電話はNG!小学校への欠席・遅刻連絡手段に使える送受信無料のインターネットFAXとは?

閲覧回数 : 792 views

この春、息子が小学校にあがりました!
毎日楽しく通っているので、子供はすぐに学校生活に馴染めたようです♪

…が、正直親の方が馴染めないことだらけ!
今まで通っていた保育園とは全く違うことだらけで、毎日ヘトヘト…。

中でも一番違いを感じたのが「学校への欠席・遅刻連絡」
小学校に通うお子さんがいる方はご存知かと思いますが…

学校って電話での欠席・遅刻連絡が禁止なんです!

なぜ電話連絡が禁止なのか?

我が家の息子が通う学校は、全校生徒数が1,000を超えるマンモス校。
そのため電話をかけると「学校側の電話回線が足らない」という理由で、電話禁止となっているようです。

また、「朝の忙しい時間に電話対応ができない」「朝は人手が足らない」と言った理由も原因のひとつ。
1クラス30名以上の生徒を一人で見ないといけない先生は、朝早くから子供の相手をしなければならず、私たちの想像以上に手いっぱいなようです。

他の学校の話も聞いてみましたが、マンモス校でなくても電話連絡は禁止!
やはり朝の時間に電話をすることで、先生の手を止めてしまったり回線がパンクしてしまうんだとか。
基本的に電話は緊急時以外、控えるように言われています。

欠席・遅刻連絡をする場合

じゃあどうやって小学校へ欠席・遅刻連絡すればいいのでしょうか?

これは各学校によって多少の違いはありますが、基本的に“連絡帳の手渡し”となっているようです。
同じ学校に通っている兄弟や近所のお友達に、欠席理由を書いた連絡帳を持って行ってもらいます。
また、帰りにはプリントや宿題を入れた連絡帳を休んだ子に届ける必要があります。

息子の通う小学校も、連絡帳が受け渡しできる子の名前を二人以上書くように言われました。
兄弟や同じ幼稚園・保育園に通っていた子がいれば問題なくお願いできますが、我が家は今まで通っていた保育園とはエリアが違ったため、近所にお願いできる子が誰一人いません。

なので担任の先生にお話しし、同じクラスで近所に住んでいる子を探し声をかけて頂きました。
おかげで今では子供同士も仲が良く、親同士も連絡を取り合う関係になり私もほっとしています。

小学校は親の入る場面が一気に少なくなります。
担任の先生にお願いすることで意外と解決できることも多いので、私のように先生にいろいろ相談してしまうのもアリですよ!

また、もし子供が集団登校をしている場合は、班長さんにお願いするというのも◎
子供同士仲が良ければなおさら頼みやすいですね!

連絡をFAX限定にしてくる学校も…

中には「欠席・遅刻連絡はFAXで!」という学校もあるようです。

このご時世にFAXって…
今や家庭にFAXがあるほうが少ないっていうのに、FAX指定とはどういう考えなのでしょうか…

ちなみに連絡手段にFAXを指定された場合、固定電話を引きわざわざFAXを買わなければなりません。
欠席・遅刻連絡なんて年に数回しかないのに、わざわざ用意するなんて馬鹿げていますよね。
電話代にインク代に紙代にと維持費もかかるFAX、「FAXを廃止してほしい!」とソーシャル上では悲痛な訴えをしている方も多いようです。

 インターネットFAXなら維持費も節約できる!

インターネットを使いFAXの送受信ができる「インターネットFAX」を知っていますか?
ネット経由でFAXを送ることができるこのサービス、じつは家にFAXがなくても利用することができます!

Eメールにファイルを添付することで、そのデータをFAXとして送信することが可能。
文章スクリーンショットを添付すれば、相手はそのデータを紙ベースで出力することができます。

もちろん相手が送った紙ベースのデータも、こちらはメールに添付されたPDFデータで受信が可能。
そのためネット環境が整っていれば、どこにいても送受信が可能なのです。
これならビジネスの現場でもスムーズに進みますよね。

 費用比較

インターネットFAXの利用には月額料金が発生しますが、自宅にFAXを設置するよりはるかにコスト削減になります。
かかる費用を比較してみましょう。

<FAXを買った場合>

FAX購入費用:約12,000円
固定電話費用:約2,000円/月
紙代:約500円前後/頻度による
インク代:約2,000円/頻度による

計:16,500円

FAXを自宅に設置する場合、初期費用としてこのくらい発生します。

<インターネットFAXを使う場合>

<月払いプラン>
1,500円/月(税別)

<年払いプラン>
15,000円/円(税別)

どちらも毎月150ページまで送受信が可能
151ページ目からは1ページ受信ごとに10円・1ページ送信ごとに10円が発生します。

金額の差は一目瞭然ですね。
小学校低学年のうちは、高学年にくらべ休む機会も多くなるかと思いますので、年払いでお支払するのがおすすめ。
まとめて支払うことで割引が適応され、ひと月あたり1,250円で利用することができますよ!

 まとめ

この時代にアナログな連絡手段を指定してくる小学校。
連絡帳指定や電話連絡禁止は分からなくもないですが、FAXを指定してくるのは時代的にどうかと思いますよね…。

ですが、FAXもいまやネット経由で送ることが可能。
高くて不要なFAXを買わずに送受信ができるので、無駄な出費をせずに利用することができます。

ちなみに「e-Fax」なら、30日間無料でトライアル利用ができます。
全国57の市外局番からFAX番号が選べますし、同時に最大5つのメールアドレスでデータ受信が可能。
スマホにも対応しており、iPhoneとAndroidの両方で使うことができるのでとても便利です。

もちろん、学校連絡だけでなくお仕事にも活用できるインターネットFAX
FAXが無料で送受信できる!スマホアプリも充実のインターネットFAXが激アツ
試しに使ってみてはいかがでしょうか?

201112021358358217


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000