【入手困難!】話題の加熱式タバコ「PloomTECH(プルームテック)」を試してみた

閲覧回数 : 226,446 views

こんにちは!愛煙家のしんえもんです!

先日の記事で購入予約をしたJTの加熱式タバコ「PloomTECH(プルームテック)」
プルームテックって何?という方はこちら
PloomTECH(プルームテック)購入予約記事はこちら

その後に届いた「購入可能目安期間」というメールにはこう記されていました。

ここからメール↓—————
想定をはるかに上回るお申込みをいただきましたため、しんえもん様の「購入」可能期間につきましては、10月以降となります。
しかしながら、遅くとも年内にはお届けできるよう鋭意取り組んでおりますので、詳細な日程のご案内につきましては、2016年9月上旬にご連絡致します。

↑メールここまで————–

年内厳しいって話だったから、多少は短縮したんでしょうけど・・・

あぁ、早くPloomTECH(プルームテック)を吸ってみたい!!

てなわけで、本来は4,000円で売っているプルームテックですが、楽天で売っているプレミアが付いたお高めのPloomTECH(プルームテック)を購入してしまいました。

【正規品】プルーム・テック スターターキット 本体

価格:19,380円
(2017/1/12 15:01時点)
感想(4件)

節約大全にあるまじき行為ですが、読者様にレビューを早く届けたいという思いからの行動でもあります。
(という苦し紛れな言い訳…)

それではPloomTECH(プルームテック)体験を写真付きでどうぞ!

PloomTECH(プルームテック)とご対面!

楽天で購入後、3日程度で商品が到着!
箱は結構でかいんです。
Photo_16-08-16-16-36-16.903

そしてオープンです!
灰色のがキャリーケース。
下のUSBが充電器で、棒状のものが本体になります。
Photo_16-08-16-16-36-12.296

IQOS(アイコス)とPloomTECH(プルームテック)の形状比較

まずはケースの大きさから比較!
PloomTECH(プルームテック)のケースは結構大きいですね。
ただ、中で充電するわけでもないのでこのケースでは持ち運ばなくていい気がします。
Photo_16-08-16-16-36-09.096

次は本体比較!
本体自体はIQOS(アイコス)のほうがPloomTECH(プルームテック)より太くて長いんですが・・・
Photo_16-08-16-16-36-05.660

これにタバコカプセルをセッティングして比較してみると・・・
Photo_16-08-16-16-35-16.864

細いけど長い!
ケースが大きめだったのはこの状態で収納するからだったんですね。

ケースに収納するとこんな感じ
DSC_9015

ただ、この細さならわざわざキャリーケースを使わなくても胸ポケットやかばんのペン差し・ペンケースなどに入れて持ち運んでもいいですよね!

こんな感じで!
IMG_0624

タバコ部分の比較!

箱は若干PloomTECH(プルームテック)のほうが大きいですね。
ただ気になる大きさではなく、普通のタバコよりも少し小さいくらいです。
Photo_16-08-16-16-35-43.786

気になる中身は?
タバコカプセルが5個とカートリッジが一本入っています。
ひとカプセル50パフ×5本=一箱250パフですね。
普通のタバコに換算すると、250÷20=12.5パフ/1本という計算になります。

アイコスが一本14回ほど吸えるのでちょっと少ない感じはしますね。
Photo_16-08-16-16-35-39.052

PloomTECH(プルームテック)の充電はどんな感じ?

付属のUSB充電器にくるくると挿して↓のようにパソコンで充電もできますし、コンセント用のアダプターもあるので、場所によって充電スタイルは変えらるので便利ですね!
Photo_16-08-16-16-35-47.248

PloomTECH(プルームテック)の気になるお味は?

