重曹と洗剤は最強の組み合わせ!洗剤の量も時間も節約できるマル秘裏ワザテクニック

閲覧回数 : 6,676 views

毎日欠かすことのない洗濯。
みなさんは洗剤の量を規定通り守っていますか?

実は半数以上の人が、規定量よりも多く投入しているそうです。
その理由は「洗剤を多く入れたほうが、汚れ落ちがよくなると思うから。」

多めに入れたり少なめに入れたりと、家庭によって量の違う洗剤。
もちろんたくさん入れればよいという訳ではありません。
多く入れることで繊維に洗剤が残り、肌がかゆくなるなどと言ったトラブルに繋がる恐れもあります。

実はあの魔法の粉と言われる「重曹」を使えば、洗剤の量を半分に減らすことが可能。
もちろん、服の汚れだってしっかり落とすことができます。
さらに洗剤の節約や洗濯時間や環境への配慮にもつながりますよね。

そこで、今回は洗濯洗剤+重曹でできるお洗濯法や、メリットなどをご紹介したいと思います。


重曹の洗浄効果

重曹と聞くと、お掃除や脱臭効果のイメージが強く浮かびますよね。
ですが実は、洗濯物の汚れを落とす効果もしっかり持っています。

節約大全でも何度かご紹介していますが、重曹は炭酸水素ナトリウムのこと。
昔から膨らし子やあく抜きなどで親しまれてきました。
重曹は弱アルカリ性、そのため脱臭効果や油汚れを落とすのに最適。
と言うことは、皮脂や汗などの衣類汚れにも十分に効果を発揮するのです。

重曹を使うメリット

重曹を使ったお洗濯は汚れや臭いを落とすことができますが、それ以外にもメリットがたくさんあります。

弱アルカリ性で肌に優しい

先ほどもご紹介したように、重曹は弱アルカリ性。
なので肌に害がありません。
それどころか、殺菌作用があるのでニキビ治療にも有効と言われています。
肌の弱い方や赤ちゃんなど、家族全員のお洗濯が安心して行えます。

すすぎ回数を一回にできる

重曹を入れる事により、洗剤の量を半分にすることができます。
なので、すすぎ一回でも十分衣類をキレイに洗濯することが可能。
お水を節水することができるのです。

お洗濯と同時に、洗濯層の掃除もできる

洗濯層の中に発生するカビは、衣類についた皮脂汚れが原因。
お洗濯に重曹を使うことで、常に洗濯層も一緒に掃除することができ、常にキレイな状態をキープさせることができます。
あの独特なカビの臭いも防ぐことができますよ!

洗剤+重曹の使い方

いつも使っている市販の洗剤を規定量の半分にし、重曹を半分補った量加えて洗濯します。
柔軟剤を使う際は、規定量を柔軟剤投入口にいれます、
これだけで、洗剤・水の節約をしながら、衣類をキレイに洗濯することができます。

また、ちょっとした汗汚れの場合は重曹だけで洗うことも可能!
インナーなどのあまり汚れないアイテムは、洗剤を使わずに重曹だけで洗いましょう。
汚れもしっかり落とせますが、布地を傷めずに長く着用することができます。
その際、30~40度のぬるま湯を使うと更に効果的!
仕上げに柔軟剤を使えば、ふっくら仕上げる事もできますよ!

重曹1つあれば、洗剤の節約・節水・時短をかなえる事ができます。
しかも通常のお洗濯と同じように、しっかり汚れも落とすことが可能!
魔法の粉「重曹」は、なくてはならないアイテムですね。


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000