【株主優待2017】10万円で買えるおトク銘柄(桐谷さんもオススメ!)

閲覧回数 : 21,870 views

いまや主婦層にもすっかり定着した“株主優待”

過熱するブームによって優待目当てで株を購入する人が年々増え、株主優待の内容次第で株価が左右されたりという話も・・・

ただ、いざ株主優待を始めようにも世の中にはあまりにもたくさんの企業が存在するので、どこの企業が株主優待を行っていて、どの会社がおすすめなのかを把握するのもひと苦労。

そんなときは、株主優待といえばこの方、桐谷広人さんのおすすめに従ってみるのも手ですね。

おりしも、『日経WOMAN 3月号』にて、桐谷さんがおすすめする10万円以下で買える銘柄という記事が掲載されていました。

そこで今回は、同記事をベースに、10万円以下で買えるお得銘柄を紹介したいと思います。


1.カラオケ好き必見!シダックスでとことん歌おう!

シダックス(ジャスダック・4837)

カラオケでご存知、シダックスも株主優待に力を入れています。
優待の内容も当然、カラオケルーム利用権なんですが、なんと100株以上で2700円分と、なかなかの大盤振る舞い!

実はシダックスって、カラオケ店運営だけでなく給食の受託サービスもやっているので、飲食もイケる会社なんです。
そのノウハウがあるから、シダックスのカラオケ店はフードも充実してるのは知る人ぞ知る話。
みんなで盛り上がってるとついいろいろとオーダーしたくなってしまうから、2700円分の利用権はうれしいですね!

k1

2.家電量販店の王・ヤマダ電機も株主優待に参入!

ヤマダ電機(東証一部・9831)

言わずと知れた、家電量販店の最大手。近年はアマゾンなどネット販売店に押され気味ですが、巻き返しを図るべく、自店舗で使える優待券をプレゼントしています。

もらえる額は、そのときの業績などによって異なるようですが、たとえば今年2016年の場合、100株以上で3月期は1000円分、9月期は2000円分の優待券が届く予定です。

最大手のお店ですから、あなたの家の近くにもヤマダ電機があるかもしれませんね。
株主優待の銘柄を選ぶにあたっては、お店が近場にあって利用しやすいなどという点も考慮するのがポイント!
せっかく高額な優待券をもらっても、使えるお店が近くになければ意味ないですもんね。

k2

3.エディオンで激安家電をさらに安く!

エディオン(東証一部・2730)

主に西日本の方にはヤマダ電機よりもなじみが深いかもしれない、家電量販店の雄・エディオン。
ただでさえ国内の需要が縮小し、業界の競争も激しさしなかにあって、エディオンは増収増益を達成。
好調を反映してか、優待券も100株以上で3000円分とかなりインパクトのある金額です。

お近くに店舗がなくても、エディオンの通販でも利用可能なので使い勝手の良さも魅力です。

k3

4.毎日使う美容液、高級品は自分で買うより優待でゲット!

ナック(東証一部・9788)

おそらくナックという会社名を聞いてピンと来る方はそんなに多くはないでしょう。
実はこの会社、あの「ダスキン」のナンバーワン加盟店で、それ以外にも注文住宅事業や宅配水事業など、暮らしにかかわる事業を手広く行っている知る人ぞ知る企業なんです。

そんなナックの株主優待品はなにかというと、これまた意外な美容グッズ!
でも、たしかにこれだって毎日の暮らしに欠かせないアイテムですよね。
しかもこちらの優待でもらえるのは、
・通常価格4690円の「Coyori美容液オイル」
・通常価格3000円の「Coyori海の泥パック」
という高級ラインナップ!

普通に買うとなると、エイヤッ!という勇気のいるもの(笑)
優待品としてもらえるならもらわなきゃもったいないですよ。

k4

5.一式そろえると結構なお値段になってしまう掃除グッズも・・・

DCMホールディングス(東証一部・3050)

こちらも会社名は聞きなれないかもしれませんが、店名を聞けば「あぁ~!」となるはず。
ホームセンター大手のカーマダイキを運営しているのがこちらDCMホールディングスです。

最近、イオンやセブンイレブンなどの小売り店舗ではプライベートブランドの販売が目立つようになりましたが、実はこちらも多岐にわたる品目でプライベートブランドを用意。
株主優待でのプレゼント品も、そんなプライベートブランド品から、おそうじグッズなどの商品詰め合わせという内容です。

お掃除グッズなんてなんか夢がないなあと思われるかもしれませんが、そもそも生活の必需品であり、まとめて買うとけっこうなお値段になってしまうもの。
トキメキは他の優待銘柄にお任せして、ここの優待品ではしっかり節約につなげましょう!

k5

6.2500円分の食事券と商品、どちらを選ぶ?