プルームテックには、全部で3つの種類の味があります。
それぞれ吸ってみましたので、吸いごたえをご紹介しましょう。

Photo_16-08-16-16-35-09.967

まずはクーラーグリーン
こちらは見ての通りメンソールです。
1mmのメンソールのタバコに風味は似てるかなと思います。
長めに大きく吸い込めばそれなりにガツッと吸いごたえがあります。

Photo_16-08-16-16-35-05.836

次はクーラーパープル
これはブルーベリー味??です。
ちょっと新しい風味ですから表現しづらいのですが、においはブルーベリーガムですね。
こちらも長めに大きく吸い込めばそれなりにガツッと吸いごたえを感じることができます。

Photo_16-08-16-16-35-00.456

最後はレギュラー
これはもうタバコ風味です。
こちらはそれほど大きく吸い込まなくても結構ガツッときます。
ただ、しんえもんはこれを吸うと何故かむせて咳き込んでしまいます。
肺にくる感触はこのレギュラーが一番でしょう。

3つとも試してみて・・・
3種類ともに言えることなんですが、とにかく臭くないんです。
アイコスは独特の燻した感じの臭いがありましたが、PloomTECH(プルームテック)は嫌な匂いというのが全く無いんです。
むしろ、クーラーグリーンとクーラーパープルはほのかにいい香りすらするので驚きです。

どの種類を選んでもまわりの人に迷惑をかけるようなニオイは出ないのでなかなか優秀ですね。

PloomTECH(プルームテック)を吸ってみた感想とメリット・デメリット

先走って高めで買ってしまったPloomTECH(プルームテック)でしたが、しんえもんの感想は・・・

「凄くいい!!」

何よりのメリットは、スティックを胸ポケットに挿して持ち運べるというアイコスにはない手軽感!
面倒なセッティングもなく、ポケットからスッと取り出してそのまま吸うだけというのもスマートでいいですね!

また、車を運転中にアイコスを吸うのってセッティングが結構難しかったんですが、PloomTECH(プルームテック)なら手にとってそのまま吸うだけなのでとても便利です。

一回一回の充電も必要ないのもいいですね。

逆にデメリットなんですが、50パフするとPloomTECH(プルームテック)のLEDが12回点滅するのですが、昼間だと全然見えない!!
なのでタバコカプセルの換え時が分からずに延々吸ってしまう時もあります。

また、充電が切れる目安がないので突然電池が切れます。

一度充電しておくと結構長持ち(しんえもんの場合は3日目で充電が切れました)なので、ついつい充電を疎かにしてしまいますね。

詳しく書き出すときりがないので、メリット・デメリットに関しては別記事でガッツリ書いていこうと思います。

プルームテックの購入予約は公式サイトでできます。
しかし時期によっては予約をストップしていることもあります。
事前にJTスモーカーズIDを取得しておけばスムーズに予約ができますよ!

 プルームテックに朗報!

日本では福岡市限定で販売されているプルームテック。
販売地域が限られていることで、手に入れにくいといった印象がありました。

そんなプルームテックにこのたび朗報が!
日本たばこ産業によると、2017年6月から東京での販売を開始する発表がありました。
また、2018年には全国販売も開始するようです。

本来ならばもう少し早く東京展開するはずだったようですが、販売時期を伸ばした原因は品切れを避けるため。
現在福岡市でのみ売られていますが、それでも日々売り切れが出るほど在庫を確保できていないようです。
そういった事態を防ぐため、十分在庫を揃えてから販売に挑むんだとか…!

ってことは6月まで待てばプルームテックが手に入る、ということですね!
今はアイコスだけが全国展開しているのでアイコスユーザーが多いですが、今後はプルームテックユーザーも増えそうな気配がします。

どちらもタバコ特有のニオイが発生しないので、周りに気遣いができますね。

話題の臭くない煙が出ないタバコ『IQOS(アイコス)』を試してみた
入手困難!BATの加熱式タバコglo(グロー)を実際に体験してきた!

【正規品】プルーム・テック スターターキット 本体

価格:19,380円
(2017/1/12 15:01時点)
感想(4件)

関連記事
JT(日本たばこ産業)から発売!販売停止にまでなった話題のタバコ「プルームテック」とは一体?
話題の加熱式タバコ「PloomTECH(プルームテック)」を予約してみた

【節約大全】煙者向けおすすめ記事まとめページへ戻る
tabako


著者情報
しんえもん

しんえもん

しんえもんの書いた他の記事を見る

お酒に弱くヘビースモーカーのアラフォー独身。最近お腹や体臭が気になり始めました。流行物の加熱式タバコは一通り体験!肌カビや喫煙などレビューを中心に書いてます。

ピックアップ記事

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000