[タダで隙間時間を解消!]雨の日や外出先での退屈時間をお金をかけずに楽しむ方法とは

閲覧回数 : 1,204 views

お出かけができない雨の日または夏休みや冬休みなどの休日が続いた際、おうちの中で時間を持て余してしまうということはありませんか?
お子さんを抱えたパパ、ママは、きっとこのような経験があるのではないかと思います。
私自身2人の男の子を持つ母親なのですが、休みの日はこれが悩みの種だったりするんです。
また天気の悪い日に、お出かけするとなったらショッピングモールなどでの買い物が中心になってしまいがちではありませんか?
ですが、おうちでテレビゲームを一日中やらせるのは子供の健康に良くないですし、家の電気代にも優しくないですよね。

そこで、そんな時に我が家で実践している“お金をかけない遊び”をご紹介したいと思います。
小学生&幼稚園の息子達が大好きな遊びで、「あれやってー!」とリクエストされるほど人気なんです!


 YouTubeでイントロどんっ!

今や、どのご家庭にもスマホやパソコン、タブレット…など1台は必ずあるのではないでしょうか?
そういったもので閲覧することができる動画投稿サイトYouTubeを使った遊びです。
インターネット環境があればどこでも観ることができるので、おうちはもちろん外出先の待ち時間などにも大活躍する遊びですよ。
※公共の場など、場所によっては大きな音を出せない時があります。
公共の施設、乗り物内でのルールは守るように気をつけてくださいね。

遊び方はいたってシンプル。
子どもが好きな曲をYouTubeで検索し映像を見せずに再生します。
「これ何の曲?」と当ててもらうイントロ当てゲームです。
映像を見せてしまうと何の曲か分かってしまうので、お子さんに見えないように画面はしっかり隠してくださいね(笑)
ちなみに我が家で流す曲は、まずはヒーロー系のオープニングやエンディング曲です。
戦隊モノに仮面ライダーシリーズなど、現在放送中のものから過去のものまで!
↑宇宙戦隊 キュウレンジャーのオープニング曲「LUCKY STAR」YouTubeより

我が家の息子(7歳、5歳)達は、イントロがかかった瞬間
「はい!はい!はい!!!」
と大声で手を挙げます。
手を挙げるのが早かった方を先に指名するのですが、毎回どっちが早いかなんて選別できないほどのタッチの差。
「ぼくのほうが はやかったし!!」と兄弟ケンカ勃発(笑)。
それぐらい盛り上がってくれます。

ヒーローものが一通り終わったら「忍たま乱太郎」や「おじゃる丸」といった、Eテレでお馴染みのアニメはもちろん!
ドラえもんやクレヨンしんちゃん、好きなドラマの主題歌(最近だと、スーパーサラリーマン左江内氏など)まで(笑)
さらにテレビCMでよく聞く子どもが好きな音楽など、YouTubeにはたくさんの動画が入っています。
ここまでくると「YouTubeに入っていない曲なんてないんじゃないかな?」というぐらい揃っているので、ネタには困りませんよ。

誰でもどこでも気軽にできると思うので、お子さんが退屈している時など、ぜひやってみてくださいね!

YouTubeの動画アプリはコチラ

 これは何でしょう~!?3段階遊び

この遊びは、おうちで時間を持て余している時にできちゃう遊びです。
“3段階”と書きましたが、なんと1つの遊びで3段階楽しむことができるんですよ。
それでは、早速ご紹介しますね。

1段階目!“これは何でしょう”ゲーム

家にある自由帳やノート、広告の裏など使用するものは何でもOK。
頭に浮かんだものを、子どもが見ている前でイラストにして描いていきます。
そして、描いたものが何なのかを当ててもらうという単純なゲームです。

うちの子ども達は二人で対決するような感じで、どちらが多く当てることができるかを競います。
描いてから見せるのではなく描き始めのところから見せて、「何が出来上がるのかなぁ?」とわくわく感を持たせながら考えさせます。

子どもが小さかった頃は、花や動物、アンパンマンなど簡単なイラストを描いていましたが、小学生となった今はポケモンや妖怪ウォッチのキャラクターが定番になってきました。

でも、そういったキャラクターって結構複雑で難しいんですよね…。
スマホで検索してイラストを見ながら描くのですが、上手く描けなかった時は「それちょっと違う!」と言いながら子供が笑ってくれます。(笑)
上手く描けなくても子どもは喜んでくれるので、それはそれで楽しめますよ。
答えが分かったあとは「ママ、こうやって描くんだよ!」と、子ども達からレッスンを受けるなんてことも…(笑)。

