしい植物乳酸菌の「TGGヨーグルト」。乳酸菌は毎日摂り続けることが大切です。効能や役割も乳酸菌の種類によってちがうため、効果を実感するにはいろいろな食品から摂ることが理想です。出来上がった種菌に豆乳を追加するだけで毎日19億個もの乳酸菌が手軽に摂れるなら、ぜひ毎日の習慣にしたいものですね。長い目で見れば健康=医療費の節約にもなりますよ。

⇒ダイエット&スーパーフードはコチラ


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
あさチャンで紹介≪豆乳&玄米で作る≫TGGヨーグルト(豆乳ヨーグルト)の効果と種菌の作り方あさチャンで紹介≪豆乳&玄米で作る≫TGGヨーグルト(豆乳ヨーグルト)の効果と種菌の作り方