【女性に大人気】御朱印集めが大ブーム!?御朱印ガールの魅力とは

閲覧回数 : 374 views

こんにちは!御朱印ガール見習いのakiです。
2014年8月にNHK「あさイチ」にて“御朱印ガール”特集が組まれて以来、いまだにその人気は絶えず2017年になってからも増加しています。

そもそも「御朱印ガールってなに?」という方もいますよね。
御朱印ガールとは、全国にある寺院や神社を巡り“御朱印”を集めている女性のこと。
御朱印も寺院や神社によって、それぞれ異なっており同じものは2つとありません。

実は私も御朱印を集めているのですが、まだあまり揃っておらず…。
休日を使い寺社巡りをしたくとも雨女のせいか雨天の日が続き、なかなか参拝することができていない状態です(汗)
しかし、今年は夏休みなどの長期休暇を利用して京都や奈良などといった有名な寺社にも行けたらなとも考えています。
その時には、新たな御朱印やパワースポットについての情報をお伝えさせていただきますね。

御朱印ガールと名前がつくほど、女性の間で人気沸騰中の御朱印集め
そこで今回は、話題となっている“御朱印”についてご紹介させていただきます。

 御朱印とは

まず「御朱印ってなに?」という方もいると思うので、簡単に御朱印についてご紹介させていただきます。

もともとは、お経を書き写すして寺院に納める「納経(のうきょう)」の証としていただくものだったようですが、現在は全国にある寺院・神社に参拝した証として授与されるようになりました。
また御朱印は住職や神職の方に参拝した年月日、寺社(じしゃ)名を御朱印帳に墨で書いていただき朱印を押していただだいたものです。
墨書きは寺社によって違い、寺社名やご本尊(ほんぞん)、御本殿(ごほんでん)の名称などが書かれます。

この御朱印が押印される寺社によって違いがあり、そのバリエーションの豊富さが女性の間で話題となって人気を集めているようですね。

さらに、御朱印に関する書籍が多数出版されています。
御朱印集めの参考に読むことで楽しみ方が増えるかもしれませんよ。

 御朱印の正しい参拝方法


では、御朱印はどのように押してもらうのでしょうか。

「え?お寺や神社に行くだけじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが…。
そんなことは、断じてありません!

当然、御朱印を押してもらう前には、それぞれの寺社にて参拝することがマナーです。
他にも御朱印を押印していただくために注意事項やマナーがあるので、ご紹介させていただきます。

御朱印を押してもらうための4つの注意事項

・御朱印帳を用意する
⇒御朱印を押印していただくためには御朱印帳が必要です。各、寺社にてオリジナルの御朱印帳が用意されていますが、Amazonや楽天などのネットショッピングでも購入することができます。
また寺社によっては参拝者が多く、どの御朱印帳が自分の物かわからなくならないように名前を記入しておきましょう。

・御朱印をもらう前に必ず参拝する
⇒先ほどお伝えしましたが、御朱印は“参拝した証”です。
御朱印を押印していただく前にかならず参拝を行いましょう。
しかし、お寺や神社によっては混みあっている場合があるので、その際はお坊様、神職様(しんしょくさま)、宮司様(ぐうじさま)に相談しましょう。
参拝をしている間に御朱印を押印していただけるケースもあるようですよ。

・御朱印を押してもらう
⇒大きなお寺や神社には“御朱印所”と呼ばれる場所があります。
もし御朱印所が無い場合は、社務所や庫裏(くり)といった住職などの居間にていただくことができます。
社務所や庫裏で御朱印を押してもらう場合は、呼び鈴を鳴らし「御朱印をお願いできますでしょうか?」と依頼しましょう。
おおかたの場合、快く対応してもらえますよ。

・御朱印代を払う
⇒御朱印を押印していただいたらお金を払います。
御朱印代の相場は大体300円ほどなので事前に小銭を用意し、お釣りの手間がかからないようにしましょう。
もし「御朱印代は結構です」と言われた場合は「お賽銭しておきます」と言って、お賽銭を残すようにするといいですね。

さらに御朱印を押印してもらうためには、寺社での受付時間を守ることがマナーといえます。
多くの御朱印所、社務所、庫裏では午後4時もしくは5時で受付が終了します。
また、お昼の休憩時間や都合で閉じていることもあります。
そのため、参拝に行く前に寺社の受付時間を確認しておくことをオススメしますよ。
寺社での受付終了後や都合で閉じている時に、無理に御朱印を依頼することはマナー違反となるので注意してくださいね。

 全国の寺院・神社ランキング トップ3(縁結び編)


全国には多くの寺社がありますよね。
特に女性が訪れることが多いのは“縁結び”で有名な寺社ではないでしょうか。
そこで縁結びのパワースポットとして有名な3つの寺社をピックアップしてみたので、ぜひ参考にしていただけたらと思います!

