ヒアリ(火蟻)対策にはベビーパウダーが効果的!?強力な毒を持つヒアリとは

閲覧回数 : 1,253 views

2017年7月に入ってからヒアリ(火蟻)”についての話題が続いていますよね。
現在、日本各地にてヒアリによる被害や駆除対策などが行われています。

スズメバチに匹敵するほどの強い毒をもつとされ、日本中が恐怖に陥っているヒアリ問題…。
そこで今回はヒアリがどの様な生体なのか、また対策方法についてご紹介します。

ヒアリ(火蟻)はただのアリじゃなかった

まずは、殺人アリとまで言われているヒアリ(火蟻)の生態について簡単にご紹介します。

ヒアリ(火蟻)
・体長:2~6mm
・色:主に赤茶色
・亜熱帯~暖温帯に生息し、草地などの比較的開けた土地を好む
・餌の収集は気温22℃~36℃の間に行われるが、季節によって昼夜を選ぶ
・ヒアリの巣(コロニー)は複数の女王アリからなるコロニーと単独の女王アリからなるコロニーの2種類が存在する
・南米大陸原産のハチ目アリ科に属する一種
・ヒアリに刺されることで起きるアレルギー症状“アナフィラキシーショック”が起きた場合死亡する恐れがある
・攻撃性が高く、積極的に刺してくる
※wikipediaより一部引用

凄いですねぇ。
数々のニュース番組で、ヒアリによる被害報道は見ていたつもりでしたが、まさかのハチ目アリ科って…。
ちなみに普段見かけるような黒い色をしたアリはなんと、ハチ目スズメバチ上科アリ科と書かれていました。
それなのにハチとアリは普段から別種の昆虫として扱われており、これは日本の多くのアリが毒針を持っていないことと生殖目的以外では翅を持たずに地面で生活しているためだそうです。
※wikipediaより一部引用

また、ヒアリに万が一刺されてしまうとスズメバチに刺された際に引き起こす猛烈な痛みに襲われる人もいるそうです。

ヒアリの対策方法について

7月に入り日差しの強い日が続く中、親子で公園などに遊びに行く方も多いのではないでしょうか?
しかし連日に渡り、殺人アリ”ヒアリ”についての報道が続くと子供達の身が危ないですよね。
そこで、次にヒアリを見つけてしまった場合などの対策方法についてご紹介します。

ヒアリを見つけたら…

まず、絶対に触ってはいけません!!

先ほどからお伝えしていますが、ヒアリはスズメバチに匹敵するくらいの猛毒を持っています。
また、ヒアリは普段見かける真っ黒なアリと違い赤茶色です。
さらに死んでいるヒアリを見つけても毒針が出ていて刺される可能性があります。
子供に注意を促すことはもちろんですが、赤茶色のアリを見つけた際は絶対に触らないようにしてください。

ヒアリを見つけた時の対処法と駆除方法とは

では、ヒアリを見つけたらどのように対処するべきでしょうか。

ヒアリは普通のアリと違ってコロニーを作る際に、土を高く持ってアリ塚の形をした巣を作ります。
普段見かけるアリ達は、地面の下に巣を作るので見ればわかると思います。
しかし、砂遊びなどを楽しむ小さなお子さんには“ただの砂山”と勘違いをする恐れがあります。
そのため、子供達には砂山を見かけても絶対に近づかないこと、砂山に触らないことを伝えておきましょう。

また、現在ヒアリに対する駆除対策として日本の殺虫剤が効果的と言われていますが、ヒアリの巣を見つけたからといってコロニーに拭きかけることは絶対にしないでください。
なぜならヒアリは攻撃性の高い毒アリです。
むやみにヒアリを刺激すると動きが活発になったり凶暴化する危険があります。

では、ヒアリを見つけた際はどうすることが一番いいのでしょうか。
もし、万が一ヒアリを見つけた際には環境省の管理区域の環境省地方環境事務所に連絡をしてください。
連絡番号は区域によって違うため環境省のホームページで確認をしておきましょう。

自宅などでできるヒアリ対策とは

もし、万が一自宅の庭やベランダでヒアリを見つけた場合など、次の2つの対処法を行ってください。
ですが、間違っても安易には近づかず必ず環境省地方環境事務所に連絡をしてください。

対処法1:熱湯をかける
熱湯を直接ヒアリにかけ、コロニーの中と周囲にまんべんなくかける方法です。
即効性が高いですが、巣穴の奥深くまでは届くことがないため害虫駆除を専門とする業者、そして環境省地方環境事務所に連絡をいれましょう。

対処法2:市販の殺虫用の液剤をまく、またはゼリー状の薬剤(毒エサ)をまく
ドラッグストアなどで売っている殺虫用の液剤または毒エサをまいておきましょう。
ただし、殺虫用の液剤をまいた後に子供やペットなどをその場で遊ばせないように気をつけて下さい。
なぜなら殺虫用の液剤は効果が強い分、子供やペットの健康被害が起こる可能性があるため注意が必要です。

オススメの殺虫用液剤と毒エサはコチラ

まとめ

ヒアリの生態についてと対処法と駆除方法についてご紹介しましたが、油断は禁物です。

また平日の午後1:45~3:50に放送されている「直撃LIVE グッディ!」でヒアリ対策の一環としてべピーパウダーが有効と伝えていました。
赤ちゃんの肌や乾燥肌対策として使われることの多いべピーパウダーですが、このべピーパウダーをズボンの裾や肌に塗ることでアリが登ってこれないとのこと!
小さなお子さんにはもちろん、大人の方にもオススメのヒアリ対策方法です。

ベビーパウダーの活用方法についてはコチラのページを参考にどうぞ

それでも万が一刺されてしまった場合は、すぐに病院へ行ってください。
刺されてしまった場合【かゆみ】【じんましん】【激しい動悸】などの症状が現れ、場合によってはアナフィラキシーショックを起こしてしまいます。
仮に刺されてすぐに痛みがないとしても症状が出て悪化してしまってからでは遅すぎます。
刺されてしまった直後はできるだけ安静にし、皮膚科の病院へ行ってくださいね。

ベビーパウダーでヒアリ対策!

有害な害虫対策に関するよく読まれている記事はコチラ






著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000