【熱中症対策グッズ】東急ハンズが選んだ熱中症対策に役立つひんやりグッズをご紹介します


35度を超える猛暑が連日続いていますね・・・
今年も熱中症患者が増加、とうとう死亡事故まで起こってしまいました。

熱中症は炎天下に長くいることで起こると思われがちですが、実は室内でも十分起こる可能性があります。
さらに最近では睡眠中も知らぬ間に熱中症を引き起こす危険もあるんだとか・・・
甘く見てはいけません。

エアコンを上手に活用するのはもちろんですが、東急ハンズでは、この猛暑を乗り切るための熱中症対策グッズもたくさん紹介されています。
エアコンと併用してうまく利用することでしっかり対策することができます。

ということで今回は、熱中症の症状や原因、それからハンズで特におすすめとされている熱中症対策グッズをピックアップしてみました。

スポンサーリンク

熱中症の怖さと対策

まずは熱中症の怖さと対策を知っておきましょう。

症状・原因

熱中症は年齢問わず、誰にでも起こる症状です。
高温多湿な環境にいることで体内のミネラル・水分バランスが崩れ、発症します。
体温調節機能がうまく働かずに頭痛・めまい・吐き気などを引き起こすことも。
「ぐるぐる視界がゆがみ、立っていられなかった…」
なんて症状もよく聞かれますよね。

さらに症状が重くなると、意識を失い倒れたり、最悪の場合は死亡することもあります。

暑さが身体に慣れていない場合や、気温の高い中で運動をすることが原因。
また、空気の流れがない睡眠時も熱中症にかかりやすくなると言われています。

子供の場合、大人とは違い身長が低く地面に近いため、直に熱を感じてしまいます。
「疲れた・・・」「だるい・・・」と言い始めたら注意が必要。
その後発熱すれば、これは熱中症です。

実は私の息子も、真夏の買い物中にいきなり座り込み「ちょっと疲れた・・・」と珍しく訴えてきました。
夏の疲れが出たのかな~なんて思っていたのですが、その後熱が出始め最終的には39度近くまで上昇。
クーラーのきいた部屋で休ませて、何とか回復してくれましたが、のちに熱中症だということに気づき親としてもかなり焦りましたね。

対策法

温度の高い場所に長時間いることを避けましょう。
また、室内では27~28度を上回らないようにエアコンを使うことをお勧めします。
こまめな水分・塩分補給も大切。
喉が渇く前に飲むことが重要です。

特に高齢者は、体温調節機能が十分に機能しない場合もあります。
室温計を設置して部屋内が何度になっているか、きちんと定期的にチェックをしましょう。

外出する際は日傘や帽子、熱中症対策グッズなどの使用をおすすめします。

東急ハンズおすすめの熱中症対策グッズをピックアップ!

それでは早速、熱中症対策グッズをご紹介します。

外出時に活用できるグッズ!

アイスノンジェットコールド


服を着たまま、上からスプレーするだけで瞬間冷却できるスプレー。
消臭効果もあるので汗のニオイも取り除くことができます。
持ち運びに便利なサイズなので、お出かけにも持っていけますね!

アイスノンジェットコールド販売ページはこちら

熱中対策 頭皮用アイスドライ


髪の毛って結構暑さがこもりますよね。
特に日本人の髪は黒なので、熱が吸収しがち。

コチラの商品は頭に直接スプレーするだけで、-30度の冷気がこもった熱を冷やしてくれます。
使用後の髪はドライ冷気によりサラサラ!
これで頭皮から流れ出る汗も怖くありませんね!

頭皮用アイスドライ販売ページはこちら

帽子ひんやりシート


夏の時期は帽子をかぶる機会が増えますが、帽子の中も蒸れますよね。
この商品をおでこ部分に付けるだけで、特殊スポンジによって熱を吸収し、温度を2度下げることができます。
レジャーだけでなく、ゴルフをする方にもおすすめですよ!

帽子ひんやりシート販売ページはこちら

子供や高齢者に持たせたいグッズ!

自分で暑さをコントロールできない子供や高齢者にぜひ持たせたいアイテム。
外出時だけでなく、部屋の中でも持っていれば安心です。

デイリー ケロナビ


熱中症の危険度を音か光で知らせてくれるアイテム。
遊びに夢中で暑さを忘れがちな子供にぴったりです。
ブザーがなったら涼しいところへ!と教えておけば、危険な熱中症も対策出来ます。
インフルエンザ注意も知らせてくれるので、1年を通して使えます。

ケロナビ販売ページはこちら

室内で使えるグッズ

室内にいても熱中症の危険性は十分あります。
しっかり対策を心がけましょう!

エンペックス 生活管理温湿度計


置き型タイプの温室度計。
インフルエンザや熱中用予防、食中毒、ダニ対策までオールシーズンで活躍します。
特にお子様がいる家庭は持っておくべき!

生活管理温室時計販売ページはこちら

睡眠時に使えるグッズ

寝ている間も熱中症対策は必須。
エアコンを使用していても、タイマーが止まってしまえば室内は締め切った状態+無風。
この状態がとても危険です。

アイスマックス 敷きパッド


吸熱と放熱を繰り返す特徴がある敷きパッド。
扇風機と併用することで更にひんやり感を持続させることができます。
寝返りのたびにヒンヤリした感触があるので、熱がこもらずに快適に眠れます。
布団に敷くだけで効果があるので、電気代もかからず節電対策にもつながります。

敷きパッド販売ページはこちら

たくさんの熱中症対策グッズをご紹介してきました。
このようなアイテムをしっかり使い、事前に熱中症を予防することが大切です。
暑さが和らぐまで1か月以上ありますが、上手に活用して少しでも快適に夏を過ごしましょう!

元気があればなんでもできる!健康生活のための必須情報まとめへ戻る

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪
\ シェア /
【熱中症対策グッズ】東急ハンズが選んだ熱中症対策に役立つひんやりグッズをご紹介します
さがす