実際に私がこの前描いたイラストを載せてみますね。

さて、これは何の絵でしょう?
まだこの段階では分からないかな?
ちょっと顔っぽいのが出来てきましたね!
ここまで来ると、知っている人ならもうわかりますよね。

はい!答えは妖怪ウォッチの“ひもじぃ”でした。

こんな風に子どもに見せながら描いていってくださいね。
また子どもが何のキャラクターか分かっても絵を描くのをやめずに、そのまま最後まで完成させてください。

2段階目♪遊びながら字の練習☆

先ほどの絵の下に、キャラクターの名前を書く欄を作ってあげます。

今度は子どもにペンを持たせて、キャラクターの名前を書かせてみましょう!
お子さんの年齢にもよると思うのですが、ちょうど字の練習をしたいお年頃の時期にはぴったりの遊びになると思います。
我が家の次男は幼稚園年長さんになったばかり。
ひらがなを一生懸命覚えているところなので、遊びながら良いお勉強になっています。
好きなキャラクターだと、なおさら頑張って書いてくれるので嬉しいですね。

最後の3段階目は…みんな大好き、ぬりえタイム!

描いた絵をそのままにするのはもったいないので、最後は自由に塗り絵としてお子さんに遊んでもらいましょう。

先ほどのイラストを鉛筆やシャープペンシルで描いた場合は、ボールペンなどで上からくっきりなぞってあげるといいかもしれませんね。
男の子でも女の子でもぬりえは好きな子が多いですから、だいたいのお子さんは楽しんでやってくれると思います。
ぬりえは集中力を持続させることができたり、鉛筆を持って手を動かす練習にもなります。

お店で売っているような、ぬりえのノートも好きなのですが、意外とすぐ飽きてしまいます。
たまにこういった手作りのぬりえを作ってあげると、最後まで喜んで遊んでくれますよ。

いかがでしたか?
一つの遊びで3段階も楽しむことができ、なおかつ字の練習もできるので、ママもなんだか得した気分になれちゃうかも!?
ぜひ、親子で一緒にやってみてくださいね。

 電車やバスの中で退屈してしまったら?

市役所や区役所、病院などの公共の場、電車やバスの中でお子さんが退屈したり、ぐずって大きな声を出してしまったり…。
そんな時って周りの方に迷惑がかからないようにと、お母さんとしてはヒヤヒヤしてしまいますよね。
小さなお子さんの場合、ルールをきちんと理解することが難しかったり、こちらが叱っても聞く耳を持ってくれないことも…。

そんな時にオススメしたい無料スマホサイトがあるのでご紹介します。

その名も
“しまじろうとでんしゃのルールをまもろう”

こちらはアプリゲームではなく、ベネッセのホームページにアクセスすることで遊ぶことができるものです。

お子さんが電車やバスの中でいる時、静かに座っていられるように気持ちを落ち着かせなければいけないことはもちろん、正しいマナーをきちんと伝えることも大切ですよね。

こちらのゲームを使うことで、電車やバスの中でしてはいけない行為についてをクイズ形式で学ぶことができます。
イラストで見ることができるので、小さなお子さんにもとても分かりやすいですよ。

このアプリを使えば公共のマナーを楽しく学びながら、お子さんも落ち着いて座っていられるのではないでしょうか。
また電車やバスに乗る前に、おうちなどでこのゲームをやっておくと効果が上がります!

お子さんが突然、大きな声で喋ったりハシャイだりしてしまった時など「しまじろうは何て言ってたかな?」と声をかけてみるといいかもしれませんね。

 子ども達と楽しい時間を共有しよう!

雨の日や、おうちで過ごす隙間時間、または外出先での退屈な時間…。
パパやママにとっては大変なことも多いかもしれませんが、少しの時間でもお子さんと一緒に楽しい時間を共有しましょう。
特に普段お仕事であまり会えないパパと遊べるならお子さんも、きっと喜んでくれますよ!

ぜひ、親子で楽しい時間を過ごしてくださいね。

【節約大全】子育てママに役立つ情報がいっぱいのまとめページへ戻る
kids


著者情報
まなまま

まなまま

まなままの書いた他の記事を見る

小学生&幼稚園児のメンズ兄弟を育てるシングルマザー。星野源の大ファン♡日々節約を心がけながらも自分の趣味への投資も忘れません。子育てに関する記事を主にお届けします♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000