ヴィア・ホールディングス(ジャスダック・7918)

ヴィア・ホールディングスは首都圏を中心に居酒屋やスイーツショップ、レストランなど多数のブランドを展開する企業。
会社名は聞いたことがなくても、運営しているお店は誰もが一度は利用したことがあるんじゃないかっていうくらい、多店舗を運営しています。

例を挙げると・・・
プリンが評判の「パステル」、ポップな中華の「オリーブの実」、洋食レストラン「オーブン亭」、焼き鳥居酒屋「とりげん」
などがあり、これらはあくまでほんの一部。
他のブランドは下記の公式サイトでチェックしてみてくださいね。

参考:株式会社ヴィア・ホールディングス 公式サイト

このヴィア・ホールディングスで100株以上を保有していると、グループの自社店舗で使える食事券を2500円分もらえます。
1000株まで株数に応じて増額できますから、かなりの飲食費を優待券で賄えますよ!

k6

7.コンタクトレンズの会社なのに、まるでふるさと納税(笑)

シード(東証二部・7743)

シードといえば、CMなどでもおなじみのコンタクトレンズの会社。
株主優待の内容も、当然、コンタクトのケア用品セットなどがあるんですが・・・

実はここ、なぜか地方の名産品から選ぶこともできるんです。
2016年2月現在、公式サイトには「新潟こしひかり」、「福島桃のプリン」、「宮崎県産和牛のお肉」、「北海道産いくらのしょうゆ漬け」など地方色豊かな名産品が並んでいます。
まるで、最近話題のふるさと納税みたいですね(笑)

参考:【ふるさと納税】節税しながら特産品ゲット

ちなみに、地方の名産品を選ぶコースを選択する場合、株式の保有が長いほうが有利となっています。
たとえば、100株以上~1000株未満で3年未満の保有の場合は、1000円相当の品。
一方、同じ株数でも3年以上の保有であれば、なんと3倍の3000円相当の品と交換できるという仕組みです。

いったん株を買ったら、頻繁に売り買いせず長期間にわたって保有したいという方にはすごくおすすめの銘柄ですね。

k7

8.子どもの写真、かわいいけどお金がかさむんですよね!(泣)

キタムラ(東証2部・2719)

もはや「写メ」というのも死語になったほど、のケータイのカメラ普及や、デジカメの浸透で、写真は現像に出さずデジタルデータのままパソコンなどに保存する人が増えました。

そんな時代に、キタムラのようなカメラショップはどうやって生き残りをかけてるんだろうと独身の筆者は不思議だったんですが、同僚に聞いてなるほど!と思いました。

たしかに、撮った写真すべてを現像に出すことはなくなりましたが、「この1枚はプリントして記念に飾っておきたい!」という需要は根強くあるんですよね。
特にお子さんがいる家庭にはそういうニーズが強いそうなんです。

しかも最近では、お子さんに思い思いの衣装を着せて撮影するスタジオサービスもやっていたりして、これがけっこう高単価なんだとか。

ただ、かわいいわが子や孫のためにお金は惜しくないとはいえ、やはり懐に限界はあるもの。
キタムラの株主優待は、100株以上でカメラ購入はもちろんスタジオ撮影にも使える優待券1000円をプレゼントしているので、カメラ好きな方もお子さんのいる方も、ぜひ検討したい銘柄です。

k8

9.人気の美容室TAYAでのカットも株主優待券で!

田谷(東証一部・4679)

あなたはひとつの美容院にとことん通い詰める派ですか?
それとも、初回割引券などを片手にどんどん開拓する派?

どちらにせよ、美容室の料金は馬鹿になりませんよね。
カットに加え、パーマやカラーもやってもらうと、あっという間に料金1万円超え・・・

美容は楽しみと同時に“たしなみ”のひとつとはいえ、やはり出費は抑えられるに越したことはありません。
髪が伸びない人はいないからこそ、美容師の利用料が大幅割引になるクーポンなどはありがたいもの。

こちら田谷は、有名美容室TAYAを展開する会社。あなたの街にも店舗があるんじゃないでしょうか?
こちらの優待内容は、100株以上で2160円分など、保有株数に応じた利用権。
もし近隣に店舗がない場合は、オンラインでグッズと交換もできますよ!

k9

<番外編>予算10万円超えだけど、ディズニーはやっぱり魅力!

オリエンタルランド(東証一部・4661)

今回のテーマ「10万円で買えるお得銘柄」の10万円という予算を大幅に超えてしまうのですが、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの株を保有したいという方はやはり多いですね。

100株約70万円分を保有してようやく、東京ディズニーランドorシーで使える1デーパスが1枚なので、決してお得感は高くありません。
この会社は株価が安定しており、ディズニー人気で知名度も高いため、わざわざ株主優待に力を入れなくても買いたいという方がたくさんいるんですよね。

ただ、熱心なディズニーファンの方のなかにはここの株を保有することに誇りを持っている方も少なくないようで、もしあなたも夢の世界を運営する企業を応援したいと思ったら、ぜひ株を買ってみてはいかがでしょうか?
けっして安い買い物ではありませんが・・・笑

k10

まだまだたくさんある!低予算で変えるお得な優待銘柄

ここまで、合計10社の株主優待を見てきました。
テレビCMなどでおなじみの会社もあれば、あまり聞かないけど実はあのお店を運営していたりする会社など、さまざまでしたね。

共通しているのは、いまや本当にいろんな企業が株主優待に参戦し、力を入れていることです。
「ライバルがやっているのに、うちがやらないわけには・・・」みたいな感じで、どんどん競争が激しくなっているんでしょうね。

日経ウーマン2016年 03 月号

株主優待情報のまとめページはコチラ



著者情報
モリオ

モリオ

モリオの書いた他の記事を見る

車を持ってないのに車が好きな横浜在住30代男子。都市部では車は贅沢品!持たないことが節約なんです!…と買えない言い訳をこぼしつつ今日も役立つ情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000