2016年4月 熊本地震に関するお役立ち情報まとめ

閲覧回数 : 992 views

4月14日の夜に、熊本県を震源とする最大震度7の強い地震が発生しました。
1週間がたちましたが今だに余震は続いており、不安な気持ちを抱えている方も大勢います。

電気や水道などのライフラインは地域によって停止しているところもあるようですが、携帯会社や大手通信会社などはWi-Fiの無料解放を行いました。
そのおかげか、災害時のインフラとして大きな役割を果たしているそうです。

そこで、節約大全でも今回の熊本地震に関するお役立ち情報などをまとめました。
支援者だけでなく被災者の方にも役立つ情報を随時更新します。


 支援者に読んでもらいたい記事

支援者ができることは限られています。
やはり一番効果が高く被災地のためになるのが募金。

義援金・支援金の寄付法まとめ

hand今回の熊本地震で被害を受けた方への、義援金や支援金の受付が始まっています。やはり物資よりも現地が必要としているのはお金。中でも支援金は、今現場で復興活動を行っているNPO団体の資金に繋がります。一刻も早い復興を実現させるためにも、あなたも手をさし伸べましょう。

個人でできる熊本地震への義援金・支援金の寄付法まとめ

 被災者に読んでもらいたい記事

被災地で大変な生活をしている被災者の方に役立てて頂きたい情報をご紹介します。

車中泊はエコノミークラス症候群に注意!

car今回の地震で車中泊をしている方も多いのが現状。そこで注意すべきなのが”エコノミークラス症候群”。同じ姿勢で座っていると血の塊(血栓)ができ、その塊が身体を動かしたときに一気に流れることで肺動脈に詰まり呼吸困難、そして死に至る最悪なケースも。すでに熊本地震では数名の方がエコノミークラス症候群でなくなっています。
地震から逃げられても違うケースで命を落とすことがあることを覚えておいてください。

【中毒者続出】車中泊入門!「走る別荘」で楽しむ春のお出かけ
(※上記ページ中盤の「車中泊、これだけは気をつけよう!」部分をご覧ください)

続く余震による地震酔いに注意!

memai
地震酔いは「後揺れ症候群」と呼ばれるもの。
今回のような大きな地震を体験すると、強烈な記憶として脳に刻まれ、脳がその記憶を再現しようとすることで”常に揺れているような感じ”が起こります。また、地震への恐怖や不安がストレスとなり、より症状を悪化させることもあるそうです。ストレッチをしたり歩いたりと身体を動かして気分転換することでカンタンに防げます。

地震?めまい?連日の余震が引き起こす「地震酔い」の症状と改善法をご紹介します。

熊本県内Wi-Fi無料開放!「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」

NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクなど、大手通信会社などが加盟している無線LANビジネス推進連絡会は、14日の地震を受けて熊本県内に設置している各社の無線LANを無料開放しました。
契約をしていなくてもWi-Fiを受けることのできるPCやスマホであれば、誰でも選択するだけで利用ができます。

利用方法は下記の通り。

・携帯電話のWi-FiをONにする
・SSIDで「00000JAPAN」を選択する

ちなみに0が5つ並んでいるのは、SSID一覧で一番上に表示させるためのようです。
今なお電波状態が不安定な熊本、無料開放されたWi-Fiを使えば連絡手段も広がります。

簡易スリッパで足元を守る!

地震が発生すると、ガラスやがれきが散乱し室内がかなり危険な状態になります。
特に今回の熊本地震のように夜中に発生した場合、真っ暗でまわりがどうなっているのか判断するのはとても困難。
安易に歩き回ってしまえばとても危険です。
とはいえ、混乱した状況の中すぐさまスリッパなど履物を手に取れるとは限りません。

東日本大震災時に役立ったのが”新聞紙で作る簡易スリッパ”
新聞紙が2枚あれば作れる即席のスリッパです。
ガラスの破片などが散乱する被災地では、あるとかなり重宝します。
ちなみに考案したのは小学生なんだとか…!素晴らしいですね!

 どちらにも読んでもらいたい記事

事前に知って備えるべき!地震速報でよくみる「震度」と「マグニチュード」の違い

kumo地震速報でよく見かける「震度」と「マグニチュード」、どちらも全く異なる意味合いの言葉ですが、あなたはしっかり説明することができますか?

続きを読む

 SIMフリースマホで緊急地震速報が受信できるのか?

地震が来る前に鳴り響く緊急地震速報。
あの独特な音は何度聞いても恐怖を連想させますよね。

通常、緊急地震速報はiPhoneやAndroidなど多くの携帯電話で対応しています。
ですが節約大全でもたくさんご紹介しているSIMフリースマホはどうなのでしょうか?

緊急地震速報は、電波が届く範囲のスマートフォン全員に情報を送り付ける「ETWS」というシステムによって配信されています。
この「ETWS」はNTTドコモが独自開発したシステム。
基本的にSIMフリースマホも受信することができますが、中にはETWS情報を受信する機能のないスマホも含まれています。

ただし、対応か非対応かの判断が難しいところ。
スマホのカタログなどにも記載がないため、実際に契約して使ってみないとわからないのです。

また、対応機種でも契約時にオフ設定になっている場合もありますので、一度設定を見直してみることをオススメします。


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000