第1位
出雲大社(島根県)
言わずとしれた神社である“出雲大社”
縁結びのパワースポットとして全国の女性に大人気の神社です。
しかし、中には男性の方も訪れるとか…。
少し余談ですが、私の兄(32歳)も友人と訪れたことがあり、ほとんどの参拝者が女性だったために浮いてしまっていたそうです(笑)
男性陣が参拝する際は少し勇気が必要かもしれませんね。

また恋愛成就だけではなく仕事の縁や人間関係の縁も結んでいただけるので、老若男女に関係なくオススメの神社ですよ。

第2位
伊勢神宮・内宮(三重県)
縁結びとして有名な神社なのですが、縁結びや恋愛成就のお守りはありません。
「え?縁結びの神社じゃないの!?」と思いますよね。
実は伊勢神宮での縁結びのお守りとして有名なのは“開運鈴守(かいうんすずまもり)”
この開運鈴守の鈴の音色には「神聖なるものを引き寄せる」効果があり、このお守りをつけていれば恋愛運を引き寄せることができるそうです。

第3位
川越氷川神社(埼玉県)
埼玉県にある氷川神社にはとても有名な縁結びのお守りがあります。
その名も“縁結び玉”
この縁結び玉は、毎朝8時から無料配布されるうえに一日限定20個のレアなお守りといわれており、生涯を共にする相手と巡り会えるとして話題となったそうです。
「ちょっと!関東にそんな縁結びの神社があったの!?」と思わず驚いてしまいました(笑)
これは、もう氷川神社に参拝しに行くしかないようです…。
縁結び玉をGETできたら運命の人と巡り会えるかもしれませんね。

 御朱印ガール見習いakiの御朱印帳をご紹介!


私こと編集部スタッフのakiは御朱印ガールの1人でもあります。
ちなみに私の御朱印帳は、アニメ「らき☆すた」の聖地でもある埼玉県鷲宮神社のもの。
御朱印集めはブーム前からやりたいと思っていたところ、友人がプレゼントしてくれました!

まだ地元である神奈川県の御朱印しか集められていないのですが、ご紹介させていただきたいと思います。

↑こちらは、神奈川県江ノ島市にある江ノ島神社(左)と川崎市にある川崎大師(右)の御朱印です。
書いている方はもちろん違う方なので書体が違い、神社の御朱印が上から押されています。

↑神奈川県鎌倉市にある長谷寺(左)と高徳院(右)の御朱印。
また、神奈川県の湘南スポットとしても有名な江ノ島や鎌倉の長谷寺については別記事にてご紹介させていただいています。
詳しくはコチラのページをどうぞ!





右の高徳院は“鎌倉大仏”有名なお寺です。

他にも東京都内にある浅草の浅草寺(せんそうじ)や渋谷にある明治神宮にも参拝したことがあるのですが、うっかり御朱印帳を忘れてしまい断念…。
ブームに先駆け御朱印ガールになったはずなのに、まだまだ参拝できていない寺社がたくさんあります。

また御朱印集めをするのと同時に、各地域での色々な出会いもまた御朱印ガールにとっては楽しみの一つ。
寺社の近くで名産物を食べたり、観光したりと楽しみ方も人それぞれです。
あなたもこの機会に御朱印ガールになって、全国の寺社を巡ってみては?

 まとめ

御朱印は参拝した証と何度かお伝えしましたが、実は自身が亡くなった時の天国へのパスポートとも言われていることを知っていますか?
なぜなら御朱印に書かれている文字は真言(しんごん)であり、本尊そのものを梵字で表したとてもありがたいもの、また功徳を積んだ証でもあるため末長く大切にするものとされています。
また、自身が現世を離れる際に棺桶に入れてもらうと“閻魔の裁判を受ける際に自分を守るパスポート”になると言われているんです。
そのため、御朱印集めをスタンプラリーのように軽い気持ちで集めることは決して行ってはいけません。
注意事項とマナーを守りつつ御朱印を集め、ご自身の功徳を積んでくださいね。

まとめに出てくる専門用語

・寺社(じしゃ)⇒お寺や神社の総称
・真言(しんごん)⇒仏の真実の言葉、秘密の言葉
・本尊(ほんぞん)⇒寺院の本堂に安置され、信仰の対象として最も尊重される中心的な仏像
・梵字(ぼんじ)⇒梵語を記するための文字

※Googleから引用

amazonでオススメの御朱印帳はコチラ

節約しながら遊べる場所はどこ!?節約大全おすすめのお出かけスポットをまとめてご紹介!ページへ戻る


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000